2019年08月22日

池松さんの野菜

万願寺唐辛子、あばしゴーヤ、島オクラ、空芯菜、マッツワイルドトマト、佐賀在来茄子、カルフォルニアワンダーピーマン、泉州水茄子、青茄子

         池松.jpg
         いけまつ2.jpg
佐久間さんの島オクラも、池松さんの島オクラもとても美味しい。美しい。
昨晩は味噌汁に池松さんのオクラを具にしました。
豆味噌です。「夏はなんだか豆味噌が美味しいよね〜」
オクラと豆味噌いい感じ。

今週の池松さんのお便りは味噌汁の話題です。明日続きをご披露します。
         

posted by 自然村 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年08月21日

佐久間さんとなごみ農園さん

山科ししとうとまくわ瓜
十六ささげときゅうり
おまけに入れてくれました。
            しし唐佐久間 甜瓜 山科.jpg
まくわ瓜、ぽろっと蔕が落ちました。
すぅ〜と懐かしく甘い香りを体に吸い入れます。

佐久間さんの山科ししとうとまくわ瓜はみなさんの分は次回です。わーい(嬉しい顔)
十六ささげとモロヘイヤ、島オクラ、きゅうりが届いています。
どれも清らかに美しく、そしてとてもとても透き通る美味しさです。
食べれば体が清らかになるような。
モロヘイヤは付いている茎も柔らかく食べられます。葉のままでさっとゆでて八方出汁やめんつゆに浸けても美味しく、細かく刻んでたたけばとろとろぬるぬるに。

なごみ農園さんからは、自家採種の玉ねぎ、きたあかり、万願寺ししとう、ゴーヤ、つる紫、富士宮在来にんにく、九条ねぎが届いています。
よい九条ねぎでお客さんに喜ばれています。

毎週水曜日は、飯塚商店 幻のノンエチレン深谷もやし入荷です。

明日は、iikarakanセトヤマさんから自家採種・不耕起草生自然農の野菜たち。
山梨の小黒さんから無肥料無農薬雄性不捻でないとうもろこし
夕方には福岡の池松さんから自家採種の野菜

それから、夏休み明けのろばやさんから焙煎したての珈琲豆が各種たくさん入荷しました。
posted by 自然村 at 15:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

小玉西瓜 西瓜祭り

熊本から小玉西瓜、朝一番で届きました。あかりふぁーむ.jpg
6玉来て、ただいま2玉です。小玉すいかあかりふぁーむ .jpg
小学3年男児が小さいけどしっかりした手で、ポンポンと叩いて選んでいきました。わーい(嬉しい顔)
お父さんに西瓜の音での見分け方を教えてもらったそうです。ハートたち(複数ハート)
こういう知恵を子供に伝える親御さん、実行する子供。いいね。

ポラン広場の生産者 青野武さん(山梨)の黒小玉西瓜も入荷です。
青野さんも無農薬無化学肥料・自根栽培です。
箱にもみ殻を詰めてその中に入れてあります。
「生産者が自信をもって出荷しています。」というポランのスタッフの言通りに、
とてもよい西瓜だと思います。青野さん黒小玉.jpg
お値段も手ごろなのでお買い得だと思います。

みなさんも、ご自身の手で叩いて選んでみてくださいね。
とはいえ、私はあんまり分からないんです。わーい(嬉しい顔)
店主は凄く見分けるの上手です。わーい(嬉しい顔)

でも時として、叩いて大丈夫でも中に傷みがあることもあり得ます。
その時はどうぞ、早めに知らせくださいね。よろしくお願いします。

あかりふぁーむさんからドライ西瓜をいただきました。ドライ西瓜.jpg
西瓜をドライにできるんだね、びっくり。種も食べられる。
あかりふぁーむさんの西瓜を買ってくれた人に「たった一枚づつ」プレゼントしています。わーい(嬉しい顔)るんるん

2019年08月20日

残念なお話です。重要なことです

             DSC08808.JPG
大阪空堀通 こんぶ土居さんの最上級天然真昆布を販売させていただいていることは
ある意味誉れであります。
土居さんの天然真昆布と一本釣り鰹節タイコウの本枯節で出汁をひけば
恐らく日本で最高の出汁を味わっていただける。

選び抜いた素材を使った料理屋レストランでもこのような出汁を提供できるのは限られているでしょう。
外食ではめったなことでは食べにいかれない高級店。
でも家庭なら使うことができます。
毎日とは言いませんが、日曜日、お祝いの時、ちょっと気合を入れて調理したいとき、
家庭なら最高級の出汁を味わうことができます。

この川汲浜天然真昆布一本撰の終売が決まりました。

さて、みなさんもご存じかと思いますが、海の状況がとても変わってきています。

日本の昆布の生産量の95%を占める北海道も同様です。
この30年間で全域で半分以下に減ってきているそうです。
それは昆布の消費量が減ってきていることもありますが、海の状態が悪くなっているからだそうです。
海水温上昇もそうですし、
津波やしけの対策として護岸工事が進みコンクリートで固められ、もちろん、人命を守ることが優先ではありますが、このような護岸工事が海産物へ影響を与えています。
又、気温が上昇し、北海道では積雪量が少なくなってスキーのできる時期が短くなっているそうです。
春、雪解け水は地中に滲みて栄養を取り込み、川へ流れていきます。
豊かな雪解け水が山の栄養を海にもたらすのですがそれが少なくなってきています。
などなど多くの要因による地球規模の海の変化が海産物に影響を与えます。

土居さんからこのようなご案内がありました。
 私どもで使用しています道南の天然真昆布は平成27年以降、不作が続いています。平成29年以後は漁獲量はほとんどない状態で、私共で仕入れることができた昆布は非常に少量でした。本年の昆布漁も終了しましたが、私共で長らく取り扱ってまいりました最高級天然真昆布の産地である川汲浜ではたった2日だけ2時間の漁をして本年分を終了しました。(中略) 漁獲量は皆無に近い状況です。
 当店では不作の年に備えて出来るだけ備蓄をし、お客様の信頼にこたえてきました。しかし、この連年の大凶作は過去に例のないものです。申し訳ありませんが、現在の状況を踏まえ、天然真昆布一本撰80g入りは9月6日を最終受注日として以後終売となります。

驚きました。

土居さんは代替新商品として、白口浜二年栽培真昆布60g入りを9月9日より販売されます。
天然物とは全く同じではありませんが、大きな遜色なく使っていただけるものだそうです。
昆布の養殖は、海面での栽培期間中一切の肥料や農薬を与えず海水中の栄養分のみで育ちますので、
自然栽培だといえます。
また、取り扱うものは、献上昆布として知られる旧南茅部町産の白口浜二年養殖真昆布の中で品質の優れたものを選別いたします。
強いうまみと上品な風味が特徴です。
価格は予定価格60g¥756(税込み)で日常使いしやすいお値段です。
2019年の道南白口浜真昆布の生産量予想内訳は、一年養殖昆布(促成栽培)94.4%、二年養殖昆布4.5%、天然真昆布1、1%で
二年養殖ですら希少な昆布です。

自然村では、たくさんは確保いたしませんが幾枚かは天然真昆布を在庫いたします。
僅か1%ほどの天然真昆布。
一本撰として選ばれるのは仕入れた昆布の一部です。
いかに貴重品かexclamation×2とお分かりになるでしょう。

9月9日以降は養殖物と並べて販売いたします。

土居さんの素晴らしいところは未来を見据えた海の環境を整えていくことを考えていることです。
これからもこんぶ土居さんの取り組みに関心を持っていただけたらとおもいます。
本物の美味しさを伝え残していくために。未来につなげる漁師を育てるために。
 
そして、昆布を食べましょうね、お出汁をを取りましょうね

残念なお話です。

本田葡萄園さんの無肥料無農薬不耕起草生自然農のデラウエアのお話です。
お盆前にデラウエアの入荷予定をご案内しました。
今年の長い梅雨を抜けて、8月4日の時点では、玉も充実してきているという輝かしい報告があったのですが、

8月12日にこのようなメールをいただきました。
「今季のデラウェアは、梅雨期の日照不足とその後の猛暑の影響が、ここ数日、とうとう出てきてしまいました。熟す度合が進むにつれて劣化してしまう房が続出しています。
既に全体の7割ほどの房が駄目になってしまいました。
現在、状況を注視していますが、残りの房も出荷できるかどうか分からない状況です。
ここ数日が山場です。」

その後連絡がないので心配していたのですが、
とうとう昨日、
結局、例年の3割程度は出荷出来たのですが、収穫後の日持ちに不安が残りまして、今回は「お店のご発注」と「贈答用のご注文」にはお応え出来ないと判断致しました。
今回のデラウェアのご注文はこちらからキャンセルさせて頂きます。
大変、申し訳ございません。


本田さんの気持ちは察するに余りあります。

今後の季節ができるだけ順調に平穏に推移し、来年再来年・・の生育にすこしでも良い結果があらわれるようにお祈りいたします。

予約をくださっていたお客様、残念ですがご理解ください。

もうひとつ、残念なお話です。
何度も嬉しそうにご案内していた無農薬大玉西瓜夏武輝です。
今年は収量が大変少なく、全部で20玉くらいしかないという連絡です。
それをポラン広場の取引店で分け合うのですから絶対的に数が足りません。
来週、いくついただけるか分かりませんが、いただけましたら、予約順にお渡しさせていただきます。
順番に漏れてしまうお客様、残念ですがご理解ください。
代わりに、これも珍しい西瓜(夢枕)をいただくことができましたらご提案させていただきます。






posted by 自然村 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報