2018年06月30日

雲仙たねの自然農園 夏の野菜セット直送便のお知らせ

雲仙たねの自然農園 岩崎政利さんの畑から
晴れ夏野菜セットの直送が始まります

7月4日発送から再開です。

在来の夏野菜セット(玉ねぎのみ購入種子)はなんと!7月いっぱいか、8月上旬〜中旬までのほんの短い期間です。年々気候の変化の影響で夏野菜セットの期間が短くなっているようです。
1セットは10品種ほどの野菜が箱いっぱいに詰められています。

急なご案内でごめんなさい。来週分をご希望の方は、7月1日(月)までに

メールshop@sizenmura.jp
または電話03−5927−7787
又はFAX03−5927−7880    へ、
お名前・住所・電話番号を明記してお申し込みください。


先週、店に届いた岩崎さんの野菜。
平家きゅうり
ちいさいのもありますが「これはきゅうりです。」というと皆さん驚かれる大きさ太さですが、皮の色の美しいこと!目

さてさて、下記のブログは直送野菜を長年取り続けてくださっているお客様のお便りを紹介したものです。
岩崎さんの野菜についてよく書かれていると思い再度紹介します。
お読みくださいね。
http://blog.sizenmura.jp/article/101808077.html

価格をお知らせします。ヤマトクール便でお届けのセット価格は、
定期購入隔週又は毎週購入の場合は¥4820(クール便代・税込み)
スポット又は月1回の場合は¥5060(クール便代・税込み)

よろしくお願いします。
posted by 自然村 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

誤魔化しのない、蚊取り線香

FBがご親切に、6月30日の過去の記事を教えてくれました。わーい(嬉しい顔)

それが、我ながら素晴らしいレポートなのでここに再紹介することにします。

2016年6月30日のブログ・FB記事です。わーい(嬉しい顔)

以前販売していた蚊取り線香(かえる印)を昨年から訳あってりんねしゃのものに変更しました。
煙の匂いは以前よりも刺激が少ないと思います。
          DSC04265.JPG
蚊取線香もね20巻¥890、アロマの防虫菊花せんこう30巻¥940、角型菊花せんこう32巻¥730
釣り下げ式線香ホルダー¥1150
もねは、菊花せんこうの3倍の除虫菊粉が使われています。

まちゼミを終えた後、


代々木ビレッジで開催されたエコ雑貨のイベントに行ってきました。

りんねしゃの蚊取り線香のワークショップに店主が参加。私は取材。
           DSC04223.JPG
           DSC04224.JPG
           DSC04225.JPG
           DSC04235.JPG
原料は写真に写る材料と水、北海道滝上の自社農園で栽培される和種薄荷精油が防腐剤として使われるという実に明確、嘘ごまかしのないものであります。
除虫菊は北海道と中国の自社農場で栽培される在来種除虫菊。でんぷんは遺伝子組み換えのない北海道産じゃが芋でんぷん。防腐剤もソルビン酸ではなく、和種薄荷精油を使ています。タブ粉も出所のわからない廃材は使っていません。

 蚊取線香は食べるものでないので、遺伝子組み換えのとうもろこしでんぷんでもソルビン酸を使っても人体に影響ははないと思いますが、
ですが、在来の除虫菊を絶やさないように守り育て蚊取り線香にして販売し、収益を除虫菊の栽培に還元していく。和種薄荷を育てる、北海道産のジャガイモを使うなど、りんねしゃさんの企業理念そのものの蚊取り線香だと思いました。

蚊取線香の製造方法を教えてもらいました。もちろん実際は機械生産ですが、
基本はパン職人さんみたいに熟練の技術がいるんです。
天然の原材料はその年ごとに質が違うのが当然ですが、従って原料の配合、水の量など職人の勘と技が必要なんです。
大型機械でする作業をわかりやすく説明してもらいました。
           DSC04231.JPG
           DSC04234.JPG
           DSC04236.JPG
           DSC04240.JPG
           DSC04244.JPG
           DSC04245.JPG

ワークショップでは棒状の蚊取線香が出来上がりました。

りんねしゃさんの蚊取線香に切り替えてほんと良かったと実感したワークショップでした。
安心してお客さんに説明し販売できます。