2017年03月15日

生牡蠣!! 

今週、3月17日(金)、
宮城県唐桑半島 畠山政則さんの生牡蠣入荷します
あせあせ(飛び散る汗)
          DSC05100.JPG
3月になって益々三陸の牡蠣は栄養を蓄え旨みが増してきています。

200g¥1000、300g¥1460

春の菜

佐久間さんから届いています。

白菜菜花・のらぼう菜・チンゲン菜花DSC05209.JPG

他に、ドシコブロッコリー側芽がいっぱいと香り高い人参

三浦大根(肩を切ってあります)

不耕起草生自然農・のらぼう菜以外は全て自家採種。のらぼう菜は購入種子。今回初めて栽培したそうです。種子消毒は無し。

野菜たちのおかげでわくわく心が弾んで私は元気です。
posted by 自然村 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年03月14日

屋久島から


今週 金曜日の午後には届くと思います。DSC05195.JPG
屋久島在来の里芋 かわひこ

かわひこ3月12日収穫の写真と説明を送っていただきました。屋久島 かわひこ畑の写真.jpg
普通の里芋は寒くなると地上部が枯れて休眠に入りますが、カワヒコは一年中葉がついていて、おそらく休眠しないのでは、と思っております

かわひこは親芋を食す屋久島かわひこ収穫の写真.jpg
ご覧のように左端の親芋以外には小さい子がびっしりついて、なおかつ休眠しないので根がびっしり生えております。
左から2、3番目は食べようと思えば食べられない事はないサイズですが、やはり小さいので種芋に。
4番目以降は廃棄する他ありません。
小芋はマシなものでジャンボニンニクの一片くらい、ほとんどが島らっきょうくらいです。マシなものは種芋となり、小さいものは種芋にもなりません。
この場合、一番左側だけが食べられることになります。
可食部が極端に少ないのでお金になる作物ではありません。これがかわひこが作られなくなってきた理由のひとつでしょう。

屋久島でも現在では原集落という場所で数人だけが作付けしているだけと聞きます。
なので屋久島の正月に、カワヒコを雑煮に入れている家庭も少なく、
特にご年配が同居する家庭だけではないでしょうか?」

かわひこの食べ方は?
「正月には雑煮に縁起物で入れる、と聞いた事がありますが。
あのサイズだと大きすぎるし(試食で送ってくださったサイズを指す)、縁起物だから丸まま使う事を考えると
ソコソコのサイズの小芋を使うんじゃないかと。
私は宮崎出身で屋久島に移住し10年目になります。
今度地元のおじい、おばあに聞いてみますね。

我が家では親芋を切ってモチモチになるまで煮ます。」

一緒に、新じゃが芋が届きます。かわひこ同様、無肥料無農薬栽培です。
            屋久島アンデスレッド畑にて.jpg
アンデスレッド
出島
きたあかり

生産者さんのジャガイモの説明を参考にお買い求めください
「ジャガイモも皮部が美味しいです。
皮部には食物繊維、カルシウム、鉄分などが中身より多く含まれているのでぜひ皮ごと召し上がってほしいです。
またジャガイモ3品種の特徴としては
どれもホクホク系(男爵=ホクホクで煮崩れしやすい、に対してメークイン=ネットリで煮崩れしにくい)ではあることを前提としてですが
アンデスレッド:3品種のなかでは最もネットリして煮崩れしにくく、風味や甘みのバランスが良い。
油との相性が良く、皮が美味しく、カロチン含有量多し。なによりも栽培のしやすさ。原種に近いのか生命力が強い。
デジマ:食味と風味No1。昨年も言ったかもしれませんが、ジャガイモ臭さが最も強い。
嫌いな人は嫌いかもしれません。実は私は一番好きですが、難点は栽培しずらい事。
キタアカリ:3品種のなかでは最もホクホクしており、煮崩れしやすい。
甘みが強く、栗じゃがと呼ばれたりしている。ストレートにふかして食べると美味しく、ビタミン含有量多し。
栽培はしやすいけど、収量が少ないのが難点でしょうか。

そして、在来の生姜 八郎生姜も届きます。肌理が細かく黄色い色が綺麗です。きりっと辛い生姜です。

そして、早々に売り切れましたさつま芋
安納紅パープルスイートロードが再入荷します。

玄米ぽんせんバジル塩風味落花生入り黒糖ぽんせんも共によろしくお願いします。
posted by 自然村 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年03月13日

お菓子

久々の登場です。
「こわれせん」だからいつでもあるわけではないんですね。
みんな大好き
味泉のこわれせん¥400DSC05202.JPG
お米の味がしっかり味わえます。変なうま味調味料を使っていないので後口もさっぱり。いろいろな味を楽しめます。賞味期限もたっぷり長い。

朝の連続テレビ小説 ぺっぴんさん に因んでかな〜DSC05203.JPG
ベッカライ・ヨナタンのリンツァトルテS¥370の今回の絵柄は四つ葉のクローバー
たっぷりの甘酸っぱいラズベリージャムとアーモンドパウダーとスパイスの生地がベストマッチのリッチな焼き菓子です。

2017年03月10日

ふき味噌

佐久間さんからいただいた蕗の薹DSC05182.JPG

ふき味噌にしました。DSC05190.JPG

手作り生姜佃煮と一緒に玄米にのせて食べました。DSC05196.JPG
ふき味噌は季節を食べてるな〜感が抜群ですねわーい(嬉しい顔)

ふき味噌に使った味噌は、
冷蔵庫の味噌が切れていたので、昨年仕込んだ味噌壺を取り出して、蓋を開けたら。DSC05192.JPG
ふふふ・・

中辛の美味しい味噌に仕上がっていました。

自然村のオリジナル麹予約はもう締切ました。米麹を2kgだけ余裕で頼んであります。
希望の方、あるいは、2倍麹味噌作りの会に参加したい方はご連絡ください。
posted by 自然村 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

かわひこ 晩御飯

かわひこは、湧き水のところに良く育ったそうです。
海幸彦・山幸彦、そして川幸彦。かわひこと名付けられたとか

かわひこの断面は八つ頭に似ていると思いました。DSC05193.JPG

晩御飯にかわひこをけんちん汁にしました。DSC05194.JPG

こんな里芋は他には知りません。
火のよく通ったところは!もち・もち
かわひこは別名もち芋といわれるんですって。想像つきますか?
中のところは金時芋みたいなきめ細かいほくほくしています。
もちもちの食感で味が濃い。もちもち噛みながら鼻に抜ける香り(風味)を感じ取ります。
本当、餅みたいだよね〜と言ったら、「餅じゃなくてすいとんみたいだよ」という意見もありました。

かわひこのけんちん汁を食べながら芋談義に花が咲きました。

いろんな芋があるね〜
大中寺芋は素晴らしいよね。煮崩れが全然しないあの肌理の細かな滑らかさと上品な甘み。気品があるよね。それになんといってもあの大きさ!

金沢の泥芋もお澄ましに入れたのが美味しかった〜。いや、私は福袋に入れたのがよかった。

かわひこの味の濃さは素晴らしいです!

甚五右ヱ門芋の糸引く粘りは天下一品

関東の地の里芋 土垂の素朴さ 里芋らしいぬるぬる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
レジカウンターにかわひこを置いて見ていただいています。
屋久島在来里芋かわひこは来週か再来週に入荷予定です。





posted by 自然村 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

今週の岩崎政利さんの野菜と

雲仙たねの自然農園からたねの野菜たちが届いています。

先週、葉物野菜が欲しい方にお渡しできない位にすぐに売り切れてしまったので
今週はお願いしてたくさん送っていただきました。
本当にたくさん!
売り切れるかな〜
素敵な野菜たちばかり。みなさんお越しください。発送のご注文もお待ちしています。
岩崎ねぎ・しゃくし菜・壬生菜・畑菜の在来野菜とぴかぴかのサニーレタス(F1)DSC05184.JPG

アートグリーン菜(五月菜)・福立菜の在来野菜DSC05185.JPG

万木赤かぶ・五木赤大根・雲仙赤紫大根・横川つばめ大根・西豊じゃが芋の在来野菜とキャベツ・ブロッコリー(F1)DSC05186.JPG

黒田5寸人参・大きな姿形の素晴らしい弘岡かぶ(1個のみ!)DSC05189.JPG

岩崎さんのブロッコリーは茎が柔らかく瑞々しく、花蕾はきゅっと締まってそれはそれは美味しいブロッコリーです。とても美味しいので大好評。気温がまだ低い輸送条件の良い時にみなさんに食べてもらいたくてたくさん送ってもらいました。DSC05187.JPG

本当にいっぱいの野菜たちです。
みなさんの台所に届きますように!
ご家族が笑顔になりますように!
posted by 自然村 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年03月09日

日本の葡萄酒

あのワインとっても美味しかった! と言っていただきました!

そういっていただけてとっても嬉しいです!

買っていきたいけど・・

1本5500円ですもんね。またお買い上げください。

澤登さんの小公子の葡萄酒 DSC05009.JPG
日本の葡萄酒を作りたい。
葡萄の育種に生涯を掛けた澤登晴雄氏とその葡萄の完全無農薬有機栽培に生涯を掛けた澤登芳氏ご兄弟の夢の葡萄酒です。DSC05010.JPG
澤登さんの小公子100%
無補糖
酸化防止剤不使用

私にとっても最高の葡萄 澤登さんの小公子
posted by 自然村 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 旨い酒

ちょとした贈り物

春は別れと出会いの季節ですね。
サヨウナラ ありがとう
初めまして よろしく

もうひとつ おめでとう!の季節でもありました!

言葉と気持ちに添えてちょっとした贈り物をしたいな、とお考えのあなたに、
自然村もお手伝いできることがあるかもしれません。
稚拙ですが簡単なラッピングもいたします。DSC05170.JPG
            DSC05162.JPG
            DSC05163.JPG
            DSC05164.JPG
            DSC05165.JPG
            DSC05166.JPG
            DSC05168.JPG
            DSC05177.JPG
            DSC05176.JPG

まだまだ何かありそうですよ〜ハートたち(複数ハート)

posted by 自然村 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2017年03月08日

屋久島のさつま芋

屋久島で肥料と農薬を使わずに栽培されたさつま芋。3品種届いています。同時に焼き芋にしてみました。
安納紅が一番早く火が通ります。ねっとり甘い黄金色DSC05147.JPG

金時芋 肌理が細かくしっとり。甘いDSC05150.JPG

紅東は繊維が一番多く粉質。ほくほく甘い。DSC05156.JPG
次回はパープルスイートもいただこうかな。

さつま芋はカルシウムを多く含みますが、皮は内の5倍含むそうです。また皮には消化酵素があって一緒に食べると胸やけなどを防ぐそうです。
まあ、焼けた皮の美味しさといったらないですよねるんるん焼き鮭の皮が美味しいように!へへへわーい(嬉しい顔)

今年も試食にいただきました屋久島在来の里芋かわひこ今年もいただきました。DSC05144.JPG             
             DSC05161.JPG
綺麗なピンク色を写し取りたく試行錯誤しましたが難しい。実際はもう少し濃いピンク色がでています。
かわひこも多分来週届く新じゃがと一緒に店に並びます。
昨年のかわひこについてのブログをご覧ください。
http://blog.sizenmura.jp/article/174473496.html
http://blog.sizenmura.jp/article/174499770.html
posted by 自然村 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2017年03月07日

屋久島 旬

飯田さんが久しぶりに運んでくれました。DSC05136.JPG
白菜・山東菜・しんとり菜・市川小松菜の菜花をたくさん!
種を残すものと他は土に還すのでその前に持ってきてくれたのです。
今だけの短い、最高に美味しい野菜の花の旬

明日は、佐久間さんのチンゲン菜の菜花も届きます。ブロッコリー側枝と里芋も一緒に。

そして、屋久島から完熟さつま芋が届きました。昨年秋収穫し、寝かして寝かして最高に美味しくなって出荷される。
まだ早い、まだ早い、と待っていたさつま芋です。
無肥料無農薬栽培の
          安納芋紅DSC05137.JPG
          金時芋DSC05139.JPG
           紅東
DSC05138.JPG

黒島在来みかんのジャムと玄米ぽんせんも久しぶりの登場です。DSC05140.JPG
           DSC05146.JPG

 未来世紀ジパング クラタペッパー

クラタペッパー白胡椒¥715
      DSC03170.JPG
黒胡椒¥700     DSC03065.JPG
ペッパーミルは黒胡椒と白胡椒と別の物を使ってください。
白胡椒の発酵臭が黒胡椒の皮のフルーティーな香りを損ねてしまうからです。
倉田さんお薦めのお求めやすいミル¥1000。クラタペッパーを上手く挽くことのできるミルです。

昨晩のテレビ東京「未来世紀ジパング」〜「途上国から宝を見つける」をご覧になりましたか?


NGOでカンボジア支援に携わった倉田さんが「支援よりも自立する産業を!」と
ポルポト時代の農業政策と内戦で壊滅した胡椒栽培の復活に取り組んだ経緯がよくわかりました。

奇跡的に残っていた胡椒の3本の苗の一つも見られてよかった。
その苗を守っていた人が「カンボジアの胡椒は世界一の胡椒なんだ」と言った言葉が印象的でした。
誇れるものがあって誇れるものを取り戻すことの
経済的自立だけでなく精神的自立がとても大切だと感じました。

黒胡椒を干している様子も見られた。
そして、クラタペッパーの品質は一粒一粒、手作業の選別が行われていることを知って驚きました。

「過去に世界一美味しいと言われていた胡椒。
  もう一度世界中の人に認めてもらえるように。」
その言葉通りの努力がなされているのですね。

赤いダイヤ「完熟胡椒」は収量がごく僅かですので、残念ながら当店では販売できません。クラタペッパー通販でお求めください。
当店では黒いダイヤ「黒胡椒」と発酵の香り「白胡椒」をどうぞよろしくお願いします。

2017年03月06日

生糀 生甘酒 生塩糀

3月7日
金沢市 高木糀商店さんの生甘酒
            生塩糀
            生糀300g

入荷します。

只今糀ブーム再熱の模様ハートたち(複数ハート)

3月13日(月)には雑穀料理教室つぶいろ主催の植草彩子さんが在店して
雑穀甘酒を使ったスイーツのご試食と高きびミレットペペロンチーノごはんのご試食デー

手づくり甘酒に雑穀を使えばさらにレベルアップした飲む美容液になりますよハートたち(複数ハート)
抗酸化力のある雑穀は食べる美容食ともいわれます。手(チョキ)

日曜日ご飯

日曜日、息子夫婦が遊びに来てくれて一緒にお昼ご飯食べました。牡蠣フライ・蛤スープ・ひろっこおかかあえ・ブロッコリー帆立サラダ.jpg

畠山政則さんの牡蠣フライ・岩崎さんのブロコリーと帆立のサラダ・ひろっこのおかか和え(タイコウ)
スープはカリフラワー・じゃが芋・人参・玉ねぎ・にんにくと蛤はひとり2個づつしかないんですけどね。
じゃが芋・人参・玉ねぎは丁寧に蒸らし炒めして、カリフラワーは柔らかくなるまで煮込んで。
蛤は昆布と別に火を通し、最後に合わせて調味しました。味は白みそと塩とクラタペッパー白胡椒。

たまにお客さんがあるのはいいです。息子夫婦でもちょっと緊張して丁寧になりますから。

晩御飯はカレーでいいよね〜。じゃがいも・人参・玉ねぎ・豚肉・ムソーのカレールー。これもお代わりしました。緩急のある日曜日ご飯わーい(嬉しい顔)

今週も唐桑半島畠山政則さんの生牡蠣、入荷します。あせあせ(飛び散る汗)
益々美味しくなります。るんるん

山形在来のあさつきひろっこは明日入荷します。ひろっこのおかか和え手軽だけど美味しい手(チョキ)
posted by 自然村 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2017年03月03日

今週の岩崎政利さん

雲仙たねの自然農園からの在来の野菜たちは、DSC05128.JPG
写真を拡大して読んでください。

葉物はとう立が始まってきます。その中でも花芽が美味しくとう立ち菜花として摘まれ、明るい春色を喜び、ほろ苦さと甘みを貴重とする菜花の季節がももう直ぐ始まります。

      花芯白菜のとう立ち直前の花芽
一年中の中でこの瞬間にしか食べられない時であります。DSC05130.JPG
             DSC05129.JPG
花をサラダに散らしても綺麗ですよ。

しゃくし菜がとってもいいです!というコメントを毎回いただく菜です。秩父の伝統野菜ですが、岡山出身のお客さんが「お母さんがよ煮てくれた」といわれます。岡山にもあったのですね。

壬生菜が素晴らしい味ですよ。茎の甘さと風味、葉のほのかなほろ苦さ。サラダでもいける。鍋物煮びたし。ひな祭りのご馳走に添えてみてはいかが。


可愛い赤色の万木赤かぶが入っているのはひな祭りを華やかに彩るようにとの岩崎さんの粋な計らいでしょうか。、

今週は島大根・雲仙赤紫大根・岩崎ねぎ・黒田5寸人参を多くいただきました。
島大根・雲仙赤紫大根・岩崎ねぎの美味しさをもっと多くの人に届けたい。
黒田5寸人参はいうまでもないです。

今日は、子供に安心して食べさせられる苺も入荷しています。
明るい朝ですね晴れ    
posted by 自然村 at 09:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年03月02日

珈琲豆

ロースト仕立てのろばやさんの珈琲豆、
色々な品種、届きました。DSC05127.JPG
それぞれの個性でそれぞれ美味しい。いつものお好み珈琲の安心感。
新しい珈琲の楽しさ発見。

今回私はメキシコチアバスの味をみてみました。フルーティで甘い余韻が変化して続きました。次回仕入れることにしましたよ。

ショコラマダガスカル カカオ100%チョコレート¥750
ショコラマダガスカルカカオニブ8ロースト)¥750
ショコラマダガスカルココアプダー(アルミ処理なし)¥500

以上も入荷しました。

入荷情報

今年もひな祭りに合わせて待っていて下さるお客様がいるので
三重県産 地蛤 入荷しました。DSC05125.JPG

潮汁にするならひとり2個。片貝にするでなく、開いた殻に身をひとつづつ入れます。
出汁は昆布出汁で。

潮汁だけでなく、ことこと煮込んで美味しい野菜と一緒に蛤スープにするとめちゃくちゃ美味しいですよ。

唐桑半島 畠山政則さんの生牡蠣(加熱用)入荷しました。三陸は3月から益々牡蠣が美味しいシーズンを迎えます。海のミネラルたっぷりの牡蠣をいっぱい食べて私たちは今のところ風邪知らずでするんるん

初春の海の旬とくればお次は陸の旬
加計呂麻から自然農のタンカンがたくさんたくさん届いています。屋久島鬼塚さんのタンカンよりも大きいです。無施肥でも土の違いでしょうか大きいんです。
今年のタンカンのジャムも届きました。くさらジャムも再入荷。ピンクグアバジャムも好評です。

熊本加藤さんの八朔・パール柑
鬼塚さんのタンカン・サワーポメロ
無茶茶園のせとか
三尾さんのポンカン・レモン
三尾さんのポンカンは在庫していて味がますます濃くなって素晴らしい味になっています。残り少しです。これは食べておいて欲しいな〜ハートたち(複数ハート)

ジューススタンドをしていたらな〜と想像してしまう。たくさんのめちゃめちゃ美味しい柑橘たち。うちの柑橘たちは自慢の柑橘ばかりハートたち(複数ハート)

畑の旬は
沖縄在来空豆 トーマーミー DSC05122.JPG
莢は細い。爪位の大きさの豆です。   DSC05120.JPG
味と風味が濃くってほろ苦甘い。茹でて皮を押しながらぽいっと食べたり、空豆ご飯にしたり、かき揚げにしたり、またまたまたまたいろいろに楽しんでください。
今年一番早い空豆は沖縄在来 トーマーミー。

鹿児島から新牛蒡が始まっています。新牛蒡の香りと柔らかい繊維。

来週は沖縄在来島らっきょうDSC05124.JPG
や、
山形在来ひろっこ(あさつき)も届きます。


posted by 自然村 at 17:01| Comment(6) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2017年03月01日

雑穀

月曜日、南大泉で雑穀料理の教室つぶいろを主宰している植草彩子さんが在店して、
ニンジンとキヌアのつぶつぶスープ
           ご試食デー
〜やさいと雑穀の美味しいハーモニーを味わってみませんか〜
を行いました。

人参とキヌアのスープでした。お出汁は昆布と乾燥しめじで、味付けは塩と醤油。とっても美味しいお出汁のスープでした。

キヌアって食べたことありますか?南米原産の雑穀です。白っぽい小さな粒です。実は穀物でなくほうれん草と同じアカザサ科の植物の種です。でも雑穀として扱われています。私は初めて食べました。
若干癖や香りがあると聞きますが、スープでいただいたところ癖もなにもありません。くるっとCの形に見えるのが胚芽だそうです。

切った人参、キヌア、乾燥シメジ、昆布を水から煮ていけばいいそうです。手軽ですね。
もちきび、もちあわ、麦なども同様にスープにできます。
いつもの野菜スープに雑穀をプラスするだけで何倍もパワーアップするなんていいです。

キヌアの栄養素や効能についてはネットにたくさんでていますので調べてみてはいかがでしょう。


植草彩子さんは3児のお母さん。つぶつぶ料理に出会ったきっかけはお子さんのひどいアレルギーを改善したいという思いでした。
雑穀料理に出会ってそれが美味しくて、楽しんで作って食べているうちに気が付いたらアレルギーが良くなってきていたそうです。
東城百合子さんが「マイナスもプラスにする」「春は来るから」とおっしゃいますが、
植草さんもマイナスをプラスにする生き方をなさっているな〜と感じましたよ。
一回きりの試食デーでなく定期的に行っていくようお願いしました。

次回を楽しみにしていただけますよう。

ちゃんと習いたいという方は植草さんの教室つぶいろをお尋ねください。

乾燥シメジがとてもよいので来週仕入れることにしました。どうぞ昆布と乾燥シメジで手軽に美味しいお出汁を楽しんでください。



国産 天然はまぐりと唐桑の生牡蠣

明日、
唐桑半島 畠山政則さんの生牡蠣が入荷します。(予定)
300g¥1460、200g¥1000
来週月曜日までの賞味期限です。

そして、恒例になっています。
3月3日 ひな祭りのための はまぐりが入荷します。
松坂産か二見産の天然蛤です。
ちらし寿司に蛤のお吸い物はひな祭りのご馳走です。
蛤の貝の殻にひとつづつの身を置いて。
ひとり2個の蛤。
時価ですが、1個単位でお求めいただけます。
潮汁のお出汁は昆布です。