2021年03月19日

手前味噌

2020年4月12日に仕込んだ玄米味噌を開けました〜
色も香りも味もよくできたな〜と
手前みそ自慢できるところが
味噌作りの面白さ。
              19玄米麹味噌開ける.jpg
実物は写真よりももっといい色なんですよ!と自慢できるのも手前味噌の面白さわーい(嬉しい顔)

遠藤孝太郎さん合鴨除草さわのはな
鈴木徳則さん謹製玄米麹
土佐のあまみ
片品村いいからかんの大白大豆

*3月25日に麹が届きます。
玄米麹、白米麹各1kgづつ販売できます。

あるいは、高木糀商店の米糀があります。只今販売中です。

臨時休業

明日、3月20日(土)は
臨時休業なんです。


だから今日、みなさんに来て欲しくて
用意したんですよ〜るんるん
竹村慎一さんの私の可愛い苺も
深谷もやしも
大豆工房みやの豆腐も
高橋さんの生椎茸も
パンも
ぐるめさんのハムベーコンもexclamation

本日、みなさんのお越しをお待ちしていますexclamation


posted by 自然村 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・お買い得情報

たくさんの生命との出会いをお楽しみください。

味噌作り材料を注文してくださったみなさんの土佐の天日塩あまみが届きました。
いつも季節のお便りを入れてくださいます。19あまみ.jpg
春の表情です。
結びに「あなた様も 春のたくさんの生命との出会いをお楽しみくださいませ。」と書かれています。

店にもたくさんの生命が届いています。19日ブロッコリーのラボ宇奈.jpg
野菜たちは切られて掘られて土から離れても生きています。
春の力強さは圧倒的です。19九条ネギネギ坊主.jpg
今シーズン初めての九条ねぎにもちょこんとネギ坊主が出ていました。

雲仙たねの自然農園からの個人宅への今シーズンの在来の野菜直送セットは今週でひとまず終了になりました。
届く野菜は人生最大のお仕事、たねを残す準備の姿を見せてくれています。

長年、直送セットを食べてくださっているSさんからメールをいただきました。
「岩崎さんのお野菜は今季最後でしょうか、、
たくさんいろいろ入れてくださってありがたいです。
季節がうつりゆくこと、個性や生命力のこと、いただくこと、いのちや循環のこと、などなど、
美しいお野菜たちに伝えてもらっています。
豊かで尊い体験をいつもありがとうございます(^-^)」


直送セットはお任せなのです。
その姿は箱の中に畑が詰まっているようなそんな感じなんです。
選べないから丸ごと受け取るのです。その力は凄いと思います。
シーズン通して月に2回あるいは毎回届く野菜の変化を
目で、手触りで、口で、体の深くで受け取って感じていらっしゃるのだと思います。


暮らしの手帖の表紙の裏にある花森安治さんの文章を思い浮かべます。

すぐ今日 あなたの暮しに役立ち
せめて どれか もう一つ二つは
すぐには役に立たないように見えても
やがて こころの底ふかく沈んで
いつか あなたの暮し方を変えてしまう
そんなふうな
・・・野菜です(この部分は脚色です。わーい(嬉しい顔)

posted by 自然村 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主のつぶやき(日記)