2018年10月06日

西北さんのたねなし柿

奈良県西吉野の山の上に住む西北さんの
たねなし柿が届きました。

自然村自慢の生梅の生産者さんです。

今年も西北さんの柿を販売できて
心からよかったと思っています。

というのは、
昨年、奈良は大雨であちこち土砂崩れし、大きな被害が出ました。
西北さんもたねなし柿の収穫後の大雨で大被害を受けられたのです。
山の上の畑のその上にある源水地が溢れて、
たねなし柿の畑が根ごと流され無くなっていたのだそうです。

富有柿の畑の上の道路も流され、収穫は人力でしかできず、契約のところへの出荷だけで、
昨年の富有柿はいただくことはできませんでした。

あちこちで畑が流されたところがあったそうです。

そして、今年、
豪雨強風の大型の台風が何度か奈良辺りを通りました。
心配で気にかかりながらも昨年の再来があったらと思うと
なかなか電話を掛ける勇気がありませんでした。

でも、先日、思い切って電話をしました。
今回の台風(24号)は普通の台風だったそうです。が、
先回の大風の台風で「ここら」の柿は葉がいっぱい千切れたそうです。
西北さんの畑は南向きの畑は少ないそうですが、南向きの畑の柿は、丸坊主になるくらいに葉が千切れたそうです。
柿は林檎と違って落ちにくいんだそうです。
が、葉がないと実に精がないそうなんです。

柿が採れたらいつでも良いので送ってください。といいました。

今朝、たねなし柿が届きました。ハートたち(複数ハート)

本当に心から心から嬉しかったです。DSC07703.JPG
早速切って食べました。
店主とふたりで1個はすぐになくなりますね。わーい(嬉しい顔)
今年も変わらず、とてもとても美味しいです。ハートたち(複数ハート)



世界一 枝豆

関町中の人に知ってもらいたい、
石神井、関町、西東京市の人たちみんなに
食べてもらいたい
exclamation

そんな想いで販売した刈屋さんの肴豆は、
3回の仕入れ全て完売して、昨年よりも多くの方に食べていただけました。

そして、今シーズン最後の枝豆の販売は、
刈屋さんの思い入れ深い、世界一の名付けられた枝豆です。
           DSC07701.JPG¥560
肴豆とは莢の付き方も木の大きさも全く違う豆です。
食味も全く違いますね。
肴豆の香りと相まった芳醇な風味は枝豆中の枝豆
当に唯一無二の枝豆だと思います。

一方、世界一は、豊かな甘みと旨みがあります。DSC07702.JPG
茹で上げて塩を振ってすぐよりも、冷めてしばらくたった方が
甘味も濃くも増します。

刈屋家秘伝の大豆、絶品の豆と大層大切になさっていますのは、
数十年前におばあさんが隣の谷の集落の人から
「世界一美味しい豆だ」といって譲り受けて以来、
ずっと種採りされてきた豆なのです。

以前紹介しましたNHKBSプレミアムのドキメンタリー「北海道 豆と開拓者の物語」の中で、
女たちの伝える豆の物語として、真珠豆が登場しました。
女たちがこの豆は美味しいからと掌にのる豆を渡し合うのです。
丁度お惣菜をお裾分けするみたいに。
そして、作ってみて美味しくなかったらもう作らない。
美味しいから作り続けると話していました。

刈屋さんの世界一も同じように
台所を預かる女たちが自給用として
美味しいからと
手から手へ繋いできたのでしょう。

posted by 自然村 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜