2019年07月11日

入荷情報

池松さんから箱いっぱいに届きました。

池松さん、先週の木曜日に草刈中、スズメバチに手の甲を刺されたそうです。
肘くらいまで腫れて痛かゆかったそうです。今はだいぶ腫れは引いたそうですがつらい思いをなさいましたね。

万願寺唐辛子、泉州水茄子、相模半白きゅうり、大葉、おたふく春菊、いんげんは沢山のの数入っていました。
博多長茄子、白丸なす、バジル、ミニトマト、えごまの葉は少しの数。

先週、泉州水茄子をぬか漬けにしました。しっかりした果肉の漬け具合で皮もパリッとしたぬか漬けになりました。

明日は岩崎政利さんの在来の野菜が届きます。
スイスチャードと黒田5寸人参、池松さんのいんげんを茹でて塩糀で和えたサラダを作ってくれました。
上手な茹で方でお花畑のようなサラダになりました。スイスチャードの葉も綺麗な深い緑でした。

また、明日は飯田さんが縮緬赤紫蘇を運んでくれます。
予約注文いただいた分だけの数です。
万が一のため1束だけ余分に頼んであります。明日確認して予約数に間違いなければ1束ご案内いたします。
*次は12日入荷です。予約を承っています。1束¥780。
その収穫を最後に畑をうなってしまいますので12日が最後の赤紫蘇です。

土曜日は片品村のいいからかん 瀬戸山さん家族が店に寄ってくれて、
自然農のサラダや今が盛りの絹さや・スナップエンドウ、ツタンカーメンのエンドウ豆、にんにくなどを持ってきてくれます。
午後には販売できると思います。
posted by 自然村 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

手作りアイス

店主が家からタッパーを持ってきてました。
何するんだろう?
見ると
笑い皺を作り嬉しそうに
かき回しているのです。DSC08813.JPG

なにしてるの?
生甘酒と有機豆乳ときな粉を混ぜてるそうです。

ラジオで聞いたアイスの作り方なんですって。

きな粉のざらつきが少し気になるといえば気になるけど、
気にしなければ香ばしくて美味しいよ。DSC08814.JPG

これって介護食にもいいんじゃない。と思いました。

生の甘酒、豆乳、きな粉→発酵食品・ビタミンB群・タンパク質などなど。

高木糀商店の生甘酒とマルサン有機豆乳無調整、田村さんのきな粉を使いました。
きな粉に限らず入れるものいろいろ。バリエーションは無限ですね。

高木糀商店の生甘酒、生米糀、生塩こうじのご注文はお早めに。
来週には入荷します。
posted by 自然村 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2019年07月10日

とうもろこし 初物!!

自然村の初物とうもろこしは
なごみ農園さんのとうもろこしです。

写真がぼやけてました・・・DSC08811.JPG
もう食べちゃったので取り直しできません。わーい(嬉しい顔)

今年は、先端部分が実がはいっていません。DSC08812.JPG
理由は正しいことを聞いてお知らせしますね。

実が少ないのは残念ですが、べたつかない、すっきりとした甘さで美味しいです。
ぷっちぷっちの実からぷちっと甘さが弾けます。
甘さ(糖度の高さ)だけを自慢にしたとうもろこしとは違ってますが、
十分に甘く、
種を採ることのできる、私の売りたいとうもろこしです。


自家採種・無施肥・無農薬栽培。
種子消毒のない、種から完全無農薬のとうもろこしは貴重品ですよ。手(チョキ)

なごみ農園さんからは、
これも自然村初物の丸オクラがあります。

人気のじゃが芋 レッドムーン、シャドークイーンなども入荷です。




posted by 自然村 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年07月09日

飯田さんの縮緬赤紫蘇 !!!

やっと案内できます!!
第一弾は明日締め切りよ! 13日入荷です。12日に変更!緊急だ!びっくりね。

飯田さんの縮緬赤紫蘇 緊急予約注文!
緊急ですよ〜

そいでもって、「今週が一番色が出ると思う」というのが、
飯田さんの奥さんの主婦目線長年による経験からのお勧めです!


収穫見込み量がでました。総量約50束 限定です。

今年は収穫作業の都合で、1束の量が昨年よりも多くなります。
梅2kgに使う赤紫蘇の葉の量が1束と考えてください。
1束¥税込み¥780
多いとお考えの方は、残った葉を紫蘇ジュース作りなどのお使いくださいね。

第2弾は17日締め切り19日お渡しです。

梅雨が明けて陽に当たると色が落ちてしまうので、梅雨までの
今が一番いいそうです。

今年は発芽が悪くて3回播き直してくれました。そこで発芽の時期が遅れたので肥料を使いました。
栽培は無農薬無化学肥料栽培になります。

お申し込みは、
メール:tane@sizenmura.jp
電話:03−5927−7787
店頭で
チルド便での発送も承っています。車(RV)

2019年07月08日

高木糀商店の生糀

募集です。

高木糀商店さんの生米糀、生甘酒、生塩糀を近々
仕入れます。
ご注文ありましたら早めにご連絡ください。
生米糀は300gと1kgとご注文いただけます。

よろしくお願いします。
posted by 自然村 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

素焼き大豆 入荷しました

ご好評いただいて売り切れていました素焼き大豆が出来上がって届きました。

国産大豆7種類の素焼き大豆。¥580(税込み)DSC08725.JPG
サクサク食べられて香ばしく、大豆の自然な甘さが口いっぱいに。

大豆それぞれの味の違いを楽しんだり、DSC08726.JPG
いろいろな大豆が合わさった深い味わいを楽しんだり。
小さなお子さんにも人気です。

2019年07月06日

こんぶ土居の天然真昆布

こんぶ土居さんの川汲浜
天然真昆布と昆布商品が入荷です。

昆布が危機的状況です。
採れないんです。

ただでさえも貴重な天然真昆布なのですが。

最上級 こんぶ土居さんの目利きを通した昆布を販売できるのは本当に有難いことだと思います。
塩吹き昆布、しっとりふりかけなどの人気はもちろんですが、
主役は天然真昆布であることをお忘れなくね。わーい(嬉しい顔)

             DSC08808.JPG
             DSC08806.JPG

近寄ると危険どんっ(衝撃)な本格十倍出汁も入荷ですよ。わーい(嬉しい顔)


平家きゅうりの糠漬け

わーい(嬉しい顔)岩崎政利さんの平家きゅうりは
大きさ、長さ、形がいろいろです。DSC08804.JPG
同じ両親から生まれた子供が100人いても!
100人とも違うように、多様性豊といえば豊かなのですが、
不揃いといえば不揃い。不格好といったら・・そういう見方もあるかもね。

見た目で一番売れにくいだろうね、という子を
うれしいぬか床で漬けました。
昨日の4時ごろに漬けて今朝出しました。DSC08805.JPG

へっへへ〜わーい(嬉しい顔)
私の味覚では、「凄く美味しい!」という漬かり具合です。
試食にお出ししています。

皮と実の歯ざわりとたねの周りの食感、
ぬか床の美味しさときゅうりの風味が合わさって
良い出来でするんるん

平家きゅうりは薄く切って甘酢にするとぷりんプリンの食感です。

平家の落人の村 宮崎県椎葉村の椎葉クニコさんからたねを譲られたものを
岩崎さんが大切に守っています。

来週もきっと平家きゅうりはやってきます。

雲仙たねの自然農園からの夏野菜直送便 来週分のお申し込みは本日中にお願いします。
tane@sizenmura.jp
posted by 自然村 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年07月05日

雨の日日記

雨続きで通勤は歩いてます。
今日は自転車でしたけどね。

小さいころから真っすぐに前を向いて一筋に歩けない子でした。
大人になっても、おばあさんになってもきょろきょろ歩いてます。


先日は、雨の止み間、つつじの葉の上に
茶色のとかげがいました。静かなほほ笑みを浮かべてじっと居ました。
じっと眺めている私のことは眼に入っていますよね。ゴマ粒よりも小さく可愛い眼。

雨の中、植木の上にクモの巣が一面に張られて、雨の滴が光っています。

ときたま、歩道沿いから
遊具の少しある公園に入り込み、クロバーを踏みながら歩きます。
地面に花が落ちているのを見て初めて気が付きました。
見上げると大きな大きなねむの木だったのですね。DSC08798.JPG
写真に撮ってお目にかけようと今朝も行きましたが、もう赤い色は消えてしまっていました。

歩道沿いに、あざみが!DSC08800 (1).JPG
ど根性大根のように敷石とアスファルトの間から堂々と生えています。
アスファルトや敷石の下には大地があるのですね。

以上、雨の日のゆっくり歩きもいいものだ日記です。

でもね、一日が終わって荷物を持って歩くのはただひたすら家路を急いでいます。

posted by 自然村 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

雲仙たねの自然農園

岩崎政利さんからの直送夏野菜セットが今週から始まりました。

兵庫のSさんからメールをいただきました。
おかげさまで岩崎さんのお野菜が昨日到着しました。
お野菜はとてもよい状態で、たっぷりと入れてくださり、ほんとうにありがたいことです!

早速モロヘイヤ、野菜エゴマを茹でたり巻いたりしていただきました。
柔らかな野菜エゴマの生葉はスーッとした香りの余韻を感じました(^-^)
今年もやっぱりしみじみ美味しいです!!


店の届いた野菜は、DSC08801 (1).JPG
じゃが芋(西豊)、玉ねぎ、黒田5寸人参、モロヘイヤ、葉えごま、スイスチャード、赤裏紫蘇、平家きゅうり、ピーマン、青首大根、北海道地南瓜、打木赤皮栗南瓜、長茄子。

長茄子は、買われたお客さんからお褒めの言葉を連続でいただきました。
            DSC08802 (1).JPG
おひとりは、1センチほどの厚さに輪切りにし、油で両面を焼き、タッパーに入れて冷蔵庫で保管し、
味噌汁の具とするそうです。
いりこ出汁の味噌汁に油焼きナスを入れ、大葉や茗荷を刻んで入れるそうです。
岩崎さんの長茄子は皮が薄くて、とっても美味しいと教えてくれました。
味噌は八丁味噌や赤だし味噌が合いますね。と意気投合です。
油焼き茄子味噌汁、お試しください。

八丁味噌はまるやさんのものを販売しています。DSC08803 (1).JPG

雲仙たねの自然農園からの直送野菜セットのお申し込みは
毎週土曜日までにいただけば次週水曜日発送に対応できます。

posted by 自然村 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2019年07月04日

今週の池松さん

池松さんの野菜が箱一杯に詰められて届きました。

不断草 スイスチャードですが、岩崎さんの栽培しているのとは違って白です。
団扇のように大きな葉です。DSC08793.JPG
池松さんは生で食べると美味しいと言っておられます。おすすめレシピは、
「赤玉ねぎやオイルサーデンなどとサラダにすると酢や塩味のおかげで美味しくいただけます。末娘は、これキャベツ?などと言いながらモリモリ食べています。」
(やっぱり、池松さんは酢が好きなんだと思います。わーい(嬉しい顔)
不断草は私たちには馴染みがない野菜ですが、石牟礼道子さんの「椿の海の記」に不断草の記述が出てきます。石牟礼道子さんの幼少のころにも水俣辺りで栽培されていたんですね。

おたふく春菊はうさこも好きなんですって。
バジルの香りが清々しいです。

カルフォルニアワンダーピーマン、万願寺唐辛子、

池松さんはいんげんを収穫していると毎回天ぷらがたべたくなるそうです。
大江戸いんげんと、紫菜豆(やらず豆)

そして、
茄子を食べると「夏が来たな〜と思うよね。」
という茄子が4品種。DSC08796.JPG
油と合う白丸茄子(青茄子)、泉州水ナス、佐賀在来茄子(蒸してもなんでも合う)、新長崎長茄子

この下には、DSC08794.JPG
相模半白きゅうりと自家採種の玉ねぎと赤玉ねぎが隠れております。

明日は、雲仙たねの自然農園から岩崎政利さんの在来の野菜、
想いやり生乳、
ポラン広場からい〜〜ぱい。

親田高原の卵は水曜日入荷しています。

明日は日中は雨は降らない模様です。ご来店をお待ちしていますね。

西出水産の灰干しさんまも入荷しています。2枚¥530(税込み)です。
posted by 自然村 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2019年07月03日

うれしいぬか床とスイスチャード

うれしいぬか床、お手入れ継続中。DSC08791.JPG

昨日、きゅうり、人参の定番に
ブロッコリーの茎(厚い皮を剥いて)と岩崎さんのスイスチャードを漬けたらイケたので、今日も漬けました。

毎晩、ぬか漬けたくさん食べてます。漬かり具合の好みが家族3人3様なので毎晩批評されます。わーい(嬉しい顔)

ぬか漬けは買うものじゃありませんね。
たいてい漬かりすぎていたり浅かったりしますから。

台所で自分や家族の好みの漬け具合を見計らって漬られるようになりたい。

教えていただいた「こんにゃく」は美味しかったです。驚きました。
うちはオーサワの広島在来こんにゃく芋のこんにゃく使用しました。
塩もみして2〜3分湯搔き、適当な大きさに切ってぬか床へ。
漬けて1日2日までが美味しかったです。
それ以降は溶けていきます。

只今、ポラン広場の生産者さんのきゅうりが超お買い得です。
曲がったりした不揃いなきゅうりが1kg入って¥480(税込み)
ぬか漬けに最適な四葉きゅうり(スーヨーきゅうり)もありますよ。るんるん

posted by 自然村 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2019年07月02日

鰻蒲焼 予約承ります

    7月27日 土用の丑DSC08789.JPG
高知/四万十川産の稚魚のみを育てました。
ゆったりと泳げるよう密飼いしていません。(一般養殖密度の半分以下)
抗生物質等の薬剤不使用。
養殖池の水は、四万十川支流の伏流水です。
じっくり煮込んだ特製タレを使用、
炭火で香ばしく焼き上げました。
定番のうな丼、うな重のほか、ひつまぶしやう巻きにもどうぞ。

全て冷凍扱いです。
価格は税抜き価格です。
・うなぎ蒲焼約120g(タレ・山椒付)¥2300
・特選うなぎ蒲焼(タレ・山椒付)約160g¥2500
・うなご白焼き(タレ・山椒付)約120g¥2150
・うなぎの肝約60g¥340
・宍道湖の大和しじみ180g¥420

ご予約は27日に間に合うには7月20日最終予約でお願いします。
ご注文から約1週間後にお渡しが可能です。

ご注文方法
@店頭でお申し込み
Aお名前、住所、電話番号、希望の品の名前、数量、受取日を明記して、下記へご連絡ください・。
1、FAX03−5927−7880 
2、tane@sizenmura.jp


縮緬赤紫蘇 と 鰻蒲焼

7月の自然村は
縮緬赤紫蘇と鰻蒲焼シーズンです。
わーい(嬉しい顔)

梅干し用に、
紫蘇ジュース用に
飯田さんの縮緬赤紫蘇


予約注文を承ります。1束¥590 
1束の葉の量は?
聞かれますが御免ね、正確なことを言えないんです。だいたい梅干し1kgに必要な量位とお願いしているんです。
梅干しの揉み紫蘇に良いところを摘んで、残ったら紫蘇ジュースにするとか、工夫してくださいね。

紫蘇ジュースは簡単に作れて美味しいですよね。お子さんと一緒に作るのも楽しいでしょう。
レモン果汁やお酢をいれると、ぱ〜っと発色するするところはきっと魔法に見えますよ。ぴかぴか(新しい)

今年は、発芽が悪くて3回播き直してくれました。それで蒔き時が遅くなったので液肥を施しました。
ですから、今年は無農薬無化学肥料栽培です。

収穫時期は7月中旬の予定ですが、生育状況みて決定です。
このようですが、
ご注文予約をお待ちしています。発送もしています。
posted by 自然村 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

清野さんのさくらんぼ

自然村の生梅シーズンが終わり、
清野さんのさくらんぼ佐藤錦の一週間が終わり、
今年も半年が過ぎました。
夏越の祓 茅の輪くぐりはしていませんが、水無月は早々に食しました。わーい(嬉しい顔)

今年のさくらんぼの1週間は例年とは違っていました。
届いたさくらんぼに傷みが多くある。という連絡が届いたのです。
店着、店お渡しのものは私が確認できるので問題ないのですが、
ギフトのお届け先、ご自宅用直送の皆さまは直に見ることができません。
それからは、直接お届けのお宅に電話を掛け、さくらんぼの状態をお聞きする毎日でした。

同じ日に送ったのでも、全く傷みがなかったもの、2〜3個傷みがあるものがあるが大丈夫な場合。
いくつも傷みがあるもの。など、今までで経験しなかったことでした。
清野さんも大丈夫と思って発送したのに困っていらっしゃいましたが、
考えられるのは「雨が多い」ことでした。
傷みが多くある方へは、清野さんとお話して、代替え品をお送りする対応をさせていただきました。

佐藤錦の完熟は絶品なのですが、佐藤錦は果肉が柔らかく、特に完熟は傷みが進みやすく輸送に難しいさくらんぼです。
本当の完熟の佐藤錦の美味しさを味わっていただける清野さんのさくらんぼは
まさに宝石です。
今年も大粒で濃厚な味わい、味わいのなかに酸味と複雑な甘さが展開するのです。口の中で宝石のきらめきがあるのです。
今年は傷みの発生で残念なこともあったのですが、清野さんの佐藤錦の素晴らしさは些かも変わりないと感じました。

ギフトの方々は電話でお話すると、毎年、さくらんぼが届くのを楽しみにしてくださっていることを実感しました。
97歳になるおばあちゃんが毎年楽しみにしているとお話してくださった方もいます。

「今年も大変美味しくいただきました。
とりわけ、1歳になったばかりの孫が次も次もと
指をさし本当に沢山美味しそうに食べていました。」というメールをくださった方もいます。

こんな微笑ましい「昨日のお昼前に受け取り、誰よりも早く頂いたのは末っ子。一歳半になった次女のさくらんぼデビューとなりました。
長男の下校後のおやつにも2日連続登場してあっという間に一パックが終わり、明日のお弁当はさくらんぼだけで全部埋めて欲しいという長女です。
そんなこんなで例年に劣らず今年も美味しくいただけてます。状態も今までのところ一粒だけ傷んで白カビが出始めていたのがあったくらいで、とってもいいと思います。」メールもいただきました。


ぴかぴかのさくらんぼに喜んでいただいたり、
完完熟でも一個も傷みはありません。という方や
「いつもとちょっと違うなと思ったけど、少しだから大丈夫です」と言っていただいたり、
傷みの多かった方には大変申し訳なく、しかし好意的に対応していただき、
本当に有難いことだなと思うと同時に、
だからこそ、、私は多分、足りないことの方が多すぎるのですが、誠意を持って、よくなことがあった時こそ更に心を尽くさないといけないと感じました。

かなり心を痛めた1週間なのですが、
6月30日(日)、西荻窪の方に代品をお届けして、喜んでいただけて
            DSC08785.JPG
            DSC08786.JPG
今年の自然村の清野さんのさくらんぼ佐藤錦の季節は終わったのです。
ご注文くださったみなさま、本当にありがとうございました。
また来年もよろしければ、ハートたち(複数ハート)