2019年04月18日

鰹節の生産現場

自然村が昨年参加したタイコウ枕崎鰹節生産現場見学会。

家内工業生産と大量生産の現場。
大量生産の工場見学は会社の方の大変親切な、ありのままの現場見学をさせていただいたことを感謝すると共に
どこまでどのようにブログで書いたら良いか、
迷って書ききれなかったことがあります。
それはどちらが良いか優劣の気持ちがあったからだと思います。

先日第2回目の見学会が行われ、参加なさった方がFBに動画も含めて分かりやすく報告なさっています。
いい悪いでなく、フラットな視点での報告だとおもいますので
ご覧いただけたらと思い、紹介します。
https://in-the-life.net/archives/3076?fbclid=IwAR2-mR75MzCN0Ohl-1UvzikOI1ll5GXqp84PFjIuTdkyQgsDmW_Nk-sAoRM
私たち消費者が考えなければならないことが多く含まれています。
それは鰹節に限らず、農業、漁業、酪農、加工品、食べるのも以外の全てのことに広がる視点と重なり、
私たちの生き方、未来の作り方にも繋がると思います。
posted by 自然村 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | だしとり

新酒 入荷

創業308年日本の田を守る酒蔵
福島県郡山市 仁井田本家
お待たせしました!!新酒 入荷しました。
DSC08623.JPG

おだやか 純米吟醸雄町生
福島県小高地区に住む根本洸一氏の有機米「雄町」使用。
昨年、「雄町」を知った時には既に完売しておりました。
その後、田村古里の会で利き酒した「雄町」の美味しさに、絶対来年は手に入れようと思い続けていたのです。
さて、今年の雄町はどんな酒になっているでしょう。

田村 純米吟醸 亀の尾直汲み生

3月の田村古里の会では、利き酒の後の多数決で生原酒として選ばれたのは一本〆47号に決まりましたが、
店主は
仕込み46号を「未完成、伸びがありそう」とこれを生原酒として注文しました。
あれから1か月近く経て、どんな酒になっているでしょう。

お試しください。

おだやか 純米吟醸 雄町 生 720ml¥1800
福島県小高地区に住む根本洸一氏の有機栽培米「雄町」を使用。

田村純米吟醸直汲み生原酒 720ml¥2000
自社田無肥料無農薬栽培亀の尾を使用

冷蔵ケースで販売しています。DSC08622.JPG





posted by 自然村 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旨い酒

松熊さんの筍

松熊さんの筍を食べる編

筍を愛してやまない松熊さんが言います。
「1シーズンに2回、3回と食べれば今年も筍を食べたとまんぞくするでしょう」
えっ、2回で満足しますか〜?

我が家は両手片足の指位はもう食べてますよ〜わーい(嬉しい顔)

昨晩は、パスタ2種DSC08620.JPG
筍はホワイトソースと合いますね。筍の甘味が引き立ちます。
想いやり生乳のホワイトソースです。
もう1種は木の芽のジェノベーゼ。
木の芽はブレンダーにかけるよりも刻んだ方が香りがよいね。ということになりました。

アサクラパスタリガトーニ
出来上がったのをみたら、とても食べきれないね。明日、グラタンにしよう。と話していたけど
食べ終われば1袋を3人で完食〜
見た目は嵩高だけど、リガトーニは穴が大きいからね。わーい(嬉しい顔)

後、1回、松熊さんから送ってもらって今シーズンの筍は終わりにする予定。
1回か2回位しか食べてないみなさん、
是非、3回も4回も5回も食べて春の漲る力を堪能してくださいな!!

2019年04月17日

日差し対策

まだスパッツを履いて、タートルネックセーターを着ている私ですので、
店内の棚の季節をどうしようかと迷ってグズグズしていました。

替えました!

ちょっと早いかもかも かもかのおっちゃんですが、
日焼け止めクリームを目につくところに置き換えて、
それから、
            DSC08617.JPG

そうとはいえ、まだまだ足首を冷やさない方が良いので
シルク&ウールレッグウォーマーは仕舞って、
シルク&リネンレッグウォーマー
メイドインアースのアンデスレッグウオーマー、ベビーのレッグウォーマーを並べました。


リマナチュラル化粧品 美容相談会

4月19日(金)
自然派化粧品リマナチュラルの美容部員 
石井さんが11時〜17時の間在店して、
化粧品のご紹介とアドバイスをいたします。

お肌の手入れの相談、メイクのアドバイスなどご希望の場合は、予約していただくと良いかと。
只今15時台に予約をいただいています。

例えば貴方の肌色ですと、リキットファンデーションはこの色、ピュアUVファンデーションの色は同色でなく選ぶと明るく見える。とか、チークの色の選び方とか、
そんなアドバイスも面白いです。

口紅の色も実際につけていただけます。DSC08616.JPG


春といえ肌寒い日が続いていたので日差しが徐々に強くなっていることに気付いていないかもしれません。
毎年ゴールデンウイーク中に初夏のような日差し晴れになることがありますね。
男性にもお勧めの日焼け止めクリーム。無農薬の椿油を使っています。
当日、ご来店の上お買い上げの場合、リマナチュラル化粧品全て10%OFFです。
この機会にお早目の日焼け対策を〜DSC08615.JPG

*12時頃〜しばし昼食のため外出します。

2019年04月16日

初蝶

今春の 初蝶をみました。

部屋の窓から淡緑の葉のハナミズキが青空を背景に輝いて見えます。

ラベンダーが蕾をつけています。

オオイヌノフグリの花。いっぱいに広がれ!

ニオイスミレの地味な黄色の花。もう少し日当たりの良い所に移そうかな〜

スペアミントがあちこちで出ている。少し摘んでハーブウォーターにして楽しんでいる。
あそこの空いたところに増やして贅沢に使えるようにしようかな〜

タイム・オレガノはぐんぐん勢力を広げている。花が咲くといいな。

消えてしまったと思っていたけど芽が出ているのを今朝見つけた擬宝珠

バラは陽の光を受けて煌めいている。植えた昨年は虫や病気で次々葉が無くなっていった。
根付いて病気に強くなってくれるとよいな。

そこら中に芽を出しているドクダミ。目につくと草取り。

庭の前で足が止まってなかなか店へ行かれません。
posted by 自然村 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2019年04月15日

ひとつのことを丁寧に

たくさん作るのでなく、
ひとつの切方、炒め方を丁寧にと、

岩崎政利さんのじゃがいも西豊と五木赤大根
橋本農園さんの黄色人参と新玉ねぎを丁寧に切って
透明感がでるように炒めている。DSC08608.JPG
花畑のようで写真をパチリト撮りました。

ムソーのカレールーを使ってカレーにしたんですけど
それぞれの香り味わいがしっかりあります。

西豊はひねじゃがです。芽が直ぐ伸びてくるので芽欠きします。
熟して美味しさが深くなっています。
大きめに切って茹でて、新玉ねぎスライスとマヨネーズで和えると
品が良く、じゃが芋の風味の引き立つポテトサラダになります。
クラタペッパー白胡椒を多めにしてどうぞ。ハートたち(複数ハート)
光除けに新聞紙で包んで販売しています。
posted by 自然村 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

春の幸

日曜日もストーブを使いました。
今日は窓とドアを開けています。
住宅を隔てた石神井川沿いの並木から散り残っていた桜の花びらが舞い込んできます。
重ねて来たセーターを1枚脱ぎました。

西吉野の蕨が届いて、西北さんのことを想いました。
奈良の山間地 西吉野の天然の春
わらびをどうぞ。DSC08612.JPG
灰付ですのであく抜きを経験なさってください。
やってみれば割と簡単です。
自分でやれば出来ることをひとつ積み重ねると心が落ち着きます。
これは私の実感です。

灰汁抜きの仕方、わらびご飯の炊き方が親切に書いてあります。

筍の灰汁抜きもですね。茹でる時間は豊かな時間です。
松熊さんの筍は化学肥料を一切入れてないので硝酸態窒素のえぐみがほとんどありませんので
届きたては生でもいけます。

茹でた姿も美しくて写真に撮りたくなりました。DSC08599.JPG
皮を剥くとほっこりした穀物のような香りがします。
茹でたけのこを買われたお母さんが、「めちゃくちゃ美味しかった」と再購入です。一番大きいのを求められました。

これは今朝配達しました。小さい人たちが食べる筍です。筍ご飯になるのかな〜
             DSC08606.JPG

みなさんは、今年、何回筍を食べていますか?
松熊さんは、1シーズンに2回、3回と食べてください。と言っています。
私は6、7回は食べてます。わーい(嬉しい顔)
今日の昼の賄は、筍と若布の味噌汁です。わーい(嬉しい顔)

2019年04月13日

シャボン玉

しゃぼん玉石鹸のシャボン玉DSC08602.JPG
                   ¥500

佐久間さんの里芋

佐久間さんの土垂里芋は大変良い芋です。
土垂は関東では広く一般的に栽培されている、関東ローム層に適した里芋でしょう。
適しているから美味しい。それだけでなく、
佐久間さんの里芋は美味しい。
店主が「人柄がでてます」とお客さんに説明していました。わーい(嬉しい顔)

今は農家さん、種芋の伏せ込みの時期です。種芋の余剰を出荷なさいます。
昨年冬、「もうない」といわれていた岩崎さんの風黒里芋が最近届くのはそういうことです。

晩秋から初冬に掘り上げた芋は寒さに当たって傷みがでないように土を深く掘って保存します。
佐久間さんの保存の仕方は、
畑に150センチくらいの穴を掘り、さつま芋と里芋をコンテナごと地下にいれ、
板、籾殻、藁を敷いて雨を避けます。
鼠よけの金網を張るそうです。
写真を見ましたが藁の敷き方一つ見てもとても丁寧で綺麗なお仕事です。
大事に育て、大事に保管した愛情を感じました。

そんな人柄も伝わる優しく滋味深い舌触りと味わいの里芋です。
一袋3個入りほどの少量です。DSC08603.JPG
みなさんに食していただきたくたくさん送っていただきました。
味噌汁やけんちん汁にいかがですか。DSC08575.JPG

posted by 自然村 at 17:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

あらしぼりオルチョ

新物 あらしぼりオルチョ入荷しました。DSC08601.JPG

アサクラオイルもありますよ。
今年はあらしぼりオルチョは750mlの大瓶のみ入荷です。
アサクラさんではあっという間に予約完売したようです。当店もあっという間に売り切れるか!わーい(嬉しい顔)

2019年04月12日

入荷情報と

送料・消費税込みで○○円でお任せで送ってください。のご要望がありました。

仙台の方は「岩崎政利さんの野菜を食したことがあり、ファンです。」ということで、
全部岩崎さんの野菜で箱に詰めます。DSC08594.JPG
サニーレタスは輸送中の傷みの心配がありますから、それ以外の野菜を詰めます。
雲仙こぶ高菜の花芽は今回最後の入荷ですので入れました。

都内の方は、直送セットの定期購入を長年続けてくださっている方です。端境期になって直送が休みになったのでご注文くださいました。
さつま芋やお勧めの果物もご希望だったので、仙台の方のとは違って九条ネギは入れずに、
屋久島のシルクスイートと
ブラッドオレンジ、せとかをお入れします。DSC08596.JPG

今週の岩崎政利さん、雲仙たねの自然農園からの野菜は、
種採り野菜はじゃが芋(西豊)、黒田5寸人参、ちりめん菜、晩生あぶら菜、九条太ねぎ、時無し大根、風黒里芋。
雲仙こぶ高菜の花芽は今回で最後の入荷です。

購入種ですが、大人気のキャベツ、ブロッコリー、葉付き早生玉ねぎはこれを目掛けてご来店のお客さんがいます。

福岡の池松さんからは購入固定種新玉ねぎ博多黄金たまねぎが沢山届いています。

ポラン広場からは大豆工房みやさんの美味しい豆腐類。絹豆腐の美味しさexclamation×2

鰹タタキやめかじき切り身、宍道湖大和しじみはとってもお勧め。
純国産四万十産まれ加持養鰻場のうなぎ蒲焼も販売再開。
鰻蒲焼丼は美味しいに決まってますが、
鰻巻卵焼きもいいですよ〜。これなら1尾で家族全員満足楽しめます
るんるん

今、沖縄ではパイナップルが大豊作なんですってexclamation×2
たくさん食べてくださいレストランということでセール価格でご提供。手(チョキ)
畑で完熟のピーチパイン、通常価格よりも60円お安くお求め出来ます。
いい香り〜なんです。DSC08595.JPG

果物は、竹村慎一さんの私の可愛い苺DSC08587.JPG
有機バナナ、せとか、ブラッドオレンジ、黄金柑、留目さんのりんごふじはお勧めです。
posted by 自然村 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2019年04月11日

入荷情報

橋本農園さんの無施肥無農薬栽培の野菜は、
購入固定種新玉ねぎ 浜笑。自家採種長悦春ねぎ

屋久島から自家採種・無施肥無農薬栽培のさつま芋
シルクスイート。
焼き芋にして食べてみました。生産者さんお薦めのことはありまました。しっとりしてとても甘いさつま芋です。
安納芋もあります。

さつま芋の試食で佐久間さんの紅東も一緒に焼き芋にしました。
久しぶりに食べましたが最高です。私の宝箱に入れました。
残り2袋ありますよ。

夕方、池松さんの新玉ねぎが届くはずです。

明日は岩崎政利さんの雲仙たねの自然農園からの野菜が届きます。
おふたりからお任せで箱に詰めて送って欲しいという依頼を受けています。
何を選んで送ろうか。明日届いてからでないと分かりませ〜〜ん。

茨城の竹村慎一さんから私の可愛い苺が届きます。DSC08587.JPG
スプーンの背で潰して食べるのが定番です。日頃あまりない真剣な顔をして潰していると思います。わーい(嬉しい顔)
想いやり生乳があれば益々嬉しい。
明日は想いやり生乳入荷日です。



posted by 自然村 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

新学期とお米

いつもお母さんに付いて来るお嬢さんが
今朝は近くの幼稚園の制服を着て来ました。
紺色の制帽とちょっと大き目のコートの間に
蒸したてのようなふっくら赤いほっべの顔が
ちょっと緊張したように見えました。
明日が入園式で今日はその前の慣らし登園だったそうです。
お姉ちゃんは8日に小学校入学式だったとのこと。
2重のお祝い事ですが、しばらくはお母さんは2重の気遣いと忙しさかもしれません。

お母さんやお父さんについて来る子供たちが、ある日、「あれっ」と成長しているのに気付く時があります。
特に春になって学年が上がる時などは体の中からエネルギーが満ちて溢れているのが分かります。

さて、今朝もお米の精米以来の電話がありました。そうすれば、待たなくてもすぐにお渡しができるからです。
古い精米機ですが長く動いてくれています。DSC08588.JPG
Rさんの電話の回数が多くなり、精米の間隔が短くなっています。
小さかった坊やは高校生になったのです。
中学高学年の男子の食べる量はどのくらいでしょう。
高校生になったら尚更でしょうね。
パンではお腹は持たない。やはりお米でしょう。
食べっぷりを見てみたいな。わーい(嬉しい顔)

ご注文は上野長一さんのこしひかりです。上野さんに話したらきっと喜んでくれます。

自然村で販売しているお米は、すべて完全無農薬無化学肥料・自家採種です。
玄米で量り売り。1kg単位で販売。
ご希望で精米していますので精米したての新鮮なお米をご購入いただけます。
来店前に精米の電話をくだされば待たずにお渡しできます。

販売品種は、
さわのはな・こしひかり・農林48号
農林22号・いせひかり・初霜
上野長一さんの色々米

加藤農園さんの発芽玄米や雑穀も各種扱っています。

以前、聞いたことがあります。
少々高くてもよい、美味しいお米をたくさん食べさせれば、
おかずは少しでよい!!
そうすれば経済的だ。と、わーい(嬉しい顔)

2019年04月09日

予約注文でお取り寄せ

注文でご用意します。

三崎港水揚げ目利きが選んだ
天然本マグロ中トロDSC08583.JPG

無施肥無農薬栽培。固定種・自家採種の新玉ねぎの時期だから、
新玉ねぎスライスたっぷり添えて。

お刺身とろかつおDSC08584.JPG
冷凍賞味期限14日間なので予約注文のみで販売します。
綺麗なピンク。美味しさ確実るんるん

鰹のタタキは冷凍ケースで絶賛販売中ですDSC08585.JPG
             DSC08402.JPG

花吹雪

歩いて店に来ました。

吹雪でした。
当に花吹雪の中を歩きました。DSC08576.JPG
            DSC08579.JPG
道は花びらで覆いつくされています。
石神井川に向けてカメラを構えている人がいるので
覗いてみたら、花筏がゆっくり流れていました。

店に着いて、
「お前、頭に何かついているぞ」といわれ、
桜の花と一緒に出勤でした。



posted by 自然村 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

松熊さんのたけのこを使って

筍の中華おこわ 蒸し上がりました。DSC08571.JPG
もち米は上野長一さんからいただいたものです。
佐久間さんの自然農の土垂里芋のおつゆ。DSC08575.JPG
よい里芋だという事が十分に伝わってきます。

これが昨日の晩御飯。これで十分。DSC08574.JPG
筍おこわはお代わりしましたから。わーい(嬉しい顔)

使いかけだった新栄丸さんのひじきと豆腐の炒り煮に、池松さんのケールを入れてあります。

今年から新栄丸さんの乾燥鹿尾菜はありません。牡蠣の養殖に忙しくなってひじき製造に人手を回せなくなったそうです。
自然村が販売する昔ながらの鉄釜炊き天日干しの乾燥ひじきは、
祝島のひじき¥550のみです。大人気なので一年分確保できるかどうか〜〜〜。
posted by 自然村 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2019年04月08日

たけのこ

福岡の松熊さんが
昨日掘り上げてくれた筍が夕方届きました。

早速、茹で上げます。DSC08567.JPG
サックサクの新鮮そのもの。

明日は朝から茹でたて販売です。

勿論、生の筍も!

先週お送りしたお客さんからいただいたメールです。
早速、生のままで天ぷらにしました。
衣をつける前に、軽く塩をなじませると、甘みが出てすごく美味しかったです!!


明日は、屋久島の宝枇杷が届きます。
今年は収量がごく少なく、明日入荷の5箱で終わりです。
4箱は予約済みなので1箱のみ店売りです。

2019年04月05日

野菜の花から

立派なこぶが出来ている幅広の雲仙こぶ高菜が終わって、
今週届いたのは、
花芽が付いたものでした。DSC08565.JPG

岩崎政利さんのお便りを読みながら、雲仙の畑の姿を皆さんと一緒に想像してみたいと思います。
野菜の花から
 いつもの種を採るために残している野菜たちの花が今、つぎつぎに咲き始めています。
かぶの花や大和真菜の花はもう花が散り始めていて,鞘になりつつあります。
壬生菜の花は満開ですが、チンゲンサイはこれからです。
大根の満開はもうしばらくかかりますが、少し早目の源助大根に横川つばめ大根は今もう満開を迎えています。
花としては大根の中でも美しい女山大根は、もう少し先になります。
今、種の自家採種する人が増えて、また種を採る技術が進んでいき、花の時期に網を被覆して、より純粋な種を取る人たちが多くなっています。
 私の農園では、いまだに網を野菜の花にかぶせて種を採ることはしていません。
これからも多分にないと思っています。
これまでに種を採りながらずーとこのありのままの花を見てきました。人参とは、今年は30回目の花を見ることになります。
私の地域では、私の畑の周りに私のような野菜たちの花をとる人がたくさん現れない限りに、私の農園は野菜たちの花に網をかぶせたくはないと思っています。
私も最初のころは網室の中で花を咲かせて種をとっていたものです。
ずーと野菜の花を見ていく中で、野菜たちが花を咲かせて次の世代を守るために、みずからの力を振り絞って最大の花を咲かせている。
私はこの瞬間とは、まさに野菜たちが、私より上に感じる、野菜たちに神が下りたときにも感じます。
自然のままで野菜たちに次の世代種を守ってほしい。
野菜作りに没頭してきた中で、農民としていちばんに感動したことが、この花であったものです。
私の野菜たちへの感謝の思いです。
少しの野菜たちとの交雑とは、人に売るための種ではない、私が野菜たちの交雑を取り除いていけばいいことです。
また、野菜畑の花とは、花いっぱいの昆虫が集まってきます。
自然界の中で、生態のバランスを保つこととは、この昆虫が集まる姿を保つこと大きな役割を感じます。その大切な花を、生かすことは、やはり自然のままでの花を昆虫に与えることだと思います。
posted by 自然村 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 生産・製造者紹介

その心は

朝活に晴れ
朝ごはんにちゃちゃっと親子丼を作って(くれて)食べました。
土居さんの十倍出しを使ったので醤油と味醂で味が決まる。
鶏肉は高木さんの塩麹に漬けてあったのです。
ちゃちゃっとあっという間の親子丼。

新玉ねぎが眼が洗われるように美しいと、
心も朝活でした、晴れ

            DSC08556.JPG

その土居さんの十倍出し。只今あるのが賞味期限4/13と先日のブログで書きました。
そうしたら、「それでいいので2本とっておいてください」と取り置きのご注文をいただきました。
昨日発送のお客さんは、タイコウの鰹節の賞味期限を問い合わせなさり、在庫品と昨日入荷品をそれぞれお買い求めくださいました。
食品ロスのことはメディアで何度も取り上げられています。先日もNHKで取り上げられていました。
ご自身の暮らしのスケジュールと照らし合わせながら、「直ぐに使い切る物」「少し置いておきたいもの」の選択を賢くしてくださるお客様に恵まれていることを感謝し、
私自身も見習わないといけないと感じています。
posted by 自然村 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)