2018年10月18日

秋の味覚がいっぱいだ〜

お客さんのお庭のすすきをいただきました。DSC07719.JPG
秋の味覚が次々に〜
香川県 宮下さんの自然農法有機みかん
西北さんのたねなし柿
DSC07718.JPG

山形真室川の無肥料無農薬 栗DSC07717.JPG
1kgと500gで販売してます。冷蔵庫に保管していると甘くなるんですって。虫対策にもなるるんるん

佐渡の古澤さんの露地原木舞茸と露地原木なめこを同時にいただくことができたexclamation×2
           DSC07724.JPG
原木舞茸はこれで今シーズン最後になります。
炊き込みご飯を2合のお米で作ると舞茸1pはあった方がよい!
(どんどこ売れて完売しました。ありがとうございます。)

露地原木なめこはこれが初物なんですよるんるんDSC07725.JPG
生まれたてほやほやハートたち(複数ハート)

福島 須賀川の箭内さんのかおり梨入荷DSC07646.JPG
本当にいい香りハートたち(複数ハート)
大口の60箱を送ったところだって。私もいつか60箱を注文できるようにしたいとメラメラと燃えた。パンチ

青森 渋谷さんの
無肥料無農薬栽培の紅玉100%ストレートジュース
を頂けました。ハートたち(複数ハート)
渋谷さんが「紅玉だから酸味があります、酸味があります。いいですか」と何度も云われるので、
どうなんだろう〜と飲んでみたら、
な〜んだ、酸味があってめちゃうまじゃない。やったーるんるんDSC07721.JPG
今年は青森は黒星病が蔓延して、完全無農薬の渋谷さんの林檎も生食できるのはほとんどない状態だそうなんです。
ジュースにします。
とても美味しいので家族で贈り物で飲んでくださいね。ハートたち(複数ハート)
それこそ60箱も注文できるくらいになりたいな〜わーい(嬉しい顔)

山形県 遠藤孝太郎さんの合鴨除草有機さわのはなも新米になりました。

10月31日まで、お米を2kg以上お買い上げいただいた方に上野さんのいろいろ米小袋をプレゼントプレゼントしています。新米キャンペーンです。晴れ

茨城 飯塚功さんの有機の牛蒡が新物で始まりました。
ポランの生産者茨城の岡田さんの蓮根(防除1・化学肥料不使用)の蓮根も美味しいです。

毎週水曜日は飯塚商店ノンエチレンの生きているもやし「深谷もやし」の入荷日です
季節に関係のない、屋内の生産と思っていたら大間違いです。
もやしはちゃんと外気の湿度や気温の変化を敏感に感じ取っているそうです。
それを聞いた時の衝撃はずど〜んと凄かったです。

新物時鮭2切れ¥660(冷凍)

明日は、かおり梨がまた来ます。もうすぐ終わりになるのでまだ食べてない人は是非。



posted by 自然村 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2018年10月16日

臨時休業のお知らせ

10月22日(月)は
臨時休業いたします。


一本釣り鰹節のタイコウの生産者
枕崎 宮下誠さんの生産現場見学のため
10月21日、22日に鹿児島県枕崎に行きます。


たくさん学んでお客さんにお伝えできるようにしてきます。

以前、入札会に行く稲葉さんについて枕崎に行きましたが、
この時は、時間がなく仕事の様子を見ることができませんでした。
長い間願っていたことが実現します。楽しみでなりません。

これは、入札会に行った際の訪問記です。
http://blog.sizenmura.jp/article/165491998.html
NO.3まであります。ご覧いただければ嬉しいです。
NO.2http://blog.sizenmura.jp/article/165721336.html
posted by 自然村 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

稲刈り

10月14日 夜来の雨は東京を出発の6時頃も強く降っていました。
稲刈りができるか上野さんは相当心配したようですが、
高速を走る途中から雨あがりました。

各地の農家さんの農作物をさんざんに痛めつけた台風でした。
            案山子と稲.jpg
でも案山子たちは大丈夫だったようです。手(グー)が、
丈の長い稲は倒れたものもあります。
倒れた稲の下になった低い稲は可哀想でした。

           田.jpg
鋏を使って580品種の穂を採っていきます。
種の採取。種採取.jpg
稲の多様性を直に目にし、手に感じることのできる貴重な時間です。

            赤のげ.jpg
眼を引く稲の美しさは何度見ても魅力的ですが、
一見地味でありきたりに見える稲も手に取ってみると穂.jpg
その美しさ、手に伝わる重みと籾の感触に心打たれます。

昼ご飯までには全ての種採りは終わって、昼ご飯.jpg
心づくしのお弁当をいただきます。
       
この頃には強い日差しで、朝早く起きた私は眠くて眠くて
眠くて堪らず、草に座って目を瞑ってもいられず
コンバインで稲刈りする音を聞きながら
田の畔の草の上に横たわって眼を瞑りました。
ふわふわの草の上で寝たのは初めてです。

上野さんはコンバインを動かしながらそれを見て、私が具合が悪くて倒れているんじゃないかと
心配したんですって。わーい(嬉しい顔)
奥さんが声を掛けて起こしてくれました。

             コンバイン.jpg
             落穂ひろい.jpg
             落穂ひろいを.jpg
店主がコンバインの後を落穂拾いをしてます。
店主は米農家育ち。
落穂拾いは年寄りの仕事だったそうです。
落穂を勿体ないと拾う店主の姿を
私は結構優しい目で見ていたと思いますよ。わーい(嬉しい顔)

種播き、苗代作り
田植え
出穂調査
種採り
一緒の時間を共にした仲間と記念撮影をしました。集合写真.jpg
米作りで一番大変な除草をしてませんね〜わーい(嬉しい顔)来年は除草作業も共にしたいです。パンチ

今年の稲刈りは全て終わってほっと。
しめ縄作りに使う緑米を手に談笑。緑米藁談笑.jpg
             緑米藁.jpg
しめ縄作り、今年も12月にしますよ。

私が今回、田で思っていたことはね、
米は安過ぎる!
苗づくりから全て無農薬栽培する米作りは手間のかかる大変な作業の繰り返しです。
種蒔から稲刈りの間だけじゃなく、種を播く以前から始まる作業がいくつもあります。
おむすび1個の米を作るまでにどれだけの労働と想いが込められているか!

でした。
お米、食べてね。ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)

2018年10月12日

入荷情報

金沢市 高木糀商店さんの
生甘酒、生米糀、生甘酒入荷しました。

ポラン広場からは
有機小かぶ、有機大根、有機小松菜、有機チンゲン菜、有機レタス、有機牛蒡、有機生姜
無農薬無化学肥料の、
長ねぎ、きゅうり、ピーマン、長芋、きのこ類
毎日の食卓に大豆工房みやの豆腐類はじめ
毎日の身体と心を養う
安全で滋味あふれるものたちが
豊富に入荷しています。

有機大根がよいものになってきました。
南伊豆のおでん種も少しずつ並べ始めました。
オーサワの広島在来種こんにゃく芋のこんにゃくは美味しいですよるんるん
おでんの卵は初卵でいかがですか?

想いやり生乳720ml¥1500

木のひげのりんごのプチパイ¥400

明日はチャルジョウ農場の紅涙ミニトマトが入荷します。
紅涙に惹かれてこれを目当てに買い物に来る人もいます。有難い。

冷凍ケースの空きがなくって
暫く仕入れていませんでした。
島根県太田市の岡富商店さんの干物が各種入荷します。
脂がのって今が旬のかますをたくさんいただきます。
のどぐろやエテカレイ、アジ、さわらの他に
あなご一夜干しも入荷します。DSC06899.JPG
先日の「食彩の王国」は太田市の大穴子が取り上げられ、
社長さんも登場なさいました。
岡富さんは注文がいっぱいで大忙しみたいです。るんるん

明日は、自然派化粧品リマナチュラルの美容部員石井さんが在店して
リマナチュラルのご紹介をします。
無農薬の椿油や無農薬のヘチマ水・秩父の湧き水、
高品質で高価なフムスエキスを主原料にした
基礎化粧品はもちろん、
日本人の肌色にあったカラーのメイクアップ商品を
実際に試していただける
貴重な機会です。
すでにお使いの方は、
ちょっとした塗り方のコツやテクニックを教えてもらうと
そりゃ〜もう見違えるようにぴかぴか(新しい)
お気軽にお越しください。
わーい(嬉しい顔)
posted by 自然村 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2018年10月11日

無水肉じゃが

サラダマスター鍋のレシピ本を捲っていたらDSC07669.JPG
無水重ね肉じゃがのレシピがあったのでDSC07714.JPG

佐渡の古澤さんの露地原木舞茸があるし、
肉じゃがはしばらく作ってなかったな〜
家族も食べたいかもしれない 
重ね煮も経験したい と
作りました。

オーサワの広島在来有機こんにゃく芋の糸こんにゃく
古澤さんの露地原木舞茸
ポランの有機じゃがいも
なごみ農園さんの自家採種玉ねぎ
ポランの有機人参
牛肉は無いので、ぐるめくにひろの三枚肉

これらを順に重ねて調味料を回しかけ
<調味料>
洗糖
三河味醂
料理酒旬味
井上醤油

弱火でベイポバルプがDSC07710.JPG
カチカチ優しく鳴るのを聴きながら
煮込みました。
素材からでた旨みの汁がたっぷりでした。
こんなに出るのね。

おかずが出来上がるのを待ってましたので煮あがって直ぐによそいましたが
残った分は味が滲みてもっと美味しくなります。DSC07711.JPG

当店でサラダマスター鍋をすでにお買い上げのユーザー様には
日曜日か来週初めまでにはレシピ本をお手元にお届けしますね。
楽しみにお待ちください。
posted by 自然村 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2018年10月10日

八百屋新聞

 枝豆 肴豆 、世界一の刈屋さんが枝豆の荷に入れてくれた
八百屋新聞が読み応えありました。DSC07704.JPG

子育ての時の反省しきり。
こどもを見てなかったな〜。自分を見ていた。他人の目を見てた。
posted by 自然村 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

入荷情報

親田高原のたまご、
初卵 たくさんいただけました。
雛が育って卵を産み始めて1か月位の間を
初卵としています。
少し小ぶりですが、少し味の違った卵の味
甘みの強いと感じる味わいを楽しんでください。
病気お見舞い、贈り物にもよいです。

青森 木造有機の新物長芋と初卵でふわふわのとろろ汁は
美味しいに決まってますね。

澤登さんの完全無農薬有機栽培のぶどう、
もうすぐ終わりに近づいているので、
一種類ずつの紹介では間に合わないと思って、
今日はいろいろな品種の葡萄をいただきました。
牧5号
牧8号
京秀
ゴールデンマスカット
マスカット東京
オリンピア

普通には見たことも味わうこともない葡萄ばかりです。

先日、実家と妹に箭内さんのかおり梨を贈りました。
妹は愛知県安城市在住で安城は梨の産地であるのですが、
「かおり梨は本当に香りがあって美味しい。
芯の種のところ位を除いて全部食べたよ。」
と、旦那さんも一緒に喜んでくれました。

それで、気を良くして、
「見たことも食べたこともない葡萄を送ってあげるね。」
と、5品種の葡萄を贈ることにしました。
心から美味しいと思っているから、
喜んでもらいたくて
贈りたくなっちゃうんだよね。ハートたち(複数ハート)

posted by 自然村 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2018年10月08日

生米糀

高木糀商店さんの
生米糀
生塩糀
生甘酒
のご予約を承ります。

今週金曜日いただく予定です。

ご希望の方は水曜日までにご連絡ください。
メール:shop@sizenmura.jp
FAX:03-5927-7880

澤登さんの葡萄

敬愛する澤登さんの完全無農薬有機栽培の葡萄
私の宝果物

もっと多くの人に知ってもらいたいと
先週からひとつづつ紹介しています。
ビアレスはもう食べましたか?DSC07687.JPG

もっと多くの方にと、今週もピアレスを送ってもらいました。
きっと楽しんで喜んでいただける葡萄です。

そして、ピアレスを食べた人には
次に、
牧5号を紹介します。DSC07705.JPG
澤登さんの農園で選抜した品種です。まだ正式な名前はついていません。
とても糖度が高くとても甘いです。只甘いのでなくコクがあります。
皮はパチッと弾けます。甘い果肉をつるんと飲んで
皮を噛んで美味しい所を余さず楽しみます。
私は皮は出します。

今日は東京マスカットも届いたのですが売れてしまいました。

澤登さんの葡萄は後、それほど長くの期間ありません。
どうぞ逃さないようにご賞味いただきたいと思います。

お買い得!

ポラン広場からの荷の箱を開けたらね、
入っていたんですよ。
思わず顔一面広げて笑っちゃいましたわーい(嬉しい顔)DSC07706.JPG

町のお蕎麦屋さんにも新蕎麦の貼り紙がありますね。

お家で新蕎麦。2人前¥450DSC07707.JPG
日東醸造のそばつゆ(ストレート)¥550

2018年10月06日

西北さんのたねなし柿

奈良県西吉野の山の上に住む西北さんの
たねなし柿が届きました。

自然村自慢の生梅の生産者さんです。

今年も西北さんの柿を販売できて
心からよかったと思っています。

というのは、
昨年、奈良は大雨であちこち土砂崩れし、大きな被害が出ました。
西北さんもたねなし柿の収穫後の大雨で大被害を受けられたのです。
山の上の畑のその上にある源水地が溢れて、
たねなし柿の畑が根ごと流され無くなっていたのだそうです。

富有柿の畑の上の道路も流され、収穫は人力でしかできず、契約のところへの出荷だけで、
昨年の富有柿はいただくことはできませんでした。

あちこちで畑が流されたところがあったそうです。

そして、今年、
豪雨強風の大型の台風が何度か奈良辺りを通りました。
心配で気にかかりながらも昨年の再来があったらと思うと
なかなか電話を掛ける勇気がありませんでした。

でも、先日、思い切って電話をしました。
今回の台風(24号)は普通の台風だったそうです。が、
先回の大風の台風で「ここら」の柿は葉がいっぱい千切れたそうです。
西北さんの畑は南向きの畑は少ないそうですが、南向きの畑の柿は、丸坊主になるくらいに葉が千切れたそうです。
柿は林檎と違って落ちにくいんだそうです。
が、葉がないと実に精がないそうなんです。

柿が採れたらいつでも良いので送ってください。といいました。

今朝、たねなし柿が届きました。ハートたち(複数ハート)

本当に心から心から嬉しかったです。DSC07703.JPG
早速切って食べました。
店主とふたりで1個はすぐになくなりますね。わーい(嬉しい顔)
今年も変わらず、とてもとても美味しいです。ハートたち(複数ハート)



世界一 枝豆

関町中の人に知ってもらいたい、
石神井、関町、西東京市の人たちみんなに
食べてもらいたい
exclamation

そんな想いで販売した刈屋さんの肴豆は、
3回の仕入れ全て完売して、昨年よりも多くの方に食べていただけました。

そして、今シーズン最後の枝豆の販売は、
刈屋さんの思い入れ深い、世界一の名付けられた枝豆です。
           DSC07701.JPG¥560
肴豆とは莢の付き方も木の大きさも全く違う豆です。
食味も全く違いますね。
肴豆の香りと相まった芳醇な風味は枝豆中の枝豆
当に唯一無二の枝豆だと思います。

一方、世界一は、豊かな甘みと旨みがあります。DSC07702.JPG
茹で上げて塩を振ってすぐよりも、冷めてしばらくたった方が
甘味も濃くも増します。

刈屋家秘伝の大豆、絶品の豆と大層大切になさっていますのは、
数十年前におばあさんが隣の谷の集落の人から
「世界一美味しい豆だ」といって譲り受けて以来、
ずっと種採りされてきた豆なのです。

以前紹介しましたNHKBSプレミアムのドキメンタリー「北海道 豆と開拓者の物語」の中で、
女たちの伝える豆の物語として、真珠豆が登場しました。
女たちがこの豆は美味しいからと掌にのる豆を渡し合うのです。
丁度お惣菜をお裾分けするみたいに。
そして、作ってみて美味しくなかったらもう作らない。
美味しいから作り続けると話していました。

刈屋さんの世界一も同じように
台所を預かる女たちが自給用として
美味しいからと
手から手へ繋いできたのでしょう。

posted by 自然村 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2018年10月05日

お米と映画と

自然村で販売しているお米は、
今、佐久間さんのお米は神楽もち米だけで、
新米が出るのはもうしばらく先になります。

遠藤孝太郎さんのさわのはなDSC07691.JPG
上野長一さんの農林48号DSC07689.JPG
上野さんのこしひかりDSC07695.JPG
涼しくなって食欲が増したのか、お米のご注文が増えましたよ。

さて、上野さんからお米と一緒に案内が届きました。
一枚の文章と映画のパンフレットでした。DSC07692.JPG

文章を書いた方は、上野さんの30年来のお知り合いだそうです。
   「私の姪が作った映画を見てやってください」
私の姪、坂田雅子が「モルゲン、明日」という映画を作りました。
         ・
         ・
         ・
         ・
私は驚きました。
坂田雅子さんのドキメンタリーを岩波ホールで見たことがあるのです。
しかも2011年9月。
まだ東北大震災東電福島原発爆発事故から間もないころでした。
「沈黙の春を生きて」http://blog.sizenmura.jp/article/48187698.html
ベトナム戦争のアメリカ軍による枯葉剤のことはちょっとは知ってはいましたが、
その後遺症は衝撃的でした。

お手紙の文面は写真を拡大すると読めると思います。(右側切れていました・・)
雅子さんのお母さん・静子さんについても書かれています。

上野さんから坂田雅子さんに繋がるとは思ってもいませんでした。
けれど、原爆稲を育て、共生の米いろいろ米を育て、
米を作るのは手段、目的は平和という上野さんと繋がっているのは
必然だと思い至りました。
posted by 自然村 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

季節の焼き菓子

木のひげのアップルパイが始まりました。

ホールはお値段がするので予約でご用意します。
ご注文からお渡しまで1週間余裕をみてくださいね。
紅玉がたっぷり入ってずっしり重いです。
食べれば南部小麦と全粒粉とバターのさっくりさっくりの軽い生地の風味と
砂糖なしの林檎の甘さと酸味の絶妙のパイで、
いっぱい食べてももたれません。
食べ過ぎて怖いわ〜〜わーい(嬉しい顔)

時々、ミニのアップルパイを店に置いてますよ。DSC07696.JPG
            DSC07697.JPG¥400
今日もあります。るんるん

ピアレス

私の宝物のひとつ
敬愛する澤登さんのぶどうを紹介します。
遠くにお住いのお客様にも
自然村のある関町や石神井、西東京のみなさんにも
澤登さんのぶどうを一人でも多くの人に伝えたい。

今回は、ピアレスです。DSC07687.JPG
みなさん、きっと食べたことのない味だと思います。

濃厚で、私はキャラメルのような濃厚さと思います。
皮が柔らかいのでそのまま皮ごと食べられます。
種はカリカリしているので齧ることもできます。
もちろん、皮や種は好き好きです。
ほとんど流通にのっていないので知る人は少なく、
出会う機会もほとんどの人が無いと思います。
だからこそ、ひとつひとつ、
ひとりひとりにお伝えしたいです。


澤登さんの栽培する多様な葡萄は幻の葡萄といわれるオリンピア、巨峰を超えるブラックオリンピアのような大粒ぶどう以外は中粒ぶどうです。
オリンピア、ブラックオリンピアの4倍体の大粒でも、
ジベレリン処理(ホルモン剤・抗生剤)を使っていないので
一般の大粒ぶどうよりは控えめです。
たくさんの品種を全て不耕起草生完全無農薬、無化学肥料で栽培しています。

援農で畑を訪れるたびに思うのです。
そのたくさんの品種のぶどうが、
それぞれのぶどう本来の香りと味を熟成しながら
商品棚に並ぶために、ではなく、
それぞれ自らの生きる姿で畑で生きている。
そんな気がするのです。
(もちろん、販売することが目的の農業ですのでそのための手間はかけているのですし、高い剪定技術を要しているのです。)

小さな子供にも、病気の方にも安心して食べていただける
まして、完全無農薬の葡萄を販売できることは本当に名誉なことで幸せだと思っています。



今週の岩崎さんの野菜と入荷情報

今週の岩崎さんの種採り野菜は、
(玉ねぎのみ購入F1です)
玉ねぎ・じゃがいも西豊・5寸人参・冬瓜・赤紫さつま芋・風黒里芋・鶴首南瓜・八媛南瓜
そして葉物はツルムラサキのみです。
八媛南瓜は、福岡県八女の在来の南瓜だそうです。
スープやお菓子に向くという事です。

台風やあれこれの畑への影響を推察できる野菜たちです。
農家の人たちのご苦労を想像します。

赤紫さつま芋や風黒里芋が登場して秋を実感しますね。
里芋は真室川在来の甚五右ヱ門芋も始まりました。
一子相伝 室町時代から佐藤家だけに伝わる滑らかで粘りの強い旨味の深い里芋です。
日本一お値段の高い里芋かも知れません。わーい(嬉しい顔)DSC07686.JPG


ツルムラサキは茹でて包丁で叩いてトロトロにして、
新物の長芋と一緒にトロトロ丼にいかがですか?
或いは、叩いたトロトロツルムラサキと三上さんの自然農法の大豆の納豆賜
合わせてとろとろ納豆かけご飯に。
いかがでしょうか?
DSC07698.JPG
静岡・安部川の上流、急こう配の山道や大きな岩場、狭い丸木橋を通った先にある
依田さんのわさび田。
自家採取している在来種のわさびで足掛け四年の貴重なわさびが入荷しています。
新そばに添えて、新物長芋に添えて、炊き立てご飯とおろした山葵と海苔で。
もちろん、農薬化学肥料不使用栽培です。

ポラン広場の生産者の有機キャベツも有機小松菜もお勧めできるよいものです。

果物は、有機バナナ、
箭内さんのかおり梨、
香川県宮下さんの自然農法有機早生みかん、
魔法の庭さんのシュガープルーン
澤登さんの完全無農薬有機栽培(昨年今年は全て施肥無しです)の葡萄

想いやり生乳

明日は、刈屋さん家だけに伝わる大豆 世界一の枝豆が入荷します。
自家採種・無肥料無農薬栽培です。


又、明日は今シーズン最後の販売 超鮮度さんまが入荷します。あせあせ(飛び散る汗)
posted by 自然村 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2018年10月03日

入荷情報

青森県 魔法の庭さんのシュガープルーンが入荷しました。

品薄というか、1袋しかなかった佐久間さんの神楽もち米の玄米あられが
製造できて届きました。
軽くさくさく食べられるので手が止まらなくなります。わーい(嬉しい顔)
食べ終わってもお腹が重くなりません。るんるん

佐渡の古澤さんの露地原木舞茸が再入荷しました。

青森木造有機の農薬化学肥料不使用の長芋 新物が始まりました。300g¥350
とろろ芋美味しいですねるんるん

ちびっこはもちろん、大人も大好きハートたち(複数ハート)
ドライりんごがたくさん届きました。
昨年までいただいていた風土倶楽部さんが廃業なさったので製造元の風丸農場さんから直接いただくことになりました。
パッケージは変わりましたが中身は全く同じです。
林檎の品種も増えて洋梨も加わりました。
その上お値段も70g¥600とお値打ちになりました。ハートたち(複数ハート)

木のひげの全粒粉アップルパイが今シーズンも始まりました。
林檎も生地にも砂糖は使われていなくて、全粒粉とバターの生地がさっくり。
油っぽくなくてさっくり。いくらでも食べられる美味しさです。
ホールは予約でご用意します。

毎週水曜日は飯塚商店 ノンエチレンの深谷もやしの入荷日です。
もやしの人生を生きているもやし。
他の例えオーガニックのもやしとも全く別物です。
生命の力をいただくなら深谷もやしを選びましょうね。わーい(嬉しい顔)
中華風味付けも美味しいし、
魚醤を使ってアジアン風も美味しいですよ。

明日は、澤登さんの完全無農薬有機栽培のぶどう
山形県真室川在来の里芋 甚五右ヱ門芋 が届きます。

台風24号は各地に被害を与えました。
池松さんは、
今週の野菜ですが、お休みさせていただきます。
台風の強風でこすれてしまって売り物になりません。
倒れたりはしていないので、来週は回復してくれると思います。
宜しくお願い致します。   池松


posted by 自然村 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報