2017年02月13日

田村生酛純米吟醸 うすにごり生

福島県郡山市 仁井田本家がdancyu3月号で8ページに渡って紹介されました。DSC05051.JPG
           DSC05049.JPG
           DSC05048.JPG           
           DSC05046.JPG

           DSC05047.JPG
田村 取扱い店限定商品のご案内です。18年目になる「自社田・無肥料無農薬米」による「田村」の
しかも、蔵でしか味わえなかった荒ばしりをお届けします。

旨い酒

限定販売です。 予約をお受けします     
  田村生酛純米吟醸 うすにごり生720ml¥1900(税別)

予約締切 3月5日(土)お渡し開始3月30日(水)

萌いづる芽吹きの中を雪解けの水がほとばしって流れる。清冽でわかわかしいイメージをもちます。
澄んだ香りときりっと引き締まった中に甘さを感じ、のどを流れてすっと消える。切れのよい酒になっていると思います。
今年はじめの田村うすにごり生。届いたらまずは一献、一献と繊細で純粋な味わいを楽しんで。
もう一瓶の楽しみは、冷蔵庫に置いて、秋口まで待つんだよ。

若者が人生の初めに出会う日本酒は本当に旨い酒であってほしい。
まず、田村を!


予約は、店で、メールshop@sizenmura.jp、電話又はFAXでお受けします。
posted by 自然村 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 旨い酒

今週も 予約を!

今週も、木曜日(あるいは金曜日)に、唐桑半島 畠山政則さんの生牡蠣と
鈴木さんの活き帆立を販売する予定です。(剝かない場合もあります)

店売りもありますが予約を承ります。
海のミルク 濃厚な旨みたっぷりでぷりぷりの身です。300g¥1460、200g¥1000DSC04993.JPG

活き帆立1枚¥300。甘い貝柱。我が家ではフライパンで蓋をして焼きます。DSC05062.JPG
           DSC05063.JPG

飲む点滴とも飲む美容液ともいわれます。namakamazake.JPG
高木糀商店の生甘酒と生塩麹、siokoujitakagi.JPG
生米麹300gが金曜日入荷予定です。こちらも予約をお受けします。

カレーの壺

先日の昼ご飯ケータリングはインドカレーでした。DSC05053.JPG
冬瓜とトマトとパプアニューギニア海産天然海老のインドカレー。

カレーの壺のシーフード用を使ったそうです。ココナッツミルクがなかったので残っていた無調整豆乳を使用。
セロリの葉と天然海老の殻で出汁を取ってあります。とても美味しく食べました。

お米は、上野長一さんからいただいたネリカ米とキヨニシキの混合米。細長い米でパラパラしてカレーに合います。

汁物は店主昨。佐久間さんの聖護院大根、黒田5寸人参とニラの色が綺麗でしょ。DSC05054.JPG

インドカレーはどんな野菜や具材を入れてもOKなのね。カレー汁。
カレーの壺は3種の辛さです。DSC05071.JPG
ココナッツミルクを使うと辛さがマイルドでかつスパイシーな本格カレーが手軽に作れます。DSC05072.JPG¥400
豆乳でもOKです。

じゃがいも・玉ねぎ・人参・肉の日本のカレーライスにはムソーのコクと香りのカレールー¥370と井上スパイスのオーガニックカレー¥600がお勧めです。
どちらもアミノ酸等やたんぱく加水分解物はもちろん、酵母エキスも使用していません。



ちなみに、残ったインドカレーは、野菜を加えて晩御飯になりました。DSC05065.JPG

いらっしゃいませ〜

めじろが遊びに来てくれました。DSC05061.JPG

というか、うずくまって動かないでいたので店主が心配していましたが
飛んでいきました。よかった。
posted by 自然村 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)