2018年05月30日

古里田村の会

もう何回足を運んだだろうか。
「何年くらい前からだったっけ?」
「10年以上前からだろう」

今年も郡山市田村町 仁井田本家へ。一年に一度、各地から古里田村の会の会員が集まる。
仁井田本家の酒が好きで、蔵が好きで、田村をこよなく愛する人たちの純な集まりだ。
メンバーはだいたい決まっている。
神奈川の片山本店(片山雄介さん)、北海道 福田屋さん、群馬・高崎 鈴木酒店さん、東京・経堂 つきや酒店さん、東京・練馬 自然村、
静岡 やましょう酒店 白井さん、名古屋 北村酒店さん、福岡 ビックバンさん。
そして、今年は大分 中津市から 「美酒のみぞかみ」さんが息子さんと一緒に参加なさった。
溝上さんとは、自然村が古里田村の会の前身「田村を育む会」に初めて入会し参加した時以来の再開でとても嬉しかった。

蔵見学
米グルトの仕込みDSC07281.JPG
左の瓶が仁井田本家の米グルト。麹の甘みを酸味が爽やかにしています。DSC07263.JPG
日本人に合った和のヨーグルトです。

日本初のオーガニックスパークリングの樽DSC07282.JPG
             DSC06876.JPG¥2700

           DSC07284.JPG
            DSC07285.JPG
床下を覗き込むと、木桶がありました。DSC07286.JPG
新しい挑戦。蔵付木桶仕込みの木桶がこれですか!

下に降りてみます。タンクが並んでいるのを見上げるのは壮観です。DSC07290.JPG
            DSC07289.JPG
仁井田本家は祖先が残してくれた広大な山林があります。そこは、豊かな湧き水(仕込み水)の源流があります。
仁井田本家の願いのひとつが「自給の蔵になる」です。
豊かな山林の木を使って木桶を作る、その木桶で酒を作るという目標、
間伐材を使ってバイオマス発電をし、電気を自給できるようにしたい。
2025年までに、金沢の田60町歩を全て自然田にするという夢と一緒に
「蔵のある田村町を真に豊かな田舎」にし、自給自足の町&蔵になる
という夢を語ってくれました。

そして、楽しみな利き酒です。DSC07291.JPG
自然酒ブランドの酒
穏ブランドの酒 DSC07254.JPG  
田村ブランドの酒
そして、限定流通商品
めろん3.33、穏 純米吟醸 雄町、 穏 純米吟醸 山田錦
合計16種の酒の利き酒です。

大先輩たちの意見、感想、無茶振りを聞きながら楽しくも学ぶことの多い利き酒です。
今年の田村生原酒は仕込みタンク43号に決まりました。43号と45号が同数票だったそうです。
自然村のお客さんの意見も店主の意見もどちらかで、店主は43号に票を入れていました。
仕込みタンク45号は亀の尾 蔵付木桶仕込み。これの「うすにごり生」を飲みましたら旨い!というので
この日参加店のみの特別注文でお願いしました。


これは、穏 純米吟醸 雄町 です。DSC07293.JPG
旨い!!!!
この雄町がBsで放送されて、欲しいと思いましたが、そのときには既に完売していました。
旨い!!!来年こそは手に入れてお客さんに飲んで頂こうと決意しました。わーい(嬉しい顔)

仁井田本家では自社田の米も亀の尾など在来の品種を多くに変えていこうと考えています。
亀の尾も4種類あって、のげありと、のげなしがあるそうです。亀の尾を育種した阿部亀治さんの亀の尾はのげなしだったということで、今年はのげありとのげなしを栽培するそうです。
雄町も在来の米です。

普段ほとんど全く酒を飲まない私が少しづつながらくいくいと飲んだんですから、
階段を下りるときは腰を落としながら慎重にわーい(嬉しい顔)
でもね、全く嫌な気持ちにならないんですよ。酔っているのは確かなんです。顔は赤いし。でもね、
すーっと体から抜ける感じ。いい感じがすーっとです。

酒ってこんなもん、と思い込んでいる人たちに是非飲んでもらいたいな〜
只今当店で販売の仁井田本家の商品は
にいだしぜんしゅ純米吟醸
にいだしぜんしゅ純米原酒
穏純米吟醸
田村生原酒
田村うすにごり生
田村亀の尾直汲み生
夏の穏 純米吟醸直汲み
料理酒 旬味
日本酒和蔵の稔り
米グルト

仁井田本家の経営理念
   約束を守る

いいじゃないですか〜。
posted by 自然村 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旨い酒

2018年05月26日

郡山へ

明日、日曜日は日帰りで福島県郡山市へ。
仁井田本家で「古里田村の会」の集まりです。
楽しんできます。
報告を楽しみにしてくださいね。

仁井田本家 和蔵の稔り 誕生秘話もしっかり聞いてきます。DSC07261.JPG
梅酒仕込みのお酒の新顔です。
和蔵の稔りには完熟梅が合うそうです。
南高梅の樹上完熟梅でお試し下さい。

玄米焼酎、豊永蔵球磨焼酎には青梅白加賀がお勧めです。
生梅の詳細はこちらをhttp://blog.sizenmura.jp/article/183269414.html
posted by 自然村 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2018年05月24日

入荷情報

昨日出荷、九州からもう届きました。

今週の岩崎政利さんの雲仙たねの自然農園からの野菜は、じゃがいも、人参、茎牛蒡、スイスチャード、ズッキーニ、間引き人参葉。
購入種子の野菜は、新玉ねぎ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、ほうれん草、コスレタス、大根(小)

茎牛蒡は葉を切り落としてあるので茎牛蒡。
根は細いのですが牛蒡です。牛蒡の香りがします。根と茎を切って、茎を湯がいて苦味を抜きます。
根と湯がいた茎をお好みの長さに切ります。ごま油で炒め、味醂、醤油できんぴらのように味付けします。
胡麻を振ってどうぞ。苦味が好きな人は湯がかず調理してもいいです。
お酒の肴になりますし、ご飯のお供にもなります。

池松さんは、
陵西一寸空豆、エルワンレタス(サニーレタス)、おたふく春菊、春まき山東菜、小松菜、みやまこかぶ、嘉禎にんにく、甲州赤玉ねぎ,


空豆とにんにくをたくさんいただきましたので、たくさん買ってくださいね。

明日は熊本の澤村さんの有機トマト、塩ミニトマト、沖縄のパイナップルなどが入荷します。

想いやり生乳入荷です。

posted by 自然村 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

深谷もやしでとん平焼き

相葉マナブで知ったとん平焼きを作ってミマシタ。DSC07270.JPG
           DSC07271.JPG
各ひとり一皿づつ
材料:深谷もやし400g、ぐるめくにひろの豚の細切れ1袋、親田高原の卵6個、タイコウの本枯節かつおぶしの粉、向井珍味堂のすじ青のり、ヒカリのお好みソース
調味料:土佐の海天日塩、クラタペッパー黒胡椒

今日ネットで調べたら、マヨネーズ、紅生姜添というのもありました。具はキャベツや韮などもありました。

相葉マナブで登場の出汁なし味噌汁。これも作りました。沸騰したお湯にもやしを入れて味噌を溶くだけ。
もやしの根から出た出汁で美味しかったです。ちゃんとした味噌を使っているので良いのだと思います。

豆ご飯 食べた?

今年も 豆ご飯 食べましたか?

我が家は昨夜、今年初めての豆ご飯炊きました。DSC07273.JPG
おひさん自然農園のうすい豌豆は完売してしまいましたので、エジプト豆で作りました。
エジプト豆の鞘の茹で汁を炊き込み水に使ってみました。

豆ご飯を炊くと何だかとっても嬉しいんです。

辻嘉一さんが「青豆ご飯は初夏の炊き込みご飯の王座です。」と書いていらっしゃいます。
この嬉しさは「王座」の御威光でしょうかぴかぴか(新しい)

たくさん炊きましたので、朝、冷えた残りをお釜から杓文字ですくって、そのまま指で摘んで食べました。
もっと食べたくてもう一回。
お茶碗に装って食べるのとまた一段美味しくわーい(嬉しい顔)
豆ご飯は炊き立てももちろん美味しいですが、冷えた豆ご飯はご飯にお豆の風味と塩が馴染んで、更にお豆の味わいが立つような気がして大好きです。
だから、豆ご飯のお結び大好きハートたち(複数ハート)

これは、エジプト豆となごみ農園さんのうすい豌豆を鞘焼きしました。DSC07274.JPG
             DSC07277.JPG
最近流行の空豆の鞘焼きと同じです。

おひさん自然農園さんの豌豆豆を買ってくださった若いお母さんたち。
小さなお子さんと一緒に鞘から豆を剥いたんですって。
豆ご飯、とっても美味しかったと喜んでくださいました。

お母さんと一緒にご飯の支度をする。玉ねぎの皮むきや蕗の筋取り、鞘豆の筋取りなどなど、
ご飯の記憶と共に、こども心にきっと楽しい記憶になると思います。

なごみ農園さんのうすい豌豆はまだたくさんあります。
おひさんのエジプト豆はもう少しあります。
初夏の王座の味、一年に一度はいかがでしょうか。
posted by 自然村 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年05月23日

入荷情報

毎週水曜日は飯塚商店 深谷もやし400g¥310の入荷日です。
先日のTV番組「相葉マナブ」で、もやし農家と自ら名乗った飯塚雅俊さん、胸を張ってましたね。
奥さんも堂々として料理を紹介してました。
もやしの「とん平焼き」、美味しそうでした。私知らなかった。
お客さんに話したら「とん平焼き」ご存知でした。おふたりとも関西ご出身でした。

飯田さんは自家採種の絹さやとスナップ豌豆、購入固定種の千筋京水菜、ルッコラ、ルッコラ&水菜&赤水菜のサラダミックス。
最近、雨が時々降っています。らっきょうにとっては良い感じ。先日試し堀りした予想量よりも増えるといいな〜と、願っています。昨年も20kg足らずの予想が収穫時には50kgになっていたのです。
予約を承っています。http://blog.sizenmura.jp/article/183262197.html

橋本農園さんは、購入固定種の富士早生キャベツ以外は全て自家採種。
新玉ねぎ、葉付黒田5寸人参、にんにく

なごみ農園さんは全て自家採種・炭素循環農法
ビーツ、サニーレタス、玉レタス、インカのひとみ(じゃがいも)、うすい豌豆

親田高原の卵

がんじいさんのキーマーカレー中辛・辛口、麻婆三昧、ミートソース

ポラン広場からは有機ブロッコリーが再開です。山椒の実が始まりました。
沖縄のパイナップル ピーチパインとボゴール種(別名スナックパイン)お勧めですよ。
ファンが増えて来ました。大豆工房みやの油揚げや豆腐。絹、そふと木綿、木綿、ごま絹、柚子豆腐(絹)。初めて食べる人は先ずは何も付けずにそのまま味をみてください。

冷凍魚のお勧めは、めかじき切り身。通常2切れ¥530のパックですが、スポットで4切れ¥980。
めかじき切り身は和風洋風問わずさっと調理できて美味しい魚です。
塩糀に漬けておくと更にふっくら焼きあがります。DSC07264.JPG
posted by 自然村 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2018年05月21日

おひさん自然農園

晴れおひさん自然農園さんから
うすい豌豆、エジプト豆、仏国大絹さや、日本絹さやが届きました。
昨日の朝収穫して送ってくださいました。

今日の到着を楽しみにしてくださって朝から来てくださったお客さんたち。
ヤマトの配達がまだで、店主が配達車まで取りに行きました。
待っていてくださってありがとう!!

たくさんのうすい豌豆とエジプト豆。
一週間前はまだ実り始めで初々しい若鞘豆でしたが、今回はすっかり生長し成熟豆・次の世代へのバトン準備豆へと変化していきます。
おひさんの畑では、来年へ向けての種採り準備に入られます。

今や盛りの うすい豌豆エジプト豆
うすい豌豆は先週と変わらず皮が薄く実も柔らかく、
エジプト豌豆は少し皮が厚くなっています。
今回で今年のおひさんの青鞘豆はおしまいです。

貴重なお豆を本当にありがとうございました!
今年もおひさんの気持ちをみなさんにお届けすることができます。
自然農のどこまでも優しいお豆です。
posted by 自然村 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

深谷もやし

昨日の日曜日のテレビ番組 相葉マナブ をご覧になった方いますか?
見ました。
深谷もやし 飯塚商店さんが登場しました。DSC05401.JPGDSC05404.JPG
           DSC05427.JPG
ブラックマッペの発芽の様子、発芽熱のこと、発芽の状態を見極める力のこと室の中でぐいぐい根と茎を伸ばすもやしの姿。
水遣りも、気温湿度・もやしの状態を見極めてのこと。
飯塚さんは、「もやしの声を聞く」と表現しています。

緑豆もやしの台頭、時流にもめげず、美味しいもやしの味だからとブラックマッペもやし栽培を守ったご両親の写真も紹介されました。


深谷もやしを使った数々の料理、作ってみたい料理ばかりでしたね。

番組の中で、一番、あっ!これだ!と思ったのは、
もやし農家 と表現したことでした。
私が思っていた通りです。
深谷もやしは機械とベルトコンベアーで作られる工場製品ではなんですね。
室という畑の中で栽培される野菜なんです。

毎週水曜日 飯塚商店深谷もやし400g¥310は入荷していますこれからもよろしくお願いします。

2018年05月19日

生梅 予約承ります。

今年も梅仕事の準備です。
         ご注文はお早めに!
      締め切り日にご注意ください


奈良県西吉野の西北さんの生梅の予約を承ります。
遠方の方は発送もしております。メール、電話にてお問い合わせご注文ください。

今年は高温のため、産地では例年よりも5〜1週間程収穫が早まります。

先ずは梅シロップ、梅ジュース・梅酒に最適の品種 白加賀から始まりますよ〜るんるんDSC05705.JPG


西北さんが丹精込め育て、丁寧に選別してくれた梅。皆さまにきっと喜んでいたただける品質の梅をお渡しします。
梅を初め、砂糖・焼酎・みりん・塩・縮緬紫蘇など材料のご用命をお待ちしてます。
ご自宅へ梅の産地直送も承っています。問い合わせください。
       今年の梅のご案内です
奈良県西吉野の山の中腹で梅と柿の木に囲まれて暮らす西北さんが育てた、とびっきりの梅です。
・化学肥料、除草剤及び成長抑制剤は使っていません。
・黒点病とハダニ防止のために硫黄合剤を3回使用しました。硫黄合剤は有機認証で認められる農薬です。

梅干し用の梅は樹上で種が完熟したものをお届けします。ですから、届いて直ぐに漬けることができます。水に一晩つけるような手間は必要ありません。
青梅を置いて追熟させたものとは別物の美味しさです。
特にお奨めの淋州は皮が軟らかく美味しいと評判です。
 
毎年白加賀でカリカリ梅を漬ける方がいます。西北さんの梅は本当にかりかり美味しく漬かるんですってるんるん
@ 梅酒・梅ジュース・シロップ用 青梅白加賀1kg¥1000  
注文締切6月4日(月)→お渡し日予定6/8(金) 白加賀はエキスがよく出ると西北さんお奨めの品種です。
A梅酒用青梅南高梅1kg¥1000
注文〆切6月16日(土)→6/20(水)お渡し予定
B完熟梅干し用 淋州1kg¥1000
注文〆切り6月16日(土)⇒6/21(木)お渡し予定
西北さんは「梅干しにするなら、皮が薄く果肉が軟らかい淋州がおいしい。」と言っておられます。 
お客さんからも毎年好評で喜んでいただいています。

お客様が淋州で作った梅干です。http://blog.sizenmura.jp/article/180474737.html
C完熟梅干し用完熟梅酒・シロップ用南高梅1kg¥1000
 注文〆切6月16日(土)⇒6/21(木)お渡し予定
  *粒の大きいほうがいい方は、南高梅をご注文ください。
 
*完熟南高梅を使った梅シロップも香り高く美味しいです!今年は青梅のさっぱりした梅シロップと果肉も入った完熟梅シロップの両方をつくりませんか!
有機もみ紫蘇 
D300g¥439(梅1kgに1袋)
E500g¥667(梅2kgに1袋)
 よい塩を使いましょう。
G土佐の天日塩 あまみ 500g¥1630(価格改定になりました) 、H海の精500g¥1200、I1,5kg¥3000
Hポラーノの砂糖 洗糖500g¥270、1kg¥450
飯田さんの絶品縮緬赤紫蘇は7月のお渡しです。
ご注文の案内は後ほど致します。

梅酒作りの焼酎などは、
http://blog.sizenmura.jp/article/183269210.html
その他、有機純米酢、ブランデーなどのご要望があればお問い合わせください。

梅のお渡し予定日は成育状況によって変更になる場合があります。予めご了承ください。

生梅 梅酒作りに

生梅のご案内をする前に紹介します。

ホワイトリカーとは一味違う梅酒作りに、
せっかくの家仕込みだからこそ、良い材料でるんるんDSC07261.JPG

すでにお馴染み、
小正酒造の玄米焼酎35度1.8L¥2890
無農薬米 豊永蔵球磨焼酎35度1.8L¥3700
*みりんはアルコール度数が13.5度と低いので酒税法によって梅酒作りに案内することはできません。
(ただ、味醂も店で販売しています。というご案内です。)
(角谷文治郎商店 三河みりん1.8L¥2320)
(角谷文治郎商店 有機三州みりん1.8L¥3240)

新商品です。
自然酒の仁井田本家 純米原酒 和蔵の稔り 1.8L¥2760 
100ml中700mgというアミノ酸群を含有する無農薬有機米の純米原酒です。アルコール分20%

和蔵の稔りをプロデースした片山雄介さんの紹介文です。
旨味あふれる梅酒作り
一般的に梅酒はアルコール分35%の焼酎に青梅を漬け込みます。しかし、濃醇でアルコール度数の高い(20%以上)純米酒で漬けると醸し出されたお米の旨味成分に梅の酸味が溶け込みますので蒸留酒のそれとは全く違う味わいに仕上がります。是非お試し下さい。
駐車場・作り方のポイント・
・やや熟した黄色い梅がお勧めです。勿論、青梅でも美味しく仕込めます。
 自然村では西北さんの樹上完熟南高梅がお勧めです。
2.濃醇な「和蔵の稔り」の旨味と梅の酸味のコラボを味わいたい場合は、甘味料は良質なものを選び少なめに加えてください。配合比は「和蔵の稔り」1.8Lに対して梅600g、甘味料300g程度をひとつの目安にしてください。


飲んで腸活!

自然村の冷蔵ケースには腸活商材が結構たくさん並んでいるな〜
          DSC07263.JPG
仁井田本家 米グルト 490ml¥700 
         定量下限1bq/kg以下不検出
蔵付き乳酸菌の乳酸飲料です。ノンアルコールなのでお子様も飲めます。
爽やかな酸味とお米の優しい甘みのバランスがとてもよい美味しい米グルトです。
ストレートで爽やかに飲めます。
また、
奥会津金山の天然炭酸水で割ったり、
100%ジュースを凍らせて米グルトとミキシングしてシェイクにしても美味しいです。

想いやり生乳720ml¥1500は、日本で唯一、一切加熱殺菌していないありのままの乳牛の乳です。
だから、酵素・乳酸菌がすべて生きています。加熱すると酵素は45℃、乳酸菌は50℃でほぼ死滅します。乳本来の力を備えているのは、想いやり生乳だけです。

想いやり生乳は毎週、土曜日までに予約いただけば翌週金曜日にお渡しできます。

夏の飲み物

きりっとしたのど越しの炭酸が飲みたくなる暑い日。

コンビニや自販機の炭酸飲料ノミスギ注意報が天気予報で流れます。(そんなことありかわーい(嬉しい顔)

水代わりにきりっと飲んでリフレッシュしましょう。
奥会津金山 天然炭酸水 再開です。
ゲルマニュウム半導体検出器による定量下限1Bq/kg(検出下限0.7Bq/kg)の高精度検査結果、不検出

            DSC07262.JPG
山懐に抱かれた福島県会津金山町に湧出する天然炭酸水です。自然まかせ故に、限られた量しか採水できないとても貴重な水。
ほど良い刺激の美炭酸、硬度が低い軟水のため日本人の味覚にも適しています。

100%ジュースを割ったり、自家製梅シロップや、
やーやまやの水を一滴も使わないジンジャーシロップを割ってジンジャーエールを楽しんだり、
スペアミントなどハーブを浸けてお楽しみください。
もちろん、お酒もいいですね〜ハートたち(複数ハート)
350ml¥165 、6本まとめてなら¥960のお買い得。

夏野菜で腸活!!

年季の入ったぬか床を維持している人を尊敬します。
今年こそと意気込んでも、途中で挫折することの多い糠漬けですが(私のこと)

買った糠漬けよりも断然美味しい「お家ぬか漬け」ですねるんるん

今年も再チャレンジexclamation&questionしましょうか。
うれしいぬか床 1kg¥1385 今年も入荷しました。DSC07268.JPG

無農薬無化学肥料栽培米の新鮮な糠を乳酸発酵させたぬか床。
買って直ぐに本漬けできます。
今晩漬ければ明日の朝食から。

こちらは、ぬか床の匂いが気になる人、かき混ぜる手間を掛けられない人、
出張とか家を空けることの多い人向けのぬか床。
冷蔵庫に置いて漬けます。
におわない ぬか床¥800DSC07267.JPG
ウエダ家の自然発酵乳酸菌とポラン広場の生産者 青森県の自然農法の第一人者三上新一さんの自然農法有機米のぬかのコラボ商品です。
我が店の賄いでもこのぬか漬けが登場しています。わーい(嬉しい顔)
ウエダ家についてはネットで検索して下さい。

乳酸菌と食物繊維の美味しいダブル腸活!!ですね!
適度な塩分補給も暑い夏にぴったり!

2018年05月18日

飯田さんのらっきょう 予約承ります。

ご注文を順調にいただいています。
飯田さんのらっきょうの予約受付を始めます。

収量見込みが少ないので申し込み先着順です。大量のご注文はご勘弁下さい。
おひとり5kg以下でお願いします。

飯田さんと相談しまして、6月14日入荷の予定です。
飯田さんのらっきょうが収穫量に達した場合は、それ以降は、鹿児島有機または茨城の有機らっきょうをご案内いたします。

飯田さんのらっきょうは素晴らしいですよるんるん
丁寧な選別の土付きらっきょう1kg¥1200
DSC04169.JPG
毎年大変いいらっきょうです。DSC04170.JPG
完全無農薬・無肥料栽培
有機肥料入れない(もちろん化学肥料は入れない)でらっきょう作りは量はとれないです。有機肥料や化学肥料を入れれば収量を増やすことは容易ですが。
それに飯田さんはマルチ(石油資材)を使わないので除草の手間も必要です。
暑い8月の植え付けの時期から6月までの栽培と栽培期間が長く、広い面積を独占します。
収穫、選別にも手間がかかります。

手間がかかって割に合わないらっきょう作りを自然村のお客さんのためにしてくださっている。
ただただ有難いらっきょう作りです。

折角の飯田さんのらっきょうです。
伝統製法の良い酢・塩・砂糖・蜂蜜を使って漬けてください。
海の精の塩、土佐の天日塩あまみ・富士酢・河原酢造老梅有機純米酢・洗糖のご注文も承っています。

らっきょう漬けにまつわる思い出です。昨年のブログ記事です。お時間があれば読んでください。
http://blog.sizenmura.jp/article/179980178.html

6月の農産物の予定

今日はクーラーを入れました。
人間のためにというよりも、野菜や商品のために、という理由が大きいです。
暑くて葉っぱが黄色くなるのが早いんです。1日であっという間。
お買い物も必要な分をこまめに、がよさそうですね。
そうしたくてもお買い物する時間もないという方もいらっしゃいますね・・・

今年は暑い。
これから6月いっぱいまで、自然村は年末に次ぐ忙しさになります。
らっきょう、青梅、完熟梅、縮緬赤紫蘇の予約受付、さくらんぼのご案内・予約受付、発送手配と目白押しです。
・青梅、完熟梅は例年よりも5日から1週間ほど早く収穫が始まります。
・らっきょうは6月半ばを予定です。先日試し堀りをして収穫量予想を立ててくれましたが、
なんと!例年の半分位 18〜23kgの予想です。
・さくらんぼ佐藤錦は6月20日位開始。例年位の時期です。
・縮緬赤紫蘇は7月上旬から半ば。発芽してます。

なるべく早く正式なご案内ができるよう努めます。
よろしくお願いします。

2018年05月17日

入荷情報

福岡の池松さんから届きました。
後関晩生小松菜、春まき山東菜、みやま小カブは購入固定種です。
それ以外は自家採種です。
陵西一寸そら豆、おたふく春菊、春播き山東菜、みやま小かぶ、後関晩生小松菜、嘉禎ニンニクです。

ニンニクの芽が好評でしたが、瑞々しい新にんにくとして登場です。

池松さんが就農して以来、ずーっと作り続けているにんにくです。年々皮の赤の色が強くなっている気がするそうです。
嘉禎ニンニクと蚕豆を多めの油で炒めたのが美味しかったそうですよ。

明日は、ポラン広場から大豆工房みやさんのお豆腐類初め、毎日のし暮らしを楽しく豊かにするものたちがたくさん入荷します。
大好評の沖縄のパイナップルもあります。

想いやり生乳が入荷します。

ろばやさんの焙煎仕立ての有機珈琲豆や紅茶、アイスリキッド珈琲も入荷します。

そろそろ、生梅やらっきょうのご案内もしなくてはいけません。

暑くなりましたが、お越しをお待ちしています。







posted by 自然村 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2018年05月16日

田村 好評!

武蔵関駅北口にあるお鮨屋さん 
飯田鮨店さんは、小さな店構えながら吟味したねたとご主人の職人技の光る評判のお鮨屋さんです。
飯田鮨店では日本酒は仁井田本家の純米吟醸田村だけを置いていらっしゃいましたが、
ご主人が気に入ってくださって、
只今田村亀の尾直汲み生原酒を置いていらっしゃいます。
お客様に好評のようすです。DSC07152.JPG

美味しい鮨を食べに、お出かけください。
武蔵関駅北口を出て、花屋さんの角を曲がって直ぐです。
東京都練馬区関町北4丁目3-9 ・ 03-3928-6995

2013年4月8日、仁井田本家18代当主仁井田穏彦氏を招いて「田村の会」を飯田鮨さんで開いた時の写真です。DSC00794.JPG

posted by 自然村 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

駿河湾の春漁 予約

駿河湾の春です。
       海の宝石 桜えびと釜揚げしらす
       DSC04099.JPG
桜えび漁は資源保護のため毎年春と秋、それぞれ約2ヶ月に漁期が限定されています。
限られた期間にしか味わえない、旬の味を今年もお楽しみください。

産卵に備えて身が太ってくる春漁の桜海老は特に美味しいとされています。
質・味ともに日本一といわれる駿河湾のしらす。

明治創業より5代続く老舗、原浦商店が、由比漁港で水揚げされた新鮮な桜えび、しらすを職人の目利きと技で釜あげています。
若干数冷凍庫に置いて販売しますが、予約をお受けいたします。
生桜えび100g¥825、釜あげ桜えび100g¥875、
釜あげしらす100g¥645

2018年05月15日

入荷情報

ご実家のお米の種まきの都合で、橋本農園さんから1日早く納品です。

自家採種・無肥料・無農薬の新人参葉付き
自家採種・無肥料・無農薬の新玉ねぎ
自家採種・無肥料・無農薬の青ふき
購入固定種の富士早生キャベツ

飯田さんは昨日持ってきてくれました。
購入固定種・無肥料無農薬 
・東京べか菜・千筋京水菜・赤水菜・ルッコラ
 千筋京水菜と赤水菜とルッコラを一袋に入れたサラダセットも作ってくれました。
自家採種の
きぬさや、スナップ豌豆

山形県伝統野菜のおかひじきなども入荷しています。
posted by 自然村 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2018年05月14日

母の日 サムゲタン風

ぐるめくにひろさんの骨付きもも肉が数本あったので、
何にして食べようかと考え、いろいろなメニューが候補にあがりました。

ひとつは、
佐久間さんの神楽もち米があるので、
サムゲタンにしようということになりました。
私は座ってやりたかった縫い物をしています。
娘が作ってくれました。
丸鳥でなく、中に詰め物をしないので、正しくはサムゲタン風。
鶏がらでスープも採ってあります。
柔らかくなったクコの実の甘さも美味しいです。
青ネギは、プランターに植わっているやぐらねぎです。何年物でしょうexclamationわーい(嬉しい顔)
            サムゲタン風.jpg
母の日の素晴らしい晩御飯でした。
器に残る汁も舐めたいくらいの優しく味わい深いサムゲタン風。
うるち米と鶏肉のお粥は時々作っていましたが、
鶏のうま味を吸ってとろとろに煮えたもち米の美味しさ。
実母にも食べさせてあげたくなりました。

実家の母と電話で話しました。耳が遠くなっているので携帯にイヤホーンを付けて大声で話します。
弟が傍で介添えしてくれています。
母からいつも世話をしてくれている弟への感謝の話を聞きました。

親のいる有難さと
子のいる有難さをしみじみ思いました。
それは 親や子が生きているにせよ、居ないにせよ、
私が今ここに生きている有難さに繋がることだと思いました。

posted by 自然村 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)