2019年03月08日

春ですね!

たくさんの入荷と晴れたので朝からたくさんのお客さんでブログが今になりました。

岩崎政利さんの雲仙たねの自然農園からの野菜は、
一足先に昨日届いた兵庫の直送野菜セットのお客さんから
メールが届いてました。
お野菜は花芽(山東菜のみ)よりも、
まだ名前のないカブ、のらぼう菜、中国チンゲン菜、五木赤大根、葉大根(時無大根)、アートグリーン菜、
といった今季初物が元気いっぱいに入っていました(^-^)
お便りも岩崎さんらしいなと感じました。


箱を開ける前から楽しみ〜
わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)るんるんるんるんるんるん箱を開け乍ら、
もうお・春よ春ですねるんるんと歌っちゃいけない(非常に音痴)歌を声を出さず歌いながら弾んでたんだな〜。わーい(嬉しい顔)

            DSC08455.JPG
            DSC08456.JPG
自然村にも同じように、
じゃがいも(西豊)・黒田5寸人参・のらぼう菜・中国ちんげん菜・アートグリーン菜・時無し大根葉・平家大根・五木赤大根・山東菜花芽菜・岩崎ねぎ・まだ名前の・・以上種採り野菜。
キャベツ・ブロッコリー・サニーレタスは購入一般種子。

時無大根の大根葉DSC08462.JPG
大根は細く、見た目で損してます。が、
大根を切って生で試食していただくと売れるんですね〜〜〜。わーい(嬉しい顔)
瑞々しくて甘みがあって、大根らしい辛みと香りがあるからね。ぬか漬けや塩もみ、千六本に切って味噌汁も美味しいよね。葉っぱが一杯手(チョキ)

清らかな山東菜DSC08461.JPG
輝いているのは山東菜の花DSC08460.JPG
お便りの題は野菜の花芽
花芽の時期の畑にいる岩崎さんの嬉しさ戸惑い落胆喜びが心に届く文章。
何十年も種を採る農業をして、野菜が畑に暮らすと表現するように、ご自身も畑に暮らしているような岩崎さんこその生き生きした文章です。

まだ名前のないかぶDSC08457.JPG

ポラン広場からは素敵なカリフラワーやセロリ、ほうれん草・島らっきょうはじめ、
お勧めの鶏肉や魚などが届いています。

竹村慎一さんの私の可愛い苺もありますよ。
想いやり生乳と苺ミルクは贅沢過ぎますかハートたち(複数ハート)

小山製菓の牡丹餅も始まりました。
posted by 自然村 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2019年03月07日

入荷情報

昨日、橋本農園さんの自家採種・無肥料・無農薬栽培の
のらぼう菜・砂原1本葱・3品種人参・土垂里芋が入荷しました。

先ほど、福岡県池松さんから自家採種・無肥料・無農薬栽培の野菜が届きました。
覆下かぶ・博多金時人参・雲仙こぶ高菜・かつお菜・中国チンゲン菜・千筋京水菜
おたふく春菊・里芋はすば・大浦太牛蒡

明日は雲仙たねの自然農園 岩崎政利さんの在来の野菜が届きます。

ポラン広場からは、天恵グループのセロリやブロッコリー・カリフラワーなどや
トマトづくり名人熊本の澤村さんの有機ミニトマトなど始め、
豆腐類・冷凍魚各種・鶏肉など盛りだくさんの入荷です。

竹村慎一さんの私の可愛い苺

日本で唯一加熱殺菌なしの搾ったまんまの牛の母乳想いやり生乳入荷。

今週は親田高原の卵入荷。丈夫卵も入荷。

高木糀商店の生米糀も再入荷。生塩糀。
生甘酒は切ったレモンを入れると美味しいこと発見!みなさんもアレンジして飲んでね。

明日は雨は降らない予報。晴れ
自然村にレッツゴーダッシュ(走り出すさま)ですね。わーい(嬉しい顔)

3月21日、唐桑半島 畠山政則さんの生牡蠣300g¥1460の予約も引き続き承っています。
posted by 自然村 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2019年03月06日

2019年3月1日 朝日新聞 生活覧のコピーがボードに貼ってありました。
農家に寄り添い歩むと題して
京野菜の老舗八百屋「かね松」3代目上田耕司さんの取材記事でした。
読後の感想は、凄い八百屋さんがあるものだ、私も心を入れ替えて一歩でも精進したいと思いました。

九条ネギの揚げ包焼きのレシピが紹介されていました。
今度作ってみようかな、と考えていましたところでした。

今日の賄に店主が
「揚げはどうやって開くの?」「楊枝はどこにある?」と聞いてきました。
味噌も置いていたので、ああこれなのね。わーい(嬉しい顔)葱の揚げ包焼き.jpg

うちの葱は最後の宇奈根葱。味噌は黒千石の手前味噌。揚げは大豆工房みやさん。

今度は、蕗味噌を作ってあるので蕗味噌で作ってみようかな〜。

かね松さんにもいつか行ってみたい。
posted by 自然村 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

クラタペッパー

料理研究家 冬木れいさんから
カンボジア クラタペッパーの畑見学に参加なさったお土産をいただきました。

冬木さんからFBでクラタペッパーに行っているというメールをいただいてびっくり目したんです。
お土産を持っていきますね。というメールに楽しみにしていました。
            DSC08453.JPG
カンボジアの伝統的な織物クローマーは畑で働く女性たちも頭に巻いて襟首や頭の日よけにしているそうです。
巻き方を教えて巻いてくれました。
葉を編んだ箱の素敵なワイルドハニーや若い青胡椒のピクルス。
クラタペッパー見学のお土産話もいただきました。わーい(嬉しい顔)

(最近では、冬木さんは趣味どきっ! 心も体もぽっかぽか 鍋の王国に出演なさっていました。ご覧になった方も多いのでは。)

当店で只今販売しているクラタペッパーは黒胡椒と白胡椒とミルですが、
新物から一房から1〜2粒しか収穫できない希少な完熟胡椒も販売できることになりました。
マツコの知らない世界で一躍有名になったあの胡椒です。
4月新物が届いたら販売です。

その前に、その後も、黒胡椒・白胡椒をどうぞよろしく。香り味最高です。
posted by 自然村 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2019年03月05日

本日中です!

選挙の前日、最後のお願いみたいなブログです。わーい(嬉しい顔)

今年は味噌作りどうしようかと迷っていた方から
いまさっき、自然村さんの麹で仕込んだ昨年のお味噌が入ったかめを開け、香りをかいで、やっぱり今年も頑張って作ろ〜うと思い、メールしています。
とご注文がるんるん

同じように迷っていたけどやっぱり作ろう手(グー)と、
ご希望の方は、本日中に味噌作り材料のお申し込みをください。
FAX03−5927−7880
メール tane@sizenmura.jp

明日、集計を出して鈴木味噌店さんに発注します。

詳細は味噌作り材料 予約の締切が
3月5日中
http://blog.sizenmura.jp/article/185508427.html

〆切に間に合うようにご注文ください。

きっと美味しい味噌になりますよ〜大満足のねっハートたち(複数ハート)


味噌作り講座 2倍麹味噌作りの会3月24日希望の方は1名のみ席があります。
こちらも本日中にお申し込みください。
posted by 自然村 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

3月の生牡蠣の予約

春の雨の合間の貴重な晴天晴れ
洗濯に買い物に用事に忙しい一日になりそうですか。
それとも日差しの中、ゆったり辺りを眺めながら散歩ですか。
いいですね。

明日6日は啓蟄
11日は桃始笑

お向かいの庭のさくらんぼの枝に見つけました。DSC08452.JPG
桜桃始笑です。
私も微笑みました。

さて、
昨年12月から毎週入荷し、先週大好評の内に一旦今シーズンの販売を終えた
宮城県唐桑半島の畠山政則さんの生牡蠣。
毎週食べてくださった方も何人かいらっしゃいます。有難いことです。
先週は、買いそびれてしまった方が幾人かいらして
残念がられました。

そこで、というより、予てから告知していましたように
更にさらに牡蠣が美味しくなる3月の海。
3月21日(木)にこれが本当に最後の生牡蠣を販売します。
食べてみたい方は3月16日までに希望の袋数をご連絡ください。
宅配希望の方もチルド便でお送りできます。
300g¥1460です。

2019年03月04日

日曜日のひな祭り

3月3日は日曜日のひな祭りでした。
平日のひな祭りは慌ただしく、富士酢のすし酢・クックたかくらのちらしずしの素を使ってちらし寿司を作ったりしていましたが、
今年は日曜日。
しかも、雨
ボロボロになったきょうの料理「すし」を開いてゆっくり支度にかかりました。
扉の文は辻嘉一さん。昔のきょうの料理は格調高かった。

具材はあるものを使うし、分量が違うのでレシピとは違います。
手順と味付けの割合をみます。

先ず、土居の天然真昆布とタイコウの本枯節でたっぷり出汁をとりました。

戻したムソーのどんこ椎茸・人参・蓮根を刻んで出汁と調味料で煮て
炊き上げた酢飯に混ぜました。
合わせ酢は有機純米酢老梅と洗糖と塩。

酢蓮の蓮根は飾り切りに。
沖縄在来の空豆。皮を剥くの小さくて手間が掛かります。綺麗な青蛙色だけじゃなく熟した黄色もあるわね。
屋久島のスナップエンドウは茹でて半分に開いて。
出汁を使って卵焼き。甘めの。サイコロ切り。
広田湾のお刺身用帆立は大粒肉厚。2個で¥1080。賞味期限切れたところ。サイコロ切りに。
帆立は空豆とかき揚げにする予定だったけど変更しちゃった。
三崎港のまぐろ赤身もサイコロにして漬けにします。賞味期限切れたところ。


以上ちらし寿司。すごーくすごーく時間かかった。

具はポラーノの鶏モモ肉とほうれん草だけの茶わん蒸し。
サラダマスター鍋に茶碗を置いて水を張って、ベイポバルブの音に従って、簡単に
今までで一番滑らかな茶わん蒸しができました。
お出汁ともも肉のうまみ。

店主に聞きました。
「ちらし寿司と茶碗蒸しのどちらがよかった?」
店主 う〜むとちょっと考えて
「茶碗蒸しかな」だって。
私。えええええ〜ちらし寿司は〜。
店主「どちらかと聞いたから。ちらし寿司も美味しかったよ」でした。

さくら餅とうぐいす餅を持ち帰るのを忘れてしまいました。
今日持ち帰っていただきます。
お抹茶も持ち帰ります。

posted by 自然村 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

和風カレーと屋久島の新じゃが

金曜日は、和風カレーを作ってくれました。

和風カレーというのは、
煮干しと本枯節のお出汁でカレーを作ったのです。
ムソーのルーを使ったのですが少ない量で味が整っていました。
本当に美味しかったんですよ。
和のお出汁でカレー。お試しください。
カレーうどんが人気なのが分かりました。

今回の具材は牛挽肉・赤大根・牛蒡・人参・じゃが芋・赤えんどう豆を使いました。

橋本農園さんの黒田5寸人参でしたが、えぐみのない、澄んだ香りと甘みです。
屋久島の新じゃがは出島を使いました。煮込んでも煮崩れせず切り口が立って、
しかも柔らかくきめ細かな舌触り。
人参も出島もカレーの中でカレーに染まずくっきりとした味がしました。

屋久島の新じゃがは食べた人からお褒めの言葉をいただいています。DSC08382.JPG
posted by 自然村 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2019年03月02日

小さい花芽(蕾)

小さい花芽 み〜つけた!

かくれんぼしている花芽を見つけてね。DSC08450.JPG

佐久間さんのターサイの中心にも花芽を見つけました。

ほうれん草を、というお客さんに、
今、食べるならこちらです。と云った私。
日野菜かぶの花芽菜としゃくし菜の花芽菜を選ばれました。

ほうれん草を作ってくれた農家さん、御免なさい。
ほうれん草も販売しなくちゃいけないんだけど、。

葉物は抽苔を伸ばし、玉ねぎやニンニクは緑の芽を出し、
人参も透き通った白い根を出し緑の若芽を出す。
大根は中心から抽苔を伸ばし始める。
店の中は命のざわめきに満ちてくる。
posted by 自然村 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

覚えておこう 品川かぶ

覚書

飯田さんのいろいろかぶ。DSC08447.JPG
津田かぶ・みやまこかぶ・長崎赤かぶ・品川かぶ
白く細長いのが品川かぶ(東京ながかぶ)です。
どのかぶも普通はもっともっと大きく育てて出荷しますが、
飯田さんは小さいうちに収穫してくれます。

全部切って浅漬けに。

どれも美味しいのですが
品川かぶの香り、歯ざわり・甘み 際立つ印象。旨し!

来年まで覚えていてね、私の頭よひらめき 
posted by 自然村 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年03月01日

味噌作り材料

味噌作り材料 予約の締切が
3月5日と迫っています。
http://blog.sizenmura.jp/article/185508427.html

〆切に間に合うようにご注文ください。

きっと美味しい味噌になりますよ〜大満足のねっハートたち(複数ハート)
posted by 自然村 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

入荷情報

福岡の池松さんからは、
三浦大根・中国チンゲン菜・覆下かぶ・黒田5寸人参・博多金時人参・水菜・九条ネギ・おたふく春菊・はすば里芋(ねっとり系)・のらぼう菜

岩崎政利さん雲仙たねの自然農園からは
じゃがいも(西豊)・黒田5寸人参・島大根・岩崎ねぎ・万木赤カブ・壬生菜・時無し大根の間引き菜・五木赤大根・黒キャベツ。
キャベツ・ブロッコリー。
そして、花芽の野菜たち
杓子菜の花芽菜
日野菜かぶの花芽菜
赤水菜の花芽菜


野菜たちが命燃やす時期です。
花芽の野菜とは一年の中でも収穫がわずか1週間と瞬間しか食することができない野菜でもあります。

花が咲き始めれば
岩崎さんは
野菜が一瞬、野菜から神に変わったと思えるほど輝きます。と表現なさいます。
岩崎さんは種を採るための母本の数をそれはそれは数多くとるそうです。
それが何品種も咲き誇る様子を私たちもいつか必ず出会ってみたいと願っています。
小冊子「たねは誰のもの」(¥1000)の30ページ「野菜と語り合う」を是非読んでみてください。

日曜日はひな祭り。
この歳になった私でもひな祭りはご馳走しようとわくわくします。
ポラン広場から
ふきのとう(奈良・玉隠堂)・沖縄在来空豆・島らっきょう
桜の花の塩漬け・桜塩・桜のクッキー・桜のカップケーキなどなど。
いくら(冷凍)も用意しました。わーい(嬉しい顔)

竹村慎一さんの私の可愛い苺

高木糀商店の生甘酒・生塩麹・生米糀

パプアニューギニア海産の天然えび各種

私はひな祭りに何を作ろうか、いろいろ案を考え中です。
頭の中、ほんわか楽しいハートたち(複数ハート)




posted by 自然村 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報