2017年01月31日

木槽しぼり酒粕チョコレート

青砥酒造(島根)とポラン広場のチョコレートのコラボから生まれた
酒蔵が手作りしたチョコレートをあなたへの贈り物にハートたち(複数ハート)
            DSC04930.JPG
芳醇な酒の香り、上品な大人のチョコレートを味わって、DSC04932.JPG

あの人にあげたいチョコレートプレゼントと思ったら、
もう一度、お求めください。

大人の時間のチョコレートです。

予約をお受けしています。
70g¥1000(税抜き)冷蔵扱い。
*ご注文から約1週間でお渡しです。
2月14日バレンタインデーに間に合うには、2月8日(水)午前中までに予約してください。

木槽しぼり酒粕チョコレート誕生秘話と美味しさの秘密

 酒粕をデザート感覚で食べたら最高においしい!とのアイディアから永島さん(従業員)は酒粕入りチョコレートの開発をスタートしました。「うまく出来る日、まったく出来ない日などあり、温度や酒粕の状態など見極めるのに苦労しました。」
最初はクーベルチュールのチョコレートを使用。フランス産やシンガポールなど酒粕に合うチョコレートを探し、その中でもより良いと思われるチョコレートを使用していました。
しかし、ポラーノミルクチョコレートは「まったく比にならない位おいしく」試してみると「酒粕を合わせてもとてもなめらかでおいしくしてくれます」
製造を手作業にて行っているため、」気温や湿度によっては納得のいく商品が出来ない日もありました。しかし、現在では酒粕と馴染みがよいポラーノミルクチョコレートにある程度ゆだねることで、なめらかで、上品な甘さの酒粕入りチョコレートに仕上がるようになりました。

2017年01月30日

雲仙のたねの自然農園からの直送野菜セット

長崎県雲仙の岩崎政利さんのたねの野菜たちのセットのご案内です。
http://blog.sizenmura.jp/article/167668215.html

ひと箱に、在来の野菜と一部、F1品種が入りますが、全て農薬・化学肥料を使わない栽培になります。

今日は、長年、岩崎さんの野菜セットを取り続けている関西在住の方からのメールを紹介します。
  サニーレタスが美味しいです。
  紫と緑の色合い、フリルのしなやかさ、厚み、ふんわり感。
  見て美しく、噛んでやさしく。
  そのままいただくと葉の風味と甘さを感じられます。
  少しのお醤油でおひたしも美味しいです。
  岩崎さんのお野菜はシンプルな調味調理で持ち味がふくらむのでとてもありがたく(手ぬき…?笑)、
  また、つながるいのちに感動します。


DSC04992.JPG

自然村には毎週木曜日夕方に届きます。よろしくお願いします。
posted by 自然村 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

みかん!

それぞれ美味しい春の柑橘がいろいろに店先を彩っていて迷う時期になりました。
冬の間主役だった蜜柑は春の柑橘にその座を譲ろうとしていますが、
どっこい!
今、熊本の加藤さんの蜜柑がめちゃくちゃめちゃくちゃ美味しいです。
るんるん
樹上完熟の蜜柑、今の時期は皮の艶は無くなっていますが、
加藤さんの蜜柑は薄皮は厚くなってますが、味の濃さは最高潮です。DSC05003.JPG

完全無農薬・肥料は下草と剪定の枝を樹の周りに置くのみです。

加藤さんの柑橘は他に
ネーブルもあります。
したたる果汁と食べた後も口に残る香りがあります。「低速ジューサーのフレッシュジュースでお客様をおもてなし」と喜んでくださったお客さんがいました。よかった。
レモン・リスボンもあります。レモネード作りにいかがでしょうか?レモンの皮は外見は綺麗ではありませんが、味と香りが素晴らしいです。

寒餅

加藤農園さんの寒餅が届きました。DSC05001.JPG

少しですが、店売りもあります。只今あるのは、黒豆入・青のり入・くるみ入・アーモンド入各1個になっています。

今年もたくさんのご注文をありがとうございます!
仕分けが終わっていますのでみなさまご来店ください。
発送作業も今からいたします。

2017年01月28日

予約のご案内

予約のご案内が続きます。DSC04935.JPG
メイドインアースのオーガニックコットン商品10%OFFの締切が28日本日となっています。
30日の正午までにご注文いただけば、10%OFFでご用意します。
店で直接、または
メールshop@sizenmura.jp,
FAX03−5927−7880まで、品名・サイズ・個数をご連絡ください。

私個人的には、ベビー綿毛布と綿毛布はお勧めです
何年も使って最初のふわふわ毛が無くなってぺったんこになったのを敷毛布にしてますが、それでも気持ちいい〜〜ハートたち(複数ハート)体と心が解けます。ハートたち(複数ハート)
お問い合わせください。

もうひとつ、予約お受けします。
高木糀商店の生甘酒、生糀300g、生塩麹の予約をお受けします。2月3日入荷予定です。
甘酒作りをする人、増えていますね。
posted by 自然村 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2017年01月27日

有機麦麹 予約

やさかの 有機麦麹の予約を承っています。

限定500pなのでいよいよ残量が少なくなってきているようです。
ご希望の方はできるだけ早めにお申し込みください。

2月2日まで受注いたしますが、そでまでに完売していましたらご容赦ください。
とにかくお早めにダッシュ(走り出すさま)

受注生産ですのでお申し込みから2週間ほどお渡しにかかります。

やさか有機麦麹1kg¥1390

生牡蠣と活き帆立 

本日、唐桑半島から畠山正則さんの生牡蠣が届きました。DSC04993.JPG

    活き帆立も届きました。DSC04994.JPG

ありがとうございます!完売しました!

来週は2月2日(木)に入荷予定です。加熱で賞味期限は翌月曜日です。
ご予約を承っています

2017年01月26日

岩崎政利さんの野菜

雲仙たねの自然農園から在来の野菜が届きました。DSC04992.JPG

箱を開けるとはちきれんばかりに収められた野菜たち。サニーレタスも肩を回しながら伸びをするかのよう。
つやつやの葉を開いています。
今週は、黒田5寸人参、日野菜かぶ、岩崎ねぎ(岩津ねぎ)、源助大根、赤水菜、赤紫大根、野崎キャベツ、畑菜。
サニーレタス、白菜は一般種。

岩崎さんご自慢の岩崎ねぎが届きました。兵庫の在来のねぎである岩津ねぎから長年種を採り続け、すっかり雲仙の畑になじんでしまった葱です。青いところのゼリーがいっぱい。去年の種市大学の時、兵庫の山根さんとのやりとりを懐かしく思い出します。
岩津ねぎは元々兵庫県の在来作物です。生野銀山の働き手たちの胃袋を満たしてきた、兵庫自慢の美味しい葱です山根さん岩津葱説明.jpg


畑菜は京野菜の仲間ですがあまりその名を聞くことはない青菜です。
岩崎さんは講演会などで「さりげない野菜」として壬生菜やしゃくし菜などを挙げられますが、畑菜もさりげない菜の仲間です。見た目はぱっとしなくても、是非、食卓にあげていただきたい青菜です。寒くなって益々甘みが増しています。

赤紫大根はもともとは佐賀の女山三日月大根を岩崎さん好みの大根に変わっていったものです。
大変に美しい大根で味も抜群によい。様々な調理の仕方で楽しめます。
千切りにした雲仙赤紫大根のオルチョ柚子勘助マリネ雲仙赤紫大根・赤リアスからし菜.jpg
           焼き肉でくるんと巻いて雲仙大根からし菜肉巻.jpg

日曜日の「たねの学校特別篇」での岩崎さんのお話は、
在来種の野菜にはそれを守ってきた人々の想いや物語があります。この在来種のたねを次の世代に繋げていくためには、在来の野菜を食べてくれる人がいなくてはいけません。みなさん、在来の野菜を食べてくださいというお話でしめくられました。



posted by 自然村 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

お昼ご飯

ご飯と味噌汁はつくりたい!という店主のたっての希望で、ご飯・味噌汁は店主担当。
この頃は、昼ご飯のおかずは家からのケータリングです。残り野菜を丁寧に調理してくれる。

今日はおやつ付。保温瓶に入れて持ってきてくれた。
苺もトッピング
            生乳ぜんざい DSC04991.JPG

以後アいちご園のいちご、本日あります。
posted by 自然村 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2017年01月24日

ゆり根 晩御飯

    晩御飯は白いリゾットDSC04985.JPG

ゆり根のリゾットでした。
お米・ゆり根・牛乳・木次ゴーダチーズ・クラタペッパー白胡椒を。

ゆり根 あります。

ゆり根の白和えが一番好きるんるんという声もあがりますが、
これを春巻きに包んで揚げたのも美味しいです。


金時豆と根野菜、佐久間さんの黄金千貫のスープも一緒に食べました。
佐久間さんの黄金千貫はもう終了ですがとてもとても美味しいさつま芋。次のシーズンには積極的にご紹介したい。
posted by 自然村 at 09:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2017年01月23日

寒い!

     夕刊を受け取ってDSC04980.JPG
新聞が冷たい台風って。わーい(嬉しい顔)

冬季限定 羊毛の靴下 サフォークソックスが届きました。DSC04981.JPG
北海道・茶路めん羊牧場の羊毛を原料に、岩手の羊飼い、山本実紀さんが企画・製造しました。
空気がたくさん含まれるよう紡いだ糸でできているので足を包み込むような温かさです。保温性があり、吸湿性もありながら通気性にも優れているので蒸れません。
原材料:ウール・ナイロン・ポリウレタン

寒くて仕方ないからと甘酒作りに米糀、生姜、
温かい飲み物にとココア、紅茶をお求めになられたお客さんもいます。

酵素の力で乾燥肌を改善しながら芯から温まり、DSC04983.JPG¥6000

湯たんぽで暖かくお休みください。DSC04982.JPG純銅製湯たんぽ¥13500

睡眠がなによりの風邪予防。
posted by 自然村 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

日にち変更

宮城県 唐桑半島から畠山正則さんの生牡蠣が届きます
木曜日の予定でしたが、金曜日に変更になりました。
加熱用です。実は加熱用の方が美味しいんですよ。ハートたち(複数ハート)
加熱用賞味期限は翌週火曜日になります。

今シーズンもあの美味しい牡蠣フライが食べられる
手(チョキ)DSC02928.JPG

200g¥1000、300g¥1460

当店では殻付きでなく、剥き牡蠣を販売しています。
以下の説明は暮らしの手帖の記事の抜粋です
 「袋詰め後も鮮度を保つために、牡蠣むきは貝柱脇の心臓を絶対傷つけてはならない。手技は熟練を要し、機械化できない。作業が楽な殻付き牡蠣出荷だけの養殖かも多いなか、畠山家は文子さんの大活躍で8割をむき身で出荷。都会では殻付きが人気だが、運賃がかさむから出荷は2割に留める。」
鮮度抜群、味の濃いぷりぷり牡蠣です

予約をお受けしてます。 唐桑半島からの直送便も可能です。ご相談ください。

2017年01月21日

縮緬南瓜

店主が作ったお昼ご飯のカレーに「おっ、角切り肉が入っている」って肉好きさんが喜んだ。
肉に見間違えたのは甘い甘い南瓜だった。

先夜の南瓜サラダと同じ南瓜。

昨年11月に届いた岩崎さんの南瓜。皮がクランブルのようないぼいぼ縮緬。DSC04965.JPG
売れないでずっと棚にオブジェのような存在だった。たまに「あれは何ですか?」と聞かれたりしたけどね。

押すとぷかぷかする部分がでてきたので食べることになった。

肉の部分が薄く種は小さく空洞が大きい。皮を剥いたら食べるところがなくなっちゃうよ。DSC04967.JPG
カレーは皮つきでした。皮が薄く皮ごと食べられる。甘くて香りが良くて美味しい南瓜だった。

静岡在来見付け南瓜を天ぷらで食べたことがある。この南瓜と同じく縮緬皮で皮の内側に緑色があってオレンジと緑で美しい。こんなに綺麗で美味しい南瓜があるんだと感激したのを覚えている。
この南瓜の品種名はなにかな〜。明日、岩崎さんに聞いてみよう。DSC04966.JPG
思いついて小さい種を齧ってみたらこれも美味しいね。

今年の秋、またこの南瓜をもらえたら大事に紹介していこうと思う。

追記(1/23):岩崎さんにお聞きしました。愛知縮緬南瓜です。
今年の秋冬に再登場しましたら皆さん食べてくださいね。
posted by 自然村 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年01月20日

入荷情報

今週の岩崎政利さんの雲仙たねの自然農園からの野菜は、
じゃがいも・源助大根・黒田5寸人参、横川つばめ大根。壬生菜・大和真菜・九条太ねぎ・赤水菜・長崎赤かぶ
横川つばめ大根は煮大根として美味しいです。
白菜・キャベツ・ブロッコリーは一般種です。

杉山ナッツさんのピーナッツバター プレーンとハニーロースト届きました。

想いやり生乳

果物は、食べて美味しい食べて安全な苺、木村秋則さんのふじ、加藤さんの蜜柑、ネーブル
有機バナナ、金柑です。

大寒。寒い寒いです。でも、
今日は曇っていますが、晴れた日は夜明けも夜も空がきりっと美しいです。

寒餅の予約締切もうすぐです。ご注文をよろしく。
来週木曜日に唐桑の生牡蠣入荷予定。こちらも予約していただくと仕入れ予定が立って有難いです。
posted by 自然村 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

甘酒の日

今日の新聞 森永甘酒の広告に、
本日 大寒の日は 甘酒の日 って書いてありました。
甘酒で身体の芯から温かく

自然村では金沢の高木糀商店の生甘酒を販売しています。高木家の知性と感性を感じさせる上品で優美な味の甘酒です。しかも酵素が生きている「生」です。namakamazake.JPG

自分で作るわ、という方には生米糀もありますよ。         

毎日が何かの日ですね。ネットで検索すると「海外旅行の日」「玉の輿の日」なんていうのもありました。

2017年01月19日

ぜんまい杓子

木工作家 荒井智哉さんの木の道具が届きました。
木べらとぜんまい杓子です。

お問い合わせの多いぜんまい杓子の中¥3800も届きました。1個のみです。DSC04963.JPG

バターナイフは届いた時、「うふっ、道に落ちてる木っ端みたい。私でもできそう」なんて笑ってしまったけど、
それから毎日毎日見続けていると、存在感が大きくなってきました。DSC04964.JPG
私にもできそうでとてもできない。品格があります。毎日の台所道具。

煎り落花生

愛知県碧南市の棚宗サラダ園さんの
  煎り落花生が届きました!1袋¥500DSC04960.JPG

肥料と農薬を使わないで栽培した落花生を煎ってあります。
煎り具合も上々で試食を次々です。DSC04961.JPG
床に殻が散らかってしまった。

無肥料自然栽培で年々出来が良くなって実の太り具合もよいですが、小さい実のが味が濃く甘みがあって案外美味しいので驚きです。

節分の豆撒きにも大活躍しそうです。

明日は杉山ナッツさんのピーナッツバターが届きます。
すでに届いているなごみ農園さんのみそまめちゃんと、、
豆豆しい自然村ですわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

種の学校へのお誘い

なんと、3日後の間近の勉強会のお知らせです。


ピースシードからのお誘いです。私たちももちろん参加します。会場でお会いしたいです。

 「たねの学校特別編〜 The Seed HUB」のご案内

日本の自家採種に関連する動向の中で重要な役割を担ってきた方々による近況報告の場を、リレートーク形式の小さな勉強会として公開します。
どなたでも、ご参加いただけます。

経験の中で変容してゆく、たねと人間の関係から見えること、
積み重ねた時間の中で見えてきた日本でのたねのムーブメントのこれから、
そして、海外の事例とともに、たねと生物多様性について地球規模で話されていることなど、
幅広いテーマについてお話いただきます。

小さなたねの大きな世界は、みなさまの生の経験の内にも相似的に存在します。
多くの人々に影響を与えてきた先人たちが紡ぐ言葉は、
きっとSeed Consciousness(たねへの気づき)を目覚めさせてくれるでしょう!

会場は、クリエイティブに世界に違いを生み出す地球規模コミュニティーの一員、Impact HUB Tokyo。
お気軽にお越しください。

https://www.facebook.com/events/107064583138455/

【話者:50音順】
・岩崎政利さん(たねの自然農園) たねと生物多様性
・西川芳昭さん(龍谷大学経済学部教授) エチオピアから考える持続可能な種子のシステム
・古沢広祐さん(國學院大学経済学部教授) 生物多様性条約第13回締約国会議報告
※ 他にもスピーカーご登壇の可能性があります。

日時:2017年1月22日(日)13:30〜15:30(開場13:20)
場所:〒153-0063 HUB Tokyo 東京都目黒区目黒 2-11-3 印刷工場1階
会費:ラブオファー(愛の投げ銭)制度
問い合わせ/申し込み先:school(@)peaceseed.jp  ※(@)の()を取ってください。
担当窓口:ピースシード(浜口真理子)

【Impact HUB Tokyoとは】
Impact HUB Tokyoは、株式会社HUB
Tokyoが運営をする、社会的インパクトを生み出そうとする起業家やチェンジメーカーのコミュニティであり、欧州、北米、アジア、アフリカなど、世界約86箇所に存在し、のべ15,000人を超えるImpact
HUBネットワークの一員です。2013年2月の開設以降、現在、220名を超える起業家、スタートアップチーム、企業内起業家、NPOリーダー、フリーランス、アーティスト、エンジニアなどが集まるコミュニティへと成長し、メンバー間のコラボレーションを生み出しながら今なお拡大を続けています。
日本語版サイト http://hubtokyo.com/ English site: http://en.hubtokyo.com/
posted by 自然村 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

カリフラワー

カリフラワーとブロッコリーが並んでいたら
どちらを選びますか?

自然村ではブロッコリーの方が売れるんだけど、
私は、「カリフラワーもとっても美味しいんですよ」と
カリフラワー大ファンなんでするんるん

葉っぱも美味しいるんるん

昨晩の御飯もワンプレートです。DSC04958.JPG
カリフラワーが柔らかくなっちゃってごめんね、といわれたけど、
とんでもない。カリフラワーは固茹ででも柔らか茹でもとてもとても好き!
カリフラワーとパプアニューギニア海産天然えび、青見平の茹で卵のサラダ。
幸せ〜ハートたち(複数ハート)
クラタペッパー白胡椒を利かせました。

橋本農園さんの自家採種・無肥料無農薬の野崎カリフラワーです。

貫正さんが贈ってくれためかじきの脂ののって美味しいこと。

金時人参のラぺ・きゅうりの塩麹和え(ディルも)・アンチョビソースのパスタと共に。
posted by 自然村 at 09:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年01月18日

みそまめちゃん

なごみ農園さんの
       みそまめちゃん     DSC04955.JPG
自家採種を続けている小糸在来(青豆)を炒って、自家製味噌ときび糖を合わせた衣をつけています。
大豆の香ばしい味と甘味噌の甘じょっぱさが相まって後引く美味しさです。
今年もよろしくるんるん

他には菊芋。たっぷり入ってますよ。DSC04956.JPG

種子消毒無しの白菜も入荷しましたが完売しました。紅芯大根小粒4個入りも残り1袋になりました。