2020年12月21日

こんぶ土居さんのブログ

まずは、こちらをどうぞ〜
こんぶ土居の店主 土居純一さんのブログから
今回のテーマは経験からの、うまみ調味料の問題点です。
お読みください。
https://konbudoi4th.hatenablog.com/entry/2020/12/16/154929
本格十倍出汁を自然村では販売しています。本格十倍出汁5.jpg
この出汁をお買い上げご利用してくださっている皆様、十倍出汁を使った純一さんのユーチューブもありますよ。るんるん

純一さんはお料理がお上手なんです。そして、イケメン過ぎます。
posted by 自然村 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | だしとり

べったら

べったら、始まりました。
海の精の一本漬けたくあんも本来のたくあん漬けで美味しいですよ。
            21べったら漬け.jpg
どちらもご飯が進みますし、お茶のお供になります。わーい(嬉しい顔)

正月のご馳走の合間に、こんなのがあると嬉しいはずです。

吹田慈姑

野路さんが送ってくださった吹田慈姑を
素揚げにして食しました。
送っていただいて1週間経っていますが、濡れ新聞紙に包んでビニール袋に入れ冷蔵庫保存で、全く保存は問題ありません。
洗って、素揚げするために布巾で水気を取りながら、
芽の皮と汚れを落としましたら、このやり方がとても都合がよいことが分かりました。薄い皮は強く擦ってはいけません。21吹田慈姑.jpg

素揚げして塩を振っていただきました。21吹田慈姑素揚げ.jpg
ほっくりした芋にほろ苦さとほんのり甘さがあって、
ビール、酒の肴に喜ばれると思います。芽はカリカリで美味しいです。
素揚げして、めんつゆのような汁に揚げびたししたりしてみようと思います。
「姫クワイ」という別名があります。日本の原種ですので小さいです。と佐川健一さんが教えてくださいました。
名前の通りの可愛らしい慈姑です。

ネットで姫慈姑で検索しましたら料理屋さんの丁寧な仕事、
皮を剥いて煮含めた吹田慈姑が季節の野菜と盛られて素敵でした。

野路さんが送ってくださったら直ぐにブログに書きますね。
posted by 自然村 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

今週も届きます!!

今週も、食べられますよexclamation×2

宮城県唐桑半島 畠山政則さんの生牡蠣300g¥1577
24日に届きます。車(RV)
            10畠山もまれがき (2).jpg
海水温が下がって益々美味しくなってますよ。

風邪、インフルエンザ、いろいろな病気の原因の一つは現代人のミネラル不足だそうです。
牡蠣は海のミネラルの宝庫です。手(チョキ)
美味しく食べて元気に師走の忙しさを乗り切ってください。手(グー)

お取り置きもいたします。ご連絡くださいね。

*実は、牡蠣の仕入れ値が先回より上がっております。年内は¥1577で販売いたしますが、来年からは50円値上げさせていただきます。よろしくお願いします。

市田柿 入荷!!

今年も林檎屋さんの市田柿が届きました。
無燻蒸のリスクを負いながらも、
無燻蒸の方が美味しいとお客さんの「美味しい!」の声を励みに
経験を積んで向上心いっぱいに作ってくださいました。
             21市田柿.jpg
美味しいんですよ〜。
天然ゼリーです。


丁寧なお便りも是非読んでください。
写真を拡大すれば読めると思います。21市田柿便り (2).jpg
消費者は知らないけど、知っておきたいことがきちんと書かれています。
昨年の通信では、柿の幹に高濃度のネオニコチノイド系農薬を塗付することが行われ、柿に高濃度の残留農薬が検出された事例を教えてくれました。
今年は収穫前の殺菌剤です。
同じことを無農薬柚子果汁「幹助」の小松しぶきさんも教えてくださいました。