2017年12月15日

深谷もやし

お客様が深谷もやしのレシピを紹介してくださいました。

こんにちは。
飯塚さんの深谷もやしを使った料理の写真をお送りします。
「飯塚さんのもやし de パスタ風」
柴田さん、深谷もやしでパスタ風.jpg
飯塚さんの深谷もやしは、ボリュームがあって歯ごたえがあります。
たっぷりのもやしをパスタ風にしてみました。
作り方は10分以内で出来るくらい簡単です。
・もやしを無水鍋で軽く蒸すようにして火を通して水けをきる
・豚肉を茹でてもやしの上にのせる
・大根おろし、万能ねぎをちらしてポン酢をかけて出来あがり!

満足感があってヘルシーなのが嬉しいポイントです。


飯塚商店の深谷もやしは毎週水曜日の入荷です。今週はまだ3袋残っています。消費期限は土曜日までに印字されていますが、十分、来週水曜日にだって美味しくシャキシャキに食べられるくらいの、今までのもやしの概念がひっくり返ること請け合いです。お試しください。

入荷情報

岩崎政利さんの雲仙たねの自然農園からの野菜は、DSC06827.JPG
玉ねぎ(のみF1)、じゃが芋、黒田5寸人参、パクチー、中葉春菊が下に隠れています。
花芯白菜、赤水菜、山東菜、長崎赤かぶ、赤紫さつま芋
赤色の色素が特徴の冬野菜が揃ってきました。
寒さに負けない抗酸化力をいただきます。

見るからに美味しそうでしょ。ハートたち(複数ハート)DSC06828.JPG
かぶの菜なのに柔らかい葉と緑色にハコベを連想してしまいました。そうしたら、かぶ菜の中にハコベが混じっていました。ハートたち(複数ハート)雲仙の畑に降り注ぐ陽光を感じます。お買い求めくださってハコベが入っていたら、一緒に茹でて召し上がったらどうでしょう。

池松さんからは、
小田部大根、晩成千筋京水菜、日本ほうれん草、博多金時人参、大浦牛蒡、おたふく春菊

博多金時人参は先週までよりも色が良く形もすらっとなってきました。
きんぴらにしても、なますにしても、汁や煮物にしても色彩が美しく、独特の美味しさがあります。

おたふく春菊を今週もいただけてよかった。DSC06830.JPG
しめ縄作りの会の味噌汁には、大きめに切ったおたふく春菊を最後にさっと入れ、軽く火が入った状態で召し上がっていただきました。香りと風味が生きます。

大浦牛蒡。DSC06829.JPG
まだあまり大きくはありません。風味がよく、柔らかに火が通ります。この大浦牛蒡はもう予約で完売しています。年末、ご希望の方は声を掛けてください。

熊本の加藤さんから今年初のみかんが届きました。DSC06823.JPGDSC06824.JPG
完全無農薬・肥料分は、下草の刈草と剪定した枝を蜜柑の木の周りに栄養となると考えて置いています。
写真の色は全く違います。もうやだ〜(悲しい顔)
お日様の陽光をぎゅっと集めた深い濃いオレンジ色。私は加藤さんの蜜柑以外にこんなに美しい蜜柑色を知りません。

想いやり生乳の美味しさは格別です。カフェオレやチャイにするとよーくわかると家族は言います。ハートたち(複数ハート)
年内は12月29日入荷が最後です。ご希望の方は12月23日までに予約してください。

ポラン広場からも熊本の有機ミニトマトや有機ゆり根、有機牛蒡、木頭村の柚子はじめ大豆工房みやの豆腐類、ポラーノの鶏肉(冷凍)など美味しいものが届いています。
山梨県明野村・清水浩二さんの切干大根が今年も入荷しました。固定種の白首大根を農薬も化学肥料も使用せず栽培して、寒風に晒して切干にしました。昨年も大好評でした。
             DSC06832.JPG

自家採種・無肥料・無農薬の晩成丹波黒豆は残り僅かになってきました。DSC06834.JPG
一袋200g入りで販売しています。

岩崎さんの雲仙たねの自然農園からの直送野菜セット、12月20日発送分の申し込みは12月17日までにお願いします。http://blog.sizenmura.jp/article/181832438.html
posted by 自然村 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報