2018年01月31日

深谷もやしレシピ

毎週水曜日は深谷もやしの入荷日です。
早速、ご来店、お買い上げのお客さんからいただきました。


こんにちは。
飯塚さんの深谷もやしを使った料理第二弾の写真をお送りします。
 「飯塚さんのもやし de キムチ鍋」
深谷もやしキムチ鍋.jpg
飯塚さんの深谷もやし一袋で2〜3人分になります。
 作り方をご紹介します。
 キムチの素がなければキムチ200グラム位でもOKです。
1.フライパンにごま油を熱し、にんにく、豚バラをよく炒め、脂が出てきたらしいたけとねぎを加えてくったりするまで炒めて塩コショウする。
2.土鍋にもやし入れて炒めた1を加え、水と鶏ガラスープの素を入れて、オイスターソース、しょうゆ、キムチの素を入れてぐつぐつ煮る。
3.仕上げにねぎの青い部分をちらして出来あがり!

お餅やうどん、ご飯を入れておじやにしても美味しいです。
飯塚さんのもやしのボリュームを活かしたなべを考えました。


Sさん、いつもありがとう!!
寒い日にピッタリ!のお鍋ですね

めちゃめちゃいいです

先日も紹介しましたが、
めちゃくちゃいいです!
毎晩お世話になってます。
ホッカホカのお布団で毎晩幸せに寝ています。
DSC00403.JPG
DSC00374.JPG
陶器製ももちろんいいですが、陶器製に比べて軽いし、割れないし、湯量も少ないし、取扱しやすい。¥13500
満タンにお湯を入れておけば朝もポカポカ。

入荷情報

欲しい方はお早目のご購入をお勧めします。早くなくなりそうな気配です。
アサクラオイル220g¥3417入荷しました!

毎週水曜日は飯塚商店深谷もやし400g¥310の入荷日です!
シャキシャキるんるん
こんなに生命力あるもやしはありませんよパンチ
ノンエチレンパンチ  

飯田さんから、里芋土垂と僅かですが大野里芋、宇奈根ねぎと故大平さんから譲られた種の牛角ねぎ、とても良い状態の八つ頭が届いています。 

橋本農園さんからは、石倉一本葱、里芋土垂、黒田5寸人参

ポラン広場からは、愛知県渥美半島天恵グループのセロリ、キャベツ、カリフラワー、ブロッコリーるんるんとっても美味しいるんるん
有機小松菜も豊富に。沖縄のきゅうり、有機ミニトマト、ピーマンなどもあります。
大豆工房みやさんのお豆腐類はじめ冷凍肉、魚など。
飯塚さんの有機牛蒡や無農薬きのこ 、静岡県マザーアースクラブの菜花などもお勧めですよ。 

島根県、岡富商店さんの一夜干しも人気です。

梅便りはもうすぐかな、近所の梅は蕾がまだ硬い。それでも、うぐいす餅が始まりましたよ。無添加有機の和菓子屋はら山のうぐいす餅です。(冷凍)

明日は、宮城県唐桑半島より、畠山政則さんの生牡蠣が届きます。
今回は生食できます。300g¥1460  
  

では、ご注文、ご来店をお待ち申し上げます。
posted by 自然村 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

冬野菜の多様性!

2月4日 たね語り 岩崎政利さんと上野長一さんの対談の会

会場に20品種を超える冬野菜が一堂に並びます。
かぶ・大根、つけ菜の多様性をご覧いただきますね!
岩崎政利さんの畑の多様性を直に感じていただけるとおもいます!

ご参加の皆さん、お楽しみに!

驚きのプレゼントも!


posted by 自然村 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2018年01月30日

たね語り 岩崎政利さんと上野長一さんの対談の会

2月4日の対談の会のご案内が、今までのブログ記事ではよく分からない内容だったと思います。
改めてご案内します。

小さいお子さん連れでないと・もし飽いてしまったら・・とお考えの場合は、楽屋を用意してありますので、途中から別室でお聞きいただくこともできます。

会場では、冬野菜の多様性を見ていただけるたねの野菜の展示を、稲の多様性を見ていただける展示を準備しています。

たね採り農家
「岩崎政利さんと上野長一さんの対談」

日時:2月4日(日)10:00〜13:00(9:30受付開始)
        会費:事前お申し込み 3,500円 
当日ご参加   4,000円
  会場:スタジオワイズ(武蔵関駅南口徒歩1分)

岩崎政利さんは長崎県雲仙市で、長年有機農業で自家採種の在来野菜50種類以上を育てられています。上野長一さんは栃木県上河内郡で現在580種のお米のたね採りを続ける米と麦の農家です。
以前から、おふたりのお話を一緒にお聞きできたらいいなと思っていました。岩崎さんの野菜や上野さんのお米、固定種の野菜を食べてくださっている方、在来種・固定種の野菜やお米に興味のある方々、ぜひご参加ください。
岩崎 政利さん DSC01573.JPG 
体を壊したことをきっかけに昭和55年より有機農業に転換、野菜の自家採種を始める。在来種・固定種を守る活動をされています。日本有機農業研究会の幹事。スローフード長崎の会長。                            
上野 長一さんDSC06112.JPG
農薬・化学肥料を使用しないで、米と麦を作り、現在580種類のお米のたね採りを続けられています。
小麦やライ麦はルヴァンさんなどのパン屋さんで使われています。
                            
岩崎さんや上野さんの仕事は、効率化や大型化を指向する現代の農業と違い、大変手間暇のかかる農業です。なぜ敢えてそのような仕事をされるのでしょうか。また、おふたりのお話をお聞きしたりお便りを読んでいると、長年たね採りをしている人にしかわからない世界があることを教えられます。そのような世界を、たねにご関心のある方々と分かち合いたいのです。

「岩崎さんが五寸人参から教わったこと」(スローフードの大会でのスピーチから)
 「私のたねから育てる野菜作りは、この五寸人参から始まりました。自らの畑の中に育っている人参を収穫するたびに、色がきれいなスラリとした特別に美しい人参だけを選んで、その人参からたねを採り続けてきました。世界のどこにもない、私だけのすばらしい人参にしたいと思っていました。毎年、毎年、選抜の中で、これでもかと、すばらしい姿の人参だけを選び抜いてその人参から、たねを採り、そのたねで人参を育てていきました。ところが10年過ぎても、自分の思いとは反対に、人参の生命力は弱くなり、最後にはたねが年々と少なくなって採れなくなってきました。私はこの人参から、たねとは、多様性の中に守られていることを知ったのです。野菜たちの世界も人間の世界とまったく同じであることを知ったのです。私は、美しいものばかりに目がくらんで、美しい、女性的人参ばかりから種を採り続けようとしていたものだと思ったものです。生命豊かな男性的人参を無視してしまっていたのです。見栄えの悪い太い人参にも、細い人参にも、それぞれに大切な役目があったのです。野菜たちの世界も、人間社会と同じように野菜たちを見ていく、考えていいことを知らされました。」
 多様性の大切さが実感できるお話です。多様性を保つことは、力強い命を未来に継承していくために欠かせないことなのでしょう。岩崎さんや上野さんがされていることは、命を大事にしている農業だと思います。

申込方法
@店頭で直接お申し込み
ATEL : 03−5927−7787    
BFAX : 03−5927−7880 
Cメール: shop@sizenmura.jp      
にてお名前・住所・電話番号を明記の上、下記の口座に参加費3500円をお振込みください。振込手数料はご負担ください。入金をもって受付の完了になります。
*ご入金後のキャンセルはできません。ご本人が参加できなくなった場合、代理参加はできます。
   郵便口座名義「自然村有限会社」
   番号 00140−7−591803

(参加費は事前のご入金をお願いします。)

会場住所
練馬区関町北2-26-17
スタジオワイズ  地下1階アクセスhttp://studio-ys.jp/access.html
最寄り駅
西武新宿線 武蔵関駅 
南口から徒歩1分
電車:高田馬場駅から準急で14分
高田馬場駅から急行の場合は一つ手前の駅上石神井駅で普通電車乗り換えが便利です。
 
posted by 自然村 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2018年01月29日

岩崎政利さん 雲仙たねの自然農園からの直送野菜セット

岩崎政利さんの雲仙たねの自然農園から直送野菜セットのお申し込みが増えています。

自然村には毎週金曜日朝、店に並びます。
遠方で買いに来られない方は直送セットをご案内しています。
ご希望の方は、下記の説明をお読みになってお申し込みください。
2月7日発送分をご希望の場合は、2月3日までにFAX,メール、ご来店でお申し込みください。

みかん箱ほどの大きさにぎっしりと約10品種の野菜が入ります。玉ねぎのみF1品種、それ以外は岩崎さんが種を採り続けてきた在来の野菜です。
価格
➀隔週のご購入の場合は1セット¥4720(税込み)
➁スポット又は月1回のご購入の場合は¥4960(税込み)
*上記の価格は東京周辺までの価格です。地域によっては運賃が加算されます。

お届け日
水曜日、雲仙から発送⇒東海以西は翌日着。東京は運送状況にもよりますが、翌日夕方に届きます。

申込方法
FAX,又はメールshop@sizenmura.jpへお名前・住所・電話番号(必須)を明記してお申し込みください。

お支払い方法
初回は先払いになります。お申し込み後、口座番号をお知らせします。
定期購入の場合は、野菜到着後、1週間以内にお振込みをお願いします。

お問合せ、ご注文をお待ち申し上げます。

いつも岩崎さんの野菜はじめとして、当店をご利用くださっているお客様からメールをいただきました。
 おはようございます。
週末は、発送いただきありがとうございました!
岩崎さんのブロッコリー・パプア・ニューギニアのエビでケチャップ(甘味は高木さんの甘酒で)エビチリにしたり、
岩崎さんのキャベツ・島根のさつま揚げ・きのこ・アサクラさんパスタ・高木さんの塩麹で和風パスタにしたり、
みやさんのお揚げで作るいつものひじきの人参を、池松さんの金時人参にしたら、なんか美味しいと家族に好評だったり、
岩崎さんのしゃくしなを茹でて、根元の所をいつも食べちゃうのですが、そこが1番美味しいかも?とにやけたり
楽しいご飯をいただいています♪
振込済みです。
日曜日の岩崎さん、すっごく楽しみです

日曜日というのは、2月4日の岩崎さんと上野さんの対談の会のことです!
みなさんも日程が合えば、是非に!!るんるんみなさんの参加申し込みを!
posted by 自然村 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

寒餅とアサクラオイル

一年に一度しか作りません。
一年で一番おいしい加藤農園の寒餅
本日、届きました。
発芽玄米のパイオニアらしい発芽玄米の餅です。DSC06938.JPGDSC06939.JPG
予約のみなさま、仕分けが終わりました。ご来店お待ちしています。
発送のみなさま、お送りしますね。
予約以外に店売りが若干あります。
胡桃入りとアーモンド入りの2種です。各950円
やっぱりほしくなった方、お早めにどうぞ。ダッシュ(走り出すさま)
加藤農園なまこ餅のこだわりは、
 この「なまこ餅」の原材料のもち米は、清らかな山の水と綺麗な空気、さらに「合鴨農法」で育った厳選されたもち米で、それをまず発芽させます。
 次に「発芽玄米もち米」を、檜のセイロで蒸し、役割の違う2種類の臼で丁寧に搗きます。
 またこの時、「手水」を一切使わないので、
餅の味が薄まることなく 餅本来の味を味わうことができます。
 さらに、当社開発の「深層海塩ハイソルト」を加え もち米の甘みを最大限に引き出しています。
最後に、黒豆、アーモンドなどを混ぜています。
 大量生産では決してだすことのできないコシと味を実現しました。
 このようなこだわりがいっぱい詰まった加藤農園のお餅を是非ご賞味ください。

それから、
水曜日に、新物アサクラオイルが入荷します。限定数。すでにアサクラさんの所では完売しているオリーブオイルです。
今年のアサクラオイルについては、アサクラブログをご覧ください。
https://orcio.blog.fc2.com/blog-entry-542.html
どんな風味のオイルになっているか、お楽しみですね。
1本¥3417(税抜き)。お取り置きもいたしますので早めに声をかけてください。
posted by 自然村 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

春みかん

お日様の光を集めたような春みかんです。

和歌山 三尾農園さんのぽんかんるんるんDSC06936.JPG
キュッとしまった果肉。甘さと酸味のバランス抜群!無肥料無農薬栽培です。
今年は少産ですので今回の入荷のみになりそうです。

熊本の肥後あゆみの会の有機はるか。林檎のように皮を剥いて、果肉をカットし、白いわたも一緒に食べられます。柔らかいゼリーのような果肉。柔らかな甘みが爽やかです。

2018年01月28日

節分

2月4日は立春 旧暦でいうと新年にあたります。

節分蕎麦に鴨汁蕎麦をご用意しました。新しい年の始まり「立春」の前日に食べる年越し蕎麦として。

暮れの年越し蕎麦で召し上がったお客様が「美味しっかった」とわざわざ声を掛けてくださる
鴨汁蕎麦です。DSC06927.JPGDSC06928.JPG
北海道産十割蕎麦と八甲鴨汁のセット2人前¥1480(冷凍)

節分の豆撒きは子供心に楽しい夜でした。普段はいつもいつもわいわい明るい家庭ということもない家族でしたが、豆撒きの時は、子どもも大人も煎り豆を掌一杯に握って大きな声でうちの外、家じゅうを走り回って豆撒きをしました。
みんな明るい明るい笑顔。拾った豆を歳の数数えながら食べるのも楽しかった。
立春の朝、庭に散らばる煎り豆、随分経ってから、部屋の隅に見つかる煎り豆。
煎り豆を砂糖で固めたおやつも作ってくれました。

新潟県津南の無農薬・無化学肥料栽培のさといらずの煎り豆¥230と
棚宗サラダ園の無農薬無肥料栽培の煎り落花生¥500DSC06926.JPG
棚宗さんの煎り落花生は再入荷しましたが、これが最終入荷になります。

そして、2月4日というと、
岩崎政利さんと上野長一さんの対談の会の日です。
http://blog.sizenmura.jp/article/182161871.html
対談の会を参加してくださるみなさんと岩崎さん、上野さんにとって意味のある会にするために、内容を練り、準備をしています。
まだ席があります。参加申し込みをお待ちしています。
「立春」旧暦でいう新しい年の始まり日に私たちの心に種を播くような会にしたいと思います。
一粒でも多くのたねが播かれますように、あなたの参加をお待ちしています。



posted by 自然村 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2018年01月26日

今週の岩崎さんと池松さんの そしてr、

今週の池松さんの固定種・自家採種の野菜は、
聖護院かぶ、大浦太牛蒡、阿波晩生大根、博多金時人参、のらぼう菜、赤リアスからし菜、博多白菜(小)、晩生千筋京水菜

雲仙たねの自然農園 岩崎政利さんのたね採り野菜は、
玉ねぎ、じゃが芋(西豊)、黒田5寸人参、長崎赤かぶ、白菜、山東菜、島大根、源助大根、水菜、しゃくし菜、九条太ねぎ、ブロッコリー、春菊、花芯白菜

杓子菜、花芯白菜はご家庭の冷蔵庫には収まりきらない長さ大きさです。わーい(嬉しい顔)
極寒の気温なので冷蔵庫に入れなくて大丈夫ですね。

静岡県登呂遺跡の近くにある芹沢圭介美術館でしゃくし菜の紅型染めを見たことがあります。
杓子菜、白く長い茎と淡い緑の杓文字のような形の葉の青菜です。
茹でると、真っ白な茎が翡翠に変わります。まな板の上で徐々に薄い緑色が現れてくるんです。
岩崎さんの野菜は、生のそのままの姿とは、洗う途中洗ってから、火を通してからと表情が変わってくるんですよ。
台所は都会にいても自然の輝きを感じられる場所です。

池松さんの阿波晩生大根も長く長くて、成程、たくあん漬けに向いた大根です。
煮てもおろしてもサラダでも大根らしい風味の大根です。
白首なので畑ではすっぽり土の中にあるはずです。よくもこれだけ長く土の中を成長するものです。
抜くのはどうやって抜くのかな〜?

ポラン広場からは天恵グループのセロリ(抜群の味風味)、キャベツ、カリフラワー、沖縄のピーマン、きゅうり、いんげん、熊本の白菜などが入荷しています。

孫に食べさせられる以後崎さんの苺¥820も入荷しました。お勧めします。

池松さんの聖護院大根や岩崎さんの源助と一緒におでんはいかが。
南伊豆いちうろこのおでん種セットも多めに入荷。ポラーノの鶏つくね団子もお勧めです。

高木糀商店の生甘酒、生米糀、生塩糀も入荷しました。

唐桑半島の鈴木信一朗さんの加熱用生牡蠣300g¥1460は賞味期限1月29日です。

深谷もやしもたくさんあります。とってもおいしい もやしです。ノンエチレンですよ!

2月4日(日)岩崎さんと上野さんの対談の会への参加申し込みも是非!


posted by 自然村 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2018年01月25日

公園

今朝は武蔵関公園を通って店に来ました。

蠟梅があるというのですが、私の通ったところでは見つけられませんでした。
場所を聞いて来よう。

池が凍っています。

大人の男性が雪を丸めて腕を振って池に投げていました。
落ちた雪つぶては氷を滑って止まります。
楽しそうな顔。

見れば氷上のあちこちに雪つぶてがありました。
遠くに飛んで滑っていく距離を競う遊び
初めて知った楽しい朝でした。
posted by 自然村 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2018年01月24日

入荷情報

メール13時49分に届いたメール
自然村様
こんにちは。
雪今日はめちゃくちゃ寒かったです。
ようやく荷造りに目途がついて今から昼ごはんです。

福岡県の池松さんからです。雪がちらついているけど大したことないそうでしたが・・
すみませ〜んふらふら私店内でヒーターに当たりながらも寒くて固まってました。
大浦太牛蒡やのらぼう菜、博多唐人菜、金時人参、阿波晩生大根などが届く予定です。

大雪の影響で荷の到着が遅れて欠品もでていますが、店内は野菜も割と豊富にあります。
ポラン広場からは天恵グループのキャベツ、カリフラワー、鹿児島有機の菜花、沖縄のきゅうり、いんげん、ピーマンも。
飯田さんの里芋、宇奈根ねぎ、
大中寺芋
橋本農園さんの黒田5寸人参、石倉1本葱、大蔵大根の半分にカットしたもの(上部が凍みたので切り落としてあります。)

岩崎さんにも葉物を多めにお願いしてあるのです。

大好評の島根県岡富商店の一夜干しもたくさん入荷しました。DSC06896.JPGDSC06897.JPGDSC06898.JPGDSC06899.JPGDSC06900.JPGDSC06901.JPGDSC06902.JPG
甘鯛もございます。

高木糀商店さんの生甘酒、生米糀、生塩糀も届きました。

飯塚商店の深谷もやし400g¥310も届きました。
かもめ屋のオイル漬けツナ缶と茹でた深谷もやしを和えるだけで美味しいよるんるん

日東白だしを調味料に使っているポラーノの鶏つくね団子(冷凍)良いお味で便利です。DSC06400.JPG

明日は唐桑半島 鈴木信一朗さんの生牡蠣300g¥1460が届きます。
延着しないで来るといいな〜

どうです。いっぱいの商品でしょ。わーい(嬉しい顔)

後はお客さんが来ればいいだけです。ハートたち(複数ハート)
しかし、くれぐれも足元には気をつけてお越しくださいね。
ご近所のご年配の方は遠慮なく配達の電話を掛けてくださいね。電話
posted by 自然村 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2018年01月23日

2月4日 たね語り 対談の会

岩崎さんと上野さんが初めて会ったのは2014年3月
その時に初めてふたりは出会ったのだけど、

おふたりはまだ知らないでいるのだけど
もうすでにふたりは顔は合わせなくとも出会っていたのだ。

2010年名古屋で
http://blog.sizenmura.jp/article/41655873.html

1歳違いの同じ時代を百姓として生きてきた、
稲を愛しむ米農家と、種を愛しいという野菜農家
種に出会うまでの生き方と農、出会ってからの生き方と農、
長年たねを採り続け守り続けてきたふたりの語らいを
参加してくださる皆さんと共有したいと願っています。

2月4日(日)たね語り 対談の会
http://blog.sizenmura.jp/article/182161871.html
posted by 自然村 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

自分バレンタイン

青砥酒造(島根)の木槽しぼり酒粕(無農薬米使用)とポラン広場のチョコレートのコラボから生まれた
酒蔵が手作りしたチョコレートをあなたへの贈り物にハートたち(複数ハート)
            DSC04930.JPG
芳醇な酒の香り、上品な大人のチョコレートを味わって、DSC04932.JPG

あの人にあげたいチョコレートプレゼントと思ったら、
もう一度、お求めください。

大人の時間のチョコレートです。

予約をお受けしています。
70g¥1000(税抜き)冷蔵扱い。
*ご注文から約1週間でお渡しです。
2月14日バレンタインデーに間に合うには、2月9日(金)午前中までに予約してください。

木槽しぼり酒粕チョコレート誕生秘話と美味しさの秘密

 酒粕をデザート感覚で食べたら最高においしい!とのアイディアから永島さん(従業員)は酒粕入りチョコレートの開発をスタートしました。「うまく出来る日、まったく出来ない日などあり、温度や酒粕の状態など見極めるのに苦労しました。」
最初はクーベルチュールのチョコレートを使用。フランス産やシンガポールなど酒粕に合うチョコレートを探し、その中でもより良いと思われるチョコレートを使用していました。
しかし、ポラーノミルクチョコレートは「まったく比にならない位おいしく」試してみると「酒粕を合わせてもとてもなめらかでおいしくしてくれます」
製造を手作業にて行っているため、」気温や湿度によっては納得のいく商品が出来ない日もありました。しかし、現在では酒粕と馴染みがよいポラーノミルクチョコレートにある程度ゆだねることで、なめらかで、上品な甘さの酒粕入りチョコレートに仕上がるようになりました。

もうひとつ、特別なチョコレートたち。
こちらも予約でご用意します。DSC06916.JPG

2018年01月22日

高木糀商店 

雪が降って道路に薄く積もり始めました。
足元に気を付けてくださいね。

雪が積もると畑で収穫できないので、今日中に収穫して、橋本農園さんの野菜は
明日入荷します。

島根県岡富商店さんの一夜干しの魚も明日午後入荷予定です。

今週木曜日に金沢 高木糀商店さんの生甘酒、生塩糀、生米糀300gが入荷予定です。
糀など欲しい方は、今日中にメール又は電話でご注文下さい。

2018年01月20日

寒さに負けないで

今年の寒さは厳しいですね。来週月曜日は最強に寒くなりそうです。

銅製湯たんぽ 袋付き。店の棚でぴかぴかに輝いています。DSC00403.JPG
DSC00374.JPG
13500円

我が家の銅製湯たんぽは使い始めて5年目。ぴかぴかの輝きはなくなったけど、布団の中をポカポカに温めてくれる頼もしい。
夕食後のゆっくりタイムの間にお湯を沸かして湯たんぽに入れて、
布団の中に入れて置く。
ほかほかに温まっている布団にもぐるのは至福。
極楽極楽るんるん

陶器製もいいけど、銅製の良いのは割れない事。取り扱いもしやすい。

美味しくって体を温めてくれるもの。
葛湯DSC06654.JPG
水を一滴も使ってない生姜シロップDSC04649.JPG
posted by 自然村 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2018年01月19日

寒餅

一年で一度きりの製造です。
発芽玄米のパイオニア 加藤農園さんの寒餅の予約締切が
明日 1月20日(土))です!
(FAX,メールの場合は21日まで受け付けます。)
忘れていた人、明日中にご注文を!
迷っている人、食べてみなきゃ〜。
1年に一度きり。1年で一番おいしい寒餅 なまこ餅ですよ〜
詳細はhttp://blog.sizenmura.jp/article/182053388.html

寒餅の予約と一緒に、発芽玄米パンやまんじゅうの注文をする方も多いです。
その場合は、まんじゅう・パンは、毎週水曜日製造ですので、水曜日夕方に寒餅と一緒にお渡しできます。
発送の場合も水曜日発送いたします。
発芽玄米パンはhttp://hatuga.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2125311&csid=0
まんじゅうは、http://hatuga.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2125317&csid=0
もちろん、発芽玄米のご注文もどうぞ。店で常時販売しています。

ではでは、1月20日(土)の締切ですよ〜(FAX,メールの場合は21日まで受け付けます。)

落花生

待ち焦がれていた。ようやく届きました。

愛知県碧南市棚宗サラダ園さんの煎り落花生1袋¥500
早速味見しましたが、
丁度よい煎り具合で、香ばしさと落花生の甘さが抜群です。
自家採種・無肥料自然栽培の落花生です。

そして、杉山ナッツ遠州半立ち落花生ピーナッツバター
プレーンとハニーロースト、ロースト仕立てで入荷しました。

2018年01月18日

入荷情報

今週の岩崎政利さん雲仙たねの自然農園からの在来の野菜は、
玉ねぎ(のみF1)、じゃが芋(西豊)、花芯白菜、黒田5寸人参、雲仙赤紫大根、源助大根、山東菜、水菜、しゃくし菜、壬生菜

福岡県 池松さんからの自家採種・購入固定種、無肥料無農薬の野菜は、
聖護院かぶ、聖護院大根、阿波晩生大根、津田かぶ、博多金時人参、晩生千筋京水菜、後関晩生小松菜。

津田かぶは、先週よりも更に大きく立派になっています。赤紫の色も深く冴えています。
畑にある姿を写真に撮って送ってくださいました。津田カブ写真.jpg
白い部分は土の中に、赤紫は土の外に。
津田かぶは、滋賀県在来の日野菜かぶが島根に渡って土風土に合わせて姿を変えたと聞いています。
細長い日野菜かぶが勾玉の形になる。種が旅する、風土に合わせて変化する、面白いな〜。

明日は、ポラン広場からおでん材料はじめ、美味しいものたちが入荷します。
想いやり生乳 入荷
杉山ナッツピーナツバター入荷
愛知県棚宗さんの無肥料無農薬の煎り落花生が入荷する予定。
明後日土曜日は飯田さんの宇奈根ねぎ、里芋が入荷。

里芋の中の里芋、大中寺芋
深谷もやし
唐桑の生牡蠣(加熱用賞味期限1月22日)
島根沖産 不揃いの魚たちセット¥520はノドグロ、かます、レンコ鯛が入っています。しっぽが切れたり、頭が切れたのもありますが、高級ノドグロの味はどんなか、お手軽に味見できます。この機会にどうぞ。
以上、お勧めします!
posted by 自然村 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

出会っていた

上野長一さんを知って付き合いが始まったのはいつからかな〜
珈琲のろばやさんでいろいろ米を見て、販売したいね、となってそれから。
種のことを知って、種を採る農家さんを探していろいろな人を訪ねて回っている頃だったかな。

でもね、本当はもっと前にこの本の中で出会っていたんだ。DSC06911.JPG
娘がこれいい本だよと教えてくれて読んだ本。

            DSC06912.JPG
「こんなものでいい」と思って作られたものでなく、「食べる人使う人のために」丁寧に作られたものを
「あなたは大切な人」というメッセージが込められたものを販売しているんだと自分の仕事の意味を感じた本。

「甲田幹夫さんのパンづくりを訪ねる」項の中にこういう一節がありました。
            DSC06913.JPG
「ルヴァンのパンは様々な生産者に支えられている。収量が少なくお金にならない国産のライ麦を、ルヴァンのためにつくっている栃木の農家。」
当時の私はほとんど気に留めず読み過ぎていたけど、後々になって気づいた。
上野さんなんだ!と。

上野さんの冬水田んぼの白鳥を見に行った時に、益子のスターネットにいろいろ米を納品に行くというので一緒に行ったことがある。
甲田さんとの繋がりから西村さんとの繋がり、そしてスターネットの馬場浩史さんとも繋がった上野さん。

季刊「うかたま」のパン友特集の甲田さんと上野さんの会話は全く気持ちの良いものだった。>DSC04816.JPG
「人の真心を心の真ん中で受けとめ合う関係」ってこういうことだなって思いました。

そうそう、今回「自分の仕事をつくる」を読み直して、このページ。
厳しい指摘。
矛盾のない仕事って難しい・・・・・DSC06914.JPG


posted by 自然村 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)