2018年05月09日

入荷情報

佐久間さんからも青鞘豆です。
オランダエンドウ豆です。
DSC07243.JPG
自家採種・不耕起・草生自然農。
昭和のせんべい、無肥料天日干神楽もち米(自家採種)も一緒にいただきました。

昨日、刈屋さんが家から10kmほど離れた標高500mほどの山まで採りにいってくれた天然の山菜がたくさん届きました。
清らかな薄みどりの葉のふきのとう初め、こごみ、赤こごみ、こしあぶら、タラの芽、うるい、
山独活はたくさん採ってくれました。
今シーズンはこれで最後です。
てんぷらは定番ですが、こしあぶらもタラの芽も茹でてお浸しで食べるのも風味を味わえます。

毎週水曜日は飯塚商店 深谷もやし400g¥310の入荷日です。

もやし本来の味と生命力を食べて下さい。ノンエチレン
ポラン広場の生産者さんの水菜。
幸せの水菜です。ハートたち(複数ハート)DSC07247.JPG

熊本 澤村さんの塩ミニトマト。DSC07244.JPG
減農薬無化学肥料です。とてもとても美味しい!
のどを潤すのに缶ジュースやペット飲料よりも断然いい。るんるん
洗って容器に入れてテイクアウトにしようかと思うくらい。わーい(嬉しい顔)
posted by 自然村 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

世界でもほぼ入手困難な!?

あるネット通販サイトで
「この新タマネギは、日本のみならず
世界でもほぼ入手困難な
「自然栽培・固定種」の新タマネギです。」
と案内を読んで「凄いコピーだな」と思いました。わーい(嬉しい顔)

橋本さんやセトヤマさんや池松さんの玉ねぎも「世界でもほぼ入手困難な玉ねぎなんだな〜」って笑っちゃいました。(ごめん)
玉ねぎを食す日本の人口、世界の消費量から考えたら、固定種の玉ねぎは本当に貴重なんだと思います。

そうであるなら、
本日から始まった橋本農園さんの自家採種・無肥料・無農薬の玉ねぎは、
金の草鞋を履いて探して歩いてもめったに手に入れることのできない玉ねぎです。
自家採種 錦毬早生玉ねぎDSC07242.JPG
それは、金の草鞋は大げさでもなく、
玉ねぎの自家採種はとても難しく、本当にめったに出会えないのです。
           DSC07241.JPG
種を採り続けて8年、諦めないで精進した橋本さんの真面目さが素晴らしい。

葉付の黒田5寸人参も一緒に販売です。DSC07240.JPG
ようやく、今シーズンも、
F1でない、雄性不捻でない、健康なミトコンドリアの自家採種の人参と、玉ねぎを並べて販売できます。

固定種・自家採種の本当に健康な野菜をみなさんに食べてもらいたいという願いで野菜を揃えています。

雄性不捻については野口勲さんの著書「たねが危ない」や野口種苗のHPなどを参照してください。
posted by 自然村 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜