2020年02月28日

リサイクルトイレットペーパー

共働学舎のリサイクルトイレットペーパーです。
雑誌古紙100パーセント利用
8個入り・芯なしです。トイレットペーパー.jpg

読んで→リサイクルに出して→使う
使ってこそのリサイクルるんるん



 

花芽

雲仙たねの自然農園から

5寸人参、じゃがいも(西豊)、キャベツ、ブロッコリー、島大根、赤リアスからし菜、
五木赤大根、岩崎ねぎ、弘岡かぶ・黄緑カリフラワー花芽

雲仙こぶ高菜、福立菜、畑菜

畑菜に花芽が出てきました。畑菜花芽.jpg

福立菜も花芽を抱いています。福立菜.jpg

岩崎さんはお便りの中で、
この花芽の時が、この青菜のいちばんおいしさを感じるときでもあります。
と書いておられます。


雲仙こぶ高菜は盛りを迎えています。
雲仙こぶ高菜は個性的な姿をしており、長崎の在来野菜を代表する青菜です。
今回たくさんいただきましたので大勢の方の台所に届くことを願っています。

それぞれのほろ苦さを加熱することで旨味に変えてお楽しみください。

今回も、さりげない野菜と感受性豊かな在来種の野菜をテーマのお便りになっています。
長文ですが、時間をみてブログに書き写して紹介したいと思います。
みなさんそれぞれに様々に感受される内容だと思うからです。
こうご期待!
posted by 自然村 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年02月27日

池松さんの野菜と

福岡の池松さんから種採り野菜が届きました。

黒田5寸人参 今シーズン最後の入荷
晩生千筋京水菜
かつお菜
のらぼう菜の菜花
白菜の菜花

いよいよ花芽のシーズンです。
のらぼう菜も白菜の菜花も大変美味しい菜花なのです。

これは見逃せませんよるんるん池松 菜花.jpg

明日は雲仙たねの自然農園から岩崎政利さんの種採り野菜が届きます。
種採り野菜ではありませんが大変美味しいブロッコリーやキャベツも多めにお願いしてあります。

今シーズン初のいちごジャムを作りました。
生でそのまま食べるほうが好き!というのはよーく分かりますわーい(嬉しい顔)
でも、いちごジャムを煮ている時の匂いも大好きわーい(嬉しい顔)いちごジャム.jpg
しかもほんの少しでもささっと作れますもんね。

明日と明後日は、竹村慎一さんの私の可愛い苺が入荷します。
想いやり生乳もあるので苺ミルクもできますねハートたち(複数ハート)

では、ご来店をお待ちしています。



posted by 自然村 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

つくしを見つけた日に

自転車の後輪タイヤの空気が抜けるので修理にもっていこうと思いながら、仕事に精出していて忘れた連日。
今朝も歩いて出勤でした。
つくしが出ているのを見つけました。フェンスの向こう側なので摘むことはできませんが、
子供が小さいときに聞いていた童謡が口から出てきました。
つくしのあかちゃん うまれたよ たんたんたんぼの くさのどて

思いがけない人が店に来てくれました。
長身の若者が被っているヘルメットを取りながら、
「この近くに住んでいた○○を覚えていますか?」と。
なんとま〜、9年前、お客さんでよく買い物に来てくださった○○さん!
愛媛にお引越しされ、その後また東京に越していらっしゃいました。
若者は今は北海道の大学生。帰省中に桜新町(さざえさんの町)から自転車で来てくださったのでした。
ご両親の人柄そのままをうつしたとても素敵な若者に育っていました。
桜新町から自転車で約1時間だそうです。

大絶賛していただいています唐桑半島の畠山政則さんの生牡蠣を仲介してくれる海産物問屋貫正の千葉正樹さんが、研修のため上京し、うちに寄ってくれました。
唐桑の牡蠣の養殖のことなど詳しくお話を聞くことができました。

いろいろなことのあった一日です。
posted by 自然村 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2020年02月26日

自然農の野菜

沼津市 標高300m 自然な関係ファーム
高橋さんの大根を箱から出しながら、大根の葉の色と造形の美に目を奪われてました。
凍みた葉の色も美しく三浦大根.jpg

三浦大根、大蔵大根、露地原木椎茸をいただきました。

参考までにと桜島大根をくださいました。大根桜島.jpg
初めて見る葉の形状です。花芽が付いています。ハーブみたいな葉ね、といった方がいます。
南国ぽいという人もいました。

千葉県の佐久間さんは
お米 いせひかりと
ド・シコブロッコリー、聖護院大根、松島2号白菜、里芋(土垂)をいただきました。
ド・シコは100年以上前にイタリアで育成された品種です。
どれも種を繋いでいます。ドシコ.jpg
              聖護院大根12日.jpg
            松島2号白菜.jpg

のわら半紙にコピーされた柔らかい鉛筆の筆致のお便りに
田んぼのれんげが色濃くなってきたこと、
先週、雲雀が畑の上で鳴いていたこと
鶯の初鳴きが聞かれたことが書かれています。
もうそろそろ夏の野菜の種を播く準備だそうです。
佐久間さんの荷の箱にはおまけのド・シコと蕗の薹が入れられていました。

住まう庭にチューリップの芽が伸びているのに気づきました。
日差しが明るい日にはオオイヌノフグリの空色の花が咲いています。

移り行く巡りくる季節を、自然と共に生きる野菜や果物たちを食卓で味わってください。

posted by 自然村 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年02月25日

私にもできる海を汚さない選択と洗濯

海を汚さないお洗濯の道具に仲間入りしました。
がんこ本舗の洗濯洗剤 
海へ & シャチットスプレー
海へ.jpg

家庭で使い始めました。
驚くほど少量でいいです。
すすぎ0回。汚れに応じて1回。ドラム式は1回。
洗濯時間が格段に短いexclamation×2
我が家の全自動洗濯機はどうしてか、注水量が少なくて水が溜まるのにえらく時間が掛かってしかたありません。
なので普通汚れすすぎ0回はめちゃめちゃ有難い。
使い方説明を読むと、浸け置き洗いが有効的だとか。

仕事をしていて少しでも家事の短縮をしたい人にも喜ばれるかもしれません。
電気代や水道料金にも反映しそうです。
使用方法をしっかり読んで効果的に使いたいです。

がんこ本舗のHPです。http://www.gankohompo.com/products/laundry/01/

使用方法も詳しく説明があります。
http://www.gankohompo.com/products/laundry/01/howto.html


小さな家庭の日常ででもできる社会貢献といったら大袈裟かもしれないけど、
ひとつひとつの家庭から出す排水が、
できるだけ海や川を汚さないよう意識されたら、
未来に希望が持てるかもしれない。

環境負荷の少ない石鹸、洗剤・助剤 が様々売られています。
それぞれの生活パターンや洗濯の汚れ落ちの期待度に応じて
選択して、お洗濯晴れ

自然村では、
海へ、シャチットスプレー、バジャン、マグちゃん、
アルカリウォッシュ、モンゴル天然重曹、天然クエン酸、パックス酵素系漂白剤
パックスナチュロン液体石鹸
シャボン玉粉せっけん
メイドインアース液体石鹸


以上を販売しています。
単体で、組み合わせて、工夫して使います。




2020年02月22日

高木糀商店 予約

金沢市で唯一の糀屋さん
高木糀商店の生甘酒、生米麹の予約注文を承ります。
生塩糀は現在も販売しています。冷蔵ケースをご覧ください。
電話、メール、店頭でどうぞ。
3月第一週に入荷予定です。
生米糀は300g入りですが、kg単位のご注文もお受けしています。

トマト甘酒を作りました。トマト麹スープ.jpg
生のトマトを粗く刻んで、ミキサーにかけ、甘酒を混ぜただけ。
トマトの酸味とグルタミン酸のうま味が甘酒の甘さとうまく混ざり合って飲みやすいです。

飲みながら、店主と
「これは介護食にもいいわね〜」と話しました。
トマトの抗酸化力と糀が含むビタミンB群、必須アミノ酸、糖類などの栄養素や酵素などが手軽にとれて
食物繊維も多く腸内環境を整えるのにもいい。

店主も私も、両方の母親が介護が必要となりました。直接は何もしてないのですが、
介護を必要となった人たちにどのような食がよいか、気が向くようになっています。


posted by 自然村 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

自然村へ苺、買いに!

甘い香りが広がっています。竹村さんイチゴ.jpg
竹村慎一さんの私の可愛い苺が今日も届きました。
私は、完熟した苺の香りが懐かしいお母さんのお乳の匂いに思えてならないんですハートたち(複数ハート)。どうしてでしょうね。わーい(嬉しい顔)


昨年の10月2日に農薬を1成分(できるだけ害のない)散布したのみです。
土壌消毒は昭和53年から一度もしていません。
小さな子にも安心して食べさせられる苺と思います。

苺は収穫前日まで使用可の農薬があるそうです。
限りなく農薬を使わない苺、畑で完熟した苺はとてもデリケートで傷みやすいです。
みなさん、是非、届いた日にお求めいただいてその日のうちに美味しく食べていただけたらと思います。
暖かで自然村へ来るのに丁度よい土曜日ですねわーい(嬉しい顔)


2020年02月21日

平家と源氏の大根 平家大根と五木赤大根

平家大根と五木赤大根平家源氏大根.jpg

今週のお便りを紹介します。
長文ですが、岩崎さんのユーモアも散りばめられ、
種を採る農業の姿も岩崎さんの人となりも感じ取っていただけると思い、
書き写します。時間のある時に読んでいただけたら幸いです。

  平家大根から
例年なら2月終わり頃からの平家大根の収穫ですが、2月20日前にもかかわらず、もうとう立ちが始まろうとしています。
私の農園の大根の仲間の中でもいちばんに野性味のあふれた大根です。
収穫していく中で、まだふぞろいで長いもの、短いもの、大きいもの、小さいもの、
まさに多様性豊かな大根です。食味は硬目の肉質であり、からみは強くあり、特別にこの大根のもつ味に引かれているわけでもなく、又収量が特別に多いわけでもなく、その上に収穫時の土から抜き出すのに力のいる事、
こんな自然児の大根ですが、私の畑の中に生き続けてもう10年もすぎてしまった。
収穫時の引き抜く大変さ、
妻が私の大根の引き抜く姿を見て、「大根たちはあんたに恋しているのよ・・」「片手でさわるだけでコロリと土から抜けてくるのだから〜」と
 平家大根も片手で引き抜くが、他の大根と違って力が多くは入ってしまう。
この種とは宮崎県の椎葉村の椎葉くに子ばあちゃんが守ってきたものですが、守り続けてこられた人の想いがあるからこそ、種をまもりつづけられている大きな要因であります。「岩崎さん、私はこうやって50年間も、個の平家大根を守ってきたのよ・・・」この言葉が心の中に強く残っている。
平家大根を10年近く栽培してきて、つき合っていく中で、この大根から学んでいく事が多くあります。特に源氏、平家の800年以上の歴史の中で生きてきたこの大根、いや、きっとそうあってほしいと想っている。
五木の赤大根と今回は同じセットの組み合わせです。平家大根は平家の流れの中で生きたやさいで、五木の赤大根のほうは源氏の流れではと想像してしまいます。
そんなロマンを感じながら、今回もみずからが残していきたい姿の母本を、一本一本を収穫しながら選んでいきます。
土から引き出した瞬間が出合い場、その瞬間が選定の場でもある。選んだ母本を今年はどこの畑にしようかなあ・・・!と
しかし結局は昨年の場所へまたいってしまう。
この大根はとても吸込性が強いですから、収穫がすこし楽になる様にと人参タイプの姿を増しています。私の勝手な選抜をしても、すぐにそろうものでもなく、気長につき合っていくしかありません。あまりにも長い間も私の言うことを聞かない野菜は「もう種を採るのは止めるよ・・・!!」と言って脅してやろうかな・・!多様性豊かな昔ながらの野菜たちとは、とても感受性が豊かできっと守っていく人の心の動きを感じてくれるのではと思えます。
私の畑の中で母本を選んで花を咲かせ、種を実らせながら、もう10年、10回をくり返してきた、すこしづつ姿を変えながら、この平家大根の10年の生き方から何を学んできたのだろう・・・。種を守っていく、種を育てていく、種とは生き続けていきたいのだろうか・・・種を守る意味は、農業としての大切な事とは、きっと、このくり返し畑の中で生き続けている平家大根は伝えようとしているのだろうが、私がそれを受けとめるにはもうすこし時間がかかりそうです。


posted by 自然村 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

入荷情報

入荷情報が今になってしまいました。
でも、明日も営業しているからねっるんるんお越しくださいねっexclamation

雲仙たねの自然農園から届く箱を開けて野菜を取り出しながら
ワクワク心が躍るんですよ。
どれもこれも心を躍らせる何かを発してます。
次に思うのはこの素敵な美味しさをどうしたらお客さんに伝えられるかしら。
・・・・続けて食べて、食べ続けていくうちに
いつしか味覚の底にしっかりと位置を占めて
やがて美味しい野菜の基準を作ってしまう。美しい野菜

種を採り続けている黄緑カリフラワー。カリフラワー花.jpg
花芽の伸びた時が美味しい時期と岩崎さんの教えられて
暖冬のおかげ(?)で食べられる。
私は元々カリフラワーが好みなんですが、
茹でた黄緑のカリフラワーの花芽の伸びたのの柔らかい甘さをじんわりじんわり味わって、
今、この美味しさを話したくて夢中です。

直送セットのお客さんには全員にお届けできてきっと喜んでいただけたと思う。
来週もあるのかな〜。あればいいな〜

キャベツ、サニーレタス、ブロッコリーは購入の一般種子ですが、
どれも昔の品種を選んでいるので、とても味がよく、
サニーレタスもブロッコリーも茎や芯も柔らかく瑞々しい味わいです。
            岩崎野菜.jpg
他に
岩崎ねぎ、弘岡かぶ、じゃがいも(西豊)、5寸人参、平家大根、五木赤大根、雲仙こぶ高菜、畑菜

雲仙こぶ高菜が始まりました。
畑菜も是非食べていただきたい菜です。
posted by 自然村 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2020年02月20日

2019年度産 新物アサクラオイル

2019年度産 新物アサクラオイルが入荷しました。
限定数です。¥3690アサクラオイル.jpg
アサクラオイルの故郷の風景とオリーブの収穫の様子をご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=hh4QHkTcKlI&feature=youtu.be

オリジナル米麹と味噌材料

自分で仕込む味噌の香りと味は文字通り「手前味噌ですが・・」と言いたくなる美味しさです。
毎年仕込みたくなるのはドオリデス。
興味津々、初めての方も是非チャレンジしてください。
まず、失敗することはありません。

力強い麹菌のまわった麹
美味しい豆
美味しい塩
あなたの手
これさえあれば美味しい味噌はできます。

自然村オリジナル糀は、いつものように桜の花が咲くころ、
3月20日のお渡しです。

自然村がお勧めする、
花仕込み 手前味噌作り材料予約受付ます!
桜の開花時期は地域で違いますし、甕を置く環境(温度)でも条件が変わってきますが、
「雑菌の少ない寒」にというのは「寒(勘)違い」のような・・。と考えます。
東京で開花する時期を考えまして、今年は3月20日に麹をお渡しする予定です。
味噌は大量の塩が使われますので、中で雑菌が繁殖することはまずありません。
5月だって7月だって味噌は仕込んで美味しい味噌ができます。

山形県白鷹町のすずき味噌店の鈴木徳則さんにお願いをして、当店で販売している山形の幻の米さわのはな(合鴨農法)をにしてもらいます。
          koujimurosuzuki.JPG
            この麹室で作られます
           koujisuzuki.JPG
           tokunori.JPG    
米の芯まで麹菌のまわった力強い麹になります。力強いというのは、酵素を出す力が強いということです。       

予約承ります 
       注文締切 3月7日(土)
       入荷   3月20日(金)
    
(冷蔵庫で3週間OKですので、受取日を決めてください。)
 @玄米麹 1kg¥1690
 A米麹  1kg¥1690
*工賃・送料が上がりましたので昨年までよりも若干値上がりいたしました。

お薦めの豆。在来種の豆をご案内します。

B群馬県片品村在来大白大豆1kg¥2260 
自然農を営むセトヤマさんが自家採種し、育てた大白大豆。手選別し真珠のような粒ぞろいの黄大豆です。
味はとびっきりよく、雑味のない奇麗で甘く煮豆にも大好評です。大白大豆.jpg水煮大豆.jpg

番外ですが、北海道産、無農薬無化学肥料栽培の黒千石1kg¥2538もチャレンジしてみる価値のある豆です。
小さな黒豆で皮の中は緑色の大豆です。アレルギーやガン予防に効果があるといわれる成分が黒豆の中で一番あるという研究報告があります。

お薦めの塩
C土佐の天日塩あまみ 500g¥1760DSC08489.JPG
 黒潮洗う海の塩です。お日様と職人の技術の文字通り結晶です。食べて美味しい塩です。
D海の精赤ラベル(釜炊)500g¥1296
E海の精漬物塩1.5kg¥3240


味噌作りのチラシを店頭で配布します。
メールでのご注文は注文商品番号と品名と数量、
お名前・住所・電話番号
来店で引き取り又は発送かを明記してください。
たくさんのご注文をお待ちしています。
*表示価格は全て税込みです。

影法師

今日の東京新聞朝刊に載っていました。
当店販売の無農薬無化学肥料米 さわのはなの生産者
遠藤孝太郎さんはフォークソンググループ影法師のメンバーです。
          影法師.jpg
posted by 自然村 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 生産・製造者紹介

棕櫚細工 バッタ

餅つきの時に上野長一さんが参加者の方たちと約束した
棕櫚細工のバッタが、お米とうどんの荷に入れて
届きました。
棕櫚が新鮮なうちに取りに来ていただくといいですが。
上野さんの気持ちです。バッタ.jpg
大人の分もありますよ。わーい(嬉しい顔)
posted by 自然村 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2020年02月19日

ふきのとう

沼津 標高300mの空気のきれいな段々畑 
ふきのとうふきのとう.jpg
ふきのとうの天ぷら ふき味噌 
春の香りとほろ苦さをどうぞ!

原木露地生椎茸 春子沼津生椎茸.jpg

菊芋、大蔵大根も届いています。

明日は唐桑半島畠山政則さんのもまれ牡蠣入荷です。

2020年02月18日

春よ

どじょっこだのふなっこだのは
まだ冷たい水の底かもしれませんが

晴れた日には光はすっかり春の輝きですね。
土の上では
ひろっこだのふきまんぶくだの夜が明けたと思うべな〜

明日は沼津の山からふきのとう生椎茸が届きます。

             ひろっこ.jpg
             茎立菜.jpg
posted by 自然村 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2020年02月16日

上野長一さんのもち搗き

餅つきの会、終わりました。

大勢の参加をありがとうございました。
1部、2部合わせて3臼搗きました。
草餅
青のり入りの玄米餅
いろいろ米入りの餅

草餅は乾燥粉でなく、なんと、萌え出たばかりの小さな若葉を摘み集めてきてくれたものです。
              草餅.jpeg

蒸しもち米をこねてこねる.jpeg

搗いて繍もちつき.jpg

ちぎってまるめる.jpeg

お好みを絡めて餅つきトッピング.jpegimage2.jpeg

               繍 餅.jpeg

満足いただけたようです。繍満足.jpeg

多分、みなさんお腹いっぱいになったと思います。

持ち帰りもたっぷりです。

2部のみなさんには棕櫚細工も経験していただきました。
亀、かたつむり、バッタ。
パッタは難しい。上野さんの手元をみていると手品のようです。
大人も子供も亀とカタツムリを作りました。カタツムリ.jpg

上野さん、なにやら作っています。
じっと見ていると、なんだろう?
あれかな?カエル上野.jpg
あら、立体だわ目


ああやっぱり!!

             完成カエル棕櫚細工.jpg
青蛙!!

上野長一さん、礼子さん、
よもぎ摘みから昨晩の仕込み、今日!本当にありがとうございました!
楽しかったです。
posted by 自然村 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

餅つき準備!

雨でも出来る!って

棚を移動してじゅんび.jpg

シートで雨よけしてもち米を蒸します。amedemo.jpg

すでに、ささげのお赤飯を蒸してくださいました!
腹ごしらえしました!美味しい〜赤飯.jpg
もちろん、参加の皆さんにも振舞われます。

甘酒も作ってきてくれました。ウエルカムドリンク!

外でできれば最高だけど、
雨でも出来るっていう経験できます!これは得難い。
雨でも最高に楽しい餅つきの一日にしましょう。

草餅
いろいろ米餅
玄米餅を搗きます。
posted by 自然村 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2020年02月15日

屋久島のたんかん

屋久島からたんかんが届きました!屋久島タンカン.jpg

敷いてあるのは近海物一本釣り鰹節タイコウさんの記念手拭です。
屋久島近海はかつおの良い漁場です。

上野長一さんの餅つき

明日の餅つきは雨でも店内でやりま〜す。
上野さんも今頃準備万端でしょう。私はあんこを作ってます。
6品種の在来の小豆ミックス。
美しい。
6品種小豆.jpg
茨城県常陸太田市のごく一部で食べられる希少な在来小豆6品種
むすめきた・ダニ小豆・陰小豆・白小豆・黒小豆・むすめきたか

posted by 自然村 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報