2017年02月26日

花仕込み 二倍麹味噌作りの会

初めて味噌を作る人のための
花仕込み2倍麹味噌作りの会
DSC03993.JPG

味噌を作ってみたいという方、募集いたします。

合鴨除草無農薬・無化学肥料栽培のさわのはな(山形在来の米)の米麹と北海道在来無農薬青大豆・土佐の天日塩あまみを使って
贅沢な2倍麹味噌を仕込みます。
味噌作りの手順やポイントを覚えたら、来年からは家庭で作ることができますよ。

日時;3月25日(土)13〜14時半
        3月26日(日)10〜11時半
会場;自然村店内
参加費;5000円(税込み)・・約3kgの味噌を持ち帰りできます。
申し込み;参加費を添えて申し込みください。(メールの方はまずはお問い合わせください。)
持ち物;三角巾・エプロン・軍手・タオル・味噌を仕込む容器・食塩1.5kg(安いのでOK)
*仕込み甕をご希望の方は新常滑焼甕をご紹介します。

   申し込み締め切り 3月4日。

ネットを見ても、あちらを見てもこちらを見ても「寒仕込みに限る」「寒仕込みが最適」の文言が並んでいて、「花仕込み」は芥子粒みたいに分が悪いですね〜わーい(嬉しい顔)
いろいろ見ていましたら、信州にある味噌屋さんのHPに巡り合いました。井上醸造さんという味噌屋さんです。http://www.inouejyozo.jp/dai3syou.html
posted by 自然村 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

味噌作り材料

東京の桜開花予報は3月24日とありました。
まさに花仕込み味噌作りの始まりです。

味噌の味は、酵素力のある麹、麹の原料である米の味、味噌に向きうまみのある大豆、そして温度で決まるそうです。味噌作りは大豆を煮る時間がかかりますが、手順は難しくありません。

初めての方も楽しんで作れますよ。
麹の締切が3月4日と迫っています。ご注文はお早めにダッシュ(走り出すさま)

 桜の花の咲いたころから始める
      花仕込み 手前味噌作り


あちらこちらから味噌作りをしたよ、という声が聞こえますが、
自然村の味噌作りのスタートはまだまだ先です。
麹菌の働きは麹菌の出す酵素によって、大豆に含まれる澱粉・タンパク質、油脂などの成分を分解することです。 
麹菌は15度以下では眠った状態です。自然村では麹菌が動き始める、花の咲くころからの味噌作りを提案しています。
桜の開花時期は地域で違いますし、甕を置く環境(温度)でも条件が変わってきますが、
「雑菌の少ない寒」にというのは「寒(勘)違い」のような・・。と考えますので、
東京で開花する時期を考えまして、今年は3月24日に麹をお渡しする予定です。
味噌は大量の塩が使われますので、中で雑菌が繁殖することはまずありません。

      
 そんなことを教えてくれた山形県白鷹町のすずき味噌店の鈴木徳則さんにお願いをして、当店で販売している山形の幻の米さわのはな(合鴨農法)をにしてもらいます。
          koujimurosuzuki.JPG
            この麹室で作られます
           koujisuzuki.JPG
           tokunori.JPG    
米の芯まで麹菌のまわった力強い麹になります。力強いというのは、酵素を出す力が強いということです。       

予約承ります 
       注文締切 3月5日(日)
       入荷   3月24日(金)
    
(冷蔵庫で3週間OKですので、受取日を決めてください。)
 @玄米麹 1kg¥1500
 A米麹  1kg¥1390

お薦めの豆。在来種の豆を2種ご案内します。全て農薬不使用化学肥料不使用です。
B北海道遠軽在来青豆1kg¥2150・・「味噌には青豆」と農家がいう、甘みと旨みの濃い豆です。毎年作る人から好評です。
  *北海道産無農薬黒千石豆1kg¥2150の予約もお受けできます。当店オリジナルの二年寝太郎味噌を食べて、昨年、黒千石で仕込まれた方がいらっしゃいました。二年寝太郎味噌は麹の割合が多いです。
C新潟在来肴豆1kg¥2150 DSC04995.JPG
9月下旬の1週間の短い期間のみ収穫販売する絶品枝豆肴豆の乾燥豆です。大粒の美しい緑の大豆です。甘みが強く味噌の仕上がりも大変美味しく好評です。限定数量15kgのみですので、ご注文はお早めに。限定数量ですので肴豆単品でのご購入はご遠慮ください。麹と共にご予約をお願いします。

お薦めの塩
E土佐の天日塩あまみ 500g¥1400
 黒潮洗う海の塩です。お日様と職人の技術の文字通り結晶です。食べて美味しい塩です。
F海の精赤ラベル(釜炊)500g¥1200
G海の精漬物塩1.5kg¥3000

仕込み甕のご案内    DSC04937 (1).JPG
新常滑焼 2号3.6L(麹・大豆各500g 目安)¥5000
     3号5.4L(各1kg 目安)¥6500
     5号9.0L(各2kg 目安)¥8000
     8号14,4L((各2.8kg目安)¥11000
新 落し蓋  2号用1.0kg¥1200
     3号用1.5kg¥1400
     5号用2.2kg¥1980
     特大8号用3.5kg¥2800
*久松甕 切立甕1号1.8L 1個、 おふくろ甕4.4L 1個のみ在庫在ります。


味噌作りのチラシを店頭で配布中です。
メールでのご注文は注文商品番号と品名と数量、
お名前・住所・電話番号
来店で引き取り又は発送かを明記してください。
たくさんのご注文をお待ちしています。
*表示価格は全て税抜本体価格です。

2017年02月24日

鶏ガラスープと中華生麺

先日紹介しましたポラーノの鶏ガラでとったガラスープは,http://blog.sizenmura.jp/article/178855030.html

大根を煮たのと、
ラーメンスープになりました。DSC05109.JPG
生姜と料理酒と塩で味付け、白菜・ネギ・少々の鶏肉で優しい味わいのラーメン。
(あっ!クラタペッパー白胡椒を入れ忘れていた!)

私は、きざみ高菜漬けをトッピングしました。

生中華麺は金子製麺のスープ無しのです。2食¥225DSC05112.JPG
この麺がとびっきり美味しいのです。スープ無しなのでそんなには売れてなく、自家用になることが多いのですが焼きそばにしても美味しく、夏にはドレッシングやごまだれ・ポン酢を使えば冷やし中華にもなります。
ラーメンも昆布+いりこのスープでもいけます。

自然村はアミノ酸等はもちろん、たんぱく加水分解物、酵母エキスの入った商品は販売しないことにしていますので、今のところ、スープ付きの生ラーメンやインスタントラーメンの販売はありません。http://www.sizenmura.jp/

2017年02月23日

今週の岩崎政利さんの野菜と入荷情報

雲仙たねの自然農園からの野菜たち。
いっぱいに詰められた箱を開けて美しいな〜と感動して、それを伝えたくって写真をパチパチ撮りました。

岩崎ねぎ・ブロッコリー・日野菜のかぶ菜・赤水菜DSC05101.JPG

その下は、白菜・弘岡かぶ・雲仙赤紫大根・じゃが芋・キャベツDSC05102.JPG

雲仙赤紫大根の見事な赤紫色。黒田5寸人参DSC05105.JPG

ブロッコリーはF1ではありますが、柔らかく瑞々しく甘く最高に美味しいブロッコリーです。見事です。DSC05104.JPG
キャベツと白菜もF1ですが、30年以上無農薬の農業をしてきた岩崎さんの野菜の美味しさは半端ないです。

島大根。島大根も色形は様々です。DSC05106.JPG
生でおろして大根らしい辛みと風味があり、首の方は甘さが十分。普通の大根と同じようにどんな料理でも使えます。
その特徴は、繊細さにあります。肌理が細かい。DSC05098.JPG
煮ると早くに火が通ります。DSC05099.JPG

今週のお便りは島大根のことでした。島大根の傍に置いておきますのでお手に取って読んでください。
一部を紹介します。
 メール収穫していくなかで、桜島大根の葉によく似ています。
 そのためか。この大根の最大のよさとは、とても生命力があることです。大根の仲間のなかでも真冬の寒さに対しても肩のとろけも少なく感じます。実は、今わたしの農園における種採りの目的を、種の生命力に置いています。自然種子の育成とは、自然農法の到達の中でとても大切なことで、種によっても農法が確立されていくと確信しているからです。
今わたしの農園の大根の中で、平家大根とこの島大根は一番に生命力が高いものです。有機的な肥料をあまり必要としない種とは、種により生命を与えていく、種採りから見えたものは、種を育てると葉、すばらしい農法でもあったものです。メール

明日は、好評完売していました青まぜ海苔・杉山ナッツのバターピーナッツ(ロースト仕立て)やポラン広場から美味しいものたち、想いやり生乳
明後日は、佐久間さんからブロッコリー・里芋・人参、みのわせ大根の切干大根が届きます。

3月にかけて益々味が濃く一年で一番美味しい旬を迎える唐桑の生牡蠣も届いています。

posted by 自然村 at 19:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

唐桑半島 畠山政則さんのもまれ牡蠣 入荷

唐桑半島 畠山政則さんの生牡蠣(加熱用)が入荷しましたあせあせ(飛び散る汗)

先回までと袋が変わりました。300g¥1460、200g¥1000DSC05100.JPG
来週月曜日までの賞味期限です。DSC05096.JPG

成長に応じて潮の流れの早い沖合で身を締めるので「もまれ牡蠣」と呼ばれます。
大粒でぷりんぷりんの牡蠣は旨みがぎゅっと凝縮した味です。
牡蠣好きな方はお見逃しなく。

牡蠣フライは最高!お好み焼きも牡蠣と冬野菜のあんかけ丼も美味しかったな〜ハートたち(複数ハート)

今日は活き帆立の入荷は貫正さんのご都合でありません。

2017年02月22日

つぶつぶ料理

メディアでは日替わりのように健康や美容によいスーパーフードが紹介されていますね。

小さな小さなつぶつぶ 雑穀も身近なスーパーフードなんです!
雑穀って体に良いようだけどどうやって食べたらいいの?、どんな味がするの?
アレルギーに良いそうだけど調理の仕方が分からない。面倒じゃない?と、
ちょっと垣根が高く感じている、その垣根をぐっと低くして跨げるくらいにしてみようという試みです。
気軽に味見にお越しくださいねるんるん無料です。

  2月27日(月)11時〜14時半の間ならいつでも
植草 キヌアと人参スープ.jpg
 ニンジンとキヌアのつぶつぶスープ
           ご試食デー
〜やさいと雑穀の美味しいハーモニーを味わってみませんか〜

やさいと雑穀の料理教室「つぶいろ」主催植草彩子(うえくさあやこ)さんが雑穀スープをお客様にふるまいながら、雑穀のお話をさせていただきます。時間内ならいつでもフリーで気軽にお越しください。
植草彩子さんは、
こどもたちのアトピーをきっかけにつぶつぶ雑穀料理に出会いました。その美味しさ、楽しさにすっかりはまり、つぶつぶ料理をお伝えする料理教室を東京都練馬区南大泉で開催しています。
お子様お連れ歓迎の料理教室だ和気あいあいとアットホームに楽しく開催しています。
三児の母。末っ子は、笑顔を振りまくダウン症児。

ブログ
.つぶつぶ雑穀ごはんとおやつのまいにち
http://ameblo.jp/tsubudairy/

どうぞよろしくお願いいたします。

ひな祭り

強い風が吹き荒れましたが久しぶりの雨が降り、明日も雨の予報。からからの中で恵みの雨といったところでしょうか。
三寒四温  一雨ごとの温かさ と果たして・・・なるか?

人間にはまだまだ寒い気温ですが、植物たちは春の気配をしっかりと教えてくれ、とう立ちの蕾を見ると思わず「こんにちは!」と声を掛けたくなります。
陽だまりのような柑橘たちは、目にも春の温かさを与えてくれます。皮を剥けば香りのシャワーをくれ、
滴る果汁をこんな薄い皮で守り包み込んでいることに感嘆してしまいます。

2月ももう少しで終わります。
ひな祭りのお菓子が並んでいます。DSC05031.JPG
                 DSC05032.JPG
冷凍庫にはうぐいす餅も。
ちょっと早いですが桜のクッキーカステラも並びました。
てんとう虫のチョコレートも春らしいです。

2017年02月21日

ポラーノの鶏 

美味しいポラーノの鶏肉、ガラ(冷凍)の販売が始まりました。
二羽で¥280です。予約注文でご用意します早速仕入れて味を見ることにしました。
実は私、鶏ガラでスープを取るのは初めてなんです。

ネットで取り方をいろいろ検索しました。 いろいろな方法がある中で、一度水から茹でて綺麗に掃除し、香味野菜と一緒に水から煮る方法にしました。
出汁とり料理教室を主宰されている引頭佐知さんのブログを見たらなんと偶然にも鶏ガラ出汁をなさっていました。昆布も入れていました。
鶏のうま味成分(イノシン酸)+ではなく××何倍の旨味になる昆布の旨味成分(グルタミン酸)!私も昆布を入れました。DSC05089.JPG
灰汁を丁寧に取りながらふつふつと長時間煮て、出来上がりました。DSC05092.JPG

出しがらから身をこそげとりました。あんなに煮たのに良い旨味がちゃんとあります。今晩のもう一品ができます。

鶏がらスープは何にしましょう?

ラーメンがいいかな。金子製麺の中華麺とだったら最高のラーメンになりそうです。
私は愛知県出身。関東煮は鶏ガラ出汁でした。家で作る関東煮も駄菓子屋の関東煮もめちゃくちゃ美味しく懐かしい味です。
試飲したお客さんが「これで大根を煮たらたまりませんね」

ああ〜何にしようかな〜

ポラーノの鶏ガラ2羽¥280(冷凍)ご注文から1週間ほどでお渡しできます。
ポラーノの鶏は法定ワクチン以外は薬剤一切不投与。遺伝子組み換え飼料一切不使用。早く大きくするための油脂飼料も与えずゆっくり健康に飼育しています。
鶏肉・その加工品ともに美味しい鶏肉です。
各部位、冷凍ケースで販売しています。

2017年02月16日

雲仙種の自然農園の野菜たちと

今週の岩崎政利さん 雲仙たねの自然農園からの野菜は

とろみの多いねぎです。青いところがとても甘い岩崎ねぎ、西豊じゃが芋・黒田5寸人参、弘岡かぶ、島大根、赤水菜、しゃくし菜、黄カリフラワー(固定種)、雲仙赤紫大根・大和真菜。
他に一般種ですが、素敵なサニーレタス・白菜

今週は、島大根弘岡かぶ岩崎ねぎを多くの方に食べていただきたいとたくさん送ってもらいました。

かぶの女王であり王様である弘岡かぶはもう召し上がりましたか?ひっとしたら今週が最後になるかもしれないかぶですので見逃さないでくださいね。

島大根は鹿児島地方の在来種です。岩崎さんの冷蔵庫の中で永く保管していた種を2年前から復活させました。煮大根として又、あまり辛みは少なくおろしにして酢を加えるとピンクが美しい大根です。
島大根の特徴は繊細な味にあるそうです。久司マクロ オーガニックベースの奥津典子さんがFBで島大根のことを紹介していらっしゃいました。
おろしの美味しさ、煮大根のほろほろほろとした美味しさが大根の概念を広げてくれるかもしれません。
食べてみたくなりませんか?

無農薬の春の柑橘が揃ってきました。
サワーポメロ・タンカン・ポンカン・レモン・せとか(殺虫0〜3回無茶茶園)
陽だまり色です。

高木糀商店の生甘酒・生塩糀・生米糀300gが入荷します。

想いやり生乳は毎週金曜日入荷(予約もお受けしています)

唐桑半島の生牡蠣と活き帆立もあります。

ご来店、ご注文をお待ちしています。
posted by 自然村 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

加計呂麻のタンカン

奄美 加計呂麻のタンカンがた〜くさん届きました。

不耕起草生自然農〜草も虫も鳥も敵としない、野生のヤギさんも敵としない。肥料ははいりません。できるだけ自然と共に〜で実った樹上完熟のタンカンです。

実にぴったりと付いた皮を剥くとハチキレンバカリの実が現れます。房がとても綺麗な放射状で、小手毬みたいに可愛く美しくなんだか胸が打たれました。

香りと味は美味しいとしか書けません・・

写真を撮ってみましたが私のカメラでは本当の色が写せません・・たらーっ(汗)

見て、手のひらへの重みを感じ、剥いてほとばしる香りを浴びて、食べて。

くさらのジャムも一緒に送ってもらいました。
ベルガモットの香りのする奄美在来の柑橘のジャムです。
プレーンヨーグルトに生甘酒とくさらジャムを入れると、絶品exclamation×2です。

ピンクグアバジャム&パッションフルーツジャム&タンカンジャム&くさらジャム
加計呂麻の自然農の果物の夢見るジャムたちが揃っています。DSC05082.JPG



大豆工房みや

大豆工房みやの油揚げ2枚¥220DSC05083.JPG

我が家では油揚げが残ると冷凍して、貯まるとお稲荷さんにしたりしますが、
引頭佐知さんの出汁とり料理教室のブログを見て、福袋いいねるんるんと思い立ちました。DSC05076.JPG
先日は、具材に豆腐を使ったのですが、油揚げ+豆腐で豆腐豆腐したので、今回は石川県在来の泥芋を鬼おろしで摺って具材にしました。泥芋・ゆり根・きくらげ・鶏肉(塩麹漬け)・絹さや。
お出汁は羅臼昆布と伊吹島いりこ。
泥芋がもっちりとして美味しい福袋になりました。

我が家は、この仕事を始める前から大豆工房みやの豆腐と油揚げ一筋に食べてきました。(外食時除く)
30年近く大豆工房みやの豆腐を食べてきたのです。

週に3回月・水・金にポラン広場を通して届きます。硬い木綿豆腐・そふと木綿・絹豆腐・厚揚げ・油揚げ。
常連さんはこれからもよろしく。いろいろな調理でお楽しみください。
まだの方は、どうぞ味をお試しくださいね。

2017年02月15日

ご飯のお供に

お米の御飯はそのままでも美味しいですが、お供があるともう一膳おかわり〜ってなりますね。

玄米がゆに高菜漬け。DSC05067.JPG
高菜漬け、取り合いになりそうでした。DSC05073.JPG¥290
有機栽培の高菜と天日塩を使用し、あっさり味に漬け込んだ体に漬け込んであります。原材料は有機高菜・食塩・有機醤油・ウコン粉のみ。
チリメンジャコと高菜漬けのチャーハンもいけます。

遠忠の生のり佃煮¥350も海苔の香りがよくって炊き立てご飯が進みます。
千葉県で昔ながらの養殖法で養殖した生のりを使っているので、酸処理した海苔と違ってアミノ酸などうま味成分が多く、その生海苔を、圧力釜でなく、直火炊きしているので風味が違います。

これから時々お米の御飯が進むご飯のお供を時々紹介していこうと思います。

今、試食販売している青まぜ海苔¥800もそのひとつです。DSC05050.JPG

1年掛けて米作りするお百姓さんに感謝しながら、米の消費量が増えますようにと思います。

瑞穂の国 日本 主食はお米と言われているけど、
2011年度には
世帯当たりの消費額がパンがお米を抜いたそうです。
もっともパンの価格はお米よりも高いので消費量ではお米の方が上だとは思うのですが、結構衝撃的でした。

ごはんですよ〜 
なにがなくても○○






入荷します!

明日、木曜日 朝一番に入荷しています!

唐桑半島 畠山政則さんの生牡蠣。今回は生食用です。
ただ、体調の良くない人は十分加熱してお召し上がりくださいね。
賞味期限は来週月曜日までになります。

海のミルク 濃厚な旨みたっぷりでぷりぷりの身です。300g¥1460、200g¥1000DSC04993.JPG

活き帆立1枚¥300。甘い貝柱。我が家ではフライパンで蓋をして焼きます。DSC05062.JPG
           DSC05063.JPG

牡蠣と帆立をより美味しく楽しむのに
熟成された田村生原酒¥2100も冷蔵庫にありますよるんるんDSC05047.JPG

2017年02月14日

あげたい人がいることは幸せですね。

ドキドキしていたあの頃は遠い昔になりました。

あげたい人がいることは幸せですね。ハートたち(複数ハート)
バレンタインデー
DSC04704.JPG
           DSC04665.JPG

木槽しぼり酒粕チョコレート¥1000は1箱だけありますよハートたち(複数ハート)DSC04932.JPG

さぁて、ろばやさんのコーヒーを淹れて店主とチョコタイムしようかな。

2017年02月13日

田村生酛純米吟醸 うすにごり生

福島県郡山市 仁井田本家がdancyu3月号で8ページに渡って紹介されました。DSC05051.JPG
           DSC05049.JPG
           DSC05048.JPG           
           DSC05046.JPG

           DSC05047.JPG
田村 取扱い店限定商品のご案内です。18年目になる「自社田・無肥料無農薬米」による「田村」の
しかも、蔵でしか味わえなかった荒ばしりをお届けします。

旨い酒

限定販売です。 予約をお受けします     
  田村生酛純米吟醸 うすにごり生720ml¥1900(税別)

予約締切 3月5日(土)お渡し開始3月30日(水)

萌いづる芽吹きの中を雪解けの水がほとばしって流れる。清冽でわかわかしいイメージをもちます。
澄んだ香りときりっと引き締まった中に甘さを感じ、のどを流れてすっと消える。切れのよい酒になっていると思います。
今年はじめの田村うすにごり生。届いたらまずは一献、一献と繊細で純粋な味わいを楽しんで。
もう一瓶の楽しみは、冷蔵庫に置いて、秋口まで待つんだよ。

若者が人生の初めに出会う日本酒は本当に旨い酒であってほしい。
まず、田村を!


予約は、店で、メールshop@sizenmura.jp、電話又はFAXでお受けします。
posted by 自然村 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 旨い酒

今週も 予約を!

今週も、木曜日(あるいは金曜日)に、唐桑半島 畠山政則さんの生牡蠣と
鈴木さんの活き帆立を販売する予定です。(剝かない場合もあります)

店売りもありますが予約を承ります。
海のミルク 濃厚な旨みたっぷりでぷりぷりの身です。300g¥1460、200g¥1000DSC04993.JPG

活き帆立1枚¥300。甘い貝柱。我が家ではフライパンで蓋をして焼きます。DSC05062.JPG
           DSC05063.JPG

飲む点滴とも飲む美容液ともいわれます。namakamazake.JPG
高木糀商店の生甘酒と生塩麹、siokoujitakagi.JPG
生米麹300gが金曜日入荷予定です。こちらも予約をお受けします。

カレーの壺

先日の昼ご飯ケータリングはインドカレーでした。DSC05053.JPG
冬瓜とトマトとパプアニューギニア海産天然海老のインドカレー。

カレーの壺のシーフード用を使ったそうです。ココナッツミルクがなかったので残っていた無調整豆乳を使用。
セロリの葉と天然海老の殻で出汁を取ってあります。とても美味しく食べました。

お米は、上野長一さんからいただいたネリカ米とキヨニシキの混合米。細長い米でパラパラしてカレーに合います。

汁物は店主昨。佐久間さんの聖護院大根、黒田5寸人参とニラの色が綺麗でしょ。DSC05054.JPG

インドカレーはどんな野菜や具材を入れてもOKなのね。カレー汁。
カレーの壺は3種の辛さです。DSC05071.JPG
ココナッツミルクを使うと辛さがマイルドでかつスパイシーな本格カレーが手軽に作れます。DSC05072.JPG¥400
豆乳でもOKです。

じゃがいも・玉ねぎ・人参・肉の日本のカレーライスにはムソーのコクと香りのカレールー¥370と井上スパイスのオーガニックカレー¥600がお勧めです。
どちらもアミノ酸等やたんぱく加水分解物はもちろん、酵母エキスも使用していません。



ちなみに、残ったインドカレーは、野菜を加えて晩御飯になりました。DSC05065.JPG

いらっしゃいませ〜

めじろが遊びに来てくれました。DSC05061.JPG

というか、うずくまって動かないでいたので店主が心配していましたが
飛んでいきました。よかった。
posted by 自然村 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2017年02月10日

弘岡かぶ

かぶの王様 愛あるかぶ 弘岡かぶ

今週の岩崎さんのお便りは弘岡かぶのことでした。 弘岡かぶ.jpg

高知県在来の大きな大きなかぶになる蕪です。が、岩崎さんはそんなに大きくしないでいます。

以前は「かぶの女王様」とおっしゃっていたのに、今回のお便りでは「かぶの王様」に転換していました。わーい(嬉しい顔)
それくらいにお気に入りの美味しいかぶということですね。

過去のブログですが、ちびっ子にも美味しさがすぐに分かるかぶです。http://blog.sizenmura.jp/article/174139065.html

では、岩崎さんの弘岡かぶのお便りです。長文ですが、私にはとても面白かった。農家さんにも参考になると思います。お便りを読むたびに岩崎さんの口伝書「たねは誰のもの」が一日も早く出版されることを思います。

メール   15年くらい前東京の宅配会社の食のイベントのときに、残りものをいただいた2個の弘岡カブから種を取って、栽培したものは、元の姿をしたものとは、1割もない状態でした。根が青い姿のものとか、茎がとても大きなものとか、葉っぱだけが大きく根はちいさいものとか、2個の弘岡カブからの種とは、とても交雑の激しいものでした。
その中で、元の姿に近いものを選んで、種を採り続けていく中で、5年ぐらいしてようやく本来の姿に近づいてきました。
今思えば、交配種にされた弘岡カブだったのではと思っています。しかし固定種を元にした交配種とは、そんなに複雑に育成はされていないためか、交雑している物から、元の姿に近いものを選び出して、守っていく中で、元の姿にまとまっていく種もあるのですね。
カブの仲間のなかでは、一番に大きくなる姿とは驚くばかりです。大きくなるのを利用して堆肥や有機の肥料をなるべく減らしての生産方法とは、この弘岡かぶを最大に生かすものだと感じています。
このカブの特徴とは、形は、すこしハート型になっていますから、愛のある縁起もいいですね。なんといっても透き通った白肌の美しさは、まさにカブノ王様といっていいのではないでしょうか。この大きさとは、収穫のときに調整が出来ますから、大切なのは、このカブの味なのです。私はこのカブの食感とは、大きなカブにしては大味ではなく、とてもいいと感じています。この大きくなるこの生命力とは、とても自然農法に向いています。いわゆる、これからの自然農法のためには、必要になっていく大切な種であると感じています。実はかなり前にもこのカブを、一個だけおみやげにいただいたことがあります。
食べずに、大切にして種を採ろうとして植えたものですが、花は咲いたものですが、結局一個のカブからは、仲間がいないなかでは、やはり種がまったく実ってくれませんでした。
いちどはあきらめていたものですが、この2本から、姿はかなり混じってはいましたが、残ってくれました。
ようやく10年くらい過ぎてから、経済的にも合うように形もまとまってきています。このカブも、アブラ菜の仲間の野菜ですね。私の農園では、もうアブラ菜の野菜たちとは、すこし多すぎて、毎年種を守っていく中で交雑を防ぐことが、とても気を使っています。カブの仲間とは、アブラ菜のなかでも特別に交雑しやすい野菜なのです。
多分この弘岡カブとは、今まで加工のために作られて守られていたものと思います。
私は栽培法によっては素敵な野菜に変わっていくと予感しています。
加工に向いた野菜とは、意外に美味しいものが多いものです。まずは、このカブが、私のカブになってもらわないとね。
今年はうまくいくはずだったのですが、あいにくのサルハ虫の発生で、収穫がとても遅れてしまいました。しかし、在来種の大きな問題とは、トウ立ちが早いことです。
posted by 自然村 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

入荷情報

今週の岩崎政利さん 雲仙たねの自然農園からの野菜は
かぶの女王弘岡かぶ・じゃが芋・黒田5寸人参、雲仙赤紫大根・源助大根・赤水菜・花芯白菜・九条太ねぎの種とり在来種野菜と
白菜・サニーレタス・キャベツ・ブロッコリーのF1品種の野菜です。

そして、多くの方に食べていただきたい在来種の大根とねぎをたくさん送ってもらいました。
今週は、
横川つばめ大根です。DSC05052.JPG
元々鹿児島の在来品種大根です。薄い赤色の皮です。岩崎さんはできるだけ赤のでる大根を母本に選んでいますが、やはり白も出るそうです。白の方が柔らかいそうです。皮に横線が出ます。「横川」というのはそこからきているのでしょうか。「つばめ」は大きく広がった葉が陽に照らされて燕の羽のように見えるところから名付けられたのかもしれません。横川つばめ大根の葉の色は赤皮のは赤水菜のような色、白皮は緑です。
在来種野菜の遺伝子の多様性が分かります。
横川つばめ大根は煮て柔らかく大根の風味もよく、大変美味しい大根です。みなさんに味わっていただきたく、
たくさんいただきましたのでよろしくお願いします。

もうひとつは、岩崎ねぎ です。青い葉も美味し岩崎さんご自慢のねぎです。今、風邪を引いている方も多いです。熱々のねぎ味噌汁やねぎ鍋で風邪を吹き飛ばしてくださいね。

ポラン広場からも苺はじめ美味しい野菜や果物、豆腐・納豆・肉魚などが豊富に入荷しています。

唐桑の生牡蠣・活き帆立も入荷しました。

晴れ良いお天気になりました。みなさまのご来店、ご注文をお待ちしています。
posted by 自然村 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報