2016年12月08日

上野公園の銀杏

上野公園の銀杏を200g¥300で販売しています。
い〜〜〜ぱいあるので、い〜〜ぱい買ってください。
この銀杏は、毎朝、弁当を手づくりし、上野の路上生活者の人たちに届けている石崎さんが贈ってくれたものです。売上金は赤銀杏会への寄付に使います。

12月5日付の東京新聞朝刊 5面に掲載された記事をお読みになった方も多いのではないでしょうか。
写真を拡大して読んでいただけたら嬉しいです。お願いします。DSC04829.JPG

もし、石崎さんに直接の応援をしたいという方は、東京新聞社にお問い合わせください。
posted by 自然村 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

在来のねぎ

あさイチでねぎを取り上げていましたね。昨日はそう言いながらねぎを買うお客さんもいました。
現在の流通される長ねぎは、苗を機械で植えやすい、機械で収穫しやすい、輸送するのに折れない、そういう条件に合うように品種改良されたネギが主流です。

一方、日本各地に在来のねぎがあります。
東京、関東にもあります。
自然村も今の時期の長ねぎは農家さんが種を採り続ける在来のねぎです。

飯田さんが作っているのは、世田谷の有機農業家故大平さんが長年種子を採り続けてきた牛角ねぎと、やはり世田谷の宇奈根の海老澤さんが長い間、種子を採り続けてきた宇奈根ねぎ
(二つとも長く種を守られてきたねぎですが、比較的新しいということで江戸東京野菜には加えられていません。)
おふたりからたねを譲られ、飯田さんも長い間、種を採り続けています。
牛角と宇奈根では比較すると宇奈根の方が柔らかく、青い葉が強風では折れやすいそうです。
どちらも青い葉も美味しく食べられます。
宇奈根ねぎと牛角ねぎのことについての過去のブログです。
http://blog.sizenmura.jp/article/80818465.html

左が宇奈根ねぎ。右がすなはらねぎです。DSC04828.JPG

すなはらねぎは、橋本農園さんが作っています。
橋本さんの説明です。
すなはらねぎは上里(埼玉)の須賀さんのところで40年以上自家採種で繋がれてきた在来種です。
もともとは分けつねぎだったそうなのですが、年数をかけ一本ねぎに近い形に固定していったそうです。
須賀さんの組合の方から10本のねぎをわけてもらい、それを母本にうちの畑で4年目くらいになります。
とても柔らかく美味しいねぎです。

上里の須賀家というのは、若い人は知らないかもしれないけど、私位の年齢の方はご存知でしょう。有吉佐和子さんの著書「複合汚染」に有機農業(自然農法)の希望の星として登場しています。

今朝、すなはらねぎを使って野菜スープを作りました。昆布出汁。白みそと米味噌の合わせ。塩少々。DSC04827.JPG
野菜の甘さがでたスープになりました。ここにシュレットチーズをのせてとろとろになったところを装いました。クラタペッパーをかけて。
すなはらねぎ、甘い美味しいねぎです。

今夜はねぎま鍋にする予定です。
posted by 自然村 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜