2021年02月22日

もうひとつの菜種油

平出油屋さんが廃業ということで
販売する菜種油をどうしようか、
困りに悩んでいた自然村でした。
湯洗いのない菜種油を販売したいと考えている当店です。
平出さん廃業後、他のなたね油を販売していますが、
臭いと揚げ物をした時の泡が平出さんの油とは違うのです。どうしたものかと考えてきました。

自然食業界に詳しい方に良い菜種油があれば教えてくださいとお願いしておりましたところ、
「昨年、何かの展示会で、たまたまタイコウの稲葉社長が、ほうろく菜種油のブースにいて、ご紹介いただき、購入しました。
え、これが菜種油??と驚きの美味しさでした。
ぜひお試しの上、お取り扱いをお勧めします。」
と推薦してくださったほうろく屋さんに連絡を取りました。

昨夜、揚げ物に使ってみました。
香りよく、家族曰く「さらさらの水みたい」
泡も綺麗なものが立っていました。
豆腐、蕗の薹などを揚げました。21ほうろく屋吹田慈姑.jpg
写真は含め煮した吹田慈姑を小麦粉+米粉で揚げたものです。
大変美味しゅうございました。

体に大事な油です。
美味しくて体に良く、上質なものをみなさまに提供できるように努めたいと思います。

あの油が戻ってくる!

目出たいことがあったので、
尾頭付きです。22たいやき尾頭付き.jpg
何が目出たいって?
もうすぐ、あの油が戻ってきます!

             22たい焼き吉川.jpg
東伏見のアイスアリーナ広場で出店している「たいやき吉川」さんは一丁焼きのたい焼き屋さん。
            22吉川さんたいやき.jpg
北海道産の大納言小豆を絶妙な甘さで炊いてたっぷり入れたたい焼きがとても美味しい!ので時々買いにいきます。
吉川さんが焼き型に使う油は、会津の平出油屋さんの玉締め圧搾搾りです。
昨年、平出さんが廃業されるという激震が自然村を襲いました。
吉川さんも大変困って、まとめ買いをしたそうですが、それも尽きて、いくつか油を試したそうですが「臭いが・・」
しばらくぶりに日曜日、たい焼きを買いに行くと、
なんとまあ、ネットで平出さんの油を入手できたというではありませんか。
そんなこんなの積もる話をしてから、私は即実行。

もうすぐ、あの油が戻ってくることになりました。

そして、もう一回、報告がてらに「たい焼き吉川」さんに行って
2回目のたい焼きを買って
尾頭付きでお祝いしたのです!

伝説が復活です!22平出油屋 (2).jpg