2018年04月10日

芽時

陽に光る木々の芽吹きに癒されながら自転車通勤してきました。

店にも芽時のお便りがいろいろに届いていました。

沖縄の海からは、海の草の芽吹き
小浜島の天然もずく 初摘み が届きました。DSC07123.JPG
(シママースで塩蔵)

この水雲(もずく)は柚子果汁幹助の生産者である小松しぶきさんご夫妻ももずく収穫のアルバイトで小浜島に行っておられます。
非加熱の柚子果汁幹助の爽やかな風味と小浜島のもずくは仲良しなんでするんるんDSC07122.JPG
里の芽吹き           DSC07121.JPG
山形在来のおかひじき、このおか鹿尾菜は茎も柔らかく全部をしゃきしゃきと味わっていただけます。

山形在来のあさつき(ひろっこ)、薬味にもできますが、さっと茹でて酢味噌和え、オリーブオイル和えなどお勧めです。

木の芽 木の芽味噌を作ってみませんか、やさか共同農場の有機白味噌、お勧めです。

雷竹(らいちく) 南伊豆山本剛さんの一押しの筍です。
ネットによると、中国では最も美味しいたけのことされていて、上海などの超高級店辺りでしか食べられないそうです。アクがないので皮を剥いて、そのまま煮たり、豚肉と炒めものにしたりできます。竹輪のようにまあるい輪っかの形です。

山本剛さんの黄金柑も来ました。DSC07119.JPGDSC07120.JPG
ピンポン玉ほどの小さな玉ですが、柚子のような気持のよい香りと爽やかな酸味と濃い甘さの持ち主です。ナイフでカットしてゼリーのような食感を楽しんだり、サラダに入れたり、絞ったりしてください。       

明日夕方は、本日掘りたての松熊さんの孟宗竹のたけのこが届きます。

posted by 自然村 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報