2017年07月14日

冷凍食品

販売中の冷凍食品のご案内です。
 
1台目冷凍庫     DSC05802.JPG
1段目
フルーツバスケットシューアイス、木次のアイスクリーム(苺・チョコレート・バニラ・ブルーベリー・抹茶小豆)
2段目
小山製菓きんつば・ぐるめくにひろ手作りハンバーグ・加藤農園コーフーかつ
3段目
パプアニューギニア海産手作りエビフライL・エビフライ(ムキ)・クッチーナマンマの冷凍コロッケ・クック高倉豆乳クリームコロッケ

           DSC05803.JPG
4段目
千葉産直センターの八甲鴨ねぎまんじゅう¥500・房総もちぶたニラまんじゅう¥545・ぐるめくにひろロースとんかつ用2枚
5段目
ぐるめくにひろ豚小間切れ・赤身挽肉・三枚肉・赤身スライス
6段目
北海道興農牛ひき肉徳用・ポラーノの鶏 もも一口カット・ささみ・ムネ一口カット
7段目
ポラーノの鶏ムネ挽肉バラ凍結・もも肉・ムネ肉・鶏肉だんご

2台目冷凍庫     DSC05804.JPG
1段目
千葉産直センターもち豚シュウマイ・もち豚餃子・讃岐うどん3食入り
2段目
甘口たらこ・パプアニューギニア海産天然海老むきえび・殻付き110g・殻付きミックス200g

           DSC05805.JPG
3段目
紅鮭スモークサーモン切り落としお得用・メカジキ西京漬け3切れ・時鮭2切れ・紅鮭2切れ
4段目
四万十鰻蒲焼120gサイズ・刺身用むき帆立貝柱・1本釣りするめいか刺身可・めばちマグロ赤身・中とろ・四万十加持養鰻場鰻蒲焼特撰
5段目
しめ鯖・紅鮭スモークサーモン・いくら・1本釣りいか開き¥720(*写真に写っているプライスカードのっの価格は間違っています。)・しらす干し
           DSC05806.JPG
6段目
塩サバ・宍道湖しじみ・あじ開き・カラフトししゃも
7段目
金目鯛開き・メカジキ切り身2切れ・かつおタタキ背・かつおタタキ腹・フライ用イワシ開き・フライ用真アジ開き

季節のおすすめがある時は時々商品は変わります。DSC05800.JPG

実家へはお中元というわけではないけどもうすぐ土用の丑の日なので送りました。DSC05807.JPG
元気でね。長生きしてねと手紙も入れました。

多様性

昨夕、店を早く抜けて霞ヶ関 弁護士会館へ
「主要農作物種子法」のことも廃止法案国会可決による今後の影響のことも何にも知らなかったので勉強しようと行きました。
なんとなく概要がなんとなく解ったくらいの頭です。が、「種子主権」「食料主権」という概念はきちんと考えておきたいと思ってます。

昨晩の話題提供者のおひとり、浜口真理子さんがお話の最後に提示なさったメッセージを紹介します。

たねは死ぬ たねは増える たねは生きている
たねに触れ合い向き合うことで 深く生命を哲学する道がある
たね道
たねの多様性は人間の多様性である

....もうひとつ書き写しそこねた言葉があったような・・・バカ珍な頭ですみません。
たね道は平和へ続く道のようだったような・・・・・勝手に文章作り上げています。捏造ハートたち(複数ハート)

さてさて、たねの多様性 野菜の多様性
今日も
向き合うことで深く生命を哲学し、人間の多様性にも思考が及ぶ野菜たちがたくさん届いています。わーい(嬉しい顔)

今週の岩崎政利さんの野菜は、玉ねぎ以外は全て自家採種。 雲仙のたねの自然農園で岩崎さんご夫妻と共に暮らしている野菜たちです。
在来きゅうり祭り

熊本在来きゅうり
山口在来きゅうり
平家きゅうり
玉ねぎ・じゃがいも・黒田5寸人参・地南瓜・ミニ南瓜・ピーマン・伏見甘長ししとう・野菜えごま(柔らかい葉を食べるえごまです。アルファリノレン酸たっぷり)・モロヘイヤ・赤裏紫蘇・スイスチャード・

福岡の池松さんからは奥州玉ねぎ(固定種)以外は全て自家採種です。
 茄子祭り

・佐賀在来茄子 
・博多長茄子(皮が薄い)
・新長崎長茄子(皮が硬め)
・白丸茄子
・泉州水ナス
ミニトマト(3種)・アロイトマト・万願寺唐辛子・空心菜・大葉・嘉禎にんにく・奥州玉ねぎ

エンサイ(空心菜)は葉を取って、茎を先に強火で炒めてから葉にさっと火を入れ、塩や醤油でさっと味を付けてください。茎のシャキシャキ感が美味しいです。

ポラン広場からはカツオのたたき腹と背(冷凍)はじめ美味しいものたちがいっぱい!
有機ブルーベリーやパイナップルなどなどお勧めですよ〜

高木糀商店の生米麹、生甘酒も入荷!

想いやり生乳!






posted by 自然村 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年07月13日

岩崎政利さんの直送野菜セット

雲仙たねの自然農園 岩崎政利さんの畑から
晴れ夏野菜セットの直送が始まっています。


スパーに並ぶものとも、こだわりの八百屋さんに並ぶものとも全く違う風情の野菜たちです。

長年直送野菜セットの野菜を食べ続けてくださっているS様からはこのようなメールをいただきました。
メールお野菜の味わいと同時にやさしさがどんどん伝わってくることに改めて感動しています。
魔法のようです(笑)
メール

やはり長年食べ続けてくださるA様からは、
メール 今週ですが岩崎さんのお野菜は入荷されますか?
 息子がモロヘイヤをえらく気に入り毎日食べたい!と言ってます。入荷予定であれば、三束くらい欲しいで  す。
 メールモロヘイヤはさっと茹でて刻み、自家製甘酒と岩崎さんの玉ねぎすりおろしに醤油を混ぜたタレ(発酵王子こ と伏木氏のレシピ参照)で和えました。
 ちなみにこのタレは我が家では多めに作り、納豆にも使います。

 今朝も、息子にあのネバネバ野菜無いの⁈と聞かれたので、ネバネバ感もいいのかもしれません。元々オクラ も大好きなので。
メール

小学一年生がいたく気に入った岩崎さんのモロヘイヤ、今週の野菜箱に入っていることを願ってます。わーい(嬉しい顔)

在来の夏野菜セット(玉ねぎのみ購入種子)はなんと!7月いっぱいか、8月上旬〜中旬までのほんの短い期間です。年々気候の変化の影響で夏野菜セットの期間が短くなっているようです。
1セットは10品種ほどの野菜が箱いっぱいに詰められています。

来週分をご希望の方は、7月17日(月)までに

メールshop@sizenmura.jp
または電話03−5927−7787
又はFAX03−5927−7880    へ、
お名前・住所・電話番号を明記してお申し込みください。


価格は、
定期購入隔週購入の場合は¥4820(クール便代・税込み)
スポット又は月1回の場合は¥5060(クール便代・税込み)


posted by 自然村 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年07月12日

入荷情報

毎週水曜日は飯塚商店 深谷もやしの入荷日です。DSC05816.JPG
有難いことに今朝から順調にお買い求めいただいています。わーい(嬉しい顔)
先週は3袋残って我が家で食べました。
1袋目はサラダマスター鍋に深谷もやしを入れ、ぐるめさんの三枚肉を置いて無水蒸し。ポン酢醤油で食べました。
翌日、2袋目は定番焼きそばに
翌々日(月曜日)はさっと茹でて、きゅうり・人参の千切りと一緒に酢・胡麻油・醤油・砂糖と少しラー油で中華和えにしました。
深谷もやしは一般のもやしと比較してグルタミン酸の旨み成分はもちろん、ギャバもべらぼうに多いです。
ギャバには脳をリラックスさせ、眠りを誘う働きがあるそうです。
深谷もやしのおかげか暑い夏の夜でもぐっすり眠れましたわーい(嬉しい顔)

飯田さんが縮緬赤紫蘇と一緒に持ってきてくれました。全て自家採種・無肥料・無農薬栽培
トゲトゲ痛い四葉きゅうり。DSC05813.JPG
奥武蔵地這いきゅうりもあります。

丸莢いんげんDSC05814.JPG
平莢いんげんDSC05815.JPG

なごみ農園さんは自家採種・固定種・自家製植物堆肥・無農薬栽培
水ナス・中長茄子・真黒丸茄子・白オクラ・つる紫DSC05808.JPG

東京はお盆です。お供えにいかがですか?DSC05809.JPG
            DSC05810.JPG
            DSC05811.JPG
            DSC05812.JPG
山武の小玉すいかもあります。

*金曜日、高木糀商店さんの生甘酒、生米麹300gが入荷いたします。
ご注文お待ちしています。
posted by 自然村 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

縮緬赤紫蘇

飯田さんの縮緬赤紫蘇、本日収穫で運んでくれます。DSC05797.JPG
10束、余裕がありますexclamation×2
1束¥540
肥料、農薬不使用、自家採種

柔らかく色のよく出る縮緬赤紫蘇です。
根付き出来ます。
発送の場合はチルド便。根は落とすか付いたままか指示してください。根付きの場合箱が大きくなり送料が高くなります。

これで飯田さんの赤紫蘇は終了です。
posted by 自然村 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年07月11日

土用の丑の日

晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ
今年は2回!土用の丑の日

一の丑は7月25日  二の丑は8月6日


四万十川で獲れた稚魚のみを育てた
加持養鰻場の純国産うなぎ
既に冷凍ケースに置いて好評販売中ですが、土用の丑の日に合わせて予約をお受けしています。
白焼き、うなぎの肝、宍道湖しじみなどのご案内もあります。
ヤマト冷凍便での発送も承っています。

予約締切7月18日→7月24日お渡し可(7月15日までのご注文は21日お渡し可)DSC05799.JPG
            DSC05801.JPG
@特撰うなごかば焼き約160g¥2200
(タレ・山椒付)四万十で獲れた稚魚を1年以上かけて大ぶりに育てました。
Aうなぎ蒲焼約120g(タレ・山椒付)¥1950
Bうなぎ白焼(タレ・山椒付)約120g¥1750
 わさび醤油や生姜醤油でシンプルにどうぞ。
Cうなぎの肝60g¥340
旨みが凝縮した肝にはビタミンAなど栄養もたっぷり
D宍道湖の大和しじみ180g¥420
さっと洗ったシジミを冷凍のまま沸騰したお湯に入れて殻がが開いたら味噌などで調味してください。

ポラン広場カタログによる加持養鰻場のうなぎの説明

四万十川河口域では、海から川へ移動しようとして水面にただよっている爪楊枝ほどの大きさのシラスウナギを、直径20センチほどの小さな網で一匹ずつ丁寧にすくい取るという、ひたすら地道な漁法で漁が行われています。
 加持養鰻場のうなぎは四万十川で獲れたシラスウナギのみを使って稚魚の段階から大切に育てています。
活性炭を施工した養殖池で育成し、イオン装置を活用して活力豊かな優化水(イオン水)を与え、稚魚(シラス)から成鰻まで飼育され、運動も十分で健康に育てたうなぎは、薬品を使うこともありません
  加持養鰻場のうなぎは、硬めの皮と引き締まった厚い身が特長。天然鰻に似た旨みがあります。タレは国産丸大豆醤油を使用し、仕上げに炭火で香ばしく焼き上げました。

ふっくら美味しい四万十の純国産うなぎで土用の丑の日をお楽しみください晴れ

猛暑に扇風機

猛暑です。冷凍ケース、冷蔵ケースがご機嫌よく稼働してくれることが課題のひとつです。
気が付いたら冷凍品解凍もうやだ〜(悲しい顔)なんてこと起こったりしますからたらーっ(汗)
野菜たちや商品の状態をよく保つための店内温度も気にかかります。
クーラーは稼働してますが、バックヤードは暑い。
助っとがおります。DSC05790.JPG
バルミューダのザ・グリーンファン¥35800

今年はグリーンファンサーキュ¥18334も導入して、冷凍庫の発熱と室内温度管理のお助けマンになってもらいました。優秀な人材です。手(グー)DSC05788.JPG
            DSC05789.JPG

我が家は結婚以来クーラー無しの生活ですので扇風機にお世話なってます。
家では白い(薄いグレー)のカバーのグリーンファンを使ってます。
最弱で一晩中使っていても寝起きの体が疲れない。そよ風に吹かれて寝ているよう。
床に伝わる振動がないし、音がしないし、良さを実感してます。
寝っ転がるとよくわかる。

最弱時の消費電力は1.5W、1日8時間運転しても電気代は1か月約9.7円だそうですのですごく嬉しい。

バルミューダ ザ・グリーンファンは人気商品だそうですのでご希望の場合は売り切れないうちにご注文下さい。

2017年07月10日

日曜日はミレット藤野

「お母さん、今日の顔は眼が生き生きしてるぴかぴか(新しい)畑仕事したからじゃないるんるん」って言われました。わーい(嬉しい顔)

へへへ〜
畑仕事といっても僅かな時間です。

日曜日は、ミレット藤野さん主催の雑穀栽培の実地体験と講義でした。

間引きと除草。中川智さんが間引きの要領を教えてくださいました。
DSC05798.JPG

1回目の種まきの後、雨が降らなかったのと鳥に食べられて発芽が悪かったのでスタッフの方々が播き直ししてくださいました。念の為に厚く播いてくれたので間引き間引きです。

定植した高きびは大きくなっていたので違いはよくわかりましたが、直播のきび、あわはぱっと見では区別しにくい。よーくよーく観察すると葉の波うちや茎の毛の違いがあります。
キヌアの葉は見慣れた雑草に似ているし、イネ科のきび・あわの間引き前のこの畑は知らない人から見たら雑草畑に見えるな〜と可笑しかったです。

しゃがみながら進む間引きと除草はきっとバテル!と予想していましたが、結構平気でした。といっても短い時間で、しかも、亀の速度でしたから。
(告白しておきます。草と思って抜いちゃった場所があります。御免なさい。)

間引きの後は鍬を使って土寄せです。斜面での寄せ方を学びました。鍬の使い方は難しいですが挑戦したくなります。

中川智さんの作業は本当に素敵です。あの猛暑の中でみんな汗みずくなのに顔つきが変わりません。
お聞きしましたら、朝8時位から農作業を始め、昼寝はするけどまだ明るい7時ころまで畑仕事するそうです。
作業の指導は厳しいですがとても優しくて魅力的な方です。

いつか中川さんの畑を訪ねてみたいです。

午後は、増田昭子さんの「在来種を受け継ぎ、未来へ繋げる」をテーマに講義でした。
増田先生が日本各地を調査に回られた時のお話は興味深く面白くもっともっとお聞きしたいものでした。
売るための雑穀でなく、生きるための雑穀のお話でした。DSC01034.JPG 

5月に播いて9月に収穫できる雑穀。と書いて、
米のできない山間地で生きるための食料としての雑穀の意味がひとつわかったような気がしました。


posted by 自然村 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年07月08日

出汁とり教室報告NO.3

タイコウ 稲葉泰三さんの「出汁とり教室」報告NO.3

終わった後、参加してくださった方から
「今、味覚障害で味がわからないのですが、
今日の出し味はしっかり分かりました。」と声を掛けていただきました。

とても嬉しいことでした。

もし例え、この方のように今、何かの理由で味覚が分からない状態にあっても、きっと体は食べ物の滋味を感じていると思います。
舌先で瞬時に感じる美味しい!(あるいは刺激)もいいでしょうが、
口腔の中のいろいろな部分でゆっくり感じていく味と香り、
そしてお腹に落ちてからじんわり感じる味わい。
頑張っている体を労わる味わい。
出汁味を仕事に疲れている人や療養中の方々の「身体」に味わっていただきたいな〜と思いました。

天然真昆布で昆布出汁を取って、削りたての枯節を入れて。削りたては水1Lに今回は8g。
DSC05774.JPG
         DSC05776.JPG
         DSC05777.JPG

くつくつ煮だして「もうご苦労様」と処分しても後ろ髪惹かれない位の出し殻です。DSC05779.JPG
こんなふうに出汁とりしてもタイコウの鰹節なら美味しい出汁になります。
タイコウの鰹節は、煮立たせても酸味・雑味がでません。
家庭のお出汁は気軽に簡単に取れる、そんな出汁とりを教えてもらいました。

この出汁で味噌汁を作りました。新じゃが、新玉ねぎ、わかめの定番味噌汁。
残念、写真を撮り忘れました。
そして、DSC05783.JPG
塩結びと生姜ご飯のおむすび。生姜ご飯は天然真昆布とタイコウの本枯節のお出汁で炊いておきました。いんげんのお浸し。

出し殻は昆布の佃煮とふりかけにしました。DSC05781.JPG店主作。

最後に
タイコウの鰹節をみなさん買って、食べて、出汁とりしてくださいねわーい(嬉しい顔)
姿節だけじゃなく、削った花くらべだしはこれ
も気軽に使える商品もあります。
posted by 自然村 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | だしとり

出汁とり教室」の報告NO.2

7月2日 
タイコウ 稲葉泰三さんの「出汁とり教室」報告NO.2

一本釣り鰹節 本枯節の削り体験
出汁とり教室で一番賑やかになる場面ですね。DSC05770.JPG
           DSC05769.JPG

用意した机の安定が悪く、削り難かったのが反省点です。そこでレジ台で削っていただきましたが、机の高さによってはやはり体重を乗せにくい。
そこで、新聞紙を敷いて座って削っていただきました。DSC05771.JPG
畳や床で削るのもお勧めです。

日ごろ店主が削ってくれるので私は滅多に削らない。ヘタですので偉そうなことはいえませんが
削るのは面白いです。だって参加者の皆さん削るの夢中なんですから。
「薄く綺麗に削れなくても粉になっても、厚くなっても出しの味は違いは全くありません。薄く細かく削るのはお浸しにふんわりかけたりするのにはいいですが、出汁味は変わりません。」ですので、極めようとするあまり削るの難しい〜ふらふらとならないでくださいね。

とはいえ、綺麗に削れた方が気持ちいいので、削り器の調整の仕方を学ぶ会をいつかしたいと思います。
出しとりを難しく面倒なものという先入観からおさらばして、
楽しいものと思えるために。

そして、姿節を削った方がタイコウの製品の場合、一番おいしく、一番安いのです。
DSC05755.JPG
他社の本枯節けずり節製品と比べてもめちゃ安い。これは驚きです。
こういう商品を本当の意味で お値打だわねわーい(嬉しい顔)というんですね。
posted by 自然村 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | だしとり

縮緬赤紫蘇

飯田さんの縮緬赤紫蘇、余裕分も含めて完売しました。
必死の発送作業、何回も束数確認、予約数確認してぴったりでほっ。
来週の予約分もいっぱいになりました。
   
今年の縮緬赤紫蘇です。DSC05797.JPG
大きさも大きくなり過ぎず、色がよく出るよい状態を見て収穫してくれました。
飯田さんの奥さんのお話では、梅雨が明ける前がよいそうです。
日差しがかんかん照りになると色の出が悪く綺麗にいかないそうです。
また、今頃の紫蘇の方が梅に漬けておいて退色が少ないそうです。

上の葉や枝の間から出ている小さな芽のような葉が良く色がでますので面倒がらずに摘んでくださいね。

これから紫蘇ジュースを作りたい。自然村では無農薬の赤紫蘇はありませんか?というお問い合わせをいただきます。飯田さんの紫蘇は畑になくなり終了ですが、
岩崎政利さんの赤裏紫蘇があります。美味しい紫蘇ジュースができます。
予約のご案内を考えようかな〜

飯田さん、縮緬赤紫蘇と一緒にきゅうりを持ってきてくれました。
綺麗なブルームぴかぴか(新しい)
嬉しくなっちゃうとげとげの痛さでするんるんDSC05791.JPG
         四葉きゅうり

               DSC05792.JPG
地這いきゅうり
posted by 自然村 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年07月07日

入荷情報

晴れ今日は暑くなりそうです晴れ

生まれも育ちも国産 四万十の鰻蒲焼(冷凍)既に好評販売中です。
今年は昨年よりも安くなりました。2サイズあります。
約120g¥1950の通常サイズと
1年以上かけて大きな規格にした特撰鰻蒲焼約160g¥2200 
本日、特選サイズを豊富に仕入れています。 
今日、明日に限って、特選鰻蒲焼を100円引きの¥2100でご提供します。  
DSC03171.JPG 

九州地方の大雨の被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。
心配してくださったみなさま、今週も岩崎さん、池松さんの野菜は無事に届きました。

岩崎政利さん「雲仙たねの自然農園」からの在来の野菜たちは、
玉ねぎのみF1品種ですが大変美味しい玉ねぎです。
他は種を守り続けた野菜たち。
じゃが芋、黒田5寸人参、ピーマン、伏見甘長ししとう、モロヘイヤ、エンサイ、平家きゅうり、青茄子、山口在来きゅうり、スイスチャード、ミニ南瓜、北海道地南瓜、勝間南瓜、バターナッツ南瓜
岩崎さんの南瓜は評判が良くて今週は南瓜をたくさん送っていただきました。
人参、南瓜は豊富ですが他は数が限られます。

福岡県 池松さんからの野菜は
 固定種・自家採種・無肥料無農薬
固定種玉ねぎ、ズッキーニ、嘉禎にんにく、佐賀在来なす(黒茄子・青茄子のようにぷっくり大きい)、白丸茄子(昔から九州にあった品種・青茄子・油との相性が良い)、相模半白きゅうり、ズッキーニ、カルフォルニアワンダーピーマン、琉球いんげん、越谷いんげん、成平いんげん、紫菜豆いんげん、3品種カラフルミニトマト、アロイトマト

飯田さんは縮緬赤紫蘇の他はきゅうりが少しとれるそうです。

なごみ農園さん、橋本農園さんの野菜もまだあります。

ポラン広場からは自家採種のはぐら瓜1個¥100

大好評の浜田さんの有機ブルーベリー1p¥585

沖縄のパイナップル(防除1、植物調整剤1、除草剤使用、減化学肥料)も美味しいです。

木次のアイスクリーム1こ¥310好評販売中

想いやり生乳
posted by 自然村 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2017年07月06日

縮緬赤紫蘇

飯田さんの縮緬赤紫蘇、http://blog.sizenmura.jp/article/180243301.html
明日の朝収穫してお昼頃、届けてくださいます。
収穫仕立てをお渡しです。1束¥540

只今、68束のご注文を受けていますので、ここで一旦、注文を締切ます。
来週の生育状況によって再度、ご案内をします。

明日は65束持ってきていただきます。実際は63束の予約注文が入っていますが、念のために2束余裕を持ちます。明日、数量確認して、2束余裕がはっきりしたら店頭で販売します。

よろしくお願いします。
posted by 自然村 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年07月05日

出汁とり教室

7月2日(日) タイコウ 稲葉泰三さんの出汁とり教室を行いました。
12名のご参加とお子さん2名も一緒でした。遠く鎌倉からもお越し頂きました。

           DSC05768.JPG
           DSC05769.JPG

下記は私の感想文です。

私は稲葉さんの話を聞きながら改めて
本物と出会うことは物も人も天からの贈り物だと感じていました。

今は情報溢れる社会です。目や心を打つ言葉や映像が自己表現の限りを尽くし訴えています。「私こそが本物です。」と。
かつお節について自然村ははっきり言って素人です。タイコウ稲葉泰三さんに出会っていなかったら、他の鰹節を褒めちぎって自信たっぷりに販売していたかもしれません。
カビ付けが多い方が良いかつお節だとか、4回付けてないと本物じゃないとか、なんとかかんとか・・・それこそ言葉を並べながら。

タイコウの鰹節は枕崎の生産者 ヤマサン 宮下鰹節店のものだけです。
宮下さんはひとつひとつの工程を手を抜かずきっちりと鰹節にしていく。
「日本で一番の物を作っている自負」をもって。DSC03392.JPG

それを支えるのは稲葉泰三さんの宮下さんの鰹節づくりへの高い評価と信頼であり、
宮下さんの稲葉さんの目利きの高さへの信頼と尊敬だと思います。

いいよいいよの無条件の信頼関係でなく、本物を求める緊張感のある信頼関係です。

「鰹節を作ってくれる人がいなければタイコウはない」と
宮下さんの作ったものを全量買い取る。高く買う。買いたたかない。生産者が儲かるようにする。

これはタイコウの本枯節タイコウ本枯れ.JPG
こちらは山川産4回カビ付け本枯れ節近海物。縦に割れが入っている。稲葉さんだったら絶対に節で出すことはないものです。こころぶし.JPG

下記は店主のまとめの感想です。
・稲葉さんのお話は、以前は「かつお節の出汁のとり方や料理、1本釣りの鰹節をどのように守るか」という話が中心だったけど、今回は、
「いいものが流通するようにしよう、残せるようにしよう」
「消費者の安いものの選択は結局は消費者の暮らしを苦しくする」
「価値あるものに対価を払うあるべき社会に変えていこう」
というメッセージが強かったように思います。
お金の儲かる儲からない、値段が安い高い、もっと使わせて、もっと売っての経済性優先でなく、
効率や便利さだけを追うことのない、
そういう社会を
生産者、流通業者、消費者が一緒に作っていきましょう。
鍵は消費者です。
というメッセージではなかったか、と思いました。

続く・・・



posted by 自然村 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | だしとり

入荷情報

山梨県一宮市 久津間グループの桃が始まりました。減農薬(防除14)化学肥料不使用。
日川白鳳です。


浜田さんの有機ブルーベリー、大好評です。

今年は7月25日土用の丑の日ですが、晴れ晴れ暑くてバテソウふらふら土用の丑の日まで待てないあせあせ(飛び散る汗)という方へ
四万十川で捕獲したシラスを四万十川の伏流水で丁寧に安全に育てた加持養鰻場の鰻蒲焼(冷凍)約120g¥1950、約160g¥2200
すでに冷凍ケースの中で販売しています。

我が家も日曜日、出汁とり教室を終えた夕飯は鰻丼で慰労しました。ふっくら美味しい鰻蒲焼ですわーい(嬉しい顔)

山武の小玉スイカ(栽培期間中殺菌1、殺虫1、化学肥料不使用)もあります。

橋本農園さんの無肥料無農薬の野菜は、
固定種玉ねぎ、自家採種黒田5寸人参、自家採種ときわきゅうり、自家採種アンデスレッドじゃが芋

なごみ農園さん無農薬、自家製植物堆肥
自家採種枝豆、自家採種きゅうり(3本入り)、自家採種白きゅうり(3本入り)、自家採種ビーツ、自家採種中長茄子(3本入り)、自家採種キタアカリ、固定種赤玉ねぎ、自家採種インカのひとみ、自家採種ノーザンルビーじゃが芋、自家採種つるむらさき、自家採種バジル。

珍しい野菜を仕入れてみました。
フェンネルです。茨城のハーブスマンさん作です。葉を落とした茎が届いています。フィノッキオとも呼ばれるそうです。原産地は地中海沿岸とされ古代エジプト、古代ローマで栽培されていた記録があり、歴史上もっとも古い作物のひとつとされるハーブです。セロリの根元のような食感と、独特の香りがあって、ヨーロッパでは比較的一般的な野菜の一つだそうです。生でスライスしてマヨネーズと和えて食べてみますね。

そして、毎週水曜日は飯塚商店さんの深谷もやしの入荷日です。
ぐるめくにひろさんの豚肉と合わせてお楽しみくださいね。

青見平の卵 入荷です。
posted by 自然村 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2017年07月04日

飯田さんの縮緬赤紫蘇!

下記のご案内の飯田さんの縮緬赤紫蘇はたくさんの予約をいただいていまして、
7月5日現在で60束程になっています。収量見込み数70〜80束です。残り僅かになっていますのでご希望の方はお早めにご注文ください。
1束およそ200〜250gの葉が付いている見込みです。梅1kgに葉200gが目安という梅干し漬けのレシピがあります。いろいろなレシピがあると思いますので各々必要数をご検討の上ご注文下さい。


昨年は発芽が上手くいかずみなさんにお届けできませんでしたが、
今年はあります手(チョキ)

飯田さんの素晴らしい 縮緬赤紫蘇
自家採種、完全無農薬、無肥料栽培。
丈は小さいですが色は一番良い時になってきました。

1束¥540(予定価格)
全部で70〜80束の収量予想です。
すでに予約注文が入っていますのでご希望の方はお早めにお申し込みください。
今週、金曜日入荷。来週は気温次第ですが残量少しはあると思います。

過去の写真ですがこのような縮緬赤紫蘇です。
DSC01055.JPG
柔らかく素晴らしい色です。

この小さい葉が素晴らしい色がでるんです。
     DSC01056.JPG

もみ紫蘇にmomisisosiage.JPG

紫蘇ジュースにsisoju-su.JPG



大変すばらしい色の出る素晴らしい縮緬紫蘇を一番良い時に収穫してお渡ししたいハートたち(複数ハート)

posted by 自然村 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年07月03日

はぐら瓜

はぐら瓜 始まりました。
茨城の松崎さんはポラン広場の生産者さんです。松崎さんの有機無農薬はぐら瓜。自家採種なさっています。
とても美味しくしかもとても手軽なお値段です。まずはお試しくださいね。

下記は昨年、初めてはぐら瓜に出会った時のブログ記事です。

千葉県房総の特産品だそうですが、どこでも作られていていそうで、す通りしていた。
             はぐら瓜です。
         DSC04191.JPG
美味しいです。今まで無視していて御免なさい。
珍しいもの、目を引くもの、物語性に惹かれ過ぎるとさりげないものの魅力に気づかないでしまう。
傍らにあるものをもっと深く味わうようにしたい。

はぐら瓜はスライスしてそのままでも美味しいです。サンドイッチに合うと思います。
炒めても煮てもスープもよい。
ぬか漬けにしたら好みの風味でした。

posted by 自然村 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年07月01日

岩崎政利さんの直送野菜セット

雲仙たねの自然農園 岩崎政利さんの畑から
晴れ夏野菜セットの直送が始まります


在来の夏野菜セット(玉ねぎのみ購入種子)はなんと!7月いっぱいか、8月上旬〜中旬までのほんの短い期間です。年々気候の変化の影響で夏野菜セットの期間が短くなっているようです。
1セットは10品種ほどの野菜が箱いっぱいに詰められています。

急なご案内でごめんなさい。来週分をご希望の方は、7月3日(月)までに

メールshop@sizenmura.jp
または電話03−5927−7787
又はFAX03−5927−7880    へ、
お名前・住所・電話番号を明記してお申し込みください。


今週、店に届いた岩崎さんの野菜。
岩崎さんの在来の夏野菜の代名詞のようになった平家きゅうり
ちいさいのもありますが「これはきゅうりです。」というと皆さん驚かれる大きさ太さ、皮の色目

さてさて、下記のブログは直送野菜を長年取り続けてくださっているお客様のお便りを紹介したものです。
岩崎さんの野菜についてよく書かれていると思い再度紹介します。
お読みくださいね。
http://blog.sizenmura.jp/article/101808077.html

そうそう、価格をお知らせします。
定期購入隔週購入の場合は¥4820(クール便代・税込み)
スポット又は月1回の場合は¥5060(クール便代・税込み)

よろしくお願いします。
posted by 自然村 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜