2019年02月15日

冷凍庫に

冷凍庫の中からこんにちは〜

先日、菓子工房はら山さんのうぐいす餅を仕入れました。DSC06983.JPG
梅の開花とうぐいす餅は季節真っ盛りの和菓子ですね。
ふんわりした求肥皮に包まれて程よい甘さの餡子と絶妙の美味しさ。

桜はまだですが、街の和菓子屋さんには桜餅が並んでします。
私も先日三鷹の「たかね」さんの茶房で道明寺桜餅をいただきました。
そうだ!もう桜餅だ!と
今日は、小山製菓さんの桜餅を仕入れました。DSC08403.JPG
小山製菓さんのは関東風 江戸風の桜餅「長命寺」桜餅です。
紅麹の色が美しいです。
道明寺とはまた違う味わいです。
小山製菓さんの桜餅は毎年食べていますが、かなりかなり美味しいでするんるん

もうひとつ、
当店で人気なのが三陸水産のかつおたたきです。脂ののった腹側が人気です。
美味しいのでリピートが多いです。DSC08402.JPG
もうひとつ、刺身用とろかつおを仕入れました。
大変きれいなピンク色。
賞味期限は4月まで付いているのですが、
店や家庭の冷凍温度帯では、本日から14日以内に食べるのが美味しい内に食べるためにお勧めだということが判明!
ですから早く販売してダッシュ(走り出すさま)早く食べていただきたい。ダッシュ(走り出すさま)
店で在庫して販売には向かないことが判明!
1袋売れました。るんるん後一袋、どなたか是非早くダッシュ(走り出すさま)きっと絶対美味しいですよ〜〜るんるん
刺身用とろかつお完売です!ありがとう!
もし欲しい人がいればご注文で今ならご用意できます。
posted by 自然村 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

岩崎政利さんの在来の野菜

石牟礼道子さんの「椿の海の記」(河出出版)を読んでいます。
読んでいたら中に「しゃくし菜」や高菜などの名前がでてきました。
熊本の水俣のあたりで昔から作られ食べられていたんだな〜と思った次第です。
その杓子菜の丈はどの位だったのかな〜
岩崎さんの育てる杓子菜は冷蔵庫に入りきらない位に長いのですよ。

静岡県にある芹沢圭介美術館でもしゃくし菜をデザインした紅型染をみました。
各地で作られていたのでしょうか。

葉の色は薄緑・茎は白く味はクセなく、岩崎さんが「さり気ない菜」と表現し、
そのさり気なさの中に、一株一株違う、その多様性が混じり合ってよりまろやかなる味に膨らんでいくのではないかとおしゃっています。

何年も20年以上も種を採り続けていく中で一株一株の違いが分かる岩崎さんならではの世界の表現だと思います。
何年も一緒に畑に暮らし(野菜が暮らすという表現!!!)交わされる何か。

私たちが食べたいものは何?
無農薬のもの、無肥料のもの、高級品、希少品、在来のもの、
安いもの、手軽なもの

もの 物だけなら心から満足できるとは思えないよ。

私たちが食べたいものは何?
もっと深いもの もっと広がりのあるもの ・・

ポラン広場東京の種の集いに参加してからDSC08381.JPG
いろいろ言葉にまだできないでいるけど考えています。

岩崎さんの今週の野菜は
兵庫の在来葱ですが、私の農園に長年住みついてしまっています。岩崎ねぎ
弘岡かぶ 透明感のある白い色。まさにカブの女王に想えます。煮用にも柔らかいです。
風黒里芋 粘質です。
源助大根
雲仙赤紫大根
黒田5寸人参
赤水菜
杓子菜
大和真菜
中国ターサイ
じゃが芋西豊
玉ねぎ(育成種)
キャベツ(F1)

雲仙こぶ高菜は入ってませんでした〜〜〜
直送野菜セットのお客さんには入っていたかな〜
「こぶ高菜を入れてください。楽しみにしている人がいます。」とFAXしたんだけどな〜〜〜

想いやり生乳



posted by 自然村 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜