2019年01月08日

命のスープ ありがとうのスープ

明日 水曜日はご来店のみなさまに
スープを提供させていただきます。DSC08303.JPG

明日水曜日は隔週で入荷する下伊那郡下條村親田高原の卵屋さんの卵の入荷日です。
提供するのは親田高原の卵を産み続けてきてその役目を果たした鶏の骨や肉をコトコト長時間煮込んだものです。

1月6日、自然村2人は親田高原の卵屋さんで開かれた「鶏と麦の宴」に参加しました。
           DSC08302.JPG
絹田さん家族と
鶏の解体の指導とスープを作ってくれた自由が丘のル・ジュジュ鈴木琢也さんhttp://le-joujou.sakura.ne.jp/news.htmlです。

卵屋さんのあるところは遙かに山々を見渡し、雪を頂いたアルプスの山々。辺りに人家はほとんどなく、DSC08257.JPG
            DSC08259.JPG
聞こえる音といえば雄鶏のコケッこっこーという雄たけびとコーコッコという牝鶏の鳴き声だけです。
            DSC08261.JPG
このように雄鶏が居て平飼いの養鶏は日本全体の5%位だそうです。
鶏舎の臭い臭いは全くありません。クンクン嗅いでみれば少し乳酸発酵の匂いがするだけです。
            DSC08272.JPG

絹田さんのところでは一般の養鶏よりも長く約2年半経った産卵の下がった鶏を廃鶏にします。
一般に廃鶏になった鶏は業者に売られて何かに加工されているのですが、
絹田さんは
一回一回の食卓には、食材ひとつひとつに命があったことや、様々な人が関わって料理され、並んでいることを伝えたいと、
大切に育てた鶏の命が参加してくれた人の命となって繋いでいく場をつくっています。
(自家用に燻製にしたりして全て廃鶏を食べているそうです。)

ひとグループに一人が鶏舎に入って鶏を捕まえます。私は怖気づいて店主が捕まえました。
鶏舎の土は厚くふかふかだそうです。
鶏は静かに抱かれています。DSC08275.JPG
優しく穏やかな眼をしていて、暫くの間ふっとその眼が思い出されました。

屠殺の仕方を絹田さんと鈴木シェフが教えてくれる時、伝えてくれた言葉は、
 頸動脈を切る時、時々「ごめんね」という人がいますが、
ごめんね、ではなく、「ありがとう」と言ってください。
鶏や動物だけが命あるものでなく、
麦や野菜も命あるものです。
同じ命を頂いているのです。DSC08279.JPG

私は羽を押さえました。店主が頸動脈を切りました。鮮血が糸のようにすーっと流れ落ちていきます。
羽を押さえる私の手には物凄い力が押し返してきます。
生きたい、まだ生きている、という命の力全てが手に伝わってきました。
不思議と怖いとか気持ち悪いとかそんな気持ちは全く湧いてきません。
可哀そうという気持ちも沸いてこなかったのはなぜだろう。
小さな子供達が大勢参加していたのですが静かで穏やかな空気が流れていました。

ハウスの中で鈴木シェフがやり方を教えてくれ、各グループ1羽づつ解体しました。
解体は思った以上に力のいる作業でしたが、
皮を剥くのも羽をむしり取るのも優しくやってあげないとと
心から思ってしました。
良い餌を食べて清潔な環境で暮らした鶏の内臓はとても綺麗な色でした。DSC08292.JPG
心臓・肝臓・砂肝・腎臓・鮮やかな赤は肺です。腸などは処分しました。
ごま油と塩で焼いて食しました。
とてもとても美味しかった。ご馳走様。
一羽にこれだけの内臓。焼鳥屋さんの焼鳥一串に何羽分!?安すぎない!??

解体が終わって、
ご飯の時間です。DSC08298.JPG
玄米卵かけご飯は、親田高原の卵はひとつひとつ黄身の色と味が違います。
季節によっても違います。
それは季節によって与える餌が違うから。
季節の果物野菜。
春ならよもぎもあるし、夏なら緑の草。
冬の今は草を発酵させたサイレージ。

鶏一羽一羽の好物もある。ハートたち(複数ハート)

30p×30p×40pのケージに2羽入れられて、効率的に産卵するように設計されたサプリメントのような給餌をされ、卵の黄身の色も何なりと変えられる養鶏の仕方は卵の味は同じかもしれない。

絹田さんが、「まず、醤油をかけないで、他の人の黄身の味をみてください。」って。

2年半平飼の鶏舎で歩き回っていた鶏の肉は硬くて、肉として食べるには味は良いけど向かないので、スープとして頂くのが一番よいということで、
鈴木シェフが煮込んで作ってくださった鶏と有機野菜のスープ。
味は、月桂樹・クローブ・黒胡椒・タイムのハーブスパイス以外は塩のみ。
本当に本当に美味しい美味しいスープです。

子どもたちもみんな美味しそうに食べていました。DSC08299.JPG

ご馳走様でした。とても美味しく頂きました。
ありがとうございました。

昨日、持ち帰った解体した肉をコトコト煮込みました。
美味しい美味しいスープになるように丁寧に脂とアクを取りました。
野菜も丁寧に刻みました。
明日朝、仕上げをして、親田高原の卵屋さんの話とスープを提供させていただきます。
限られた量ですので少しづつですが、
味わいにどうぞお越しください。DSC08303.JPG








2018年度産 アサクラオイル予約開始

アサクラオイルご予約開始します!
                  
イタリア 在来種ディリッター品種 
土地に何も施さない無肥料自然栽培
             2009asakuraoiru1.JPG


<アサクラさんの紹介文より>
昨年秋収穫し、いま船に乗り日本へ向かっているアサクラオイル。
2 月初旬に日本到着予定です。
アサクラオイルは絞って無濾過のまま瓶詰めします。
自然分離さえもしないため、微細な果肉(澱として沈殿します)も
全部瓶の中に入ります。
その為時間を置くと熟成がはじまり味が変化していきます。
開封のタイミングと共に味が変化します。
油脂の熟成とその味わいと変化が体験でき、油脂について考えるきっかけ
になるオイルであると言えます。
今年は豊作の2018 年の天候と大地の変化をアサクラオイルでお
楽しみください!

アサクラオイル 220g¥3417
一緒にガルムとアンチョビも入荷予定です。こちらの予約も承ります。

寒餅 ご予約承ります!

一年に一度しか作りません。
一年で一番おいしい加藤農園の寒餅

       予約を承ります。
発芽玄米のパイオニアらしい発芽玄米の餅です。
この写真は昨年の写真です。
なまこ型とのし餅があります。DSC06938.JPGDSC06939.JPG

加藤農園なまこ餅のこだわりは、
 この「なまこ餅」の原材料のもち米は、清らかな山の水と綺麗な空気、さらに「合鴨農法」で育った厳選されたもち米で、それをまず発芽させます。
 次に「発芽玄米もち米」を、檜のセイロで蒸し、役割の違う2種類の臼で丁寧に搗きます。
 またこの時、「手水」を一切使わないので、
餅の味が薄まることなく 餅本来の味を味わうことができます。
 さらに、当社開発の「深層海塩ハイソルト」を加え もち米の甘みを最大限に引き出しています。
最後に、黒豆、アーモンドなどを混ぜています。
大量生産では決してだすことのできないコシと味を実現しました。
このようなこだわりがいっぱい詰まった加藤農園のお餅を是非ご賞味ください。

予約締切:1月21日(月) 
お渡し:1月28日(月)午後〜

なまこ型 約500g 全6種類 *賞味期間14日
発芽玄米プレーン・黒豆入り・青のり入り・黒米入り以上は各¥900
・オーガニックアーモンド入り
・オーガニックくるみ入り
各¥1100

伸し餅 半升サイズ 各種¥1500*賞味期間8日
・発芽玄米餅
・発芽玄米よもぎ入り餅
・白米餅


店頭で注文用紙を配布しています。
車(RV)発送の方は メール:tane★sizenmura.jp
(★を@に変えてください)まで
お名前・住所・電話番号・ご注文の餅と個数をご連絡ください。
折り返し返信いたします。



寒餅の予約と一緒に、発芽玄米パンやまんじゅうの注文をする方も多いです。
その場合は、まんじゅう・パンは、毎週水曜日製造ですので、水曜日夕方に寒餅と一緒にお渡しできます。
発送の場合も水曜日発送いたします。
発芽玄米パンはhttp://hatuga.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2125311&csid=0
まんじゅうは、http://hatuga.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2125317&csid=0
もちろん、発芽玄米のご注文もどうぞ。店で常時販売しています。