2019年04月05日

野菜の花から

立派なこぶが出来ている幅広の雲仙こぶ高菜が終わって、
今週届いたのは、
花芽が付いたものでした。DSC08565.JPG

岩崎政利さんのお便りを読みながら、雲仙の畑の姿を皆さんと一緒に想像してみたいと思います。
野菜の花から
 いつもの種を採るために残している野菜たちの花が今、つぎつぎに咲き始めています。
かぶの花や大和真菜の花はもう花が散り始めていて,鞘になりつつあります。
壬生菜の花は満開ですが、チンゲンサイはこれからです。
大根の満開はもうしばらくかかりますが、少し早目の源助大根に横川つばめ大根は今もう満開を迎えています。
花としては大根の中でも美しい女山大根は、もう少し先になります。
今、種の自家採種する人が増えて、また種を採る技術が進んでいき、花の時期に網を被覆して、より純粋な種を取る人たちが多くなっています。
 私の農園では、いまだに網を野菜の花にかぶせて種を採ることはしていません。
これからも多分にないと思っています。
これまでに種を採りながらずーとこのありのままの花を見てきました。人参とは、今年は30回目の花を見ることになります。
私の地域では、私の畑の周りに私のような野菜たちの花をとる人がたくさん現れない限りに、私の農園は野菜たちの花に網をかぶせたくはないと思っています。
私も最初のころは網室の中で花を咲かせて種をとっていたものです。
ずーと野菜の花を見ていく中で、野菜たちが花を咲かせて次の世代を守るために、みずからの力を振り絞って最大の花を咲かせている。
私はこの瞬間とは、まさに野菜たちが、私より上に感じる、野菜たちに神が下りたときにも感じます。
自然のままで野菜たちに次の世代種を守ってほしい。
野菜作りに没頭してきた中で、農民としていちばんに感動したことが、この花であったものです。
私の野菜たちへの感謝の思いです。
少しの野菜たちとの交雑とは、人に売るための種ではない、私が野菜たちの交雑を取り除いていけばいいことです。
また、野菜畑の花とは、花いっぱいの昆虫が集まってきます。
自然界の中で、生態のバランスを保つこととは、この昆虫が集まる姿を保つこと大きな役割を感じます。その大切な花を、生かすことは、やはり自然のままでの花を昆虫に与えることだと思います。
posted by 自然村 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 生産・製造者紹介

その心は

朝活に晴れ
朝ごはんにちゃちゃっと親子丼を作って(くれて)食べました。
土居さんの十倍出しを使ったので醤油と味醂で味が決まる。
鶏肉は高木さんの塩麹に漬けてあったのです。
ちゃちゃっとあっという間の親子丼。

新玉ねぎが眼が洗われるように美しいと、
心も朝活でした、晴れ

            DSC08556.JPG

その土居さんの十倍出し。只今あるのが賞味期限4/13と先日のブログで書きました。
そうしたら、「それでいいので2本とっておいてください」と取り置きのご注文をいただきました。
昨日発送のお客さんは、タイコウの鰹節の賞味期限を問い合わせなさり、在庫品と昨日入荷品をそれぞれお買い求めくださいました。
食品ロスのことはメディアで何度も取り上げられています。先日もNHKで取り上げられていました。
ご自身の暮らしのスケジュールと照らし合わせながら、「直ぐに使い切る物」「少し置いておきたいもの」の選択を賢くしてくださるお客様に恵まれていることを感謝し、
私自身も見習わないといけないと感じています。
posted by 自然村 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

取り敢えずですが

たくさん入荷のお知らせをしたいので
岩崎政利さんの野菜を待ち望んでいる方も多いので
取り敢えずですが、
ずらずらっと入荷の状況を書きます。

今週の雲仙たねの自然農園からの種の野菜DSC08564.JPG
じゃが芋(西豊)・葉付き黒田5寸人参・五木赤大根・九条太ねぎ・ちりめん菜(五月菜)・風黒里芋・晩成油菜・雲仙こぶ高菜の花芽野菜。
そして、50年ほど前、岩崎さんのお父さんたちが、昔盛んに栽培していた、最初の頃の交配種のキャベツです。
岩崎さんは昔キャベツと呼んでいます。

お便りの中に「野菜の花」というタイトルの文章があります。
後ほどブログで紹介します。

想いやり生乳
ぬか漬けを始めたいわ〜と思う気候になりました。
うれしいぬか床 
どちらも生の乳酸菌が生きています。DSC08560.JPG

竹村慎一さんの私の可愛い苺。春になって甘みが深くなっています。
孫に食べさせてよい苺です。
           
             DSC08558.JPG
仁井田本家の米グルト
程よい酸味と強くない甘みのバランスがよく、ごくごくと飲みやすいお米の乳酸飲料です。
蔵に住み着いた乳酸菌などの蔵付菌で無農薬のお米のみで乳酸発酵させています。
小さいお子さんも飲むものなので厳しい基準で検査し出荷しています。不検出(放射性物質1㏃/kg)

ポラン広場からは毎日食べて飽きない大豆工房みやの豆腐類はじめ、
冷凍の魚・鶏肉・牛挽き肉など入荷しています。

木の芽も始まりました。木の芽味噌をつくろうDSC08561.JPG

果物は沖縄からピーチパインが始まりました。DSC08557.JPG
愛媛 中島ゆうきの里の有機せとかDSC08563.JPG

お楽しみとしてラパンノアールくろうさぎのココナッツバナナタルトるんるんDSC08548.JPG

取り敢えず。でした。
明日は仁井田本家 自社田自然栽培亀の尾生酛木樽仕込みの酒粕500g¥400が入荷します。



posted by 自然村 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報