2018年09月07日

お楽しみに!

魔法の庭さんが味見にと入れてくれた。
というか、
電話での話の中で、オネダリしたプルーン。

メープルプルーンが2個
この間の台風の風で落ちたのです。

大きいな。

がぶり!

わ〜ぁ!DSC07596.JPG
汁が垂れる〜!甘い〜!!
掌 濡れた。

汁が垂れるプルーンを食べるの初めてだよ〜わーい(嬉しい顔)

メールを書こうとして止めた。
電話だ電話。

熟して全部欲しいです!

欲張りです。

熟度を見て良いころに送ってもらえます。るんるん

木は1本。
施肥をしないので沢山枝を伸ばして沢山実を実らせていないそうです。
この間の台風の風で落ちてしまったこともあって
そんなにたくさんはないそうです。

来週、知らせを楽しみに待ちます。ハートたち(複数ハート)
ほっほほーーーーーるんるんDSC07595.JPG

ツルムラサキの茎

世田谷区経堂にある
引頭佐知さんの出汁とり料理教室のブログを
お勉強のために拝見しています。

あら、お客さんが写っています。わーい(嬉しい顔)
https://blog.goo.ne.jp/kinomian/e/51e119bd15f132f3ef1a8b95d3cb2d84
成るほど〜と思ったツルムラサキの調理法。
こんなふうに茎を使うのはいいですよね!
試してみませんか。
つる紫は茹でるとぬめりがでます。
カンカン照りの日差しを跳ね返すかのように新緑の大きな葉を広げて力強い夏野菜です。
何年か前、雲仙の岩崎さんの小屋で、オーガニックベースの奥津典子さんと当時雲仙国際観光ホテルの西洋料理料理長だった山本晋平さんが即興で作った料理の中に、
焼いた青茄子に叩いたツルムラサキをのせたものがありたことを思い出しました。
http://blog.sizenmura.jp/article/102840051.html

茄子の鶏そぼろ餡かけも美味しいですよね〜るんるん

こちらは宣伝です。演劇
岩崎さんのつるむらさき
岩手産 有機長芋
ポラーノの鶏ひき肉バラ凍結
佐久間さんの真黒茄子
posted by 自然村 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

入荷情報

今週の岩崎政利さん 雲仙たねの自然農園からの野菜は、玉ねぎのみF1品種ですが、
その他は種採り野菜です。
じゃが芋(西豊)・5寸人参・冬瓜・エンサイ(空芯菜)・伏見甘長ししとう・ツルムラサキ・モロヘイヤ・
野菜えごま(葉えごま)

私は日曜日に野菜えごまでキムチを仕込みました。
冷蔵庫に寝かしてあるんですがもう食べようかな。

自然村の南瓜が多様性豊かになってきました。

勝間南京
北海道地南瓜
打木赤皮栗南瓜
ぼっちゃん南瓜
バターナッツ南瓜
鶴首南瓜
三毛門南瓜

しっとり系ねっとり系の南瓜が多いですが、それぞれの個性を見出したいものです。
しっとり系の南瓜は薄くスライスして生でサラダに入れたりやラペにも色が美しく、味も淡い甘さで良いように思います。
また、煮ては水っぽくて味も薄く物足りなく思うかもしれませんが、
ポタージュにすると抜群の味になります。

鶴首南瓜は長く置いておくと熟して、バターなどで焼くとお菓子のようです。

今年は岩崎さんのモウイは大雨のために畑で傷んでありません。
池松さんのモウイをご利用ください。
辰巳芳子さんのレシピに、
モウイを使った豆乳スープがあるそうです。
モウイと油揚げを出汁で煮て味を調え、最後に豆乳を入れるそうです。
彩に枝豆と茗荷を散らすのだそうですよ。
iikarakanの茗荷も枝豆湯上がり娘もあります。わーい(嬉しい顔)

チャルジョウ農場だけのミニトマト紅涙と黄色ミニトマトが入荷です。

福島県須賀川の箭内さんから豊水が届きました。
粘土鉱物というのを畑に入れて、余分な窒素分を吸着させ、硝酸態窒素の少ない食べて健康になる果物造りをしています。
農薬は木酢液で薄めています。化学肥料は20年以上一切入れていません。
とても甘く瑞々しくちょっとの酸味がアクセントになる
豊水独特の香気のある梨です。
もう少し後にはかおり梨が始まります。
かおり梨は毎年親戚への贈り物にします。

午後には魔法の庭のプルーンすもも梨が届きます。
posted by 自然村 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報