2018年05月21日

おひさん自然農園

晴れおひさん自然農園さんから
うすい豌豆、エジプト豆、仏国大絹さや、日本絹さやが届きました。
昨日の朝収穫して送ってくださいました。

今日の到着を楽しみにしてくださって朝から来てくださったお客さんたち。
ヤマトの配達がまだで、店主が配達車まで取りに行きました。
待っていてくださってありがとう!!

たくさんのうすい豌豆とエジプト豆。
一週間前はまだ実り始めで初々しい若鞘豆でしたが、今回はすっかり生長し成熟豆・次の世代へのバトン準備豆へと変化していきます。
おひさんの畑では、来年へ向けての種採り準備に入られます。

今や盛りの うすい豌豆エジプト豆
うすい豌豆は先週と変わらず皮が薄く実も柔らかく、
エジプト豌豆は少し皮が厚くなっています。
今回で今年のおひさんの青鞘豆はおしまいです。

貴重なお豆を本当にありがとうございました!
今年もおひさんの気持ちをみなさんにお届けすることができます。
自然農のどこまでも優しいお豆です。
posted by 自然村 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

深谷もやし

昨日の日曜日のテレビ番組 相葉マナブ をご覧になった方いますか?
見ました。
深谷もやし 飯塚商店さんが登場しました。DSC05401.JPGDSC05404.JPG
           DSC05427.JPG
ブラックマッペの発芽の様子、発芽熱のこと、発芽の状態を見極める力のこと室の中でぐいぐい根と茎を伸ばすもやしの姿。
水遣りも、気温湿度・もやしの状態を見極めてのこと。
飯塚さんは、「もやしの声を聞く」と表現しています。

緑豆もやしの台頭、時流にもめげず、美味しいもやしの味だからとブラックマッペもやし栽培を守ったご両親の写真も紹介されました。


深谷もやしを使った数々の料理、作ってみたい料理ばかりでしたね。

番組の中で、一番、あっ!これだ!と思ったのは、
もやし農家 と表現したことでした。
私が思っていた通りです。
深谷もやしは機械とベルトコンベアーで作られる工場製品ではなんですね。
室という畑の中で栽培される野菜なんです。

毎週水曜日 飯塚商店深谷もやし400g¥310は入荷していますこれからもよろしくお願いします。