2017年07月18日

四万十 加持養鰻場のうなぎ蒲焼

四万十 加持養鰻場のうなぎ蒲焼


7月25日 一の土用丑の日に間に合うように確実に欲しいという場合は
7月18日本日中にメール又はFAXでご注文下さい。
詳細はhttp://blog.sizenmura.jp/article/180311534.html

遅くとも明日(水曜日)午前までにご連絡ください。

120g蒲焼と160g蒲焼、宍道湖大和しじみは幾分かは在庫して予約外販売していますが、
白焼きとうなぎ肝は予約数のみ仕入れます。
また160g特撰うなぎ蒲焼は限定数量なので在庫数も限られてきました。お早めにね。わーい(嬉しい顔)

二の丑は8月6日、その日で良いわ、という方も1週間前にはご注文下さい。ただ、特選うなぎ蒲焼はあるかどうか分かりません。

四万十川で捕獲され、四万十川の支流の伏流水を入れた養鰻池で薬剤一切不使用でゆっくりゆったり育て、
仕上げは炭火で香ばしく焼き上げ
良質の調味料のタレを使用した
ふっくら美味しい鰻です。

江戸東京野菜 水菓子

足立区の内田さんから今年も本田瓜が熟したと電話をいただき、今日、届きました。
自然村を忘れないで毎年届けてくださいます。本当に有り難いことです。
幻の本田瓜です。DSC05828.JPG
内田家では本田瓜が食卓に上ると 今年も夏が来た と思うのだそうです。
内田家で代々守ってきた希少なまくわうり。家宝種です。
それをその貴重性を分かる人におすそ分けしてくださる気持ちで送ってくださいます。

熟した甘い香りがします。DSC05829.JPG
優しいほんのり。じっくり味わう甘さです。果汁たっぷり。

内田さんは毎日、食べた本田瓜の味・甘さなどを批評記録してたねを残し、その中から10選んで混ぜて次回播くたねにしています。そうすることで多様性を持たせたねが弱くなるのを防いでいます。

各地にまくわうりがあります。本田瓜を始めにして、いろいろなまくわうりが店に並ぶ予定です。願いかな。
どうぞお見逃しなく。
昨年は兵庫の幻の瓜妻鹿メロンが到来しました。
http://blog.sizenmura.jp/article/176666227.html
posted by 自然村 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜