2017年10月16日

秋の長雨と

11月下旬の気温だそうです。
あんなに暑い日があったのに急降下です。体調にお気を付けください。

私はスパッツを履き始めました。ナファ 竹布のスパッツです。
静電気が起きず、肌に柔らかい暖かさです。股上も長いのでお腹周りも暖かい。お尻と太ももが太いのでLL~Lサイズを選んだのですが、履いているうちに緩むのと、私の身長ではちょっと長過ぎる難点はあります。
次回はM~Lサイズにしよう。

もっと寒くなったらレッグウォーマーと裏シルクパイルのスパッツを愛用。

日曜日、Eテレ こころの時代で建築家の安藤忠雄さんを見ました。
設計した家が「寒い」と言われれば、
「寒かったら1枚着ればいいんじゃ」といっておられました。

昔の家は寒かった。親も言いました。「寒ければ一枚余計に着なさい。」
昔の子どもはみんな毛糸のパンツを重ねて、袖なしの前重ねの毛糸の内着(何というのかな?)を着てましたね。

絹や竹布のスパッツやレッグウォーマー、絹やオーガニックコットンの腹巻、
絹の5本指靴下、ポカポカの厚手の靴下など、揃っています。
           DSC06351.JPG

胃袋からも暖かく、今晩は狐にゅう麺にします。わーい(嬉しい顔)

2017年10月15日

林檎の季節


林檎の季節のお菓子
   京都ベッカライ ヨナタンの
       林檎の季節ですね! 

今週と来週のみのプレゼント企画です。    

      座布団(おざぶ)みたいな林檎パイ
   りんごのOZABU¥400(税抜)
       DSC03550.JPG
詳細は写真を拡大してお読みください。
私の掌にのる大きさ。 約7p×7p
賞味期限は製造から14日。
予約をお受けします。

入荷日は、10月18日、20日 それぞれ限定数です。お早めに!
      10月27日(予定)只今、予約受付中

10月16日にはベッカライヨナタンのエンガディーナ・ヌルトルテも入荷します。¥530
リッチな焼き菓子ですが、1個を分け合っても十分満足できます。熱い紅茶でどうぞ。

2017年10月13日

池松さんの種採り野菜と晩御飯

昨夜は、上野さんのこしひかりの御飯と、
甚五右ヱ門芋の芋煮DSC06376.JPG

佐久間さんの寺島茄子と池松さんの万願寺唐辛子三尺ささげみやの厚揚の煮物
           DSC06379.JPG
仁井田本家の料理酒 旬味井上醤油の味付。味醂や砂糖は入れないであっさり煮たのも美味しいと感じる「年齢?」かな?

池松さんから涼しくなって元気ピンピンの万願寺唐辛子がいっぱい届いています。万願寺はちびっ子も好きな野菜です。デパ地下や駅ビルの総菜売り場で万願寺料理は定番になってますね。

三尺いんげん、紫いんげんDSC06384.JPG
じっくり火を通すといいです。紫ささげは加熱しても紫色は残ります。

寺島茄子、明日佐久間さんから届く予定。

池松さんからは、他に
黒田5寸人参の間引き菜。写真は橋本農園さんと並べてあります。DSC06382.JPG
先日は、岩崎さんの人参間引き菜を細い人参ごと桜えびとかき揚げにしました。
残った葉っぱと春菊とキャベツを混ぜてお好み焼きにもしました。

小田部大根か源助大根の間引き菜DSC06383.JPG
池松さんは、胡麻和えがとても気に入っているそうです。間引き菜とちりめんじゃこパスタを食べたそうです。

明日は佐久間さんの大根間引き菜が届く予定。DSC06321.JPG
この時は、茹でて刻んで菜飯にしました。美しいとても美しい菜飯になって家族が喜んでくれました。

今日のお昼は、ポラン広場の大根葉を味噌汁で食べました。
ああああ、美味しい〜!珍しく赤だしでした。八丁味噌と自家製米味噌を合わせてくれました。
「大根葉には赤みそが合うと思ってね」店主、なかなかやるじゃないわーい(嬉しい顔)
豆腐となめこも赤だしだよね〜。
           DSC06385.JPG
私たちは岐阜羽島と愛知県碧南市出身です。豆味噌で育っています。
味噌かつやりたいね〜、味噌煮込みうどん、味噌おでん・・・

池松さん、
四角豆 茹でてマヨネーズでも胡麻和えでも。歯触りが凄くいいです。秋の端境期に成りだすそうです。

島オクラ
新長崎長茄子
バターナッツ南瓜 充分追熟させてあります。スープやお菓子に
三毛門南瓜 日本に渡来した南瓜の最古の南瓜です。

長雨になりそうです。肌寒いので暖かくして風邪ひかないようになさってくださいね。
喫茶店想いやり生乳、高木さんの生甘酒・生塩糀・生米糀300gも入荷しました。
posted by 自然村 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年10月12日

甚五右ヱ門芋

明日から秋の長雨の予報です。気温も下がって肌寒くなりそう。

芋煮など熱々の汁物が美味しくなりますね。

山形県真室川在来 佐藤家に代々伝わる一子相伝・門外不出の里芋
        甚五右ヱ門芋です。DSC06372.JPG

満天青空レストランに登場して大反響だそうです。
いや〜実際大変美味しい里芋ですから。
独特の形なので、「これはなんですか?」と聞かれるお客さんも多いのです。
里芋の皮むきが面倒などという人もいますが、
ほら、指で皮を引けばほらね、剥けるくらいなんですよ。わーい(嬉しい顔)と実演してみせます。

芋煮にはこんにゃくですね。自然村ではオーサワジャパンの広島在来こんにゃく芋のこんにゃくを販売しています。DSC06374.JPG
掌サイズです。板こんにゃくはもちろん、糸こんにゃくも美味しいんです。

芋煮は豚肉を入れる地域や家庭、牛肉の地域、味は醤油、味噌、醤油&味噌といろいろだそうです。
ぐるめくにひろの豚肉、三枚肉もとても美味しいです。DSC06373.JPG

posted by 自然村 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

エチレンガスを使わないもやし

毎週水曜日は飯塚商店 深谷もやしの入荷日です。400g¥310で販売しています。
             DSC06375.JPG
9月から販売している深谷もやしは、一切エチレンガスを使わないで育ったもやしです。
飯塚さんが求めてきたもやしです。

一般にもやし栽培にはホルモン作用としてエチレンガスを使用します。もやしの成長を抑え太く短いもやしにします。
飯塚商店さんはミャンマー産のブラックマッペを使い、もやし本来の生きる力を発揮したもやしを育てたいと、エチレンガスの使用を極微量にしてきました。
目指すのは全くエチレンガスを使わない、生命力いっぱいのもやしです。
幻のもやしを求めてhttps://ameblo.jp/matt1119/entry-10288133141.html

飯塚さんからのコメントです。
実は、9月からエチレンガスを一切使わないでもやしを栽培しているんです。
実はエチレンは9月に入ってから使っていません。
別に狙ったわけでなく、9月に入って一気にもやしが「冷え」を感じ取ったらしく
なかなか伸びなくなりました。こんな時にエチレンなど使ったら大変です。
そこで思い切ってエチレンを外しました。そして現在に至っています。
室温のせいか、水温のせいか、まだはっきりとわかっていないのです。
エチレンを外せば普通はひょろひょろと蔓のようになってしまうのですが、
今年はそういうことはありません。
生産者にもわからない状態なんです。


本日も他の商品と共にチルド便で深谷もやしをお送りしました。発送もしているんですよ。車(RV)

2017年10月11日

自家採種 黒田五寸人参

橋本農園さんの人参が始まりました!

自家採種 無肥料無農薬 黒田五寸人参

間引きで人参はまだ小さめですが、人参として十分調理できる大きさに育っています。
柔らかい香り豊かな栄養抜群の葉っぱがもさもさとあって
今は人参を見逃せない時期ですね。

うさぎを飼っているみなさん、うさこに最高の人参葉到来ですよ。

岩槻ねぎも届きました。分結葱で青い部分の多いねぎです。白も青も全部食べます。
味噌汁、煮物、鍋物にもどうぞ。

艶々ピーマン、バターナッツ南瓜があります。

青見平の卵:価格変更です。6個1p¥580 ヤマト運賃値上げの為、大幅な値上げになります。ご了承ください。卵屋さんもできるだけ運賃の安いところを検討しています。その時には価格を変更いたします。
丈夫卵も次回入荷から値上げになります。)

深谷もやし400g¥310(やはり運賃値上げによって300円→310円になります。)

ぐるめくにひろの豚肉、ハム・ベーコン

ポラン広場からは豆腐類、おでん材料の練り物、冷凍の魚、鶏肉などが届いています。

ろばやさんの焙煎仕立ての珈琲豆、いろいろな種類があります。

橋本農園さんの黒田5寸人参が始まって、嬉しい報告で始まりましたが、
次第に、
宅急便の運賃値上げによる販売価格の変更のお知らせになってしまいました。たらーっ(汗)
上野さんのお米も大幅な運賃値上げで上野さんは苦慮されています。
ポラン広場から入る商品も価格変更の知らせが次々とあります。
お客様へはご理解をお願いするほかありません。

これで消費税が上がった時にはどうなるんだろう・・と・・零細な商売する者は思いますが、

マイナスもプラスにする思考をすれば、
大事なもの、大切に丁寧に作られたもの、誤魔化しのないものを、
価値ある適正価格のものを、無駄のないように選び取って日常を積み重ねていく機会。


店の外から衆議院議員選挙の宣伝カーの声が聞こえてきます。
走り去る宣伝カーに乗る人に私たちの声は聞こえるでしょうか。

posted by 自然村 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2017年10月09日

高木糀商店

10月13日(金)
金沢の高木糀商店さんの
生甘酒
生塩糀
生米糀300g

入荷します。
確実に欲しい方は11日午前中までにご注文ください。

上野長一さん

5月5日に種もみを播いて苗代に並べた580品種のお米の穂を刈に10月8日(日)行ってきました。
二人ずつ組みになって品種を間違えないように穂を鋏で切り採りながら紙袋に入れていきます。
ノゲの色、長さ、もみの色、粒の大きさや形、葉の色、稲の長さ、穂の重さを
この目、この手に感じながら、
どの穂がたねとしてよいのか、考えながら採っていきました。DSC06358.JPG
            DSC06360.JPG

田んぼの畔に野の花が咲き乱れて美しいな〜と思って写真を撮りました。DSC06361.JPG
青蛙やバッタがぴょんぴょん飛び跳ね、アキアカネが命を謳っていました。

紙袋に入れたまま軒下に置いて乾燥させます。DSC06363.JPG

ごく一部ですが穂をいただいてきました。
来店の折に見上げてください。DSC06365.JPG
              DSC06367.JPG
             DSC06366.JPG

上野長一さんのこしひかり、農林48号は新米になりました。
さわのはなももうすぐ新米になります。
佐久間さんのお米ははざかけ天日干し後、イセヒカリが11月末になります。新嘗祭のころには店に届くと思います。
今年も無事にお米を収穫できたことを祝して、お米をご購入の方に、
上野長一さんの色々米を少しずつプレゼントしようと思います。DSC06368.JPG

多様な稲が一緒に暮らし育ち稔る色々米。目的は平和です。
いろいろな人たちが共に生きられ生きる喜びのある平和。
いつものお米に色々米を混ぜてみてください。

8月27日にはまだ穂が出ていなかった古代米 緑米 。イナゴが飛び回っていた緑米が豊かに実っていました。
            DSC06354.JPG

今年も12月3日(日)に緑米の稲わらを使って上野さんのしめ縄作りの会を開きます。
詳細はもう少し後に案内しますが、予定に入れてくださいね。

2017年10月07日

ご案内

本日、最終の鮮さんまが入荷しました。
ご来店の皆様、直送の皆様、ありがとうございました!
昨年までひっそり、地味に声掛けしただけでしたが、今年はもう少し大きな声でお伝えした結果か、
遠くは香川県、岡山県、愛媛県の方、都内の方にお送りすることができました。
美味しいさんまでしたね!
2回目のさんまを我が家も堪能します。

林檎屋さんから秋映も届きました。果汁が多く濃厚な味を楽しめます。
           DSC06348.JPG
秋映は完熟すると皮の色がこのようになります。DSC06349.JPG
紅玉共々よろしくお願いします。

10月9日(月)は体育の日祝日ですが、通常営業しています。
平日はお越しになれない方々も、是非、お越しください。
店内は少しづつ寒さへのご提案仕様に変わっていきます。
           DSC06352.JPGDSC06351.JPG

魔法の庭さんのシュガープルーンも再入荷します。
澤登さんの完全無農薬有機栽培の葡萄も盛りの味で入荷します。
シュガープルーンと澤登さんの葡萄をセットで発送もできますのでお気軽にお問い合わせください。

秋を楽しみましょうね。
明日は上野長一さんの田んぼの稲刈りです。
580品種の稲の種採りに行ってきます。
秋を楽しんできます。

posted by 自然村 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2017年10月06日

南瓜

打木赤皮南瓜を割ってみると、

わ〜〜〜exclamation×2

種を搔き出しながら

ザックザク黄金が出てくる
ぴかぴか(新しい)みたいとDSC06344.JPG
大笑い〜
わーい(嬉しい顔)
果肉は薄くて種がどっさり。
子宝南瓜と名付けたらどうだろう。

昔々、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
・・・いろいろあって、
犬ポチがわんわんと吠えた打木赤皮南瓜を切ってみると、
小判がざっくざっくとでてきましたとさ。わーい(嬉しい顔)

鶴首南瓜のたねは、可愛らしい小ささです。DSC06342.JPG
小さいたねからよくもこんなに大きな南瓜ができるものです。

こちらは岩崎さんの縮緬南瓜です。DSC06345.JPG
posted by 自然村 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

選択肢


有機みかんジュース、これはとても美味しいみかんジュースです。普通ならお勧め。
ですが、今、自然農法温州ミカンが美味しいですよ。
ジュース1本¥190、みかん1袋270円DSC06340.JPG
みかんはみんなで分け合って食べられるし それに剥く時の香りもいいですよ。わーい(嬉しい顔)


「今、最高に味ののったミニトマト紅涙です。チャルジョウ農場だけのミニトマトですよ。」
トマトジュース1本124円と同じ値段になるミニトマト
           DSC06341.JPG
1粒でジュース1本飲んだ満足感ありますね。ぷちっと皮を破ってトマトの果肉と果汁が飛び出る感覚もいいですね。

選択肢はいくつもありますね。
posted by 自然村 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2017年10月05日

岩崎政利さんと入荷情報

今週の岩崎政利さんの野菜は、

玉ねぎ(玉ねぎのみF1品種)、5寸人参、じゃが芋、冬瓜、縮緬南瓜、バターナッツ南瓜、モーウィ、人参葉、ツルムラサキ。

いよいよ端境期真っ盛りといった感がありますね。

只今、いろいろな品種の南瓜が揃っています。完熟して美味しくなっている南瓜ばかりです。
今日は、鶴首南瓜も「どんな食べ方をしても美味しい」といっていただけました。

モーウィ沖縄の赤毛瓜です。岩崎さんがこのきゅうりを大事に育てていらっしゃることがようやく本当にわかってきました。生命力が強くて栽培収穫に向く、という点だけでなく、
本当に美味しい在来のきゅうりだからです。
 何度もブログで煮ると美味しいと書いてきましたが、生で美味しい!厚くても薄くても。
見た目も気品を感じます。薄く切って、それからはお好きなように。ちょっといい器に盛れば高級レストランの一品のようです。

2015年にモーウィについてこんなブログを書いていました。
http://blog.sizenmura.jp/article/165711531.html
あれからもう2年も経っている。その間の私の怠惰を思う。もう一度改めてモーウィを伝えていこう。


池松さんは、
北海道南瓜、島オクラ、三尺ささげ、紫ささげ、つるむらさき、万願寺唐辛子、博多長茄子、新長崎長茄子

メール池松さんのコメント「朝の味噌汁に子の茄子が入っていると、適当に食べていても、「おっ、新長崎やね。」と気付きます。この茄子は秋茄子が一番美味しい気がします。」


ちょっと冷えてきましたね。
虫の音も賑やかです。
ご来店お待ちしています。
そうだ、
土曜日に鮮さんまが入荷します。雨模様ですので売れ行きが気になってます。予約ご注文、よろしくお願いしますね。
先週買われた方のリピート高いです。美味しさ間違いなしの味ですのよ〜

posted by 自然村 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

お月見

昨夜の十五夜 お月見なさいましたか?

ベランダにすすきを飾って空を見上げました。
墨色の雲に隠れることもありましたが、雲が動いて月が輝いて現れるのをいまかいまかと待つのもいとおかし。
雲から現れる月がぐいぐい動いていく様に見えていとおかし。

やがて雲が切れて空高く清く輝いていました。

田村を一献・・って、 眺める前に飲んでましたわーい(嬉しい顔)

11月1日は十三夜満月 栗名月 片見月にならないようにお忘れなく。

この時期、モンブランを食べたくなりますね〜。栗ご飯はもう食べました。
栗ご飯にするか、甘露煮にするか、モンブランにしようか、考えながら栗の皮を剥いています。
山形の栗を剥きながら「いい栗だ」って思いました。DSC06323.JPG
posted by 自然村 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2017年10月04日

暖かい

気温が少し下がってきたからか、レッグウォーマーのご注文があったり、日の出織物のシルク腹巻のお買い上げがあったりします。

昨日、箱が届きました。今日、開けました。

暖かい空気がふわっと立ち上がって頬を撫でた気がしました。

PUENTEさんのアルパカの手編み手織りの数々。ペルーは手紡ぎ、ボリビアは機械紡ぎですがどちらも手織り手編みです。
セーターDSC06334.JPG
ショール・マフラーDSC06335.JPG
アームカバーや手袋DSC06338.JPG
子どもの耳当て帽子DSC06336.JPG
そして、大人にも大人気の指人形ハートたち(複数ハート)
棒針でどうやって編むんだろう!感嘆!DSC06337.JPG
思わず微笑んでしまうこと間違いなし。ハートたち(複数ハート)と思います。

全て作り手など詳しく分かるものばかりの1点ものです。

これは是非、ご来店いただいて実際に見ていただきたいですね。

十五夜

昨夜も雲に見え隠れしながら美しい月を拝めました。
「月が見えるよ」と言ったら、「明日だよ」という返事に私の感性はガックっとし、娘に「綺麗に月が見えるよ」と言ったらこれまた「明日だよ」と言われ、父娘似てる〜と笑っちゃいました。

秋になって澄んで見える月は昨日でも綺麗なんですが、満月やはり十五夜 お月見は心待ちにして特別なんでしょうね。わーい(嬉しい顔)

お客様からお庭のすすきをいただきました。DSC06339.JPG
お庭をすすき野みたいにしているそうです。風がさわさわと吹き渡る風情と音が好きなんですって。

白玉だんご粉と里芋を買いにいらした若いお母さんがいました。
子どもの頃に親にしてもらった季節の行事は大人になっても忘れられないものです。

今夜はベランダでお酒を飲もうね。大人のお月見。


posted by 自然村 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2017年10月03日

秋の味覚

秋の味覚

極早生温州みかん(香川・自然農法)、紀ノ川柿(許容1・化学肥料不使用)DSC06332.JPG

熊本の無農薬栗も届きました。

林檎屋さんの紅玉DSC06326.JPG
食べれば口の中が甘酸っぱい香りと味でいっぱいに。思わず懐かしい林檎と心で叫んでしまった。

今年の栽培履歴は
           DSC06327.JPG
 農薬を限りなく減らし、化学肥料に頼らないという事は、食べるあなたに安全というだけでなく、もっと大きな視点でいうと、大量の農薬や化学肥料を環境中に播かれなかったということ。環境への負担を減らしているという事です。消費者のそれを選び購入するという行為は間接的に環境への負担を減らす一助になっていることになりますね。「買う・食べる」という個人的な行為が広い世界に繋がっていると思うと楽しくなりませんか?

こういう栽培なので、病害虫の影響が林檎に現れていることがあります。DSC06329.JPG
これはカイガラムシの跡かな?DSC06330.JPG
これは黒点病のの跡かな?DSC06331.JPG
って、図解と比べてみるのは面白いですよ〜わーい(嬉しい顔)るんるん

よく洗って皮ごと食べられる紅玉です。
柔らかくなったのはコンポートにしてください。

posted by 自然村 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2017年10月02日

 甚五右衛門芋と入荷情報

10月4日は十五夜(中秋の名月)です。
芋名月です。
「芋」は「里芋」
里芋と言えば!
今年も始まりました。
山形県真室川在来 室町時代から守られてきた佐藤家一子相伝の里芋
甚五右衛門芋です。DSC06324.JPG
茹でたのを両手で端っこを持ってちぎると糸を引くほどの粘りがあります。きめ細かで柔らかく煮え、もちっとしています。
細長い形と、緑があるのが特徴です。
是非一度は甚五右衛門芋をお召し上がりください。
農薬・化学肥料を使用していません。

一緒に栗を送っていただきました。無農薬の栗です。DSC06323.JPG

青森の魔法の庭さんからシュガープルーンが届きました。完全無肥料・無農薬です。

澤登さんの完全無農薬無化学肥料 葡萄 
小公子・オリンピア・ブラックオリンピア・サフォークレッド・ピアレスが入荷しました。

福島県須賀川の箭内ご夫妻です。DSC05241.JPG
今年の3月19日に訪問した時のかおり梨の畑です。DSC05259.JPG
かおり梨です。DSC06325.JPG
瑞々しくて甘さたっぷりの果汁で大きくて食べ応えあります。
箭内さんの「かおり梨」が新聞に掲載されています。拡大して読んでくださいね。DSC05235.JPGDSC05236.JPG

今週土曜日10月7日に最終のさんまが入荷します。
店で1尾¥330で販売します。予約を承っています。
先週土曜日に届いたさんま、塩焼きにして食べました。脂も適度に乗ってとてもとても美味しかったるんるん
さんまの肝、美味しいね!お酒に合うよね。るんるん
さんまの肝、今まで気づかずにいたけど鰓のすぐそばにコロンとあります。食べて美味しいかったよ。
(水揚げの状況で入荷しないこともあります。あらかじめご了承ください。)


posted by 自然村 at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2017年10月01日

雑穀畑

9月24日はミレット藤野の収穫の日でしたが、自己都合により参加できませんでした。
スタッフの方に写真を送っていただきました。

台風18号の被害はここにもありました。たかきび台風の被害にあいスカスカになった.JPG
高きびは強風に煽られてバキバキに折れてスカスカになってしまいました。

アマランサスは大丈夫そうだ。アマランサス.JPG

網掛けしたあわのうるちです。あわのうるち網掛け.JPG

網掛けしたむこだまし(もちあわ)もムコダマシ.JPG
うるちきびも被害にあったきび.JPG
スズメの餌場 楽園になってしまって食べられてしまったそうです。たらーっ(汗)
特残滅したのはきびです。一番美味しいのだそうです。

網掛けしておいても網の穴から入って網の穴から出ていくそうです。1.5cmの網目のにすればよかったけど値段が高いので2cmの網目にしたのが悔やまれます。でも、たった2cm四方の隙間ですよ〜。飛んで入って飛んででるんですよ〜。人がいても全然平気で出入りするそうです。
他に雑穀を作る人たちがいなくなって集中して食べに来るんですって。
雑穀を栽培する人にとっては鳥に食べられてしまうというのは大問題なんですが
スズメたちの 食べること生きること への生命のエネルギーの爆発のように感じて感動してしまった。

収穫した雑穀です。手前からたかきび・うるちあわ・むこだまし(もちあわ).JPG
手前からたかきび・うるちあわ・むこだまし(もちあわ)
「雑穀の葉茎を使って穂を結んでいく中川さんの手わざに感銘を受けた」と参加者の方がFBに書いていらした。是非ともこの目で拝見したいものです。

次回は10月15日、調整に参加する予定です。
興味のある方はミレット藤野さんにお問い合わせください。
posted by 自然村 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)