2020年08月17日

枝豆ビール

残暑お見舞い申し上げます。

今日からお仕事の始まった人も多いのでは。

ただいま!
お帰り!
こんなお出迎えがあったら最高かもしれません!DSC09103.JPG

あっ、もちろん、ビールは冷やして
茹で枝豆は塩を効かせて、ねわーい(嬉しい顔)

お風呂で汗を流してさっぱりとしてからどうぞ!
枝豆の品種は香りと甘みの強い湯あがり娘です!
新潟県津南高原の昼夜の寒暖の差が美味しくしています。

枝豆は疲労回復によい成分が豊富なんですってよ。

営業開始ととうもろこしと

旧盆過ぎから収穫の最盛期を迎えます。

とうもろこしが始まりました。
山梨県小黒農園さんの
とうもろこし キャンベラです。DSC09105.JPG
昔の品種です。今のただただ甘さと柔らかさを追求したとうもろこしではありません。
醤油を塗って焼きともろこしもやってみませんか?
栽培期間中無肥料無農薬栽培です。

実がぎっしり詰まってずっしり重みがあります。DSC09107.JPG

こどもが大好きなとうもろこしだから
無農薬栽培を選びたいですね。
しかし、無農薬栽培でとうもろこしを栽培するのは至難の業なんです。
希少な小黒さんのとうもろこし、おやつに、料理にどうぞ!

今週は何度か入荷します。

トウモロコシの選び方・知っておきたい知識

減農薬なら安心?
減農薬=農薬散布回数が少ない=散布後の効き目が長いということ。
「最新」の殺虫剤には「速やかに害虫の摂食活動を停止させ、長い残効性を示す。2〜4週間以上効果が期待でき、収穫前日まで使用できる」と謳われているそうです。(ポラン広場通信より)


posted by 自然村 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報