2017年11月21日

落葉

ある小春日和の日、用事があって石神井川沿いから武蔵関公園に入り左手の道を抜けていった。
ボート乗り場の明るさはあるのだけど、その先はなんとなく静まり返った少し暗さを感じる池の風景。
すぐそばに住まうお客さんが、「ブローニュの森って呼んでるのよ」って笑って教えてくれた。
住宅に囲まれた公園なんだけど、森の中の湖沼のような雰囲気といったら大袈裟かな?

自転車を走らせて早稲田グランド側の出入り口辺りに大イチョウDSC06645.JPG
一面に敷き詰めた落葉
イチョウの黄金色に紅葉の紅が混じっている。日に照らされて荘厳な雰囲気だ。

日曜日、山梨県上野原市西原のびりゅう館に行きました。
大変美味しい蕎麦と雑穀料理のお昼ご飯をいただきました。
その傍に水車があります。残念ながら水路が壊れていて水車を動かすことはできませんでしたが、
水車小屋の傍の傾斜地に紅葉の落ち葉が重なり合い積み重なっていました。
朽葉色と紅色の葉が絶妙の配色で一面に。

鮮やかな紅葉も好きだけど、落葉が好き。
ふんわりと紅葉の落葉を踏みながらある考えがすっとおりてきました。

自らを土に帰してその力で新しい息吹をふきだし、また土に帰っていく、その命の循環の中に今立っているんだなって。

そんなことを考えたのは多分、DSC06642.JPG
西原で雑穀の日を過ごしたからだと思います。


posted by 自然村 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

一気に冬になりました。

それで、今日は、珈琲でなく
葛湯を食後にDSC06653.JPG

葛湯は数々メーカーあれど、DSC06654.JPG
康八堂さんのは澱粉なしの本葛100%。
そして、甘みが柔らかくて甘すぎないんです。
そこが気に入っています。
手軽に飲むことのできる葛湯です。

長年飲んで来て、やっと知ったんです!くず粉を湯のみに入れたら一気に熱湯をじゃっと注がないで、
少し入れてよく溶いてから熱湯を足すと玉にならないってね手(チョキ)
やっと今になってです。笑っちゃいますわーい(嬉しい顔)

汁物やお出汁たっぷりの煮物のトロミも片栗粉もよいですが、
寒い冬は本葛どきにすると温まりますね。
オーサワジャパンの寒晒し吉野本葛を販売しています。