2021年01月15日

並びました 在来の野菜たち

どうぞお越しくださいね〜
竹村慎一さんの無農薬の私の可愛い苺も入荷しています。

定期購入のSさんからメールをいただきました。

メールおはようございます。

岩崎さんのお野菜届いています。
今回は赤い大根が3本ね〜
と、よく見たら1本は特大の五寸人参でした!!
立派な花芯白菜もいよいよ喋り出しそうな雰囲気になってきて…笑
出会いの度にいのちは固定的な予想を越えた個性を見せてくれますね。
ありがたいです。
メール
その花芯白菜は今週限りの収穫になるかもしれません。
雲仙にも積雪があって、葉に雪を被った痕跡があります。甘さが深くなっていると思います。
            15並びました.jpg
          15並びましたよ.jpg
            15畑菜.jpg

            15源助弘岡.jpg
             15大根.jpg

レジ台の横には生牡蠣と帆立15帆立.jpg
帆立は生きています。貝柱は刺身で食べられます。ひもや肝は過熱してください。
もちろん、殻付きで焼いて醤油たらりもめちゃくちゃ美味しいですね。1枚¥300
今日の入荷の生牡蠣は残り1袋です。
posted by 自然村 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

池松自然農園

今年は池松自然農園10年目の節目の年だそうです。
exclamation
池松さんからのメッセージ
厳しい気候と折り合いをつけながら皆さんに途切れることなく野菜を届けることができるよう頑張っていきたいと思います。


池松さんと初めて会ったのは、浜口真理子さんが主宰した雲仙たねの自然農園でのたねつぎ道場でした。
数名の新規就農の若者と東京からは飯田さんご夫妻と、当時渋谷で営業していたデイライトキッチンオーナー塚本さんご家族。
新規就農の若者の中にはまだ足に地がついておらず、あわよくば岩崎さんの種をもらって「岩崎○○」として売れば〜なんてことをぽろっというような浅はかさもありました。(今でも私の方がよっぽど浅はかだという突っ込みもあります。わーい(嬉しい顔)
私は心の中でご縁は繋がらないだろうと思っていましたが、みなさんそれぞれ頑張って農業の道を歩んでいられるようです。

その後、何度か池松さんにお会いする機会があって、見るからに九州男児。自分を飾ることなく、まっすぐな人柄とまっすぐに農業に向かう印象に、お付き合いをお願いしたのです。

野菜は人柄を映しますね。種を採る農業は猶更人を映すと感じます。池松さんがどんな人柄かは、食べてみると感じると思いますよ〜わーい(嬉しい顔)

今週の野菜は、阿波晩生大根、米良大根、黒田5寸人参、大浦太牛蒡、ケール、津田かぶ、豊葉ほうれん草
           14池松大根かぶ.jpg
           14池松ケールほうれん草 (2).jpg
年末、息子と妹に野菜をたくさん送りました。
ふたりから電話がありました。
「あの赤い根の野菜はなあに?大根?かぶ?」何かはピンときませんでしたが、写真を送ってもらって大笑いしました。
ほうれん草だよ
exclamation×2
根の存在感があり過ぎてわーい(嬉しい顔)
店に並べてポップも置いていましたが、ほうれん草だと思わなかった人が多かったかもしれません。たらーっ(汗)


posted by 自然村 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜