2017年07月08日

出汁とり教室報告NO.3

タイコウ 稲葉泰三さんの「出汁とり教室」報告NO.3

終わった後、参加してくださった方から
「今、味覚障害で味がわからないのですが、
今日の出し味はしっかり分かりました。」と声を掛けていただきました。

とても嬉しいことでした。

もし例え、この方のように今、何かの理由で味覚が分からない状態にあっても、きっと体は食べ物の滋味を感じていると思います。
舌先で瞬時に感じる美味しい!(あるいは刺激)もいいでしょうが、
口腔の中のいろいろな部分でゆっくり感じていく味と香り、
そしてお腹に落ちてからじんわり感じる味わい。
頑張っている体を労わる味わい。
出汁味を仕事に疲れている人や療養中の方々の「身体」に味わっていただきたいな〜と思いました。

天然真昆布で昆布出汁を取って、削りたての枯節を入れて。削りたては水1Lに今回は8g。
DSC05774.JPG
         DSC05776.JPG
         DSC05777.JPG

くつくつ煮だして「もうご苦労様」と処分しても後ろ髪惹かれない位の出し殻です。DSC05779.JPG
こんなふうに出汁とりしてもタイコウの鰹節なら美味しい出汁になります。
タイコウの鰹節は、煮立たせても酸味・雑味がでません。
家庭のお出汁は気軽に簡単に取れる、そんな出汁とりを教えてもらいました。

この出汁で味噌汁を作りました。新じゃが、新玉ねぎ、わかめの定番味噌汁。
残念、写真を撮り忘れました。
そして、DSC05783.JPG
塩結びと生姜ご飯のおむすび。生姜ご飯は天然真昆布とタイコウの本枯節のお出汁で炊いておきました。いんげんのお浸し。

出し殻は昆布の佃煮とふりかけにしました。DSC05781.JPG店主作。

最後に
タイコウの鰹節をみなさん買って、食べて、出汁とりしてくださいねわーい(嬉しい顔)
姿節だけじゃなく、削った花くらべだしはこれ
も気軽に使える商品もあります。
posted by 自然村 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | だしとり

出汁とり教室」の報告NO.2

7月2日 
タイコウ 稲葉泰三さんの「出汁とり教室」報告NO.2

一本釣り鰹節 本枯節の削り体験
出汁とり教室で一番賑やかになる場面ですね。DSC05770.JPG
           DSC05769.JPG

用意した机の安定が悪く、削り難かったのが反省点です。そこでレジ台で削っていただきましたが、机の高さによってはやはり体重を乗せにくい。
そこで、新聞紙を敷いて座って削っていただきました。DSC05771.JPG
畳や床で削るのもお勧めです。

日ごろ店主が削ってくれるので私は滅多に削らない。ヘタですので偉そうなことはいえませんが
削るのは面白いです。だって参加者の皆さん削るの夢中なんですから。
「薄く綺麗に削れなくても粉になっても、厚くなっても出しの味は違いは全くありません。薄く細かく削るのはお浸しにふんわりかけたりするのにはいいですが、出汁味は変わりません。」ですので、極めようとするあまり削るの難しい〜ふらふらとならないでくださいね。

とはいえ、綺麗に削れた方が気持ちいいので、削り器の調整の仕方を学ぶ会をいつかしたいと思います。
出しとりを難しく面倒なものという先入観からおさらばして、
楽しいものと思えるために。

そして、姿節を削った方がタイコウの製品の場合、一番おいしく、一番安いのです。
DSC05755.JPG
他社の本枯節けずり節製品と比べてもめちゃ安い。これは驚きです。
こういう商品を本当の意味で お値打だわねわーい(嬉しい顔)というんですね。
posted by 自然村 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | だしとり

縮緬赤紫蘇

飯田さんの縮緬赤紫蘇、余裕分も含めて完売しました。
必死の発送作業、何回も束数確認、予約数確認してぴったりでほっ。
来週の予約分もいっぱいになりました。
   
今年の縮緬赤紫蘇です。DSC05797.JPG
大きさも大きくなり過ぎず、色がよく出るよい状態を見て収穫してくれました。
飯田さんの奥さんのお話では、梅雨が明ける前がよいそうです。
日差しがかんかん照りになると色の出が悪く綺麗にいかないそうです。
また、今頃の紫蘇の方が梅に漬けておいて退色が少ないそうです。

上の葉や枝の間から出ている小さな芽のような葉が良く色がでますので面倒がらずに摘んでくださいね。

これから紫蘇ジュースを作りたい。自然村では無農薬の赤紫蘇はありませんか?というお問い合わせをいただきます。飯田さんの紫蘇は畑になくなり終了ですが、
岩崎政利さんの赤裏紫蘇があります。美味しい紫蘇ジュースができます。
予約のご案内を考えようかな〜

飯田さん、縮緬赤紫蘇と一緒にきゅうりを持ってきてくれました。
綺麗なブルームぴかぴか(新しい)
嬉しくなっちゃうとげとげの痛さでするんるんDSC05791.JPG
         四葉きゅうり

               DSC05792.JPG
地這いきゅうり
posted by 自然村 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜