2019年03月19日

入荷情報

ダッシュ(走り出すさま)初物 筍 届きます!

福岡県 松熊さんから「送ります」の電話。
「まあ、びっくりしますよ」と言われました。
いつも松熊さんの筍にはびっくりさせられています。わーい(嬉しい顔)
どんなびっくりが届くか、ドキドキしています。揺れるハート
早ければ今日の夕方に届くでしょう。


家から寸胴鍋を持ってきました。
店の糠も貯めておきます。
赤唐辛子も用意しなくちゃ。(松熊さんのはなくてもよいけどね)

土居さんの天然真昆布も注文しなくちゃ。
タイコウさんの一本釣り鰹節はたくさんあるから大丈夫。
大久保醸造の紫大尽(淡口醤油)も十分あるね。

明日は自然村へゴーダッシュ(走り出すさま)
posted by 自然村 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

貴方は食べたいですか?

朝刊DSC08509.JPG
昨日TVでゲノム編集食品のニュース見ました。

そもそも血圧を下げるトマトなんて必要なのかな。
筋肉もりもりの魚、映像で見たけどグロテスクで魚が可哀想でした。
命そのものであり、そして命に変わるものなのに、「お金になる物」という対象でしかないな〜と
見ていて顔がどんどん曇りました。

研究者・開発者はもりもり食べるのかな〜
家族にも食べさせるのかな〜

私は食べないです。

もし、ゲノム編集食品が流通にのるなら、きちんと表示してください。
原材料として使われる場合もパッケージに大きく記載してください。

これは自然界に影響はないんですか?

以上素朴な感想です。
posted by 自然村 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2019年03月18日

小旅行

お彼岸の入りです。
佐久間さんの軒下に、15日に1羽だった燕が2羽になって賑やかになったそうです。
ぼたもち、小山製菓さんの牡丹餅は大好きです。
もち米・小豆も揃えています。手づくりなら心置きなく食べられますね。
と、宣伝します。わーい(嬉しい顔)
ご先祖様供養よりも牡丹餅の宣伝では心がありませんね。
お線香は備長炭淡麗。これは、我が家でも毎日、父に供えているものです。心があります。わーい(嬉しい顔)

日曜日、かねてから計画していた箱根へ。
目的地は姥子温泉秀明館http://shumeikan.biz/
母娘ふたりの小さな旅。
東伏見駅から電車を乗り継いで、ロマンスカーには乗らず、最小運賃でとことこいきました。
箱根湯本からバスに乗って。(このバスの女性運転手さんが素晴らしい運転と接客!)
バス停毎が温泉地・美術館といった様で箱根山は温泉だらけだ!と実感しました。
実は飛び乗ったバスが下調べしていた路線でなかったため、下車した「姥子温泉入口」はネット口コミで「間違えると大変。」と書かれていたところだった。
気を取り直して、というかそうするしかないので案内板を見ながら「ロープウェイ姥子駅そちら方面」を目指して上り坂を歩きました。
これがよかったですね〜うららかなお天気です。日ごろの運動不足解消。
姥子温泉は金太郎さんの伝説がある古い温泉なのですが、いわゆる温泉街でなく飲食店もカフェもなく、
歩く両側には企業の保養所や別荘があって、案内板地図に「あなたと健康社」の名前がありました。

目指す秀明館は「姥子バス停」からすぐ分かります。
館内写真禁止ということなのでHPをhttp://shumeikan.biz/

源泉がそのまま湯舟に満たされ
午前中は窓から注ぐ陽の光の中、湯けむりが立ち上っていくのが神々しく。
石垣に苔生す緑、風に揺れる笹の葉を見上げ
湯の注ぐ音を聞きながらゆったりお湯を満喫しました。

湯加減せず、源泉そのままの湯は熱いと聞いていましたが、
館内は廊下の窓が開いて風が通って、
浴室も風が入るので露天の雰囲気もあって
冷えた体にはいつまでも浸かっていたい湯の温度でした。

休憩所にある水飲み場は澄んだ湧き水が流れっぱなし。
この美味しいこと、美味しいこと。甘露。

2度目の湯あみに向かう時、
力強く高らかに鳥のさえずりが聞こえました。1度っきり。
「さあ、どうです。私の歌を聞かせてあげましょう!」と美しくきっぱりした鳴き声でした。

午後は陰って一時雪が舞いました。

私たちの通された部屋は6畳間。
窓の向こうの庭には紅葉の枯れ葉が積み重なっています。
紅葉の頃に来たいなと思います。
そこに苔生した古いお墓が並んでいます。
しんとしてあるお墓です。

飲食処はなく、飲料の自動販売機が1台あるのみです。
客は持参の弁当を部屋で食べます。
私たちも早朝、鳥の焼き肉、高菜の炒め物、浅漬けを添えて。
詰め込んだご飯に蕗味噌を塗っただけの弁当を大急ぎで作って持って行きました。
蕗味噌の美味しいこと。

館内費用は部屋・浴衣タオル入浴代込みだけ。
恐らく、経済として成り立つ営業というのでなく、
姥子温泉秀明館の湯を守る。其の一点の心で成り立っているように思います。

帰りは、遊歩道を散策したり、
(駅の階段で息切れするような私には結構ハードな歩きでした。わーい(嬉しい顔)
箱根湯本通の見て歩き。
充分に楽しんだ箱根でした。




posted by 自然村 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

新物 乾燥鹿尾菜

ハートの島から

原発にNO!の意志を貫き通している島から

今年も新物乾燥ひじきが届きましたexclamation×2DSC08505.JPG
と、
大声で宣伝したいけど、今日入荷数は注文数の10分の1以下。
これだけ〜〜という数でした。
大人気なのに生産が追い付かないようです。
何度も何度も注文し続けますが、少しづつしか入荷しないかも。
店に会ったら幸運ですよ。ハートたち(複数ハート)

鉄の大釜で薪火で茹で上げて天日干ししました。
ほとんどの乾燥ひじきがステンレス鍋炊きの中で、
鉄釜炊きのひじきは貴重です。
柔らかくふっくらして、水で戻すだけでも食べられます。

2019年03月16日

田村酒粕 予約をお勧めします。

郡山市田村町 
300年以上続く酒蔵 仁井田本家
自社田で社員が無施肥無農薬栽培・天日干しの酒米を
生酛で仕込んだ酒
新酒 田村うすにごり生720ml¥2000
4月4日に入荷予定です。


酒を搾る時一番最初にでてくる酒。それが「あらばしり」と呼ばれまさにしぼりたての爽やかな風味が特徴です。
袋が詰まっていないため白い濁りがあります。瓶内発酵を続けているので冷蔵保存です。
酵母も酵素も生きている酒ですので、時間の経過とともに味わいを変えていきます。
それを楽しみに冷蔵庫に何本か保存している人もいます。
うすにごり生の酒米は一本〆。

4月半ばには、田村 亀の尾 木樽仕込み直汲みが入荷予定。こちらも大人気の酒です。

>田村の酒粕が4月入荷します。
注文は一回のみなので注文の量を決めるため、
お客さまにはできるだけ予約をお願いしている最中です。
手詰め約500g¥350。
5kg単位でご注文の場合送料無料で直送も承ります。
ご注文はお早めにお願いします。


酒粕は只今、島根 青砥酒造 木槽搾り酒粕を販売しています。
無農薬無化学肥料栽培米使用。



posted by 自然村 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 旨い酒

屋久島のタンカン

屋久島の鬼塚さんのタンカンが届きました。
            DSC08504.JPG
毎回言い訳していますが、写真よりも実物は濃いオレンジ色です。

濃厚な味です。少し酸が残っていますが、少し置いておけば抜けるでしょう。
そうしたら、もう堪らない美味しさです。

農薬・化学肥料不使用栽培です。

加計呂麻の不耕起草生自然農のタンカンは残り2玉のみあります。

2019年03月15日

屋久島の枇杷 予約お受けします。

屋久島の枇杷の予約のご案内


写真はご案内のために過去のものを使っています。

完熟の印が皮にでています。DSC03997.JPG
私の引き出しには宝箱があります。
その中には一年の短い間だけのとびっきりのものたちが入っているのです。
そのひとつが、屋久島の枇杷です。
私がこれまで出会った中で最高の枇杷
DSC04028.JPG
枇杷畑の管理については、
ビワ園は誰も管理していなかった3年ほどと、私が管理を始めてから7年間一度も肥料は施したことがありません。
いわゆる不耕起草生自然農ですね。
ですが、ビワの木が植えられて50年ほどで老木化して、毎年の台風の影響で一本一本枯れて
減っていっている状態です。今年の収穫が済んでからは、米ぬかのみ施してみようかと
考えておりますので、肥料不使用栽培は今季までとなるかと思います。
(生産者さんより)

完熟で収穫されるのでジューシーで甘みが強く、かつ、穏やかで体に馴染む美味しさです。DSC01970.JPG

DSC04015.JPG
今年の収穫見込みは3月下旬から4月初め。
約1週間程というお話です。
まとまった収穫が始まりましたら完熟で届きます。

自然の大いなる試練を耐えて実った枇杷です。

今年も巡り合えた幸せを生産者さんと共に味わっていただきたいと思います。

ご予約いただきましたら確実にお渡しできます。
予約以外は店売りも若干ございます。

種は35度以上の焼酎につけると枇杷種エキスができます。
天領酒造の料理用焼酎38度300ml¥770をお勧めしています。

箱を入れて約1kg 24個入りと30個入りです。
1箱 、半箱の販売です。
送料が上がりましたので昨年よりも値上がりになります。

雲仙こぶ高菜と横川つばめ大根

びっくりしました。目DSC08500.JPG
雲仙こぶ高菜はこんなに大きな株になるんですね!

恥ずかしがって後ろ向きになってるようです。
かくれんぼしているようにも見えます。
そっと覗いてみるけど見えません。
何を隠しているの?DSC08501.JPG

甘くシャキシャキの茎。最後に微かに高菜の香気が残ります。
葉っぱ。山葵のようなきりっと辛みと深い味わいがあります。
大きな株なので小分けしました。

            DSC08502.JPG
一目で横川つばめ大根と分かる中に白い大根が混じっていたので
岩崎さんに聞いてみました。
白いのも横川つばめ大根だそうです。
10本に1本位でるそうです。

横川つばめ大根の花の色は物凄く綺麗だそうです。
大根の頭の所を切って水に浸けて置くと、とう立ちをして花が咲くかもしれません。
試してみてはいかがでしょう。
posted by 自然村 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

春は駆け足で過ぎていくから 春は

春は駆け足で過ぎていくから。
山東菜の花芽菜を来週もたくさんいただきたいと
電話をしたら、「山東菜花芽はもうおしまいです。」という返事。
たった1回だけの入荷でお終い!

また次も、今度の時に、そんなことしていては、春の女神の後ろ髪も掴めない。

そう考えて、
今週はいつもよりもたくさんの在来の今しかない野菜を送ってもらいました。
来週には味わうことのできない品種もあると思います。
岩崎ねぎも先週とは一目見て変わってきたのが分かります。

今週の野菜は、DSC08503.JPG
じゃが芋(西豊)・黒田5寸人参・横川つばめ大根・まだ名前のないかぶ・赤リアスからし菜・のらぼう菜・中国チンゲン菜・間引き時無大根・雲仙こぶ高菜
以上は種採り野菜です。
キャベツ・サニーレタスは購入一般種子です。

来週も雲仙たねの自然農園からの直送野菜セットはあります。
雲仙から3月20日発送分です。定期購入の方以外でご希望の場合は3月16日までにご連絡ください。

posted by 自然村 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2019年03月14日

屋久島より

屋久島から、自家採種・不耕起草生自然農の野菜が届きました。

掘りたて八郎生姜 僅かなので欲しい方はお早めに。DSC08499.JPG

濃厚な甘さのスナップエンドウと
今シーズン初めての久留米豊。実豌豆です。DSC08497.JPG
豆ご飯などにどうぞ!
久留米豊も今シーズン収量が少ないのでお早めに。

新じゃが、出島・アンデスレッド・きたあかり 掘りたてです。

今シーズン最後の収穫のかわひこをいただきました。
けんちん汁に入れて初めて食べた方から
ご主人が「生麩みたい」と仰ったそうです。美味しかったと大層気に入ってくださいました。
生麩みたい。という表現、上手く表していると感心しました。

食感だけでなく、鼻に抜ける香りもとても良いです。
まだ食していない方にも是非味わっていただきたい在来の里芋です。
かわひこは屋久島でも栽培している人は極極僅かになっているそうです。
なにしろ生産性がとても低い。
生産者さんが写真と説明を送ってくれました。

以前にご質問のあったカワヒコの子芋、孫芋の付き方を紹介させていただきます。
実際にやってみますと、カワヒコの場合は一般的な里芋と違い、細くて小さな子芋が多数付く、ということですね。
下に比較のため大和早生(今年は生育不良で、例年ですと倍近く子芋・孫芋が付きます)の画像も添付しておりますが、
程よく子芋が付き太って、孫芋も太っております。
大和早生は子芋専用品種で親芋は食べませんが、それでも子芋・孫芋が最低でも500g、うまくいけば800g近く取れるのに
対して、カワヒコの親芋はだいたい60g〜120gくらいです。また、どちらも栽植密度(植える密度)や必要な管理は同じです。


かわひこの株です。かわひこかぶ.jpg

ばらした株です。一番左の親芋しか正品になりません。かわひこかぶばらし.jpg

大和早生里芋の写真
大和早生かぶ.jpg
ばらした株。並べた子芋孫芋は正品になります。大和早生ばらし.jpg

飯田さんの牛の角葱DSC08448.JPG
葱にネギ坊主が出始めると硬くなるので飯田さんは収穫しません。
ですので、今日で納品は最後です。
黒田5寸人参も残量が尽きて今日で終了です。

種を採る農家さんが次第に端境期に入っていきます。
posted by 自然村 at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年03月13日

生牡蠣 予約をどうぞ!

宮城県唐桑半島 畠山政則さんの生牡蠣のご案内。
3月16日(土)予約締切です。若干のフリー販売もしますが、
確実に欲しい方は予約していただくと助かります。

3月5日お向かいの庭のさくらんぼの枝に見つけてからDSC08496.JPG3月13日今日は散った花びらもあります。春はことに一瞬ですね。


昨年12月から毎週入荷し、先週大好評の内に一旦今シーズンの販売を終えた
宮城県唐桑半島の畠山政則さんの生牡蠣。
毎週食べてくださった方も何人かいらっしゃいます。有難いことです。
先週は、買いそびれてしまった方が幾人かいらして
残念がられました。

そこで、というより、予てから告知していましたように
更にさらに牡蠣が美味しくなる3月の海。
3月21日(木)にこれが本当に最後の生牡蠣を販売します。
食べてみたい方は3月16日までに希望の袋数をご連絡ください。
宅配希望の方もチルド便でお送りできます。
300g¥1460です。

ピザ

ピザはいかが?

白神酵母パン サラのピザ台
3枚入りです。DSC08495.JPG

お好みのソースとトッピングで手軽にピザを楽しめます。
美味しいピザ生地なんですよ。

チーズは、セルロース不使用の北海道シュレットチーズも美味しいけど、
木次のプロポローネをお勧めします。
ミルキーで癖がなく加熱すると糸のようによく伸びて風味も良いですよ。
もちろん加熱せず食べて美味しいです。
お手軽サイズのピッコロを販売しています。

苺ジャム

竹村慎一さんの私の可愛い苺で作った
苺ジャム

光の中で写真撮影DSC08493.JPG
洗糖で作ったので暗赤色です。DSC08494.JPG

ジャムパンにして食べました。わーい(嬉しい顔)

ジャムパン・クリームパン、子どものころ大好きだった。

小粒300gpを2p、普通サイズ200g1p
洗糖約300g レモン果汁大さじ1強を使ってこの位の量になりました。

竹村さんの苺はとっても甘い苺というのでなく
酸味もはきりある苺です。

今週も金曜日に可愛い苺が届く予定。

苺ミルクるんるん想いやり生乳も入荷日です。
生クリームフルーツサンドるんるんDSC08482.JPG
フルーツサンド、食べたくなった人のために、生クリームも入荷しますよ。わーい(嬉しい顔)
苺ジャムるんるん

店主は苺そのまま食べる方がよい、といいますがね。わーい(嬉しい顔)

posted by 自然村 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2019年03月12日

杉山ナッツ

唯一無二のピーナッツバター

杉山ナッツ
ロースト仕立て 本日 入荷しました。
プレーンとハニーロースト

塩漬け

ポリ袋塩漬け2種。DSC08491.JPG

沖縄の公設市場に行ったとき、
山に積み上げられた島らっきょうの塩漬けが売られ、
女性たちがらっきょうの皮むきをしていました。
島らっきょうは下処理が大変ですね。
売られている塩漬けが結構お高いのも頷けます。

高木糀商店の生塩糀で漬けました。

岩崎政利さんの時無大根と五木赤大根の塩漬け。
2〜3%の塩で揉みました。
間引き時無大根は瑞々しく、
葉っぱがこれまた素晴らしい食感と味わいです。驚きですよハートたち(複数ハート)

ふたつの塩漬け、春らしくて眺めていて飽きません。DSC08491.JPG

今週も間引き時無大根や五木赤大根が届くといいな〜〜〜DSC08462.JPG
posted by 自然村 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年03月11日

日曜日

ひとつしか予定がない日曜日でした。
映画に行く、人に会いに行く、ということも考えたけど、
一番気持ちが落ち着きそうな家事をしてのんびり過ごすことにしました。

そら豆の「なにか」を作りたかったんです。
沖縄在来のそら豆は小さいので数を剥くのは手間。
4袋分ひとりでしていたら爪が痛くなるかも。
ふたりで剥いたので早かった。

たくさんのそら豆があったら作りたかったこと。
其の一 : コロッケ!
増量のため、茹でじゃが芋と空豆のコロッケ。

2種類にしました。DSC08483.JPG
俵型は、潰した屋久島の出島とそら豆+ハムにホワイトソースと生クリーム少々。塩とクラタペッパー白胡椒の味付け。DSC08485.JPG
            
ボール型は北海道のマチルダとそら豆。クミンと塩・白胡椒。

            
こちらの皿は、DSC08486.JPG
店主希望のポテトサラダ。博多金時人参の色が明るくていいでしょ。

橋本さんの黄色人参・博多金時人参・セロリ・帆立貝柱・春の柑橘のサラダ。
冬木れいさんのお土産のクラタペッパー青胡椒の酢漬けを使いました。

島らっきょうのヌタ。
ふき味噌(佐久間さんの+やさか白味噌)に酢をプラスして和えました。

ご飯はなしで、これだけでもうお腹パンパン。
そら豆のコロッケ、今度はそら豆は潰さない方がよいとか、こうしたらよいとか、
やっぱり料理人は凄い、とか、会話も弾みます。

今日もそら豆茹でました。DSC08490.JPG
これは明日、作りたかった其の二にできるでしょうか〜〜〜。わーい(嬉しい顔)


posted by 自然村 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

日曜日 お楽しみ

苺と生クリームとパンがあったので、

            DSC08482.JPG

竹村慎一さんの小さい苺(お徳用)が丁度よい大きさでした。

フルーツサンドはブランチにポテトサンドと一緒に食べて、
午後のおやつの分もありました。わーい(嬉しい顔)
おやつが楽しみでした。ハートたち(複数ハート)

今日はいちごジャムを作っています。もうすぐ出来上がります。
posted by 自然村 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

天日塩

予約注文をいただいた材料の準備をしています。
今日は、土佐の天日塩あまみが届きました。
毎回、代表者小島さんの奥様の手書きのお便り(コピー)が添えられています。
塩工場の前に広がる春の海の様子を伝えてくれています。

黒潮町の海に生きる生き物たちへの優しい眼差しや好奇心、
自然への畏敬の念溢れる文章を楽しみに読んでいます。

写真を拡大して読んでみてください。DSC08489.JPG

大白大豆は、今頃、瀬戸山さんが手より選別してくれていると思います。

2019年03月09日

子どもの味噌づくりの会

募集します。


子どもの味噌作りです。

小学2年生以上の児童
3月30日(土)午後1時〜3時
参加人数 親子2組。
作るのはお子さん。保護者は傍で見守りながら共有する形です。

*2組集まらない場合は中止します。

参加費 一組 3500円(税込み)申し込みと一緒にお支払いください。

*約2kgの味噌を持ち帰ります。

持ち物:2Lほどの味噌を入れる容器・エプロン・三角巾・筆記用具・ハンカチ

無施肥不耕起草生自然農で育てた片品村在来の大豆「大白大豆」
山形の幻の米と言われる合鴨農法米「さわのはな」の米麹
土佐の天日塩あまみ

最上の材料を使って味噌を仕込みます。
早く食べたいなら11月頃、ゆっくり寝かせてあげたいなら来年の春。
自分で仕込んだ味噌ができます。

大豆は瀬戸山さん。
お米「さわのはな」は遠藤孝太郎さん。
そのお米を車で取りに行って麹にしてくれるのは白鷹町の鈴木徳則さん。
塩は、眩しく輝く大海原太平洋に面した高知県黒潮町の「あまみ」小島さん。
全て自然村が直にお会いして繋がりをいただいた生産者さんばかり。

多くの人たちの大事に育んだものたちが
君の手で一緒に合わさって
味噌ができるんだよ、
と、伝えられたらいいな。

それぞれは、ばらばらに あって、

大豆

なんだけど、
君の手を使うことで味噌の始まりができるんだよ、
と伝えられたらいいな。

君はこうやって味噌の始まりを作ることができたね。
でも、それを味噌にするのは、、
目に見えない小さなちいさな生物の働きや
温度や私にはまだよく分かっていないいろんなことなんだね。
と伝えられたらいいな。

あらかじめ煮豆(蒸し大豆)が用意されて、
それを潰して塩・麹を混ぜて容器に詰める
それだけでも楽しいけど、それだけの味噌作りの会にはしたくないんだよ。

大豆を茹でるのは時間が物凄く掛かるからやっぱり私が大豆を茹でておきます。
でも、いつかお家で自分や家族と一緒に作れるようになるといいな、と思うのです。

私が考えているのはね、
大豆を洗うこと、茹でている大豆の様子、香りも体験できるように
流れを工夫したい。

もう一つ考えていることもあるの。
これはもうすこしどんなふうにしたらよいか、考えていきます。
きっといいアイデアがでてきます。

ということで、
3月30日(土)13時〜15時
こどもの味噌作りの会
参加者募集します。2組です。
参加費を払って申し込みが確定します。
posted by 自然村 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2019年03月08日

メール

先ほどブログで紹介した兵庫にお住いの
岩崎政利さん雲仙たねの自然農園からの直送野菜セットのお客さんから、
再度メールをいただきました。

今日はザワークラウトをつくろうと思いキャベツをボール一杯に千切りしました。
途中で芯をつまみぐいすると甘くて柔らかで。
思わずひとりほほえんでしまいました(笑)

サニーレタスもとても美しい作品ですね。

キャベツとサニーレタスは種採りではなく購入の一般種子なのですが、
店のお客さんにも人気なんです。るんるん
サニーレタスはまだありますが、キャベツはもう売り切れました。
キャベツもブロッコリーも早い者勝ちみたいな感じです。


posted by 自然村 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜