2019年09月12日

池松さんの種採り野菜

明日 13日は中秋の名月。
今、空を見上げてみましたが雲がでています。明日は澄んだ空になるとよいな〜
店の中にはお月様がおいでです。甲斐黄桃.jpg
甲斐黄桃。果肉もお月様色です。

栗、枝豆、里芋はまだの自然村です。
お供えには夏の名残の野菜や、葡萄、梨などはいかがでしょうか?

福岡 池松さんの種採り・無施肥無農薬の野菜が届きました。
            池松.jpg
モウィです。沖縄のきゅうり。
北海道地南瓜も底のほうにあります。
岩崎さんの畑は盆過ぎからの長雨と度重なる豪雨で地に成るなりものがみんな駄目になってしまたそうです。
南瓜、特にデリケートな鶴首南瓜、冬瓜、モウィもです。
岩崎さんから池松さんに譲られた種で育ったモウィ、北海道地南瓜だと思うと、感慨深いものがあります。

モウィ、万願寺唐辛子、新長崎長茄子、ピーマン、島オクラ、北海道地南瓜、水茄子、白丸茄子(青なす)、大葉。

明日は岩崎さんの玉ねぎが届きます。
澤登さんの葡萄
想いやり生乳
ポラン広場からたくさん、新生姜も始まりました。

親田高原の卵、深谷もやし入荷しています。
市川さんの無花果もあります。



posted by 自然村 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

お茶とおやつ

「さっぱりとお茶が飲みたくなる時期ってあります。」と、
お煎茶を飲みながら書いています。わーい(嬉しい顔)

信楽 朝宮茶 かたぎ古香園のお茶です。かたぎ茶.jpg

新茶です。
これは5月の新茶がずっと売れ残っているというのではないんですよ。
きちんと全部完売して、
また送っていただいた分です。
お茶屋さんは、夏を過ぎると、その年収穫のお茶と前年以前の在庫のお茶をブレンドして製品にします。
ブレンドする前に単年度分としていただきました。
今年の5月に収穫したお茶という意味で新茶です。
5月から低温で貯蔵し時間を経て熟成したお茶です。

夏の盛りは、水だし煎茶として時々楽しんでいましたが、
今日は温かいお茶です。

おやつは? 実は今は、塩キャラメルのチョコレートなんです。

でも今日、紹介したいのは、
精華堂のおかきです。
原料は吟味した極上の有機もち米、有機の調味料、お出汁も鰹節や昆布でとっているんです。

お値段はするのに一番の売れ行きはのりはごろも.jpg
焼上のり羽衣です。

甘辛系を好きな人が多いことを私、知っています。わーい(嬉しい顔)甘辛.jpg