2021年03月10日

吹田慈姑

なにわ伝統野菜のひとつ
吹田慈姑を野路真孝さんが送ってくださいました。
今シーズン最終の収穫です。10最後の吹田慈姑.jpg

写真を送ってくださいました。
田は草が伸びて、その間に吹田慈姑の茎葉が見えます。3月8日吹田慈姑の畑の様子.JPG

バケツ栽培している様子です。3月8日吹田慈姑バケツ栽培.JPG
大丸百貨店だっかた、阪急だったか、あるイベントで吹田慈姑の株をこのように鑑賞用として販売したことを聞いたことがあります。

今日、味噌材料の申し込みに来られた方が、
レジの上の吹田慈姑を見てお買い上げくださいました。
最近、大阪から引っ越してきたばかりだそうです。
吹田慈姑は名前は聞いたことがあるけど何処にもなくて見たことがなかったそうです。
遠く離れた東の地で偶然出会われました。
幻のなにわ伝統野菜なのですね。吹田慈姑は。

江戸時代の魯山人が赴任地大阪から江戸にもどって、
懐かしいものは、鱧と天王寺蕪と吹田慈姑と狂歌に読んだといいます。

野路さんの関東の人にも吹田慈姑が届けるならと、掌で慈しむように送ってくださった真心は心の真ん中で受け取ります。

posted by 自然村 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

入荷情報

竹村慎一さんの私の可愛い苺(無農薬無化学肥料栽培)は
本日入荷しました。10苺売れます.jpg
金曜日にも入荷します。

お母さん方が買いに来てくださいました。
大好評いただいています。
安全な苺を食べさせてあげたいという気持ちと共に、とても美味しいからexclamationが動機だと思います。

ある自然食宅配をご利用の方から、
竹村慎一さんの苺を食べたら味が違い過ぎて宅配で苺を注文できない。
といわれました。
自然のものなので竹村さんの苺だっていつもいつも同じような香り甘さというわけにはいきませんが、
そんな風に思ってくださったほどなんだと、
竹村さんにお伝えしたいと思いました。
posted by 自然村 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

オレンジパウンド

甘いものにあんまり関心のない店主です。
昨晩のデザートにオレンジパウンド一切れだしました。
今朝、
「あのケーキは美味しいね」と言われたので
驚いたくらいです。わーい(嬉しい顔)10オレンジパウンド.jpg
ということで、店主もお勧めしています。わーい(嬉しい顔)
ラパンノアールくろうさぎのオレンジパウンドケーキは気温が上がってきましたので
冷蔵ケースにて販売しています。
同じくブリオシュオランジェ菓子パンも美味しいんですよるんるん

和菓子部門では、
冷凍ケースを覗いてください。
菓子工房はらやまの生クリームどら焼き・草餅
青梅の小山製菓の桜餅、ぼたもち

常温で解凍すれば出来立ての美味しさです。

2021年03月09日

ラパンノアールくろうさぎのパウンドケーキ

気温が上がって来たので冷蔵ケース内に置いて販売しています。
覗いてみてくださいね。

今月は、オレンジのパウンドケーキです。

美味しいです!9日オレンジパウンドケーキ (3).jpg

素材がいいのがほんと分かる。
とてもリッチで且つ品がいいのです。
¥1134 安い位という声もありました。わーい(嬉しい顔)

原材料
小麦粉(国産) ライ麦粉、オレンジピール・砂糖(洗双糖)、卵、バター、タンカン、コアントロ

八甲鴨

自然村は、だしの素、ルー類をはじめとしてすべての販売加工食品に
アミノ酸等はもちろんのこと、たんぱく加水分解物、酵母エキスなどの人工的に旨みを加えるものの入った商品は、キャリーオーバーも含めて販売していません。
それらが健康に悪い云々という理屈でなく、
良質な素材を使い、それを活かす技術があれば人工的なエキス類など必要としないと考えます。
人の舌に繋がる頭と体と心の感覚は自然の贈り物です。大事にしたいです。


そんなお惣菜のひとつです。
千葉産直センターの八甲鴨シリーズが入荷いたしました。

           
鴨ねぎまんじゅうは餃子のように冷凍のまま油を引いたフライパンで両面を焼いて召し上がっていただきます。
             8日鴨饅頭.jpg
旨みエキスも使わない、素材の良さを感じていただけます。8鴨ネギ饅頭裏原材料.jpg

以前は定番で販売して好評いただいていましたが、
最近は徳用サイズ(15個入り)¥1188でスポット入荷になりました。
賞味期限は長いので、ファンの方はまとめ買いも。
まだの方はお試しください。
バラ凍結になっているので必要な分だけ使えます。

八甲鴨
だしを味わう本格鴨せいろ 2人前¥1598
こちらも旨みエキスを使っていません。
十割蕎麦と鴨汁のセットになっています。
用意するのは長ねぎだけです。 DSC06927.JPG

過去の写真ですが、原材料を見ていただくために紹介します。DSC06928.JPG
本格鴨せいろ、逸品です。




2021年03月08日

味噌作り材料 本日締め切り

味噌材料の締め切りは本日中です。
明日9日に麹の発注をしますので、
遅くとも明日朝までで締め切ります。


詳細はhttp://blog.sizenmura.jp/article/188430086.html

但し、ご案内の片品村在来の大白大豆は予定数量完売しました。
代わりに、
山形県真室川在来、 高橋家だけに伝わる白大荒屋大豆
又は、秘伝(青豆)をご案内します。
自家採種・農薬不使用化学肥料不使用栽培です。
麹と共にお申し込みの方は1kg¥2260でお渡しします。
豆のみの場合はこれよりも高くなります。
ご検討ください。

posted by 自然村 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

ひな祭りの食卓

3月3日の桃の節句を祝う時間の余裕がありませんでしたので、
7日日曜日にひな祭りのちらし寿司を作りました。3月7日ひな祭りご飯.jpg

屋久島の絹さや、スナップエンドウ、久留米豊豌豆の青鞘豆のちらし寿司。
塩穴子の白焼きも散らしました。3月7日ちらし寿司.jpg

三島独活と白菜菜花のからし酢味噌和え3月7日三島独活酢味噌和え (2).jpg

屋久島からの新じゃがのポテトサラダ3月7日新じゃが実豌豆ポテトサラダ.jpg

こんぶ土居さんの本格十倍出汁の力を得まして、
三色餅の揚げ餅と白菜菜花、桜の塩漬けの吸い物です。3月7日三色もち吸い物 (2).jpg
三色餅はほうろく屋さんの菜種油伝承を使いました。

仕事から帰って来た娘がとても喜んでくれました。
喜んでもらえるよう作ったのです。わーい(嬉しい顔)

三色餅を霰に切って干します。カラカラに乾かします。3月7日 三色もち霰切り.jpg


#自然村
#ひな祭り
#桃の節句
#ちらし寿司
#三島独活
#白菜菜花
#酢味噌和え
#桜の塩漬け
#ほうろく屋伝承
posted by 自然村 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)

2021年03月06日

三島独活

とても嬉しいことがありました。

昨年、三島独活を買って食べて、とても美味しかったので、
「独活があるといいな」と思いながら店にきてくださったそうです。


レジ台に置かれた買い物かごの中に新聞紙で包まれた長いものがありました。
店内の入り口の方に置いてあるので、私が声掛けしたのではありません。
お客さんが自ら選んでくださったのです。

販売していながら何故?わーい(嬉しい顔)とお聞きしました。
だって、説明しても直ぐに反応してくださる方は稀ですから。

武蔵関駅の近くに弘明堂という鍼灸院があります。遠方からも多くの患者さんが訪れる鍼灸院です。
弘明堂さんにいらっしゃった時に来店くださっているそうです。

季節の味わいとして
あの独活と出会えるといいな
、と思ってくださったことがとても嬉しかったです。
posted by 自然村 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2021年03月05日

味噌作り材料の予約を

家庭で味噌作りをする方に
味噌作り材料の予約をお受けしています。
麹の締め切りは3月8日です。

締め切りに間に合うようにお申し込みください。
詳細はhttp://blog.sizenmura.jp/article/188430086.html

春爛漫の入荷情報

入荷情報が今頃になってすみませ〜〜〜ん。
店に来た方が早いですダッシュ(走り出すさま)わーい(嬉しい顔)

簡略ですが急ぎ足で入荷情報を書きます。
春爛漫の景色と思います。
柑橘の傍に蜂が飛んでいました。まるでタンカンの香りを食べているような感じでした。
お楽しみもあります。5菓子パン.jpg

アサクラオイル2020年度産新物が到来しました。5アサクラオイル.jpg
今年のアサクラオイルは締まってキリリとスパイシー。
お浸し、味噌汁、蕎麦つゆなどイタリアンや洋物以外にもばっちり合うそうです。
今一番食べて欲しいアブラナ科の花芽たちともきっとばっちり合いますよ。
炒めたり蒸したり茹でた菜花にアサクラオイルをかけるだけでも華やいだ一品になりますね。

岩崎政利さんの福立菜、畑菜、杓子菜の花芽5菜花岩崎.jpg
岩崎さんは、アブラナ科は花芽の頃が一番いいとおっしゃいます。一番いい味わいをお見逃しなく!

やったね!!
カリフローレの薹立ちが来ました!5カリフローレ薹立ち.jpg
見た目が???ですが、めちゃめちゃ美味しいんです。今シーズンは寒が厳しくて薹立ちは出荷が難しいと聞いていましたが、少しですが食べていただけます。知っている人は分かるカリフローレの薹立ちです。

今週は、じゃが芋(西豊)、黒田5寸人参、五木赤大根、平家大根(紅白)、岩崎ねぎ、弘岡かぶ、壬生菜
福立菜菜花、畑菜菜花、杓子菜菜花、白菜、四季穫キャベツ、ブロッコリー、カリフローレ薹立ち

屋久島から沢山のタンカン再入荷です。
掘り立て八郎生姜
仏国大絹さや、久留米豊豌豆豆、スナップエンドウ5絹さや久留米豊豌豆.jpg
5屋久島スナップ.jpg

沖縄の旬、島らっきょうもお見逃しなく。3日島ラッキョウ.jpg
大豆工房みやさんのそふと木綿+島らっきょう+ぐるめくにひろ三枚肉+タイコウの花くらべ+塩+醤油でとっても美味しいチャンプールを楽しんでください。るんるん

posted by 自然村 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

2021年03月04日

池松さん

野崎参りは 屋形船でまいろ
どこを向いても 菜の花ざかり〜

と、昔懐かしい唄が聞こえてきそうな
池松自然農園さんからの野菜です。池松さんの菜花ばかり.jpg
一箱全部、菜花です!!5池松の字 (2).jpg
ええよ〜わーい(嬉しい顔)

明日は雲仙たねの自然農園から岩崎政利さんの在来種野菜が届きます。どんな花芽野菜が入っているでしょう。
#自然村
#池松自然農園
#菜花
#のらぼう菜花
#みやまこかぶ菜花
#赤リアスからし菜花
#山汐菜花
#野崎新2号白菜菜花
#岩崎政利
#花芽野菜
#雲仙たねの自然農園
posted by 自然村 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

独りじゃ活きられへん

三島独活がどんなふうに栽培されるのか、
千提寺ファームさんのFBをたどっていくと、
どれほどの大変な労働と緊張を必要とするか、想像できます。
是非、時間がある時に訪問してみてください。

読みながら、農業をしない自分にも深く強く訴えてくるものを感じています。

一部を紹介します。
1月のFB記事を転記させていただきました。
【軟白促成栽培が始まりました】
1年で最も緊張感のある作業で、藁と干し草を発酵させる軟白促成栽培が始まりました。
畑から掘り起こしてきた独活の株を、独活小屋の中に敷き詰め、その上に藁と干し草を7層積み重ねていきます。
1番上に藁の束をぎゅうぎゅう詰めにし、しっかりと蓋をして、水を大量にかけ、1個30キロくらいの重たい石をたくさん載せたら、干し草についている微生物が活性化し、藁と干し草が発酵し、熱を持ちます。
放っておくと、50度ほどになっていくので、熱が上がってきたら、藁の束に隙間をつくり、熱を逃し、20度から25度に保ちます。
この温度が低すぎても、高すぎても独活はうまく育ってくれないので、毎日何度も温度調整のために、藁の隙間を調整します。
今日は、その藁と干し草を積み重ねて、石を載せるまでの作業でしたが、、その年の気温や水温、湿度によって、藁と干し草の厚みを調整しています。
2017年は、初めての栽培で加減が分からず、藁と干し草が厚すぎて、、温度が上昇。。。
多くの独活を腐らせてしまい、大変なことになりました。
2018年は、寒い年だったので、厚みが足りず、今度は待てど暮らせど、藁と干し草の温度が上がって来ず、、、危うく収穫ができなくなるところでした。
厚みを後で足して、何とか収穫まで辿り着くことができましたが、ひやひやでした。
2019年は温度調整はうまくいきましたが、災害で3分の2の独活の株が腐ってしまい、、収穫量は落ち込みました。
2020年は、湿度が高すぎて、真ん中の湿度が逃げにくいところに病気が出てしまい、、予定量を収穫することができませんでした。
今年は、、何が起こるのか、、、楽しみです。
この伝統栽培を引き継ぐのは、私たちが最後の一軒となりました。
ボタン1つで温度も湿度も調整できないので、大失敗もするため、消えていった技術ですが、
私はこの不確実なところが、すごく好きです。
大失敗した時にこそ、「限界値」と「独活が持つ特性」がはっきりわかるからです。
人生も同じだなぁとつくづく感じます。
良い独活をつくるために、大失敗が必要だったように、逆境の時にこそ、自分のことがよくわかります。
幸せになるために大切なことは、自分をよく知ることなんじゃないかと、感じています。
コロナや気候変動で、逆境が続きますが、そんな時こそ、大事なことがよくわかるので、ワクワクしていたりもします。
(その時は大変ですが笑)
今年も無事、温度が安定してくれれば、2月の初旬には、収穫の目処がたつので、予約販売を開始できそうです。
みなさまに、今シーズンも春をお届けできるよう、たくさんの人に支えてもらいながら、頑張ります!
引き続き見守っていただけると嬉しいです。


4三島独活.jpg
こんな三島独活に興味を持って、食べてみたいと感じましたら自然村へお越しください。わーい(嬉しい顔)
posted by 自然村 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

帆立ともまれ牡蠣

宮城県唐桑半島
畠山政則さんの帆立です。4帆立.jpg
今回のは大きいです!
食べ応えありそうです。
これより小さいのでも「死ぬほど旨い!」と繰り返し言っていましたので
これは何と表現するでしょう。

乾燥しないように濡れ布巾か濡れ新聞紙で包んでビニール袋に入れ、
冷蔵庫に保存すれば、土曜日までは貝柱は刺身でいけます。
殻ごと焼く調理法はプリントをお渡ししています。
今回は1枚¥465です。

もちろん、もまれ牡蠣も入荷しました。

三島独活

なにわ伝統野菜のひとつ 三島独活が届きました。4三島独活.jpg
早速、少し摘まんで食べました。
瑞々しく甘く微かにアクとそして香りがふぁーっと広がります。

丁寧に厳重に新聞紙に包まれて届きました。
私もできるだけ光に当たらないよう
緊張しながら小分けにして新聞紙に包みました。
なので、写真のように謎の姿です。4三島独活販売.jpg

店の近くや立川では軟白独活「東京うど」の産地があります。
三島独活は東京独活とは全く違う栽培の仕方です。
重く積み重ねた干し草や藁、重石を押し上げて下草や藁の発酵熱で伸びていく。
重く暗いその下で発酵熱の暖かさを春を春が来たと感じて伸びるそうです。
そのストレスが甘くするそうです。

千提寺は隠れキリシタンの村だったそうです。
三島独活の栽培の仕方と隠れキリシタンの物語とを重ね合わせてみるのは
想像の飛躍だと言われそうですね。
posted by 自然村 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

2021年03月03日

季節の変わり目に

飯田さんが今シーズン最後の人参筑摩野5寸人参を掘り上げて運んでくださいました。
            3日飯田筑摩野5寸.jpg
佐久間さんも人参を
そして、里芋も。3日佐久間里芋.jpg
写真よりも百倍も美しく美味しさの光ビンビン放つ里芋土垂です。
posted by 自然村 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

三島独活

明日、12時頃から販売できます。
とてもデリケートで陽の光を当てないように販売します。

日本で唯一の伝統栽培の軟白独活
千提寺ファームさんのFBをご覧になると三島独活とその栽培の様子が分かります。
https://www.facebook.com/sendaijifarm.380/
posted by 自然村 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

三島独活 明日!!

なにわ伝統野菜のひとつ
三島独活が明日、届きます。

吹田慈姑の産地と同じというか先代の地主さんは共通の驚きの繋がりがありました。

明日、販売ですが、11時半過ぎ、12時頃から販売できます。

千提寺ファーム中井さんのFBから中井さと三島独活の紹介をしておきます。

伝統野菜「三島独活(みしまうど)」を生産・販売。
江戸時代から続く伝統農法を継承。
「真っ白」「軟らかい」「甘い」「あくがない」。
春の香りのする梨に例えられる。
「独りじゃ、活きられへん。独活と生きていく。」
独活(うど)は独りで活きると書きます。
しかし、江戸時代から大阪茨木市で栽培されてきた 「三島独活」は
人が寄り添うように手間暇かけて育む野菜です。
私たちは伝統農法を忠実に継承しながら、三島独活を作っています。
独りでは活きられない独活が私たちに教えてくれること。
それは人とのつながりの大切さ。
伝統農法を継承する人、同じ土地に生きる人、そして三島独活を食べて下さるお客様。
さまざまな人の支えなしでは、独活も、私たちも生きていけません。
今年もたくさんの人に頼りながら育った三島独活できました。
どうぞお召し上がりください。
【独りから3人。そして地域で活かす。】
代々続く三島独活の栽培農家は、大阪府茨木市千提寺にある1軒だけとなっていました。
千提寺は隠れキリシタンの村として歴史的に有名な地域でもあります。
時代の変化にあいながら信じるものを貫くという風土に、
三島独活も守られたに違いありません。
三島独活と、三島独活を支えてきた千提寺には
人、自然、伝統といった大切なものが詰まっています。
私たちは2014年から最後の三島独活の農家の後を継ぎ、
伝統農法を継承しながら独活の栽培を始めました。
現在は地域の人たちの温かいサポートも受け、
地域で三島独活を育てています。
【独りでは決して育たない。高い技術と手間で活かす。】
三島独活は「なにわの伝統野菜」にも認定されている伝統野菜です。
独活は大きく「山独活」と「軟白独活」の2種類に分けられますが、
三島独活は軟白独活の一種です。
他の軟白独活と異なるのは、品種と栽培方法です。
品種は地域で代々守られてきており、特に色が白い品種です。
栽培方法も他の産地とは全く異なり、小屋の中で藁と干し草の発酵熱を使って育てます。
発酵熱によって土を温め、春をつくることで独活が育つのですが、
温度管理には高い技術が必要になります。
また、栽培には1年を要し、春夏秋冬ずっと手間がかかります。
しかしこの伝統農法がおいしい独活を育てます。
7層の藁と干し草を押し上げ育った独活は、
ストレスをかけられ、甘く香りが強くなります。
また外気に接しないため、アクがなく、柔らかく、みずみずしくなります。
「春の梨」と例えられるほどです。
【独りでもおいしい。でも他の素材の中で活きる。】
三島独活は他の独活と比較し、
「白い、香りが強い、甘い、みずみずしい、アクが少ない」
という特徴があると言われています。
生で食べるのが格別で、薄く皮をむき、さっと水にさらして塩をつけて食べるのがおススメです。
また、炒める、煮ると味、食感共に異なる味わいになり様々な楽しみ方ができます。
どんな素材とも相性がよく、味噌や醤油とよく合います。
三島独活の収穫は1年に1度で、2月末から3月末頃までになります。
シーズンの終わりには「三島独活ロス」の声が続出するほど
中毒性が高い野菜なので、ぜひ一度ご賞味ください。
posted by 自然村 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

ひな祭り

3月3日 桃の節句

揃いました!!
お雛様も喜んでくださるでしょう。

青梅の小山製菓さんの桜餅3日桜餅.jpg

吉田ふるさと村の三色もち3月3色もち.jpg

佐久間さんの自家採種不耕起草生自然農の畑を華やぐ白菜の菜花3日佐久間白菜菜花.jpg

竹村慎一さんの私の可愛い苺23苺 (2).jpg
posted by 自然村 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

菜種油

ほうろく屋さんの菜種油が届きました。3日ほうろく屋油.jpg         
            3日ほうろく屋荒搾り.jpg
国産菜種を丁寧に天日干し後、焙烙釜での薪焙煎、ダブルエクスペラーで圧搾搾り。
湯洗いなしの酸化しにくい腰の強い菜種油です。
香りも柔らかく家族曰く「菜種の花の香りがする」
昨夜は揚げ物をして濾した油を炒め物に使いました。
サラサラしています。

            24平出菜種油.jpg
平出油屋さんとほうろく屋さんの菜種油が棚に並んで
店の重心がしっかり定まった気がします。

どちらの油も長年培ってきた職人の極みの技を味わえます。
どちらの油も捨てないで使い切る、食べきる菜種油です。


ほうろく屋さんについてはhttps://hourokuya.com/

2021年03月02日

殻付き帆立入荷します!!

今週木曜日も
宮城県唐桑半島 畠山政則さん、政也さん親子のもまれ牡蠣が届きます。
海の幸に恵まれている仙台在住の方からも美味しいとご注文いただくことのあるもまれ牡蠣です。

そして、

殻付きの帆立も届きます!!

今回の帆立は大きいので1枚¥465(税込み)です。

うちは今シーズン2回食べましたが、
家族が死ぬほど旨いどんっ(衝撃)exclamation×2と大喜びでした。
貝柱は刺身で甘く、ひもと肝は油でアヒージョにして食べました。
もう一回は、殻付きで焼いて食べました。
これも死ぬほど旨いどんっ(衝撃)exclamation×2と大喜びでした。

枚数限定ですので、確保したい方は連絡ください。