2017年02月26日

花仕込み 二倍麹味噌作りの会

初めて味噌を作る人のための
花仕込み2倍麹味噌作りの会
DSC03993.JPG

味噌を作ってみたいという方、募集いたします。

合鴨除草無農薬・無化学肥料栽培のさわのはな(山形在来の米)の米麹と北海道在来無農薬青大豆・土佐の天日塩あまみを使って
贅沢な2倍麹味噌を仕込みます。
味噌作りの手順やポイントを覚えたら、来年からは家庭で作ることができますよ。

日時;3月25日(土)13〜14時半
        3月26日(日)10〜11時半
会場;自然村店内
参加費;5000円(税込み)・・約3kgの味噌を持ち帰りできます。
申し込み;参加費を添えて申し込みください。(メールの方はまずはお問い合わせください。)
持ち物;三角巾・エプロン・軍手・タオル・味噌を仕込む容器・食塩1.5kg(安いのでOK)
*仕込み甕をご希望の方は新常滑焼甕をご紹介します。

   申し込み締め切り 3月4日。

ネットを見ても、あちらを見てもこちらを見ても「寒仕込みに限る」「寒仕込みが最適」の文言が並んでいて、「花仕込み」は芥子粒みたいに分が悪いですね〜わーい(嬉しい顔)
いろいろ見ていましたら、信州にある味噌屋さんのHPに巡り合いました。井上醸造さんという味噌屋さんです。http://www.inouejyozo.jp/dai3syou.html
posted by 自然村 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

味噌作り材料

東京の桜開花予報は3月24日とありました。
まさに花仕込み味噌作りの始まりです。

味噌の味は、酵素力のある麹、麹の原料である米の味、味噌に向きうまみのある大豆、そして温度で決まるそうです。味噌作りは大豆を煮る時間がかかりますが、手順は難しくありません。

初めての方も楽しんで作れますよ。
麹の締切が3月4日と迫っています。ご注文はお早めにダッシュ(走り出すさま)

 桜の花の咲いたころから始める
      花仕込み 手前味噌作り


あちらこちらから味噌作りをしたよ、という声が聞こえますが、
自然村の味噌作りのスタートはまだまだ先です。
麹菌の働きは麹菌の出す酵素によって、大豆に含まれる澱粉・タンパク質、油脂などの成分を分解することです。 
麹菌は15度以下では眠った状態です。自然村では麹菌が動き始める、花の咲くころからの味噌作りを提案しています。
桜の開花時期は地域で違いますし、甕を置く環境(温度)でも条件が変わってきますが、
「雑菌の少ない寒」にというのは「寒(勘)違い」のような・・。と考えますので、
東京で開花する時期を考えまして、今年は3月24日に麹をお渡しする予定です。
味噌は大量の塩が使われますので、中で雑菌が繁殖することはまずありません。

      
 そんなことを教えてくれた山形県白鷹町のすずき味噌店の鈴木徳則さんにお願いをして、当店で販売している山形の幻の米さわのはな(合鴨農法)をにしてもらいます。
          koujimurosuzuki.JPG
            この麹室で作られます
           koujisuzuki.JPG
           tokunori.JPG    
米の芯まで麹菌のまわった力強い麹になります。力強いというのは、酵素を出す力が強いということです。       

予約承ります 
       注文締切 3月5日(日)
       入荷   3月24日(金)
    
(冷蔵庫で3週間OKですので、受取日を決めてください。)
 @玄米麹 1kg¥1500
 A米麹  1kg¥1390

お薦めの豆。在来種の豆を2種ご案内します。全て農薬不使用化学肥料不使用です。
B北海道遠軽在来青豆1kg¥2150・・「味噌には青豆」と農家がいう、甘みと旨みの濃い豆です。毎年作る人から好評です。
  *北海道産無農薬黒千石豆1kg¥2150の予約もお受けできます。当店オリジナルの二年寝太郎味噌を食べて、昨年、黒千石で仕込まれた方がいらっしゃいました。二年寝太郎味噌は麹の割合が多いです。
C新潟在来肴豆1kg¥2150 DSC04995.JPG
9月下旬の1週間の短い期間のみ収穫販売する絶品枝豆肴豆の乾燥豆です。大粒の美しい緑の大豆です。甘みが強く味噌の仕上がりも大変美味しく好評です。限定数量15kgのみですので、ご注文はお早めに。限定数量ですので肴豆単品でのご購入はご遠慮ください。麹と共にご予約をお願いします。

お薦めの塩
E土佐の天日塩あまみ 500g¥1400
 黒潮洗う海の塩です。お日様と職人の技術の文字通り結晶です。食べて美味しい塩です。
F海の精赤ラベル(釜炊)500g¥1200
G海の精漬物塩1.5kg¥3000

仕込み甕のご案内    DSC04937 (1).JPG
新常滑焼 2号3.6L(麹・大豆各500g 目安)¥5000
     3号5.4L(各1kg 目安)¥6500
     5号9.0L(各2kg 目安)¥8000
     8号14,4L((各2.8kg目安)¥11000
新 落し蓋  2号用1.0kg¥1200
     3号用1.5kg¥1400
     5号用2.2kg¥1980
     特大8号用3.5kg¥2800
*久松甕 切立甕1号1.8L 1個、 おふくろ甕4.4L 1個のみ在庫在ります。


味噌作りのチラシを店頭で配布中です。
メールでのご注文は注文商品番号と品名と数量、
お名前・住所・電話番号
来店で引き取り又は発送かを明記してください。
たくさんのご注文をお待ちしています。
*表示価格は全て税抜本体価格です。

2017年02月24日

鶏ガラスープと中華生麺

先日紹介しましたポラーノの鶏ガラでとったガラスープは,http://blog.sizenmura.jp/article/178855030.html

大根を煮たのと、
ラーメンスープになりました。DSC05109.JPG
生姜と料理酒と塩で味付け、白菜・ネギ・少々の鶏肉で優しい味わいのラーメン。
(あっ!クラタペッパー白胡椒を入れ忘れていた!)

私は、きざみ高菜漬けをトッピングしました。

生中華麺は金子製麺のスープ無しのです。2食¥225DSC05112.JPG
この麺がとびっきり美味しいのです。スープ無しなのでそんなには売れてなく、自家用になることが多いのですが焼きそばにしても美味しく、夏にはドレッシングやごまだれ・ポン酢を使えば冷やし中華にもなります。
ラーメンも昆布+いりこのスープでもいけます。

自然村はアミノ酸等はもちろん、たんぱく加水分解物、酵母エキスの入った商品は販売しないことにしていますので、今のところ、スープ付きの生ラーメンやインスタントラーメンの販売はありません。http://www.sizenmura.jp/

2017年02月23日

今週の岩崎政利さんの野菜と入荷情報

雲仙たねの自然農園からの野菜たち。
いっぱいに詰められた箱を開けて美しいな〜と感動して、それを伝えたくって写真をパチパチ撮りました。

岩崎ねぎ・ブロッコリー・日野菜のかぶ菜・赤水菜DSC05101.JPG

その下は、白菜・弘岡かぶ・雲仙赤紫大根・じゃが芋・キャベツDSC05102.JPG

雲仙赤紫大根の見事な赤紫色。黒田5寸人参DSC05105.JPG

ブロッコリーはF1ではありますが、柔らかく瑞々しく甘く最高に美味しいブロッコリーです。見事です。DSC05104.JPG
キャベツと白菜もF1ですが、30年以上無農薬の農業をしてきた岩崎さんの野菜の美味しさは半端ないです。

島大根。島大根も色形は様々です。DSC05106.JPG
生でおろして大根らしい辛みと風味があり、首の方は甘さが十分。普通の大根と同じようにどんな料理でも使えます。
その特徴は、繊細さにあります。肌理が細かい。DSC05098.JPG
煮ると早くに火が通ります。DSC05099.JPG

今週のお便りは島大根のことでした。島大根の傍に置いておきますのでお手に取って読んでください。
一部を紹介します。
 メール収穫していくなかで、桜島大根の葉によく似ています。
 そのためか。この大根の最大のよさとは、とても生命力があることです。大根の仲間のなかでも真冬の寒さに対しても肩のとろけも少なく感じます。実は、今わたしの農園における種採りの目的を、種の生命力に置いています。自然種子の育成とは、自然農法の到達の中でとても大切なことで、種によっても農法が確立されていくと確信しているからです。
今わたしの農園の大根の中で、平家大根とこの島大根は一番に生命力が高いものです。有機的な肥料をあまり必要としない種とは、種により生命を与えていく、種採りから見えたものは、種を育てると葉、すばらしい農法でもあったものです。メール

明日は、好評完売していました青まぜ海苔・杉山ナッツのバターピーナッツ(ロースト仕立て)やポラン広場から美味しいものたち、想いやり生乳
明後日は、佐久間さんからブロッコリー・里芋・人参、みのわせ大根の切干大根が届きます。

3月にかけて益々味が濃く一年で一番美味しい旬を迎える唐桑の生牡蠣も届いています。

posted by 自然村 at 19:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

唐桑半島 畠山政則さんのもまれ牡蠣 入荷

唐桑半島 畠山政則さんの生牡蠣(加熱用)が入荷しましたあせあせ(飛び散る汗)

先回までと袋が変わりました。300g¥1460、200g¥1000DSC05100.JPG
来週月曜日までの賞味期限です。DSC05096.JPG

成長に応じて潮の流れの早い沖合で身を締めるので「もまれ牡蠣」と呼ばれます。
大粒でぷりんぷりんの牡蠣は旨みがぎゅっと凝縮した味です。
牡蠣好きな方はお見逃しなく。

牡蠣フライは最高!お好み焼きも牡蠣と冬野菜のあんかけ丼も美味しかったな〜ハートたち(複数ハート)

今日は活き帆立の入荷は貫正さんのご都合でありません。