2018年01月17日

多様性

昨晩、渋谷のデイラトキッチンで開かれた
稲葉俊郎未来会議第1回https://peatix.com/event/333483に参加しました。

幾つかの印象に残る言葉がありました。私の耳と脳の性能により誤訳がありそうですが。わーい(嬉しい顔)
その人本来の根を張って生み出されるオリジナリティ。ひとりひとりが違うジャンル分けされない
多様な人が重なり合い調和し厚みのある社会(場) 

心に浮かんだのは、昔昔、たねの森さんのお話会で聞いたエピソード。
学校に行かれないある少女が、たねの森さんの畑仕事を手伝いながら言った話。
「私はスーパーの人参は嫌い。だってみんな同じ形をしているんだもの」

そして、スローフードの大会での岩崎さんのスピーチより
五寸人参から教わったこと
「私のたねから育てている野菜作りは、この五寸人参から始まりました。自らの畑の中に育っている人参を収穫するたびに、色がきれいなスラリとした特別に美しい人参だけを選んで、その人参からたねを採り続けてきました。世界のどこにもない、私だけのすばらしい人参にしたいと思っていました。毎年、毎年、選抜の中で、これでもかと、すばらしい人参だけを選び抜いてその人参から、たねを採り、そのたねで人参を育てていきました。
ところが10年過ぎても、自分の思いとは反対に、人参の生命力は弱くなり、最後にはたねが年々と少なくなって採れなくなってきました。
私はこの人参から、たねとは、多様性の中に守られていることを知ったのです。
野菜たちの世界も人間の世界と全く同じであることを知ったのです。私は美しい物ばかりに目がくらんで、美しい、女性的人参ばかりから種を採り続けようとしたものだと思ったものです。
生命豊かな男性的人参を無視してしまっていたのです。見栄えの悪い太い人参にも、細い人参にも、それぞれに大切な役目があったのです。野菜たちの世界も、人間社会と同じように野菜たちを見ていく、考えていくことを知らされました。」
 
たねは命です。作物のたねも人の命も多様性の中で守られ豊かに未来に繋がるのですね。
http://blog.sizenmura.jp/article/182161871.html
posted by 自然村 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

入荷情報

佐久間さんから久しぶりに、本当に久しぶりに!DSC06907.JPG
銀鼠の雪柳を添えて。ありがとうございます。
寒さの中で蓄えた旨みを召し上がってください。チンゲン菜とターサイ。
佐久間さんも不耕起草生自然農でたねを採る農業をなさっています。
届く野菜は、他の人と同じ品種の野菜でも全く別物。佐久間さんのチンゲン菜、佐久間さんのターサイです。
野菜が人とその土地風土に寄り添うというのは本当にそうだと思います。

「○○さんの○○」という表示は、生産者を明らかにするというだけの価値ではないと思いますね。

売り切れていました昭和のせんべいもたくさん届きました。DSC06908.JPG

以後崎さん(茨城)の苺があります。
これは幼い孫にも食べさせられる苺です。DSC06910.JPG
今シーズンは何と2回目の入荷です。2回しか入荷してないんです・・・寒すぎて・・です。
香りも甘さもとってもよく、お勧めできます。
苗の時に防除1のみ。化学肥料不使用。
 自家採取した種を1年間育苗し、丈夫な苗を選抜して育てています。こうして育った苗は少々の天候不順や病気には負けることなくすくすくと育ち、良質な結実を呼びます。

加藤誠さんの無農薬・肥料は下草と剪定枝を寄せるのみ。のネーブルもとても美味しいです。

毎週水曜日は飯塚商店深谷もやし400G¥310の入荷日です。

お昼ご飯は深谷もやしをさっと茹でて、かもめ屋のツナ缶と和えるだけの簡単おかずでしたが、美味しかったよ〜。1袋2人でべろりです。わーい(嬉しい顔)(なんと!先週残ったもやしを使いました。深谷もやしはめちゃくちゃ強い)

明日は、唐桑半島 鈴木信一朗さんの生牡蠣が届きます。今回は加熱用です。

posted by 自然村 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

影法師

1月16日の東京新聞朝刊「3.11後を生きる」に
フォークソンググループ影法師の「花は咲けども」が紹介されていました。
           DSC06909.JPG
東京新聞を購読の方は昨日の朝刊4面を開いてみてね。
そうでない方は、写真を拡大してお読みください。
メンバーの一人、遠藤孝太郎さんは当店販売の合鴨除草さわのはなの生産者さんです。
遠藤さんのさわのはなは美味しいと人気のお米です。
遠藤さんは美味しいお米でありながら、一度は無くなり掛けていたさわのはなの種子を復活させ守り続けているメンバーです。
そのさわのはなは、新聞に紹介されたようなことを考え活動している人のお米です。

人在りて作物在り
作物在りて人在り