2017年04月06日

今週の岩崎政利さんの野菜

雲仙たねの自然農園から、今シーズン最後の野菜が届きました。

じゃがいも(西豊)、黒田5寸人参、岩崎ねぎ、五木赤大根、ケールの芽、アートグリーン菜、中国チンゲン菜、雲仙こぶ高菜、紅芯大根。
キャベツのみF1品種です。

ケールの花芽、アートグリーン菜は茎は太く皮は硬くなっていますが、太く硬い皮を剥くと、生で食べても「甘い!美味しい!」と驚くほどの旨味甘味を持っています。
茹でたり、蒸したり、炒めたり。苦みやえぐみはありませんので家族どなたにもきっと喜んでいただけます。
岩崎さんの野菜は美味しいな〜としみじみ実感する深い旨味の野菜たちです。

先日は、ケールをみじん切りにしてひき肉と餃子の餡にしました。
また、先日は、シュウマイの下に敷いて蒸しました。シュウマイと蒸したケールやアートグリー菜をいっぺんに調理して、しかもたっぷりの野菜を食べることができて大好評でした。
お試しください。

雲仙こぶ高菜。立派なこぶが出ています。食べた方から「美味しかったわよ」と声を掛けられる野菜のひとつです。油との相性が良いです。

紅芯大根は今シーズン初めての到来です。岩崎さんに種を採り続けることの意味を教えてくれた在来の野菜のひとつです。サラダや甘酢漬け、グリルなどがお勧めです。甘い大根です。

人気の岩崎ねぎをたくさん送ってもらいました。
先週の比べて、「あ〜、岩崎ねぎも最後の時期を迎えたんだな〜」と了解しました。茎が先週よりも硬くはなっているようです。もうすぐ、ネギ坊主をつけて次の世代の命(種)を結んでいくんだなと、想像していただけたらと思います。
岩崎さんのねぎの種採りの写真があります。福音館の「たくさんのふしぎ」が店にありますのでご覧くださいね。

冬野菜の命の春を食べて感じてくださいね。
posted by 自然村 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜