2020年10月14日

帰省

先週、
お客さんから帰省に伴って、ご実家へ野菜の発送をご注文いただきました。
ポラン広場の生産者の野菜や、
雲仙の岩崎政利さんの在来野菜
福岡の池松さんの在来野菜をたっぷり使ったちらし寿司の写真を送ってくださいました。
家族で楽しい時間をお過ごしの様子が伺えて、私まで楽しくなりました。ちらし寿司14日小森さん.jpeg

今日は、お客さんの帰省に伴って、ぐるめさんの豚肉やら、ポランの鶏肉やら、魚、おでん種セット、油揚げなども冷凍便で発送いたしました。
ご実家で手料理に当店の食材を使っていただけてとても有難く嬉しいです。

追伸:ちらし寿司のお客さんから、「塩揉みした大根葉もたっぷり入れてました!」とメールをいただきました。

posted by 自然村 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

佐渡島の森から

佐渡島の樹齢300年を超える栃の木の巨木の森の自然の息吹を感じながら眠り、発生した露地原木舞茸が届きました。
ようやく届きました。わーい(嬉しい顔)
来るよ、来るよと言ってお待たせしていたみなさま、お待ちどうさまです!
パックの中からぷんぷんぷ〜んと舞茸の香りがしています。14日原木舞茸.jpg

他の農作物と同じように今年の天候は厳しく、発生が少ないそうです。
恐らく、今回限りの入荷かもしれません。もう一回ぐらいあるとよいですが・・
(その時はまたアナウンスしますね。)

天ぷらや炒め物、炊き込みご飯などで香りと歯ざわりをお楽しみくださいね。

甚五右ヱ門芋

毎年、自然村の里芋始めはこの里芋に決めていました。
山形県真室川在来の里芋
甚五右ヱ門芋が入荷しました。14日甚五右衛門芋.jpg
佐藤家に伝わる一子相伝の里芋。きめが細かく滑らかで粘り強く甘みのある里芋です。

お値段は、里芋の価格としては日本最高価格かもしれないです。
しかし、食べてみれば、
リピートなさるお客さんや、シーズンに一度や二度は食べたいと思う人が多い理由が分かっていただけると思います。

今年は天候の影響か、収量が大変少なく、どれだけの量いただけるか見通しが明るくありません。
少しでも、毎年「あの芋」と待ち遠しく思ってくださるお客さんに食べていただけることができそうで嬉しいです。
金曜日にも少量入荷します。
その後は、11月に入って畑にあれば、ということになります。

posted by 自然村 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜