2018年03月15日

入荷情報

明日はたくさんの入荷があります。

唐桑半島から鈴木信一朗さんの生牡蠣、

竹村慎一さんの可愛い可愛い苺:今収穫されている苺は消毒が2回。毒性の低いものを使用。昨年10月に2回目の使用です。

屋久島在来の里芋 かわひこ(別名もち芋)・八郎生姜、新じゃが出島、アンデスレッド、グランドペチカ
そして、
スナップエンドウ、久留米豊実豌豆(豆ご飯にできます)
以上、全て自家採種・無農薬、無化学肥料(昨年から米ぬかを少し入れているそうです。)

ポラン広場からの豆腐類はじめ毎日の暮らしを楽しく豊かにするものたち

日本で一番幸せな牛のお母さんからのお裾分け。日本唯一加熱殺菌をしない想いやり生乳。

福岡県、池松さんからの自家採種・購入固定種・無肥料無農薬の野菜

岩崎政利さん雲仙たねの自然農園からの在来の野菜たち。

果物は、加計呂麻島の不耕起草生自然農のタンカン、肥後有機の会のはるか、愛媛県田村農園有機甘平、有機バナナ

飯塚商店の深谷もやし、お見逃しなく。

posted by 自然村 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2018年03月14日

菜花

今年は桜の開花が早いようです。石神井川沿いの桜の蕾が膨らみ始めました。

店には松島白菜の菜花、白菜菜花、紅苔菜、のらぼう菜DSC07043.JPG

なごみ農園さんの白菜菜花となごみ農園さんの白菜菜花の葉の様子が違うので、橋本さんに聞いてみました。
結球しなかった白菜の抽苔の葉は細くて、結球したのは広いのだそうです。
なごみ農園さんの白菜は結球したのですね。

のらぼう菜、菜花、紅苔菜も茎を見ると、ポキポキと折って収穫した跡が見て取れます。
これらとう立ち菜は手でポキポキ折れるところからが柔らかくて美味しいのです。

今、店に並ぶとう立ち菜花は、スーパーや八百屋さんに並ぶ菜花とは違います。
スーパーに並ぶのは菜花として販売するために栽培されるもの。

一方、うちのような店で売っているのは、
農家さんが畑で花を咲かせ、風や虫たちによって受粉し、莢ができ、種が熟し、その種を採って次の年に播く(あるいは何年後かに播く)その流れの中の一部、
つまり、種のための母本となった以外の、とう立ち菜花を食用として収穫したもの。
白菜には白菜の、小松菜には小松菜の、チンゲン菜にはチンゲン菜の味わいがあります。

蕾には次の命の為の全てのものがあります。神が降りてきた瞬間を召し上がってください。晴れ

のらぼう菜 各地で栽培されていますが、江戸東京伝統野菜のひとつです。
江戸時代に、東京西多摩 あきる野・五日市周辺で栽培が広まり、種を絞って油を取るため、茎葉は食用に、栽培されました。
天明・天保の飢饉の際にこの菜花のお陰でこの地域が救われたといいます
甘みがあって美味しい菜です。
橋本農園さんは蕾がついて今が一番美味しい時期だと思うとおっしゃいました。

涙ながらに再読している みをつくし料理帖、この巻に菜花がでてくるのですよ。わーい(嬉しい顔)DSC07044.JPG
夢宵桜―菜の花尽くしの章
「油菜は、今はその種から油を取るための貴重なものだ。油菜の花の揺れる景気ってのは、小判が揺れているに等しいのさ。それを蕾のうちに採っちまうなんざ、罰当たりにもほどがある。公方さまならいざ知らず、そんな贅沢・・・」(種市)

澪が吉原廓の大店翁屋で整えた花見の宴の料理は
菜の花尽くし。
そして宴の最後の一献は、桜の花の塩漬けに熱い酒を注いだものでした。かぐわしい香りを立てながら緩やかに花弁を広げていく八重桜。

江戸で菜種油といえば、澪が使った菜花はのらぼう菜ではないかと推察した私でした。


posted by 自然村 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年03月12日

マカ

気温差が激しいですね。
花粉や
また、入学、転職、転勤、就職など変化の多い時期です。

自律神経のバランスに・・・、心身のバランスに・・、
ミネラル・アミノ酸の補給に、1日1回ティースプーン1杯を。

マカの粉をご紹介。DSC07039.JPG

アンデス山脈(南米ペルー、標高4000mボンボン高原)で採取したアブラナ科の根菜マカを天日干しし、粉末にした「マカ・原末100%」
21g¥1150、 36g×3袋¥3880

美味しいとは思えないけど、苦くもないし、まずくはなく、きな粉のような粉末の体を養う食品のひとつと考えてもよいマカの粉です。

例えば花粉の時期には、
@亜鉛:粘膜強化
Aグルコシノレート:解毒機能を強化
  グルコシレートとは、アブラナ科に含まれる辛み成分の元。発がん物質を体外に出すことでも知られている。

B天然ミネラル、アミノ酸 免疫力アップ&自律神経バランス⇒過剰反応阻止

ラム肉ご案内

子どもの頃の衝撃を受けた食べ物の話で盛り上がる夜の団欒。

ことの始まりは、海老の天ぷら。パプアニューギニア海産の天然海老の天ぷらを食べた娘。
以前から甲殻アレルギーがあるかも、と言っていたが、やはり海老を食べた後、咽喉が痒くなったという。
「じゃあ、蟹もだめかもね」⇒「うちじゃあ、蟹なんて食べたことなんてないじゃん。(そうだそうだと大笑い)でも、渡り蟹がどこかから届いて、あれは子供心に衝撃的に美味しかった!」

それから昔、田崎さん家で森田さんが作ってくれたバンバンジー。胡麻を擂って作ったソース。胡麻を擂ると油が出ることやバンバンジーソースを作れることを知ったのは子供にとって凄い体験なんだよ。

田崎さん家で土間で焼いた初めて食べたシシカバブも美味しかったね〜衝撃的だった。
クミンなんて初めて知って、
あれから家で作るために池袋までクミンを買いに行ったもんね。(川越に住んでいた)
ウルムチで食べたシシカバブより美味しかった。
ラムの肉の質が違ってたかもね。

以前作ってくれたラムのステーキもすごく美味しかったよ。

そうだ、もうすぐ茶路めんのラム肉を頼めるんだ。
シシカバブみんなでやろうか。

ということで、
茶路めんのラム肉、ご注文、できますよるんるん
ラム肉は、うま味成分のイノシン酸や脂肪燃焼効果があるとされるカルニチン酸など各種アミノ酸が含まれ、鉄分・ビタミンB群も豊富。身体を温めるなどの薬膳効果も知られています。
牧草を主体に、非遺伝子組み換えの自家配合飼料を与えて育てられ、
平均月齢10カ月の子羊の生肉はおっぱんの店頭にはほとんど並ばない希少品です。

好評いただいています。ハートたち(複数ハート)
北海道の大自然で放牧を活かして育てた羊
茶路めん羊牧場のラム肉を注文でご用意します。冷凍です。
3月17日注文締切→3月276日お渡し可能。
店頭又は電話、FAX、メールでご注文下さい。

写真はラム骨付きステーキセット600g¥4580です。DSC05068.JPG

こちらはラム焼肉用スライス250g¥1905です。DSC05069.JPG

内容は写真を拡大してご覧ください。DSC07035.JPG

2018年03月08日

在来の野菜

先週買った人から「美味しかった」と声掛けいただきました豊葉ほうれん草。
今週はたくさんの豊葉ほうれん草が入っていました。
赤い根と緑の葉のコントラストが鮮やかです。
池松さんの野菜がぎっしり詰められた箱の中には、
黒田5寸人参、三浦大根、葉付きの五木赤大根、葉付き平家大根、脇芽の大きさのブロッコリー。
そして、菜の花です。
菜の花は、
白菜、大根、かぶの菜花。
なごみ農園さんからも白菜の菜花が届いていますが、白菜の菜花が一番のお勧めです。
デトックスを狙うなら大根だそうです。

雲仙たねの自然農園 岩崎政利さんの野菜は、
じゃが芋(西豊)、源助大根、島大根、黒田5寸人参、大和真菜、岩崎ねぎ、山東菜、弘岡かぶ、中生水菜、ターサイ、かぶ菜。
ブロッコリー、白菜、キャベツは一般種です。

かぶ菜 まさに瞬間の青菜です。
かぶのとう立ち菜は青菜の仲間では美味ですが、これに適するのが万木かぶの葉です。
かぶ自体も色彩が美しく甘味の強い美味しいかぶですが、今回は葉のみです。
実に美味しい葉です


今日は一日中の雨でした。
明日は? 雨が上がったらどうぞお越しください。
宅配のご注文もお待ちしています。
posted by 自然村 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年03月07日

みそまめちゃん

お待たせ〜出来てきました〜!

人気者ですハートたち(複数ハート)
なごみ農園さんのみそまめちゃんDSC07037.JPG

自家採種の青豆の煎り豆を自家製味噌と砂糖の甘味噌がけです。

2018年03月06日

もうたまらなくて

「あら、今日はお休みですか?」
「もう、たまらなくて、早引きしてこれを買いに来ました。」
            DSC07036.JPG

「もう日曜日、出かけたらすごくって」
昨年は飲まなくてもこの時期をやり過ごせたんですよね。
今年は昨年の1.5倍の飛散量だそうです。
日曜日は気温が上がってしかも風が強く吹いてましたものね。

私たちも日曜日孫のお宮参りに明治神宮へ行きました。暖かくて風が強かった。
それでも店主はマスク無しで症状でませんでした。
昨年も今年も飲まずにいて症状でてません。
すぎ・ひのきドリンクのおかげと思ってます。

それとも、歳をとったから???
そういうと、「俺より年配でも症状出ている人いるよ」と心外という顔します。わーい(嬉しい顔)
やっぱりこれのおかげね、ということで平和です。

ラム肉 ご案内

ラム肉は、うま味成分のイノシン酸や脂肪燃焼効果があるとされるカルニチン酸など各種アミノ酸が含まれ、鉄分・ビタミンB群も豊富。身体を温めるなどの薬膳効果も知られています。
牧草を主体に、非遺伝子組み換えの自家配合飼料を与えて育てられ、
平均月齢10カ月の子羊の生肉はおっぱんの店頭にはほとんど並ばない希少品です。

好評いただいています。ハートたち(複数ハート)
北海道の大自然で放牧を活かして育てた羊
茶路めん羊牧場のラム肉を注文でご用意します。冷凍です。
3月17日注文締切→3月276日お渡し可能。
店頭又は電話、FAX、メールでご注文下さい。

写真はラム骨付きステーキセット600g¥4580です。DSC05068.JPG

こちらはラム焼肉用スライス250g¥1905です。DSC05069.JPG

内容は写真を拡大してご覧ください。DSC07035.JPG

畠山政則さんのもまれ牡蠣

明日、水曜日、
唐桑半島 畠山政則さんの生牡蠣が入荷します。あせあせ(飛び散る汗)
今回は生食可です。生食賞味期限3/10、加熱賞味期限3/11
300g¥1460DSC05100.JPG
             DSC05096.JPG

成長に応じて潮の流れの早い沖合で身を締めるので「もまれ牡蠣」と呼ばれます。
詳しくはこちらを参考にhttp://shun-gate.com/roots/roots_41.html

2018年03月03日

2倍麹味噌作りの会

3月24日、25日の両日、
合鴨農法さわのはなの米麹と長岡在来肴豆、土佐天日塩あまみを使って
2倍麹味噌作りの会をします

目的は、次回からご家庭で作ることのポイントをお伝えする事。
約3kgの味噌を仕込んでお持ち帰りいただきます。

参加申し込み〆切は3月7日です。
http://blog.sizenmura.jp/article/182405031.html
posted by 自然村 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

麹、大豆 味噌材料の予約

3月7日が締め切りになります。
麹は予約数量しか用意しませんので、
〆切内にご注文下さいね。
東京周辺の桜の開花予想は3月24日頃だそうです。

http://blog.sizenmura.jp/article/182398161.html
posted by 自然村 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

とう立ち

池松さんから平家大根のとう立ちをいただきました。
白皮と赤皮の平家大根のうち
赤皮の平家大根。DSC07032.JPG
             DSC07031.JPG
葉脈と葉の端が紅。太い花茎も紅がでています。そして、山ウドのようなトゲトゲが付いています。
下の葉も先がとがっていて、
岩崎さんが平家大根は荒々しい、他とは交雑しない強い大根とおっしゃいましたが、
成程、葉にも茎にもその姿に強さを感じます。
黄色い蕾の真ん中にも赤を感じます。どんな花が咲くか楽しみ。

ところで、池松さん、白皮の平家大根の花と赤皮の花は同じですか?

漬け菜もとう立ちが始まっています。
届いた菜の中に、竹の中で光輝いていたかぐや姫のような蕾があります。DSC07034.JPGDSC07027.JPG
かぶや人参は根を伸ばします。佐久間さんの水菜の切口からも純白の根が生えていました。
               DSC07030.JPG
土から離れても生きようとする意志を強く感じます。

忘れてしまいがちですが、おろそかに扱ってはいけないと、改めて思い、
「命をいただきます。」という敬虔な気持ちになります。

農家さんの中で花を見る農をする人はごく僅かです。
そのひとり 岩崎さんは、「野菜と語り合う」という文章の中で次のように書かれています。
 野菜のたねを採る中で本当によかったと思えるのは、やはり野菜の花です。花の瞬間にたくさん出会ったこと、自分の農業感を変えさせたのは、実は花ではなかったかと思います。いろんな花が自らの種を残すために、花を咲かせていきます。野菜として立派に生育しているときには感じられないのですが、野菜としての最盛期が終わり、春先になってとう立ちし、花を咲かせてくると、野菜たちが私を花の中へ招き入れてくれるのです。
 とくに在来種、伝統野菜は、花の色も濃く美しい花を咲かせると感じます。これが本当に野菜の花か、と思えるような美しい花を次々に咲かせていきます。このとにき限って、野菜が一瞬、野菜から神に変わったかと思えるほどです。
 美しい花を咲かせた野菜は、その花の中へ私を招き入れるように入り口の扉をそっと開けて、「どうぞ入ってください」と語りかけているように感じます。このときこそが、野菜により近づける瞬間なのです。野菜の花に蝶や蜂やいろんな虫たちが寄って来て、花から花へと飛びながら受粉が行われ、花は実っていきます。私はそれらの野菜を作っている本人ですから、美しい花を咲かせている野菜たちに話しかけ、「あなたは美しく咲いているけど、私があなたの主人なんですよ、育てているんですよ」と自分がいることを伝えるように、語り合うように、虫や風と一緒になって野菜の種をつくろうとします。春がめぐって来るたびに、野菜の花たちとそんな時間を過ごしながら、いろんなことを学んだ気がします。
 中略
いろんな野菜の種を採り、いろんな野菜の花と出会いながら、野菜の花は私に一番大切なものを思い出させてくれたような気がします。
 それはとても感動するとても世界です。自分の心が癒される世界、うれしかったり、楽しかったり、哀しかったり、それが農業の中でいちばん素敵なことなのです。


端境期を迎えるのは寂しいけど、今届く在来の野菜、種の野菜たちの中に命の輝き、喜び、エネルギーを見出すことができます。
そして、心を遙か 雲仙や福岡の畑、佐久間さん、飯田
さんの畑に向ければ、花咲く神になった瞬間を想像することができます。

端境期までもう少し、どうぞ沢山召し上がってください。

岩崎さんの雲仙たねの自然農園からの直送セットは3月7日、14日、21日の3回で今シーズン終了の予定です。ご希望の方は、毎回その週初めの日曜日までにお申し込みください
posted by 自然村 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年03月01日

花粉の季節に

気温が上がりました。

昨晩、目頭が痒いな、と思いました。
今朝、くしゃみが2回続けてでました。目頭が痒いので水で洗いました。
「花粉症になったのか!」と慌てて「すぎ・ひのきドリンク」を開栓しようとしたら、
店主がもう少し様子を見たらというのでそうしましたら、
その後はくしゃみも出ませんでした。
でも、目頭に痒みを感じる時もあるので、花粉を感じてはいるんだと思います。

店主は昔、花粉症がひどかったのですが、「すぎ・ひのきドリンク」に出会ってから何年になるかな〜、昨年は飲まずにすみ、今年も飲まないでいます。
眼とかに花粉を感じてはいるそうですが、まだくしゃみもしてませんね。


ということで、
当店では、これだけを紹介しています。DSC07028.JPG
無添加 天然素材原料の清涼飲料水です。

入荷情報

2回も3回も食べてもらえるように種芋を伏せ込んでくださった

掘りたて屋久島在来 かわひこ 再入荷しました。
八郎生姜も入荷しました。
新じゃが芋のグランドペチカと出島も
ポテチより美味しいかも!のバジル塩味のポンせんも入荷です。
黒糖ぽんせん、落花生入りポンせんもよろしく!
全て、自家採種・無肥料・無農薬栽培です。

卒園、卒業、就職とお祝い事の多い時期です。
お赤飯に佐久間さんの神楽もち米お勧めです。(無肥料・無農薬・おだかけ天日干し)玄米ですので、ご希望によって精米いたします。

今週の岩崎さん 雲仙たねの自然農園からの野菜たちは
じゃがいも西豊、黒田5寸人参、源助大根、弘岡かぶ、ターサイ、松ヶ崎浮き菜かぶ、大和真菜、九条太ねぎ、中生水菜、雲仙赤紫大根。
 ブロッコリー、白菜、キャベツのみ一般種の野菜です。が、岩崎さんのはめちゃくちゃ美味しいのです!!どうしてこんなに美味しいのでしょう!

気温が上がったので輸送中を心配していましたが、大変良い状態で届きました。
松ヶ崎浮き菜かぶも先週と違って黄色い葉や病気のような葉はありません。
大和真菜も水菜も九条太ねぎも素敵。

昨夜はチャーハンが無性に食べたくなって、
豚肉、ソーセージ少々と滝野川人参とご飯をじっくり焼いて塩とクラタペッパーと醤油で味を調えてから、
細かく刻んだ大和真菜、しゃくし菜、水菜、松ヶ崎浮き菜かぶを山のように入れ、ざっと混ぜ合わせました。
漬け菜の香りとシャキシャキを感じる緑のチャーハンです。

研究熱心な池松さんからは、
三浦大根、五木赤大根、平家大根、黒田5寸人参、大浦太牛蒡、豊葉ほうれん草、博多金時人参、水菜、中国チンゲン菜。

有機無農薬大根が卸さんから全く入荷がない位に大根不足の今、
岩崎さんの源助大根や赤紫大根、池松さんの三浦大根は貴重品です!ありがたい!

平家大根は辛み大根として大根おろしにするとぴりっと切れがあってよいそうですよ。

豊葉ほうれん草は少ししかないので欲しい方は早めにお越しくださいね。

明日、明後日と竹村慎一さんの可愛い可愛い苺が入荷します。3日ひな祭りですものね。

想いやり生乳入荷します。ろばやさんの珈琲を淹れて湯煎して温めた想いやり生乳とカフェオレにして飲んでいます。砂糖など入れないで生乳の自然な甘みで最高のカフェオレを楽しんでいます。

ポラン広場からは、甘い蓮根、沖縄在来空豆、島らっきょう、天恵のキャベツ、ブロッコリー、カリフラワーはじめ美味しい野菜と、大豆工房みやの豆腐類はじめ毎日の生活を豊かにするものたちが届きます。

果物は、竹村さんの苺、加計呂麻のタンカン、三尾さんのポンカン、有機バナナ、
そしてね、肥後あゆみの会の有機はるかもお勧めです。












posted by 自然村 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報