2019年05月09日

池松さんの種採り野菜

ー(長音記号1)ー(長音記号1)自然村さんは、ひょひょひょ〜〜〜ー(長音記号1)と跳び上がりましたとさ。

陵西一寸そら豆
久留米豊豌豆
スナップエンドウ


えっ?あなたも跳びあがりました?わーい(嬉しい顔)

おたふく春菊
うさちゃんお見逃しなくexclamationおいしそうな柔らかい葉の間引き人参。人参はそのままスティック人参で食べる位の細さ。
ふわふわ柔らかいリーフレタス
真っ白い肌と茎の亀戸大根


購入固定種博多こがね玉ねぎ

明日は岩崎政利さんの雲仙たねの自然農園からの野菜が届きます。

橋本農園さんの世にも稀な!わーい(嬉しい顔)自家採種無施肥無農薬玉ねぎがたくさんあります。

深谷もやしもたくさんありますよ。

雪割菜も良い状態であります。是非味わってください。

明日は、竹村慎一さんの私の可愛い苺が届きます。
果物は、沖縄のパイナップル。ピーチパインとスナックパイン。美味しいですよ。
河内晩柑、カラマンダリン、そして、
小さいけど味は王冠の美味しさぴかぴか(新しい)
山本剛さんの黄金柑ぴかぴか(新しい)DSC08670.JPG
ぎゅっと詰まった甘味と爽やかな柚子系の香り。めちゃ美味しい。

明日またご案内しますが、
こんぶ土居さんの天然真昆布、しっとりふりかけ、
本格10倍出汁 入荷しました。

高知 上樫森の世にも希少なさとうきび蜜ポカ入荷です。
posted by 自然村 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

ぷかぷかさん

上野さんが本をプレゼントしてくれました。DSC08674.JPG
私はもらったけど、みなさんは書店で買ってみてください。帯の文句じゃないけど「買って読んだほうがトク!」な本です。(笑)

以前から上野さんとぷかぷかさんとの交流の話は時々聞いていたんだけど、あんまりぴんとは来てなかった。
本を読んでよかった〜!

昨年上野さんの田んぼに立っていた案山子はぷかぷかさんの作品です。
             案山子と稲.jpg
              DSC07528.JPG
             DSC07529.JPG
             DSC07527.JPG

今、店にあるいろいろ米ぽんせんのラベルの上野さんの似顔絵もぷかぷかさんの作品です。

ぷかぷかさんのHPは、https://www.pukapuka.or.jp/
posted by 自然村 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

お誕生日とたけのこ

昨日のこと
「たけのこありますか?」という電話がありました。
3月末からの筍シーズンに何度か買ってくださっている若いお母さんからです。
松熊さんの筍に出会って筍料理が大好きになった嬢さんの、よく食べる姿が嬉しいようです。

バター薄口しょうゆ味とごま油塩味の試食を用意していました。

嬉しい食べっぷりでした。るんるん

「明日は、この子の3歳のお誕生日なんです」

「じゃあ筍でお祝いですね。
筍は、地面の下で根をぐいぐい伸ばして根を張り、土からぐいぐい伸びていく。力強いんです。
筍を食べて筍のように大きくなってね。」

筍はお祝いに相応しいと思いませんか?晴れ

posted by 自然村 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

お米の種まき

5月5日は上野長一さんの580品種のお米の種まきのお手伝いでした。
上野さんの田んぼで蛙の調査をしている宇都宮大学の農業土木の学生さんと指導の先生、
上野さんと古からのお付き合いの方と
今回は映画監督の纐纈あやさんも参加なさいました。

「お手伝い」といいますが、私は実際は遊ばせてもらいにいっているようなものです。(笑)
到着するとまずお茶とお菓子を勧められおしゃべり。上野梁.jpg
築百年近い立派な梁の下の土間で丸テーブルを囲んで
お茶や皆さんお持たせの柏餅や大福や手作りのケーキやら
トマトもあります。
ひとしきりお話して、そろそろやりましょうか。
発芽お米.jpg
            1お米種.jpg
           雄町種.jpg
             上野お米種まき.jpg
種まきの合間に「お茶にしましょう」
お昼には用意してくださった心づくしのお弁当と奥さん手作りの汁物や漬物や。
食べながらひとしきりおしゃべり。
その後種まきの続きをして田んぼへ。
             2水苗代.jpg
水苗代を作って、それからまたお茶とおしゃべり。
ろばやさんの珈琲も淹れてくれました。

たくさんのお土産を渡されて一足先に帰る人を見送って
それからまた、お茶とおしゃべり。

私、ほとんどお手伝いしてませんけど・・・(笑)

おしゃべりしていると、あの人とあの人とも、この人とも、
人と人の繋がりがあることが分かって、
上野さんの守るお米の多様性と一緒に、
上野さんが人の繋がりも紡いでいるんだな〜と感じます。

ご近所の迷惑になるからと心に涙を流しながら切ってしまわれた屋敷林。時代のありようが変わって風景が開けてしまって寂しい気持ちもしますが、奥さんの庭が広く明るく光っていました。
              上野さん奥さん庭.jpg

上野さんのところにこんなものもありました。箒上野.jpg
箒草で編んだ箒ですね。
箒草。愛読書「みをつくし料理帖」に登場します。東北で飢饉のときこの箒草の実を食べたといいます。食せるようにするためには大変な手間がかかるとか。腎臓によいと書いてありました。
箒草、初めて見ました。箒草の種.jpg
posted by 自然村 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 生産・製造者紹介