2017年08月09日

おばあさんは川へ洗濯に

8月6日日曜日、

おじいさんは山へ柴刈に おばあさんは川へ洗濯に

おじいさんは片品村へ大白大豆畑の草刈に。
目もくらむような炎天下、おじいさんはしゃがんでの作業に膝が震えたと言っています。

おばあさんは藤野へ雑穀畑の支柱立に。
梅雨明け宣言後の曇天雨続きの日々から打って変わって日曜日は炎天猛暑

先回は雑草畑のような趣でしたが、藤野駅のホーム階段から見下ろすと雑穀畑になっていました。
           DSC05968.JPG

アマランサスは見上げるような高さに。DSC05971.JPG
高きびも見上げる高さ。穂に花が咲いていました。DSC05975.JPG

支柱を立てる作業と聞いていましたので、普通畑で見かける緑色の支柱棒を立てて紐で結わえる作業だろうと予想していましたが、
違いました。
風や大雨で雑穀が倒れないようにするための支柱はこれです。DSC05996.JPG
やたと呼び、その作業をやた入れといそうです。竹の枝で作物の葉を抑え風で倒れるのを防ぎます。このままの写真では分かりにくいのですが拡大すると様子が分かります。
            DSC06000.JPG
          
やたを土に差し込む向きも枝ぶりを見て決めますし、
やたの長さは両腕を広げた長さ+鉈の長さいくつか分の長さです。DSC06002.JPG
これは畝いくつ分の長さに合わせています。(逆かも)そうすれば、やたを差す畝間が決まって作業がしやすくなります。
ひとつひとつの作業が次の作業をしやすくして合理的であり美しいです。

紐を束ねるときの仕草ひとつとっても、やたを束ねる作業ひとつとっても私には素晴らしく思えて見入ってしまいます。

雑穀栽培を指導してくださる上野原西原在住の中川智さんの昔ながらの伝統的な栽培法を学ぶ講座ですので、
畑を耕すのも鍬ですし、畝の幅の作り方、鍬の入れ方、種の蒔き方、土の被せ方、などなどすべての作業が昔から栽培に携わってきた人々の知恵の積み重ねです。
このようなサイトがありました。興味がありましたらご覧ください。http://yamakurashi-saihara.blog.jp/archives/4886764.html

午後は鳥害防止のための網掛け作業でした。DSC06003.JPG
雑穀を作る人が少なくなって、鳥たちが集中して集まり餌場なってしまうので網を掛けます。
私は途中で帰りましたので網を掛けたところを紹介できません。

雑穀のようすは、
DSC05976.JPGDSC05977.JPG

           DSC05980.JPG 
           DSC05994.JPG
           DSC05991.JPG 
           DSC05984.JPG 

次回は収穫になります。        

posted by 自然村 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

入荷情報

毎週水曜日は深谷もやしの入荷日です。
只今配布中の自然村店舗情報に生産者飯塚さんのメッセージ「深谷もやしへの思い」を紹介しています。

飯田さんから自家採種無農薬・無肥料の枝豆(湯上がり娘:茹でるとだだちゃ豆のような香ばしい香りがします。味も良いです)
島オクラと白オクラが届きました。オクラは大きくなっていますが、先が柔らかく曲がるので硬くなく、柔らかく美味しく召し上がっていただけます。
群馬 いいからかんさんの自家採種・自然農の
茗荷、ズッキーニ、にんにく

橋本農園さんからは自家採種・無農薬無肥料の
ゴーヤ、東京芳香青皮南瓜、じゃが芋出島、じゃが芋アンデスレッド、モロヘイヤ、3品種のオクラミックス、新黒茄子(3本入り)、埼玉在来青茄子(2個入り)

丈夫卵

ポラン広場からの冷凍の魚、とろかつおタタキ背・腹 、長崎県産天然ぶりのあら(大き目の一切れ)¥350、島根県産の脂ののったアジの開き(どんちっち)2枚入り¥400も只今お勧めです。

果物は、
沖縄のパイナップルハワイ種、山梨のネクタリン、青森の小玉スイカ、青森の貴味メロン、浜田さんの有機ブルーベリーがお勧めです。

もうすぐお盆。お盆のころになると細長い新のさつまいもを蒸かしたおやつが定番でした。昔はその時期はそれほど甘いさつま芋でなかったので塩をまぶして食べた思い出があります。
 香川県の有機坂出金時が届いています。自家採苗です。砂地で美味しい金時芋が作られています。

明日も営業しています。ご来店、ご注文をお待ちしています。
posted by 自然村 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報