2020年01月18日

屋久島から

屋久島から
枇杷種エキス・ポンセンと一緒に届きました。
掘りたての
八郎生姜八郎生姜.jpg
かわひこ(里芋)かわひこ.jpg
今年もかわひこの美しさにノックダウンです。かわひこの赤.jpg

熟成したさつま芋
安納芋安納芋.jpg
紅東紅東.jpg
紅はるか紅はるか.jpg
シルクスイートシルクスイート.jpg
先ずはお知らせまで。

今日は雨から雪に変わり今はまた雨。風もあって寒く、ご来店の人もぽちぽちなのですが、
栃木から丈夫卵や、仁井田本家のしぜんしゅの酒粕やら
お酒や菜種油や胡麻油や味醂なども届いて
袋詰め、棚に並べるなどしなくてはいけないこと沢山です。
電話電話で寒餅の予約もお受けしてますしねわーい(嬉しい顔)
寒餅締め切りは21日(火)ですよ。
http://blog.sizenmura.jp/article/187002906.html
【在来種・自家採種の野菜の最新記事】
posted by 自然村 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年01月17日

湯たんぽ

一昨夜、今年初めての湯たんぽを入れて寝ました。
ぐっすり眠って、夜中にトイレに起きることがありませんでした。
昨夜も湯たんぽを入れて寝ました。
朝までぐっすり眠りました。

暖冬とはいえやはり冬。

銅製湯たんぽ 袋付き。店の棚でぴかぴかに輝いています。DSC00403.JPG
DSC00374.JPG
13500円+10%税

陶器製もいいですが、銅製は落としても割れないこと、軽いことです。

特別養護老人ホームでお世話になっている母が、
夜中に便意尿意をもよおして、ベットの上でズボンを脱ぎ、そこで排泄をしてしまうことが何度かあったそうです。
後始末をしてくださる介護士の方には本当にお世話になっています。実の子供でもやり切れないことをしていただいています。

毎晩、母に会いに行ってくれている弟が、湯たんぽを持って行ってくれるようになりました。
そうしたら、ぐっすり眠って粗相をすることがなくなったそうです。
血行が悪くて色の悪かった足の甲も幾分明るい色になったと言っていました。
毎晩、湯たんぽを入れてくれる弟にも感謝しきれません。

岩崎政利さん

頬よせあぁって いるように。
肌に糸巻模様が入るものどうし。米良大根と横川燕.jpg
池松さんの米良大根と岩崎さんの横川つばめ大根
宮崎県と鹿児島県の在来品種
どちらも煮ても生でも美味しい、
一度は食べてもらいたい大根です。
           117日入荷.jpg

今週の雲仙たねの自然農園 岩崎政利さんの野菜は、
人参・玉ねぎ・緑黄カリフラワー・白菜・キャベツ・サニーレタス
じゃが芋(西豊)・赤水菜・大和真菜・雲仙赤紫大根・長崎赤かぶ
横川つばめ大根17入荷2.jpg
            大和真菜.jpg

そしてそして待ち望んでいた岩崎ねぎですexclamation×2
胸きゅん黒ハートの素晴らしい姿です。
白いところは短く青い葉が長いねぎ。鍋物やうどんに最適。
ねぎだけの葱焼きもいいでするんるん
今回、自然村の為に収穫してくれました。嬉しい。
電話する度に「岩崎ねぎ」「岩崎ねぎ」と言い続けていましたからわーい(嬉しい顔)

ポラン広場からいちうろこのおでん種セットはじめいろいろな練り物が。
ポラーノの鶏つくね団子は鍋ものやおでん、スープに手軽で美味しく人気です。

牛のお母さんのおっぱいってこんなに美味しいんだ!と目を丸くするでしょう。想いやり生乳

果物は有機金柑・スイートスプリング・とびしま農園のみかん・加藤さんのネーブル・愛媛有機のレモン

節分豆
棚宗サラダ園の自然栽培煎り落花生落花生殻.jpg
7品種の在来大豆の煎り豆素焼きミックスDSC08726.JPGDSC08725.JPG
リクエストにお応えして再入荷しました。


posted by 自然村 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年01月16日

池松さんの種採り野菜

福岡の池松さんから届きました。

・葉っぱの付いた黒田5寸人参
・かつお菜
・津田かぶ
・のらぼう菜
・米良大根
・水菜

明日は岩崎さんの種採り野菜が届きます。
今シーズン初の岩崎ねぎがたくさん届く予定です。
種採りではないけどキャベツも沢山のつもりです。なにしろ美味しいですから。

暖冬傾向で比較的暖かい日が続いていますが
それでも冬の寒さはあります。
野菜鍋やおでんで温まってください。
南伊豆水産いちうろこのおでん種セットもたくさんあります。
posted by 自然村 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

昆布

あさイチで昆布水の紹介があったようですね。
TV見てないのですが、
昆布に切れ目入れると出汁がよく出るとかの話もあったようで。

土居さんは切れ目を入れなくてよいとおっしゃっていましたが。
それはどちらでも

昆布の水出し、昆布といりこの水出しはお勧めです。

さて、このようなサイトがありましたのでご紹介しますね。
山本洋子さんのレポートです。
こんぶ土居さん直伝のお出汁の取り方です。
http://www.yohkoyama.com/archives/19094
使っている塩は土佐の天日塩あまみです。

このレポートの時は2007年かなり前ですね。
天然真昆布の出汁取りです。
昨年、天然真昆布の販売が休止になり(天然真昆布の不漁による)今は養殖2年物を扱っていらっしゃいます。
当店在庫の天然真昆布も昨日4枚ご予約お取り置きの方に渡り
養殖2年物の販売です。
天然真昆布と比べると養殖2年物は違うことは違いますが
土居さんの目利きにかなったものです。
どうぞタイコウの本枯節、やまくにのいりこ、伊吹島いりこと一緒にご利用ください。

スタバのコーヒーよりも安い日本一のお出汁 って
本当ですわーい(嬉しい顔)
posted by 自然村 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | だしとり