2018年11月16日

新生姜と生姜シロップ

大分から新生姜DSC08033.JPG約500g¥1080

生姜シロップ
熱いお湯で割ったり、炭酸で割るとジンジャーエールに。
ホットミルクに入れたりチャイにもどうぞ。
プレゼント贈り物にもどうぞ。DSC08034.JPG¥1500

農薬と肥料を使わず栽培しています。

ハウス物の促成栽培でない生姜は新物は秋〜今なんですよ。

油揚げと生姜の炊き込みご飯
生姜の煮つけ
赤梅酢漬け
甘酢漬け
佃煮
生姜シロップ
生姜湿布
などなどにご利用ください。

posted by 自然村 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

今週の岩崎政利さん

岩崎政利さん雲仙たねの自然農園からの種の野菜は

玉ねぎ(これのみF1でも美味しいので大人気!)、じゃがいも(西豊)、黒田5寸人参
八媛南瓜、冬瓜、日野菜かぶの間引き葉

葉物が増えてきましたよ。DSC08032.JPG
赤水菜・中葉春菊・山東菜・あぶら菜
岩崎さんの葉物の柔らかさと美味しさをご存知の方は待っていたかのように喜んで買って行かれます。

パクチーなんていうのもありまするんるんDSC08030.JPG
タップリ入っているのでパクチー好きにはたまりませんよ。わーい(嬉しい顔)
(私は苦手なんです・・)

中葉春菊はことに美味しいのですが、今日の岩崎さんのお便りは
この中葉春菊についてでした。
今年は3回目の種播きの春菊です。
1回、2回はコオロギの食害し芽が消えていったそうです。
コオロギとは鈴虫と同じく秋の夜長を鳴き通す風物詩としての虫でしたが
害虫としてのコオロギとは思いもよりませんでした。

農薬を使う農業ではコオロギを殺す農薬を草むらに播くそうです。
しかし、無農薬栽培をする岩崎さんはそれができません。
今年はコオロギが異常発生だそうです。
除草剤を使わない農園にとってコオロギたちは餌の多い隠れ場所の多い、居心地がいい最高の場所だそうです。

しかし、この害虫としてのコオロギもそのうちに食べなくなり
ただの虫になっていくのです。

一般に春菊は厳冬の間も鍋物食材として豊富に並ぶので
冬野菜と認識されているかもしれませんが、
寒さ霜に弱く、露地栽培では霜が2度3度と降りると葉は傷んでしまいます。
年内あるといいのですが。

とても美味しい春菊、是非今のうちに沢山召し上がってくださいね。

岩崎さん雲仙たねの自然農園からの直送野菜セット
11月28日発送から冬野菜セットが始まります。
ご案内を近々いたします。
お申し込みをお待ち申し上げます。
posted by 自然村 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜