2021年03月04日

池松さん

野崎参りは 屋形船でまいろ
どこを向いても 菜の花ざかり〜

と、昔懐かしい唄が聞こえてきそうな
池松自然農園さんからの野菜です。池松さんの菜花ばかり.jpg
一箱全部、菜花です!!5池松の字 (2).jpg
ええよ〜わーい(嬉しい顔)

明日は雲仙たねの自然農園から岩崎政利さんの在来種野菜が届きます。どんな花芽野菜が入っているでしょう。
#自然村
#池松自然農園
#菜花
#のらぼう菜花
#みやまこかぶ菜花
#赤リアスからし菜花
#山汐菜花
#野崎新2号白菜菜花
#岩崎政利
#花芽野菜
#雲仙たねの自然農園
posted by 自然村 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

独りじゃ活きられへん

三島独活がどんなふうに栽培されるのか、
千提寺ファームさんのFBをたどっていくと、
どれほどの大変な労働と緊張を必要とするか、想像できます。
是非、時間がある時に訪問してみてください。

読みながら、農業をしない自分にも深く強く訴えてくるものを感じています。

一部を紹介します。
1月のFB記事を転記させていただきました。
【軟白促成栽培が始まりました】
1年で最も緊張感のある作業で、藁と干し草を発酵させる軟白促成栽培が始まりました。
畑から掘り起こしてきた独活の株を、独活小屋の中に敷き詰め、その上に藁と干し草を7層積み重ねていきます。
1番上に藁の束をぎゅうぎゅう詰めにし、しっかりと蓋をして、水を大量にかけ、1個30キロくらいの重たい石をたくさん載せたら、干し草についている微生物が活性化し、藁と干し草が発酵し、熱を持ちます。
放っておくと、50度ほどになっていくので、熱が上がってきたら、藁の束に隙間をつくり、熱を逃し、20度から25度に保ちます。
この温度が低すぎても、高すぎても独活はうまく育ってくれないので、毎日何度も温度調整のために、藁の隙間を調整します。
今日は、その藁と干し草を積み重ねて、石を載せるまでの作業でしたが、、その年の気温や水温、湿度によって、藁と干し草の厚みを調整しています。
2017年は、初めての栽培で加減が分からず、藁と干し草が厚すぎて、、温度が上昇。。。
多くの独活を腐らせてしまい、大変なことになりました。
2018年は、寒い年だったので、厚みが足りず、今度は待てど暮らせど、藁と干し草の温度が上がって来ず、、、危うく収穫ができなくなるところでした。
厚みを後で足して、何とか収穫まで辿り着くことができましたが、ひやひやでした。
2019年は温度調整はうまくいきましたが、災害で3分の2の独活の株が腐ってしまい、、収穫量は落ち込みました。
2020年は、湿度が高すぎて、真ん中の湿度が逃げにくいところに病気が出てしまい、、予定量を収穫することができませんでした。
今年は、、何が起こるのか、、、楽しみです。
この伝統栽培を引き継ぐのは、私たちが最後の一軒となりました。
ボタン1つで温度も湿度も調整できないので、大失敗もするため、消えていった技術ですが、
私はこの不確実なところが、すごく好きです。
大失敗した時にこそ、「限界値」と「独活が持つ特性」がはっきりわかるからです。
人生も同じだなぁとつくづく感じます。
良い独活をつくるために、大失敗が必要だったように、逆境の時にこそ、自分のことがよくわかります。
幸せになるために大切なことは、自分をよく知ることなんじゃないかと、感じています。
コロナや気候変動で、逆境が続きますが、そんな時こそ、大事なことがよくわかるので、ワクワクしていたりもします。
(その時は大変ですが笑)
今年も無事、温度が安定してくれれば、2月の初旬には、収穫の目処がたつので、予約販売を開始できそうです。
みなさまに、今シーズンも春をお届けできるよう、たくさんの人に支えてもらいながら、頑張ります!
引き続き見守っていただけると嬉しいです。


4三島独活.jpg
こんな三島独活に興味を持って、食べてみたいと感じましたら自然村へお越しください。わーい(嬉しい顔)
posted by 自然村 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜

帆立ともまれ牡蠣

宮城県唐桑半島
畠山政則さんの帆立です。4帆立.jpg
今回のは大きいです!
食べ応えありそうです。
これより小さいのでも「死ぬほど旨い!」と繰り返し言っていましたので
これは何と表現するでしょう。

乾燥しないように濡れ布巾か濡れ新聞紙で包んでビニール袋に入れ、
冷蔵庫に保存すれば、土曜日までは貝柱は刺身でいけます。
殻ごと焼く調理法はプリントをお渡ししています。
今回は1枚¥465です。

もちろん、もまれ牡蠣も入荷しました。

三島独活

なにわ伝統野菜のひとつ 三島独活が届きました。4三島独活.jpg
早速、少し摘まんで食べました。
瑞々しく甘く微かにアクとそして香りがふぁーっと広がります。

丁寧に厳重に新聞紙に包まれて届きました。
私もできるだけ光に当たらないよう
緊張しながら小分けにして新聞紙に包みました。
なので、写真のように謎の姿です。4三島独活販売.jpg

店の近くや立川では軟白独活「東京うど」の産地があります。
三島独活は東京独活とは全く違う栽培の仕方です。
重く積み重ねた干し草や藁、重石を押し上げて下草や藁の発酵熱で伸びていく。
重く暗いその下で発酵熱の暖かさを春を春が来たと感じて伸びるそうです。
そのストレスが甘くするそうです。

千提寺は隠れキリシタンの村だったそうです。
三島独活の栽培の仕方と隠れキリシタンの物語とを重ね合わせてみるのは
想像の飛躍だと言われそうですね。
posted by 自然村 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 在来種・自家採種の野菜