2019年07月20日

かまきり

岩崎政利さんのモロヘイヤをレジで精算しているとき、
小さなかまきりを見つけました。
袋の中でかまきりが動いているのです。
小さなお嬢ちゃんに持って帰る?と聞いたら、「怖い」というので
袋から出しました。DSC08845.JPG
手に這わせると柔らかな癒しの感触で歩いてくれます。
店主は優しく外に逃がしてやる。といいましたが、
私はそっと隠れてもう一袋の方に入れておきました。
だって外の植木のところよりは岩崎さんのモロヘイヤの方が居心地よいだろうから。
それに、かまきり入りのモロヘイヤを喜んでくれる人がいるかもしれないじゃないですか。
孫の繍だったら「なにい!なにい!」と興奮するはずだから。

私の読みは当たっていました。わーい(嬉しい顔)
その後お買い物に来てくれた常連様。
「かまきり入りのモロヘイヤがありますよ。」と声掛けしたら、手に取ってくれて、
「かまきりを飼ったことがあるの。卵からいっぱいぞろぞろ小さいのがでてきてね」と笑ってお買い上げ。
こういうことが通じ合えるから店は楽しい。

直送野菜セットのみなさん、今週の野菜から虫はでてきませんでしたか〜?

posted by 自然村 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

紫蘇ジュース

飯田さんの縮緬赤紫蘇のシーズンは終わりました。

予約の方々の分を店の前に置いていたら、DSC08836.JPG
幾人かから「欲しい」と言われましたが、
もっと早く「縮緬赤紫蘇、売ってませんか?」と聞いてくれたらよかったのに、残念でした。
本当は1束予約以外があったのですが、
これは我が家の分と決めていたのです。
飯田さんが3回も播き直してくれた紫蘇ですもの。感謝を込めて小さな葉残らず取って、紫蘇ジュースにしました。
            DSC08846.JPG
酢を入れて明るい赤に。

今思い出しました。
子供のころ、色水作って遊んだな〜

posted by 自然村 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2019年07月19日

私にご褒美

自分にご褒美、家族にご褒美でしょうか。DSC08841.JPG
本日、ご注文いただき、ヤマト冷凍便で送らせていただきました。

私も、今日は木次のアイスクリームを持ち帰りましょう。
バニラ、苺、チョコレート、ブルーベリー、抹茶小豆。どれにしようか。

純国産、四万十川のシラスウナギを四万十川の伏流水で育てた
加持養鰻場のうなぎ蒲焼の予約注文は明日締め切りです。
既に冷凍ケースで販売していますが、確実なのは予約していただくと有難いです。
http://blog.sizenmura.jp/article/186221704.html 
      

雲仙たねの自然農園

昨晩の晩御飯 やはり支度が遅くなりましたが、
まとめて煮ておいた稲荷揚げでお稲荷さん。寿司酢を作るのも簡単!
ひとり3個。
昨日の残りの池松自然農園夏野菜揚げびたしが、味を含んで美味しさ増してました。
昼まかないのいんげんの生姜醤油
作り置きの煎り豆腐も味よし。

作ったのは、池松さんの相模半白きゅうりとしらすの胡麻酢。
池松さんの相模半白きゅうり、薄切りにして軽く塩して軽く絞って、色も美しく涼やかで甘酢和えにしてよかった〜

冷凍庫にポラーノの鶏ひき肉があったので、食べたくなって茄子の鶏そぼろ煮を作りました。
岩崎さんの長茄子と、池松さんの佐賀在来茄子を乱切りにして、
お出汁は土居さんの本格10倍出汁のお世話になり、角谷文次郎商店本格三河みりん、井上醤油、砂糖で味付け。ポラーノの無農薬栽培じゃが芋を伝統製法低温乾燥の片栗粉でトロミをつけました。
そこに、池松さんの大葉をたっぷりのせました。
佐賀在来茄子はスポンジのような果肉です。加熱するとトロット。
この間食べた宮崎県在来の佐土原茄子も同じような果肉でした。

随分たくさんの量のご馳走になりました。

さて、今週の岩崎政利さんのたねの野菜は、
じゃが芋(西豊)、黒田5寸人参、平家きゅうり、伏見甘長ししとう、空心菜(エンサイ)、つるむらさき・モロヘイヤ、葉えごま、赤裏紫蘇、ピーマン、青茄子、スイスチャード
そして玉ねぎ。

晴れ晴れてますね〜、洗濯してくればよかった。晴れ

暑くなって、木次のアイスクリームを食べたくなりません?
先ほどのお客さんは抹茶小豆を1個お買い求め。
多分、ご自分用ですね。わーい(嬉しい顔)
時々自分にご褒美プレゼント必要ですよね。ハートたち(複数ハート)
みなさまのお越しをお待ちしています。
posted by 自然村 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年07月18日

池松さんの種採り野菜

池松さんの種採り、無施肥無農薬の野菜。
ミニトマトがあるとパッと華やかになります。
大葉、バジル、万願寺唐辛子、紫菜豆DSC08840.JPG
この下には相模半白きゅうりや、
ちょっと素敵すぎて、見せたらあっという間に売れてしまいそうなので隠しているネバネバ野菜が入ってます。

ぬか漬けは皮がパリッと果肉がサクサクの泉州水茄子
揚げるとトロトロの佐賀在来茄子DSC08839.JPG
今日のお便りには佐賀在来茄子の謂れが書かれています。

揚げ茄子の揚げびたしに刻んだ大葉をたっぷり一袋、ふんわり乗せてどうぞ〜
あれ、池松さんは、大葉を収穫しながら、無性に茄子の塩もみに大葉を刻んだのを和えて食べたくなったそうですよ。わーい(嬉しい顔)
奥さんに作ってもらったかな、でもそれくらいなら池松さんでもできますよね。わーい(嬉しい顔)

*佐賀に桐岡茄子という茄子があり、そこの村の出の方が佐賀の別の地方に嫁ぐ際に種を持って行って、栽培を続けていた茄子。その方の種を分けてもらいました。なので、桐岡茄子と呼べず、佐賀在来という名前にしています。商標登録の関係もあります。
*初めて池松さんから佐賀在来茄子をもらった時、店主は桐岡茄子のことを知っていました。「野菜の学校」で勉強していたんですね。池松さん驚いていました。

明日は岩崎政利さんの雲仙たねの自然農園からの野菜が届きます。

この天候で茄子やきゅうりが高騰しているというニュースが駆け巡っていますが、
自然村には美味しい在来の茄子やきゅうりが盛りだくさんに届いています。

そして、ポラン広場からはF1品種ではありますが、有機無農薬の茄子やきゅうりがお買い求めやすい価格で入荷しています。

明日は高木糀商店さんから生甘酒、生米糀、生塩糀が入荷します。

飯塚商店 幻のノンエチレン深谷もやしもございますよ。

想いやり生乳
posted by 自然村 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

四万十 加持養鰻場のうなぎ蒲焼

 7月27日 土用の丑
純国産 薬剤一切不使用飼育 加持養鰻場の
   うなぎ蒲焼、白焼き、うなぎ肝
    宍道湖大和しじみ(冷凍)

冷凍ケースで販売していますが、
確実なのは予約です。http://blog.sizenmura.jp/article/186221704.html
予約締切は7月20日(土)

冷凍便で発送車(RV)も承っています。
プレゼント気取らなくてもよい人、ご実家のご両親などにリサイクル箱に詰めてお中元で送ってはいかが?

昨夜の晩御飯は支度が遅くなったのでうなぎ蒲焼丼にしました。
切った鰻をフライパンに置いて、料理酒をふりかけ、火を付けます。
十分温まってから、タレを入れ、裏返しながら美味しそうな照りがでたら
ご飯にのせて、山椒を掛けます。

料理酒は仁井田本家の旬味に決まってます。DSC08837.JPG

もうひとつは
池松さんの白丸茄子と万願寺唐辛子、紫菜豆を素揚げして、
らっきょうのつけ汁と醤油を合わせたたれに浸けて、
これまた池松さんの大葉をた〜〜ぷりのせました。


飯田さんの縮緬赤紫蘇

今シーズン2回目の縮緬赤紫蘇を収穫して、軽トラで運んでくださいました。

自然村だけのために栽培いてくださっている飯田さんの縮緬赤紫蘇。

今年も見事な色の葉です。DSC08836.JPG

今年は予約を集めきれなくてまだ畑に多く残っていたのですが、
次作のために畑にすき込んでしまわれます。

こんなに素敵な縮緬赤紫蘇はどこを探しても滅多にお目にかかれないのに
全てを売り切れなかったことが申し訳なく、残念に思っています。

せめて、道行く人の眼にとまり、この美しさを感じてくださる人がいたらと思います。

予約以外2束あるので2束売ろうと思いましたが、思い直しました。
1束だけ店売りできます。
いい葉だと言ってお買い上げいただきました。ありがとうございました。

折角の飯田さんが種を播き直しして栽培してくれた紫蘇ですから、
1束は私が紫蘇ジュースにします。美しい香りのよい紫蘇ジュース。
息子が紫蘇ジュースなら欲しがるので作ってあげようと思います。

2019年07月17日

おやつ

ちょっとお茶にしませんか。
珈琲
紅茶
お煎茶
金沢大地の有機はと麦茶もあります。わーい(嬉しい顔)

こんなおやつも入荷しました。DSC08834.JPG
              

DSC08833.JPG¥702(税込み)

固定種・自家採種の玉ねぎ

自家採種・固定種・無施肥・無農薬栽培の玉ねぎの価値をよく理解してくださっている方へ
今シーズン最後の橋本農園さんの自家採種・無施肥無農薬の仙台黄玉ねぎと
池松さんの固定種・無施肥無農薬の甲高赤玉ねぎを送ります。
          DSC08831.JPG
本当は、この3倍位のご注文があったのだけど、
今年のこの雨と曇り続きの影響で応えることができませんでした。

順調に苗が育って、ひとつひとつ手植えして、
収穫を楽しみにしていたのに、春の大雪で芽が倒れ、その上に、カモシカに芽を食べられてしまったり、

初めて成功した自家採種の玉ねぎが沢山収穫できたのに、分結しているものも多かったり、傷み腐りの発生。

経営の太い柱の玉ねぎがこの長い梅雨の影響で畑で腐りが発生。収穫しても湿気で乾燥しにくく、皮の内側に蕩けがでて大半を正規の売り物にできない。

農家の方々のご苦労・悲喜こもごもは並大抵ではありません。

自然村で販売するこれからの玉ねぎは、
少し残っている、池松さんの自家採種甲高赤玉ねぎと
今日からいただいたDSC08832.JPG
なごみ農園さんの自家採種無施肥無農薬の玉ねぎ。
そして、岩崎政利さんの玉ねぎです。固定種ではありませんが古い品種で堅くなく、とても美味しいと評判の玉ねぎです。もちろん無農薬無化学肥料です。

料理のあらゆる場面で活躍する玉ねぎです。
自然村の玉ねぎをこれからもどうぞよろしく。ハートたち(複数ハート)

なごみ農園さんのじゃが芋も好評をいただいています。
レッドムーンとノーザンルビーの見分けがつかなくて困った困った。
切って確かめました。わーい(嬉しい顔)DSC08835.JPG







posted by 自然村 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年07月16日

縮緬赤紫蘇

飯田さんの縮緬赤紫蘇DSC08816.JPG

予約は明日まです。

紫蘇ジュース、作るの簡単で、美味しいですよ〜
色も素敵。

飯田さんの縮緬赤紫蘇、抜群の葉です。
1束¥780
紫蘇ジュース、2Lはできます。

まだ畑にあるので是非どうぞ。
今回の収穫で、残っている紫蘇は次の作付のためにうなって土に入れてしまいます。
もったいないexclamation
だから、ご注文をお待ちしています。
posted by 自然村 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年07月15日

勘次郎きゅうりと弥四郎ささぎ

種を採り、無農薬・無化学肥料で育て、
美味しい時を見計らって送ってくれた
勘次郎きゅうりと弥四郎ささぎです。

生産者さんが心から大事に思っている野菜と、
自然村が惚れ込んだ野菜の双方の想いが繋がって
それを、必要としている人(お客さん)に伝えられたらハートたち(複数ハート)
こんな嬉しい幸せなことはありません。
野菜にとってもこんなに幸せなことはありません。ハートたち(複数ハート)

告知のブログを見て、早々に店に来て下さった方もいます。嬉しい。
きゅうりもいんげんも輝いてみえます。

美味しく食べてもらいたいと、生産者さんがレシピを書いて送ってくれました。
眼でも舌でも体でも味わっていただけますよに。

勘次郎胡瓜DSC08828.JPG

・生で食べるのが断然美味しいと思います。

生で良し、漬けてよし(浅漬、糠漬、からし漬、塩蔵、ピクルス)、煮る炒める揚げるなどの加熱料理にも、和・洋・中・アジアン系など様々な味付けにも向いている万能胡瓜です。

でも私の一番のおすすめは生。冷水で程よく冷やした勘次郎を叩き割るか乱切りにして食べやすい大きさにしたらお皿に盛り天然塩をパラり、オリーブオイルをサーっとまわしかけたら出来上がり。あれば生ハムを。彩りにミニトマトの半切やバジルを散らしたら見た目にも華やかな一皿になります。脂の乗った焼きたてアツアツのサバやサワラなどの焼き魚と一緒に生の勘次郎もおすすめです!生の勘次郎には塩気と油っ気が合うようです。是非おためしください!

また、パプリカや玉ねぎ、ベーコンとコンソメでスープ仕立てに。アツアツでも冷やしても美味しい勘次郎スープです。



弥四郎ささぎDSC08827.JPG

・素揚げに生姜醤油がもっとも好きです。

普通の隠元に比べて大きくなっても硬くなりにくい、筋っぽくないというのが特長です。そして、何よりも甘さ香りが格別です。その甘さを堪能できるのが素揚げだと思います。また、こちらでは今回お送りしたものよりもさらに大きく育って豆がだいぶ膨らんだのも美味しく料理して食べます。煮物です。醤油みりんだし汁油などを煮立てた煮汁でじっくりとからめ煮ていきます。ちょっと甘辛の常備菜で冷蔵庫でだいぶ持ちますし、調理済のものを冷凍にして年中食べるご家庭もあります。そのほか、普通の隠元でできる料理にはなんにでも使えますし、美味しく仕上がります。おひたしだって断然美味しいです。どうぞどうぞお試しください。



posted by 自然村 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

山形伝承野菜

宝石きゅうりDSC08828.JPG
真室川在来の勘次郎きゅうりです。
初なりの瑞々しさです。
美しい皮は甘いのです。
ゼリーのようなたねのまわりです。DSC08829.JPG

上手く合って、弥四郎ささぎも採れたとのことで一緒に送っていただけました。

弥四郎ささぎは初めてです。DSC08827.JPG
茹でましたら柔らかくて甘く、

甚五右ヱ門芋、畑茄子、温海かぶ・雪割菜・・・

山形は
分け入っても分け入っても美味の深い森。だな〜と思います。

豊かな土地ではぐくまれた品を感じています。
posted by 自然村 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年07月14日

宝石きゅうり

明日 月曜日 
山形県真室川在来の勘次郎きゅうりが届きます。

宝石きゅうりと呼びたい
きゅうりです。

雪割菜を送ってくださった高橋さんの自家採種・農薬と化学肥料不使用栽培です。

初めての方も是非、出会ってください。
posted by 自然村 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年07月13日

池松さんの泉州水茄子

うれしいぬか床 お手入れ継続中るんるん

池松さんの泉州水茄子を半割にして昨夜漬け込みました。DSC08819.JPG
蔕を切ったら翡翠色が目に飛び込みました。

今日の午後、取り出しました。茄子紺色は抜けますね。DSC08822.JPG

パリッとした皮の食感とサクサクの果肉の食感と、ぬかの香りと、乳酸の酸味と、水茄子の香りと甘さのぬか漬けです。
             DSC08824.JPG

posted by 自然村 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

いいからかん

片品村のiikarakan
とんぼとお友達のセトヤマさんと
いつまでも可愛いみっちゃんと
片品村村長さんがお友達のきこちゃんが、
明日の新宿ルミネであるイベント参加のついでに店に寄ってくれました。

畑のことや田んぼのこと、カヲルさんのこと、いろんなことを話して楽しかった。

            DSC08821.JPG
涼しくて今が盛りの青莢豆と、にんにく、サラダを持ってきてくれました。
スナップエンドウと絹さやの深く透明な美しい色に流石!セトヤマさんの野菜だと思いました。
サラダも素晴らしい。冷蔵庫に入れておけば少なくとも3週間は傷みなくぴんぴん。細胞の出来が違うんだな。

絶品の玉ねぎは、今年は、カモシカに芽を食べられたり、春の大雪の下になったり、受難の年。
ペコロス位の大きさだそうです。

自然村で玉ねぎやじゃが芋を入れてる新聞紙袋はセトヤマさんに折り方を教えてもらったんですよ。
posted by 自然村 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年07月12日

シラスウナギの産まれから純国産

7月27日 土用の丑
四万十 純国産うなぎ蒲焼 予約を承り中です。
http://blog.sizenmura.jp/article/186221704.html

特選うなぎ蒲焼約160g¥2700(税込み)が人気です。
本日、メールでご注文が入りました。

携帯電話迷いましたが、うなぎを注文したいと思います。
特選うなぎ蒲焼1セットexclamation
迷った理由は
 ウナギが絶滅の危機にあり、絶滅させてまで食べたくないと、ここずっと食べるのを止めていた事。
でも、稚魚を乱獲したのではなく、国内の川で取れた稚魚を養殖したのなら、まあいいかな、と。このような良心的な業者だけに、ウナギの養殖や販売を認めるようにしたら、ウナギを守れるかもしれないのにな、と思います。

成程、そう考えてくださったのですね。ご注文をありがとうございます!!わーい(嬉しい顔)

どのウナギにしようか迷う方にご参考に。
左が特選うなぎ蒲焼、右が通常のうなぎ蒲焼です。DSC08817.JPG

わさびと醤油で食べる白焼きも捨てがたい。
宍道湖の大和シジミも美味しいです。

飯田さんの縮緬赤紫蘇

飯田さんの縮緬赤紫蘇

昨日雨の降らない間に収穫し、
今朝、花束のように包んで軽トラで運んでくださいました。

今年も凄く良い葉です。柔らかく葉の色が美しい。DSC08816.JPG
受け取るお客さんの笑顔もよく嬉しいです。

発送と店引き取りが終わってちょっと一息です。

明日引き取りの方分と、1束だけ販売余裕分あります。

紫蘇ジュースの作り方は「あなたと健康社」の「手作り食品」のレシピが美味しいですよ。

次回は19日最終です。
ご注文は17日までにどうぞ。

雲仙たねの自然農園からの野菜

今週の雲仙たねの自然農園からの
岩崎政利さんの野菜は、
じゃが芋、黒田5寸人参、スイスチャード、平家きゅうり、ピーマン、モロヘイヤ、葉えごま、赤裏紫蘇、長茄子、伏見甘長ししとう。玉ねぎのみF1品種。

そして、いよいよ南瓜の多様性を見ていただく、食べていただく夏になりました。
打木赤皮栗南瓜、勝間南京、北海道地南瓜、ミニ南瓜。

勝間南京 なにわの伝統野菜のひとつであります。過去にお客様からいただいた文面を再度ご紹介いたしますね。
 昨夜はコツマ南京をいただきました。
南京は大事に寝かせることが多いのですが、皮が肌色のものを送ってくださったのでありがたく食べ頃をいただくことにしました。
ふり塩をして蒸してみるともう甘みが十分にあって。
とっても美味しかったです!!
そして日本南瓜はしっとりなめらかなので真夏でも喉ごしがよいですね。


他には、山口在来きゅうり(焼)、ピーマン(炒)、スイスチャード(茹)、人参(サラダ)、玉ねぎ(煮)、玉ねぎ人参じゃがいものスープ。
どのお野菜も繊維がとてもやわらかいので大きく切って、単体で、シンプルに火入れ味つけするとお野菜の豊かな味わいにしみじみ感動します。
毎回料理と言えない上に変わりばえのしない感想ですが(笑)、
おかげさまで、少しずつうまく向きあえるようになってきたようにも感じています。

雨の中、リュックを背負って岩崎さんの野菜や池松さんの野菜を買いに
バスや自転車でお越しくださっています。ありがとうございます!
小雨が降っていますが、雨が止んだらみなさま、おいでませ〜。

ポラン広場からの果物
北海道の有機のすいか(明るいオレンジ色)と有機のメロン(赤肉)が入荷しました。
お盆のお供えにいかがですかるんるん
牛や馬に有機の茄子、無農薬のきゅうりも豊富です。

青森県 木造有機生産者組合の農薬不使用長芋約300g¥350がお勧めです。
美味しい長芋です。摩り下ろした長芋と岩崎さんのモロヘイヤや小浜島の天然もずくと合わせて
ぬるぬるつるつる召し上がれ。
そこに、食べやすく切ったトマトを入れると、見た目も綺麗で、トマトの味もアクセントになりますよ。手(チョキ)


飯田さんの縮緬赤紫蘇、今年も見事な色艶の葉です。
本日、2束のみお買い求めいただけます。
次回は7月19日です。ご希望の方は17日までにご連絡ください。

posted by 自然村 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年07月11日

入荷情報

池松さんから箱いっぱいに届きました。

池松さん、先週の木曜日に草刈中、スズメバチに手の甲を刺されたそうです。
肘くらいまで腫れて痛かゆかったそうです。今はだいぶ腫れは引いたそうですがつらい思いをなさいましたね。

万願寺唐辛子、泉州水茄子、相模半白きゅうり、大葉、おたふく春菊、いんげんは沢山のの数入っていました。
博多長茄子、白丸なす、バジル、ミニトマト、えごまの葉は少しの数。

先週、泉州水茄子をぬか漬けにしました。しっかりした果肉の漬け具合で皮もパリッとしたぬか漬けになりました。

明日は岩崎政利さんの在来の野菜が届きます。
スイスチャードと黒田5寸人参、池松さんのいんげんを茹でて塩糀で和えたサラダを作ってくれました。
上手な茹で方でお花畑のようなサラダになりました。スイスチャードの葉も綺麗な深い緑でした。

また、明日は飯田さんが縮緬赤紫蘇を運んでくれます。
予約注文いただいた分だけの数です。
万が一のため1束だけ余分に頼んであります。明日確認して予約数に間違いなければ1束ご案内いたします。
*次は12日入荷です。予約を承っています。1束¥780。
その収穫を最後に畑をうなってしまいますので12日が最後の赤紫蘇です。

土曜日は片品村のいいからかん 瀬戸山さん家族が店に寄ってくれて、
自然農のサラダや今が盛りの絹さや・スナップエンドウ、ツタンカーメンのエンドウ豆、にんにくなどを持ってきてくれます。
午後には販売できると思います。
posted by 自然村 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

手作りアイス

店主が家からタッパーを持ってきてました。
何するんだろう?
見ると
笑い皺を作り嬉しそうに
かき回しているのです。DSC08813.JPG

なにしてるの?
生甘酒と有機豆乳ときな粉を混ぜてるそうです。

ラジオで聞いたアイスの作り方なんですって。

きな粉のざらつきが少し気になるといえば気になるけど、
気にしなければ香ばしくて美味しいよ。DSC08814.JPG

これって介護食にもいいんじゃない。と思いました。

生の甘酒、豆乳、きな粉→発酵食品・ビタミンB群・タンパク質などなど。

高木糀商店の生甘酒とマルサン有機豆乳無調整、田村さんのきな粉を使いました。
きな粉に限らず入れるものいろいろ。バリエーションは無限ですね。

高木糀商店の生甘酒、生米糀、生塩こうじのご注文はお早めに。
来週には入荷します。
posted by 自然村 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)