2018年01月28日

節分

2月4日は立春 旧暦でいうと新年にあたります。

節分蕎麦に鴨汁蕎麦をご用意しました。新しい年の始まり「立春」の前日に食べる年越し蕎麦として。

暮れの年越し蕎麦で召し上がったお客様が「美味しっかった」とわざわざ声を掛けてくださる
鴨汁蕎麦です。DSC06927.JPGDSC06928.JPG
北海道産十割蕎麦と八甲鴨汁のセット2人前¥1480(冷凍)

節分の豆撒きは子供心に楽しい夜でした。普段はいつもいつもわいわい明るい家庭ということもない家族でしたが、豆撒きの時は、子どもも大人も煎り豆を掌一杯に握って大きな声でうちの外、家じゅうを走り回って豆撒きをしました。
みんな明るい明るい笑顔。拾った豆を歳の数数えながら食べるのも楽しかった。
立春の朝、庭に散らばる煎り豆、随分経ってから、部屋の隅に見つかる煎り豆。
煎り豆を砂糖で固めたおやつも作ってくれました。

新潟県津南の無農薬・無化学肥料栽培のさといらずの煎り豆¥230と
棚宗サラダ園の無農薬無肥料栽培の煎り落花生¥500DSC06926.JPG
棚宗さんの煎り落花生は再入荷しましたが、これが最終入荷になります。

そして、2月4日というと、
岩崎政利さんと上野長一さんの対談の会の日です。
http://blog.sizenmura.jp/article/182161871.html
対談の会を参加してくださるみなさんと岩崎さん、上野さんにとって意味のある会にするために、内容を練り、準備をしています。
まだ席があります。参加申し込みをお待ちしています。
「立春」旧暦でいう新しい年の始まり日に私たちの心に種を播くような会にしたいと思います。
一粒でも多くのたねが播かれますように、あなたの参加をお待ちしています。



posted by 自然村 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報