2018年10月20日

飲み物

秋冬商材仕入れDSC07728.JPG

            DSC07731.JPG

            DSC07729.JPG

チョコレートもいろいろ入荷しています。
これからも種類が増えていきますよ。
昔はピープルツリーと第三世界ショップのフェアートレードのチョコレートくらいしかなかったのに、
今は数えきれないほどのいろいろなチョコレートが販売されて
私困っちゃう。
あり過ぎると選びきれなくて・・・
私が美味しいと感じて食べたいものを選ぶしかないわね。
みなさんの好みと合うといいのですが。
揺れるハート失恋

かぼちゃ

秋が深まってきましたね。
あんなに暑かったのに、もう直ぐ
「寒いですね〜」の挨拶。
カロチンの多いものを食べて風邪に備えましょう。

在来の日本南瓜はしっとりが多いので煮物を上手く作るのはハードルが高いかもしれません。
でも、
若い人にもご年配にも、離乳食にも介護食にもピッタリカンカンひらめきの南瓜なんです。

ポタージュに、南瓜プリンに最適。
油やバターで焼くだけでおやつになる甘さです。

岩崎政利さんの
鶴首南瓜
バターナッツ南瓜&八媛南瓜
八媛南瓜は、佐賀県八女の在来の南瓜です。DSC07732.JPG
初めての日本南瓜にトライしませんか。
食べれば驚くこと請け合います。わーい(嬉しい顔)
posted by 自然村 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

十三夜 栗名月

十五夜 お月見しましたか?
私は天高く輝く十五夜お月さんを拝みましたよ。
そして、
明日10月21日は十三夜です。


ネットによると、「十三夜とは、十五夜の後に巡ってくる十三夜をさし、旧暦9月13日のお月見のことをいいます。 ちなみに、十三夜の読み方は、「じゅうさんや」と言います。 中秋の名月の後なので、「後(のち)の月」と言われたりします。」

十五夜月だけでは片見月といい、縁起が悪いというそうですよ。そんなことを知ると気になっちゃいますね。

すすきや栗、豆をお供えし、豆名月とか栗名月といわれます。

ということで、
山形真室川の無肥料無農薬栗が入っています。
DSC07717.JPGわーい(嬉しい顔)
我が家は、昨晩、銀杏と栗の炊き込みご飯をしました。
今晩も作ろうかな。
栗剥き作業好きなんです。わーい(嬉しい顔)

栗ご飯には黒ごまが欠かせませんね。DSC07730.JPG
パラパラと振りかけるとぐっと一層美味しそうに引き立ちます。

また、お月見には葡萄のように蔓のあるものを供えるとよいそうです。
これまた、澤登さんの完全無農薬有機栽培のぶどうを用意しましたね。わーい(嬉しい顔)DSC07687.JPG

私は明日、鹿児島枕崎で十三夜のお月様を拝みます。
東京で見る月と同じかな。わーい(嬉しい顔)