2017年01月21日

縮緬南瓜

店主が作ったお昼ご飯のカレーに「おっ、角切り肉が入っている」って肉好きさんが喜んだ。
肉に見間違えたのは甘い甘い南瓜だった。

先夜の南瓜サラダと同じ南瓜。

昨年11月に届いた岩崎さんの南瓜。皮がクランブルのようないぼいぼ縮緬。DSC04965.JPG
売れないでずっと棚にオブジェのような存在だった。たまに「あれは何ですか?」と聞かれたりしたけどね。

押すとぷかぷかする部分がでてきたので食べることになった。

肉の部分が薄く種は小さく空洞が大きい。皮を剥いたら食べるところがなくなっちゃうよ。DSC04967.JPG
カレーは皮つきでした。皮が薄く皮ごと食べられる。甘くて香りが良くて美味しい南瓜だった。

静岡在来見付け南瓜を天ぷらで食べたことがある。この南瓜と同じく縮緬皮で皮の内側に緑色があってオレンジと緑で美しい。こんなに綺麗で美味しい南瓜があるんだと感激したのを覚えている。
この南瓜の品種名はなにかな〜。明日、岩崎さんに聞いてみよう。DSC04966.JPG
思いついて小さい種を齧ってみたらこれも美味しいね。

今年の秋、またこの南瓜をもらえたら大事に紹介していこうと思う。

追記(1/23):岩崎さんにお聞きしました。愛知縮緬南瓜です。
今年の秋冬に再登場しましたら皆さん食べてくださいね。
posted by 自然村 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜