2016年12月07日

新米

佐久間さんの新米が届きました。

肥料・農薬を使わず育て、おだかけ天日干し、籾貯蔵のお米です。
昭和時代に育種されたお米の品種を選んでいます。各、玄米1kg入り。お好みにより精米しています。

粘りが強く赤飯にしても、餅にしても大変美味しいと評判です。収量は限られますので自然村は10kgいただくことができました。(残り8kg)
神楽餅米
DSC04821.JPG

農林22号
DSC04824.JPG

いせひかりDSC04822.JPG

初霜はまだ田んぼで干されています。DSC04825.JPG
青みが抜けてすっかり黄土色、枯草色となっているそうです初霜は愛知・岐阜の濃尾平野で昔から作られている粒の大きなお米です。愛知岐阜出身の私どもの気に入っている美味しいお米ですので新米が届きましたら召し上がっていただきたいです。

天日干しのお米と機械乾燥のお米の味は?、
山形在来のお米さわのはなの生産者さんの遠藤さんに伺った話です。
「今は低温で乾燥する機械乾燥の性能が良くなって、機械乾燥も天日干しも味の差はなくなっています。
が、種籾の発芽は天日干しの方が早く芽がでます。」ということです。
「種の力を食べる」という観点では天日干しのお米ということでしょうか

佐久間さんからは不耕起草生自然農のさつま芋黄金千貫も届きました。DSC04820.JPG
鹿児島の芋焼酎の原料で知られるさつま芋です。天ぷらにしても甘みがありとても美味しく気に入っています。