2018年01月17日

多様性

昨晩、渋谷のデイラトキッチンで開かれた
稲葉俊郎未来会議第1回https://peatix.com/event/333483に参加しました。

幾つかの印象に残る言葉がありました。私の耳と脳の性能により誤訳がありそうですが。わーい(嬉しい顔)
その人本来の根を張って生み出されるオリジナリティ。ひとりひとりが違うジャンル分けされない
多様な人が重なり合い調和し厚みのある社会(場) 

心に浮かんだのは、昔昔、たねの森さんのお話会で聞いたエピソード。
学校に行かれないある少女が、たねの森さんの畑仕事を手伝いながら言った話。
「私はスーパーの人参は嫌い。だってみんな同じ形をしているんだもの」

そして、スローフードの大会での岩崎さんのスピーチより
五寸人参から教わったこと
「私のたねから育てている野菜作りは、この五寸人参から始まりました。自らの畑の中に育っている人参を収穫するたびに、色がきれいなスラリとした特別に美しい人参だけを選んで、その人参からたねを採り続けてきました。世界のどこにもない、私だけのすばらしい人参にしたいと思っていました。毎年、毎年、選抜の中で、これでもかと、すばらしい人参だけを選び抜いてその人参から、たねを採り、そのたねで人参を育てていきました。
ところが10年過ぎても、自分の思いとは反対に、人参の生命力は弱くなり、最後にはたねが年々と少なくなって採れなくなってきました。
私はこの人参から、たねとは、多様性の中に守られていることを知ったのです。
野菜たちの世界も人間の世界と全く同じであることを知ったのです。私は美しい物ばかりに目がくらんで、美しい、女性的人参ばかりから種を採り続けようとしたものだと思ったものです。
生命豊かな男性的人参を無視してしまっていたのです。見栄えの悪い太い人参にも、細い人参にも、それぞれに大切な役目があったのです。野菜たちの世界も、人間社会と同じように野菜たちを見ていく、考えていくことを知らされました。」
 
たねは命です。作物のたねも人の命も多様性の中で守られ豊かに未来に繋がるのですね。
http://blog.sizenmura.jp/article/182161871.html
posted by 自然村 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

入荷情報

佐久間さんから久しぶりに、本当に久しぶりに!DSC06907.JPG
銀鼠の雪柳を添えて。ありがとうございます。
寒さの中で蓄えた旨みを召し上がってください。チンゲン菜とターサイ。
佐久間さんも不耕起草生自然農でたねを採る農業をなさっています。
届く野菜は、他の人と同じ品種の野菜でも全く別物。佐久間さんのチンゲン菜、佐久間さんのターサイです。
野菜が人とその土地風土に寄り添うというのは本当にそうだと思います。

「○○さんの○○」という表示は、生産者を明らかにするというだけの価値ではないと思いますね。

売り切れていました昭和のせんべいもたくさん届きました。DSC06908.JPG

以後崎さん(茨城)の苺があります。
これは幼い孫にも食べさせられる苺です。DSC06910.JPG
今シーズンは何と2回目の入荷です。2回しか入荷してないんです・・・寒すぎて・・です。
香りも甘さもとってもよく、お勧めできます。
苗の時に防除1のみ。化学肥料不使用。
 自家採取した種を1年間育苗し、丈夫な苗を選抜して育てています。こうして育った苗は少々の天候不順や病気には負けることなくすくすくと育ち、良質な結実を呼びます。

加藤誠さんの無農薬・肥料は下草と剪定枝を寄せるのみ。のネーブルもとても美味しいです。

毎週水曜日は飯塚商店深谷もやし400G¥310の入荷日です。

お昼ご飯は深谷もやしをさっと茹でて、かもめ屋のツナ缶と和えるだけの簡単おかずでしたが、美味しかったよ〜。1袋2人でべろりです。わーい(嬉しい顔)(なんと!先週残ったもやしを使いました。深谷もやしはめちゃくちゃ強い)

明日は、唐桑半島 鈴木信一朗さんの生牡蠣が届きます。今回は加熱用です。

posted by 自然村 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

影法師

1月16日の東京新聞朝刊「3.11後を生きる」に
フォークソンググループ影法師の「花は咲けども」が紹介されていました。
           DSC06909.JPG
東京新聞を購読の方は昨日の朝刊4面を開いてみてね。
そうでない方は、写真を拡大してお読みください。
メンバーの一人、遠藤孝太郎さんは当店販売の合鴨除草さわのはなの生産者さんです。
遠藤さんのさわのはなは美味しいと人気のお米です。
遠藤さんは美味しいお米でありながら、一度は無くなり掛けていたさわのはなの種子を復活させ守り続けているメンバーです。
そのさわのはなは、新聞に紹介されたようなことを考え活動している人のお米です。

人在りて作物在り
作物在りて人在り



2018年01月16日

たね語り 対談の会

店であなたに会ってお話しても私の拙い言葉では伝えられない事がありすぎる。
ブログに書いても書ききれない。
だから
岩崎政利さんの野菜や上野さんのお米を食べて下さっている方、たねを愛する方々、在来の野菜やお米に関心のある方々と一緒に
おふたりの話を分かち合いたいのです。

長崎県の雲仙でたねの自然農園を奥さんとおふたりで営む岩崎政利さんDSC01573.JPG

栃木県上三川で580品種のお米のたねを守りながら、そのうちの50品種の稲を混植で育てるいろいろ米の生産者であり、ライ麦・小麦の生産者である上野長一さんDSC06112.JPG
おふたりの対談会を2月4日に行います。

野菜とお米との違いはありますが、長年、種を採り続けてきて抱いた想い、広がってきた繋がってきた世界など、共通すること違う事、ふたりの語り合う姿までもが私は楽しみです。
 
2月4日 10時スタート〜13時
 会場 スタジオワイズ(練馬区関町北2−26−17)武蔵関駅南口徒歩1分
アクセスhttp://studio-ys.jp/access.html
岩崎政利さんと上野長一さんの対談の会をします。

会費:事前予約 3500円(税込み)、当日参加4000円

申込方法  
 @来店の上、参加費と一緒に申込み
  または、
 Aメール shop@sizenmura.jp にてお名前・住所・電話番号を明記の上、下記の口座に参加費3500円をお振込みください。振込手数料はご負担ください。入金をもって受付の完了になります。
*ご入金後のキャンセルはできません。ご本人が参加できなくなった場合、代理参加はできます。
   郵便口座名義「自然村有限会社」
   番号 00140−7−591803


posted by 自然村 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2018年01月15日

メイドインアース新春感謝セール

オーガニックコットン
メイドインアースの書籍・家具以外全商品10%OFF
新春感謝セールです
DSC06906.JPG
期間限定12月27日まで

現在、店にあります商品は全て10%OFF
在庫でないものは1月27日までのご注文で2月5日以降に10%OFFでお渡しいたします。
*ただし、只今、完売製造未定のもの、リニューアル再開未定商品もあります。

この機会に、オーガニックコットンの暖かで柔らかい肌触りをご経験ください。
全商品のリストは、メイドインアースのHPでご覧ください。https://www.made-in-earth.co.jp/

唐桑半島の生牡蠣

毎週木曜日に宮城県唐桑半島の生牡蠣を
生産者限定 畠山政則さん、又は、鈴木信一朗さんで販売しています。

我が家はでは昨日今シーズン初めての牡蠣でした。
当然の牡蠣フライ! フライにする手間は苦になりません。わーい(嬉しい顔)
生牡蠣好きな家人は柚子果汁幹助をかけて生牡蠣も。満足満足。

そして、本日の昼ご飯には、店主がアヒージョを作りました。
オルチョサンニータをたっぷり使って大満足の牡蠣のアヒージョDSC06904.JPG
こういう贅沢は、手作りすればこそできるんです。原価率100%るんるん

そして、今晩は、このようなメールが届きました。わーい(嬉しい顔)
エスカルゴソースの用意をしたので、
牡蠣を洗って小麦粉はたいて焼く準備をしておいてください。
ブロッコリーも茹でておいてもらえると助かります。
牡蠣のエスカルゴソースパスタにしようと思うので、パスタもお願いたします。


どのような料理になるか楽しみな晩御飯です。

過去にこのようなグラタンも作っていました。今読み返しても涎がでそう。

加熱した牡蠣をフードプロセッサーにかけてペーストにし、ベジャメールソースと混ぜ合わせ牡蠣クリームにして冷蔵保存しておきました。
それを使って作ったのが
          牡蠣のベジャメールグラタン
          牡蠣のベジャメールグラタン.jpg
めちゃ美味しいかったです。ご飯、玉ねぎ・じゃが芋がソースの下に隠れております。
本当は、「牡蠣クリームコロッケにしたらさぞ美味しいだろう」と作ったクリームなのですが、コロッケに行きつかず、グラタンになったものでした。

2018年01月12日

たね語り 対談の会

 すみません。凄くそっけない業務連絡みたいなご案内文です。
少しづつ、この対談会を開くことになった経緯や想いを綴っていきますから。
まず、2月4日をこの対談会のために予定していただきたな、と願っています。
イベントにはしたくない。愛を感じられる場にしたい。などなどと考えています。

上野さんと岩崎さんのふたりが話す場に居合わせたい、ふたりの語り合う話を聞いてみたい。できたら想いを共有できる人たちと一緒に聞いてみたいという個人的な想いをずっと持ち続けてきて、それを実現したいのです。

 2月4日 10時スタート〜13時
 会場 スタジオワイズ(練馬区関町北2−26−17)武蔵関駅南口徒歩1分

岩崎政利さんと上野長一さんの対談の会をします。

会費:事前予約 3500円(税込み)、当日参加4000円

申込方法  
 @来店の上、参加費と一緒に申込み
  または、
 Aメール shop@sizenmura.jp にてお名前・住所・電話番号を明記の上、下記の口座に参加費3500円をお振込みください。振込手数料はご負担ください。入金をもって受付の完了になります。
*ご入金後のキャンセルはできません。ご本人が参加できなくなった場合、代理参加はできます。
   郵便口座名義「自然村有限会社」
   番号 00140−7−591803


posted by 自然村 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

雲仙赤紫大根

Mさん。いつも素敵なセレクト(高いものを買うという意味ではありません。本当にお勧めの価値あるものという意味です。)の買い物をしてくださるお客さんです。
今日もご来店くださって源助大根を手に取られたんですが、
ご出身が佐賀県なので、「この大根は元々佐賀県在来の女山三日月大根だったんですよ。云々」とお話ししましたら、
じゃあ、こちらにするわと変えられました。
雲仙赤紫大根です。

雲仙たねの自然農園からの直送セットを購入してくださった方から、
「入っていた、紫大根ですが
どう料理すると美味しいのでしょうか?」と質問がありました。

過去のブログを紹介させてください。
読んでいただいてその物語に想いを馳せることで野菜への興味や美味しさが増せばいいと思います。
http://blog.sizenmura.jp/article/171495652.html
posted by 自然村 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年01月11日

ちょっと感動して

岩崎政利さんと池松さんの野菜が届きました。
それぞれの箱には毎回お便りが入れられています。

2月4日(日)9時半開場 10時スタート13時までの
上野長一さんと岩崎政利さんの対談会の準備のために
岩崎さんからの今までのお便りを整理し、読み返しています。DSC06887.JPG
どのお便りも胸打ち深い思考に導いてくれます。
そんな最近なので、
届いた箱を開け、野菜たちが現れると、尚更にその美しさと優しさに感動してしまいます。

今週の内容は、
玉ねぎ(玉ねぎのみ購入種子)、じゃが芋(西豊)、黒田5寸人参、源助大根、
春菊、水菜、長崎赤かぶ、花芯白菜、雲仙赤紫大根、ブロッコリー、しゃくし菜。

雲仙赤紫大根が登場です。長崎赤かぶの色が更に冴えた深く鮮やかな赤紫になっています。
水菜の葉は柔らかい深緑。茎は真っ白。
杓子菜の柔らかな緑の葉。幅広の白い茎。大きな杓文字の形です。
「なぜに在来種たちがやわらかくておいしさが生まれるかは、この杓子菜の仲間の青菜のように、数本の株を料理していく中で、一株ごとに違う味の多様性が混ざり合ってまろやかなる味に膨らんでいくのではと感じています。」とお便りの文章です。
杓子菜は青菜の中でも花芽がでるとう立ちが一番早く、収穫の終わりは1月いっぱいだそうです。
杓子菜のあるうちにどうぞ召し上がってください。

池松さん、
博多金時人参、千筋京水菜、津田かぶ、阿波晩生大根(購入種子)、聖護院大根(購入種子)

津田かぶは、まあ見事な!本当に見事な勾玉の形といい、鮮やかな綺麗な色、大きさ。
畑に成っているときの姿が想像できる葉の付き方。実際に畑で見たら皆さん驚いたり喜んだりすると思います。
聖護院大根も、年末よりもぐんと大きくずっしりとなりました。胸を張って聖護院大根といえますね。

只今、昨年秋の天候の影響と厳しい寒気のために葉物が本当に少ない状況ですが、
明日は、岩崎さん、池松さんの葉物野菜が豊富ですよるんるん
どうぞお越しくださいね。

そして、明日には、2月4日の対談会の案内をブログに書きます。
どうぞ、みなさん、集ってくださいね。
posted by 自然村 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年01月10日

畠山政則さんのもまれ牡蠣 

明日1月11日、
唐桑半島 畠山政則さんの生牡蠣が入荷します。あせあせ(飛び散る汗)
今回は生食可です。
昨年の写真で紹介します。
300g¥1460DSC05100.JPG
             DSC05096.JPG

成長に応じて潮の流れの早い沖合で身を締めるので「もまれ牡蠣」と呼ばれます。
大粒でぷりんぷりんの牡蠣は旨みがぎゅっと凝縮した味です。
牡蠣好きな方はお見逃しなく。

生食用なので生がお好きな方はどうぞ〜。
熊本の加藤誠さんの農薬も肥料も一切施さない(下草と剪定の枝のみ)のレモンも届きましたよ。
キュッと絞ってどうぞ〜。
牡蠣フライは最高DSC02928.JPG
牡蠣入りお好み焼きも牡蠣と冬野菜のあんかけ丼も美味しいです。ハートたち(複数ハート)

一夜干し 入荷!

昨年末に送ってもらって、美しい姿に驚いて試食を重ねて、
これは販売したいね、ということで、
新年になったら送って下さいとお願いしていた
一夜干しが届きました。
島根県沖産 岡富商店さんの一夜干しです。鮮度が良く、薄塩なのでかれいや穴子など煮魚や揚げ物もできます。

今回の魚は、
            DSC06902.JPG¥186
            DSC06901.JPG¥414
            DSC06900.JPG¥615
            DSC06898.JPG¥314
            DSC06897.JPG¥971
            DSC06896.JPG¥386

じゃ〜〜ん!試食で届いてびっくり目穴子って大きいのね〜。その時は、焼き穴子と煮穴子にしたのよ。
冷凍ケースの場所をとるな〜と思ったけど、
私、穴子だあああ〜い好きなので、だああ〜い好きなお客さんもいると思って仕入れました。わーい(嬉しい顔)
            DSC06899.JPG¥2000

さきいかの食べ比べを〜

「さきいか」の試食をどうぞ〜 なんちゃってわーい(嬉しい顔)DSC06891.JPG
レジのところで味見してもらってます。
ちびっ子が何度も試食してるので、袋に入れて持ち帰りしてもらいましたよ。
にっこりバイバイしてくれました。ハートたち(複数ハート)

は〜い、さきいかじゃありませんね。わーい(嬉しい顔)

今、大人気の清水浩二さん(山梨)の白首大根の切干大根¥240DSC06832.JPG
と、
オーサワジャパンの宮重大根(固定種)の有機切干大根(長崎)¥380です。DSC06886.JPG

こちらは、同じように調理した煮物です。DSC06882.JPG
切干と干し椎茸の戻し汁と醤油の味付。向かって左が清水さんの、右がオーサワジャパンのです。
清水さんのは比べると生大根風。オーサワはしっかり乾燥して味のしみ込みが良いです。
どちらも、原料の大根は固定種です。
それぞれお好みでご利用くださいね。
地味な料理ですが風とお日様の作ったほっとする風味のお惣菜です。

今日は水曜日。
水曜日は毎週深谷もやし400g¥310の日です。
オーサワジャパンの有機切干大根のチラシに、
もやしと切干大根のナムルのレシピが載っています。
みなさんに差し上げています。お試しください。
           

2018年01月09日

在来の大豆 2品種

群馬県片品村在来のセトヤマさんの大白大豆と新潟県長岡在来の刈屋さんの青大豆肴豆の新豆が揃いました。
どちらも大切に自家採種し続け、農薬も肥料も一切使用せず、自然乾燥、手選別した粒ぞろいの大豆です。
            DSC06895.JPG
手づくり味噌用に、煮豆にお求めください。
各1kg¥1800です。

自然村では麹菌がよく働き始める気温になるころ、東京周辺では3月下旬の桜の花の咲くころから始める花仕込み味噌をおすすめしています。
糀は、山形県白鷹町の鈴木徳則さんにお願いして作っていただく、合鴨農法幻の米さわのはなの糀を予約販売しています。
しかし、
もう、早く味噌作りをしたいという方には、
島根県やさか共同農場のこうじの予約をお受けします。
有機米こうじ1kg1350
有機玄米こうじ1kg¥1540
有機麦麹1kg¥1390
*麦麹ご希望の場合はやさか農場のみになりますのでご注文をお忘れなく。

ご注文は随時お受けしています。
やさか農場のこうじは3月1日が最終締め切り日です。
ご注文からお渡しまでは、約2週間かかります。仕込みのスケジュールを考えてご注文下さい。
posted by 自然村 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

大中寺芋

             DSC06892.JPG
届いた箱を開けて、まあ美しい独楽みたいにexclamationるんるんと思いましたよ。
           
絶品中の絶品里芋だと思っています。DSC06893.JPG
中サイズをいただきました。

今年も沼津 
愛鷹山山麓在来の里芋 大中寺芋を守り繋ぐ井出さんからいただきました

八つ頭と里芋の間のような里芋です。きめ細かく煮崩れしません。

まったりとした上品な風味は所縁の大中寺の風格品格に似ているのかもしれません。
大中寺ご住職 下山光悦氏の文章〜「里芋のおばけ」大中寺芋によせて〜をお買い求めの皆さんにお渡ししています。
            DSC06894.JPG
大中芋が守られてきた由来に想いを馳せながら
是非一度は味わっていただきたい里芋です。

栽培は種芋を植える時に一度農薬を使っています。その後は農薬不使用です。

posted by 自然村 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年01月08日

入荷情報

スーパーなどに並ぶ野菜が高騰しているという話ですね。
大田市場の価格をみても驚くほどです。

当店は、
自然食品店の常として、価格変動は一年通してほとんどなく、ポラン広場からのキャベツ¥308、ブロッコリー¥280、寒〆ほうれん草¥240、青首大根¥247といった具合です。
しかもどれもこれもとびっきり素晴らしい姿と味がしているんです。
ただ、品薄であることは確実です。昨年秋の天候の影響と寒さが厳しく生育しないからです。

そんな状況の中、
飯田さんが初野菜を持ってきてくれました。ちょっと無理にお願いしたんです。人参も長ねぎも、畑にあるなら種採り野菜を販売したいですから。でも、大根も、葉物も、かぶも、人参も今回で畑になくなりました。あるのは大和芋と京芋とねぎのみになります。
今日の入荷をお見逃しなく。DSC06885.JPG
三浦大根。細めですが遺伝子から本物の三浦大根です。1本280円〜330円

宇奈根ねぎ「美味しいねぎでした!」と再来店のお客さんから声を掛けられる葱です。
東京の海老沢さんが長年種を採り続け守ってこられたのを飯田さんが譲ってもらい、これも長年種を守り続けているねぎです。青い葉が柔らかく、柔らかい分折れやすいので流通しにくい葱です。作っている人はほんの少しのはずです。

          DSC06883.JPG
店に黙っておいていても手に取る人は少ないですが、
これは本当に美味しい菜です。見た目、葉が黄色っぽくなりやすいのですが、茹でると大変美しい緑色になります。そして、甘みの強い旨味の深い滋味あふれる菜です。
胡麻和えやナッツ和え、煮びたしにすると、食卓にあって嬉しい一品になります。
この美しい茹で色を上手く使って「中華風の何か」を作りたいと思っています。(その内)
この菜の名前は、東京べか菜です。

一緒に並んでいるのは大和真菜です。
小松菜はもう終わりました。大和真菜は小松菜と同じような扱いで調理してください。優美な名前の菜です。

年末、初入荷した後、瞬く間に完売した林檎屋さんの市田柿が再入荷しました。
箱の中にこんなお便りが入っています。拡大して読んでください。DSC06890.JPG肥料は木チップ、稲わら等です。
家々の庭の柿は消毒無しがほとんどでしょうから、売られている柿も「無農薬だろう」と思う人が多いかもしれません。驚きの農薬回数ですね。無農薬、減農薬栽培の生産者さんのご苦労が偲ばれます。
            DSC06888.JPG
ブランド化ってなんでしょう?林檎屋さんの憤りが伝わってきます。JAが再考するといいんですが。
もちろん、中国産を市田柿として売るなどの誤魔化しが横行するのが問題ですが。
品質保持っていうのはどうも「見た目の綺麗さ、そろった大きさ、販売しやすさ」で安全性や味のことは・・・?
ブランドや知名度、外見、ラベル、イメージだけで判断する消費者から脱却しないと、と思います。

ともあれ、林檎屋さんの市田柿 とっても美味しいです
posted by 自然村 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2018年01月06日

雲仙たねの自然農園からの直送便

岩崎政利さんの雲仙たねの自然農園からの
在来の野菜セットのご案内です。

岩崎さんが縁ある方から譲られた(中には門外不出だったという種も)種や
種屋から購入した種から自家採種を繰り返して固定していった種を
何代にも渡って自家採種し、
雲仙の風土に馴染み、岩崎さんに寄り添ってきた在来の野菜を
セットにしてお届けします。
種たちが雲仙の畑にゆっくりとゆっくりと馴染んでいったように
食べ続けていく内に優しく、深く、じんわり食べる人の体に馴染み、やがて感性まで変えてくれるような気がします。
1月は10日発送から月1回、隔週で。毎週ご希望の場合も可能です。
*毎回、お届け週の頭の日曜日までにお申し込みください。

この写真は、
昨年12月27日発送で翌日夕方届いたセットの様子です。DSC06880.JPG
箱にぎっしりと約10品種の野菜が入ります。玉ねぎのみF1品種、それ以外は岩崎さんが種を採り続けてきた在来の野菜です。
価格
➀隔週の定期購入の場合は1セット¥4720(税込み)
➁スポット又は月1回のご購入の場合は¥4960(税込み)
*上記の価格は東京周辺までの価格です。地域によっては運賃が加算されます。

お届け日
水曜日、雲仙から発送⇒東海以西は翌日着。東京は運送状況にもよりますが、翌日夕方に届きます。

申込方法
FAX,又はメールshop@sizenmura.jpへお名前・住所・電話番号(必須)を明記してお申し込みください。

お支払い方法
初回は先払いになります。お申し込み後、口座番号をお知らせします。
定期購入の場合は、野菜到着後、1週間以内にお振込みをお願いします。

お問合せ、ご注文をお待ち申し上げます。

posted by 自然村 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

寒餅 予約 承ります!!

昨日1月5日は小寒。これから日に日に寒さが増していきます。
今日も寒いです!
今年の大寒は1月20日。
年末、お正月用のし餅をお渡しする時にすでに「なまこ餅はいつですか?」と聞かれる程、
みなさん、加藤農園さんの寒餅を楽しみにしているんですね。るんるん

大寒 寒餅

一年で一番水が冷たくなって、このころに搗く餅が一番美味しいといいます。
毎年好評の加藤農園さんの発芽玄米餅のなまこ餅伸し餅のご案内です。
 過去の写真の使いまわしですが、DSC00482.JPG

今年も写真のようなたくさんのご注文をよろしく!
    DSC01776.JPG

秋田県産農薬・化学肥料を一切使用しないもち米を使用しています。
なまこ餅は焼き餅はもちろん、薄く切って乾燥させ、揚げもちやかき餅にしても美味しいです。

店頭お渡し、地方発送もいたしますので振るってご注文ください。

毎年、「もっと買っておけばよかったわ」という言葉を聞くわーい(嬉しい顔)そんな寒餅です。

予約締切:1月22日(月) 
お渡し:1月29日(月)午後〜

なまこ型 約500g 全6種類 
発芽玄米プレーン・黒豆入り・青のり入り・黒米入り以上は各¥800
・オーガニックアーモンド入り
・オーガニックくるみ入り
各¥950

伸し餅 約1kg 3種各¥1400
・発芽玄米餅
・発芽玄米よもぎ入り餅
・白米餅

店頭で注文用紙を配布しています。
発送の方はshop@sizenmura.jp へお名前・住所・電話番号・ご注文の餅と個数をご連絡ください。
折り返し返信いたします。


*寒餅と一緒に、発芽玄米パン、発芽玄米まんじゅうのご注文もお受けします。
種類たくさんなので、加藤農園さんのHpをご覧になってみてください。

2018年01月05日

七草

あけましておめでとうございます。

今年もいつものように七草の販売で営業開始です。

1月7日の人日(じんじつ)の節句の朝に七草粥を食べると邪気を払い万病を除くとされています。
   DSC01685.JPG
七草。1p¥540
年末にすずな・すずしろの生育が間に合わないとお伝えしていましたが、何とか間に合って七草でお届けできます。
   DSC01684.JPG
・芹/一か所に「競り」合って生えることからこの名が付いたといわれる。香りと食感を楽しむ。
・薺(なずな)/ぺんぺん草。「撫でたいほどかわいい菜」から名前が変化した。中国では止血剤、ヨーロッパでは通風などの薬にも使われる。
・繁縷(はこべら)/DSC04911.JPG
 タンパク質、ビタミンB,Cなどに富むといわれ、昔は炒った粉を塩と混ぜて歯磨き粉としていた。
・御形 母子草/DSC04910.JPG
・仏の座/小鬼田平子(こおにたびらこ)/本来は田平子と呼ばれる若葉を食用する。
・菘(すずな)/蕪。昔はかぶを「鈴菜」と呼んだ。成る程という呼び名ですね。
・蘿蔔(すずしろ)/大根。昔は大根を「清白」とも呼んだ。

販売している七草セットは、自生以外の2品種(すずな・すずしろ)は農薬化学肥料不使用で栽培しています。自生の草は栽培されたものに比べ、大きさなどにばらつきがありますが、自生ならではの風合いと力強さを感じられると思います。

七草粥はおせち料理などで疲れた胃腸を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという意味もあったようです。
冬枯れの野山で目にも柔らかい緑を見つける嬉しさはひとしおだったと思います。

自然の恵みに生かされてきた人たちの智恵を受け継いで、
健康で明るい年にしていきたいです。

我が家はサラダマスター鍋でホタル火 ふっくら炊き上げます。DSC04905.JPG
今年も無病息災で過ごせますように。

*話はちょっと変わりますが、
 サラダマスター鍋の特別価格は本日までのご注文です。すでにお使いの方々からの、鍋の良さを知った方からのリピートの多い鍋です。